テーマ:白夜3.98

白夜3.98 最終話

サブタイトル・・・「マッハ3.98 希望」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ 毎回、毎回、スケールの大きさに驚きながら見た白夜、とうとうラストです。 戦略爆撃機・ブラックジャックに乗り込むテッヒョン。 滑走路では、長白隊vs基地の警備兵たちの、銃撃戦が激しいです。 そんな所へ、FSBの面々とギョンビョンが乗ったヘリ…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

白夜3.98 第19話

サブタイトル・・・「深い溝」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ ロシアのテッヒョンと電話してるグッチョルは、疲れている様子。 「お前に一つ、頼みたい事があるんだ…」 その時副官から、長白隊から無線が入ったと聞き、急に元気になるグッチョル(-_-;) 「長白隊は、明日には到着する。 必ず成功させるんだ」 受話器を置…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白夜3.98 第18話

サブタイトル・・・「消えた明星」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ ソンシムに送られて家に帰ったヨンジュン、 軍の人に、義姉とミンギの事を聞かれました。 「帰省の申請を出している」と、実家の住所を言うヨンジュン。 しかし、もう気付かれてしまったとわかったようです。 義姉の家族は、収容所に送られて、父親はそこで死んだそう…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

白夜3.98 第17話

サブタイトル・・・「沈黙の響き」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ ゴーガンに銃を突きつきながら、監禁場所まで行きました。 助け出されたアナスターシャとギョンビンは、しっかりと抱擁・・・ しかし、次から次へと出てくるゴーガンの部下達(まだこんなに居たのね) ギョンビンは、撃ち殺しながら進んで行き、 そのギョンビンを助け…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

白夜3.98 第16話

サブタイトル・・・「暴かれた序章」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ 中国とカザフスタンの、国境近くまで来た長白隊。 案内してきた中国人を、射殺してしまう 非情なクォン・トンウッ中佐。 さっきお礼を言ったイ・ヨンフ少佐は唖然としています。 この中国人の遺体を発見して、追ってきた中国側の軍と、 長白隊とは、銃撃戦になって…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

白夜3.98 第15話

サブタイトル・・・「運命の対決」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ ジェノビエフから送られて来たお札に書かれていた『ディッセンバリ』は、 秘密基地なので、地図になく、ここを探すのに難儀している韓国側。 ギョンビョンは、アナスターシャからの電話に居留守です。 前回の一件で、避けたくなるのも分かるけど。。。 そして、ギ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜3.98 第14話

サブタイトル・・・「決別の朝」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ マーシャの点滴に薬を入れてあげたり、 毛布を掛け直して、自分の買ってきたぬいぐるみを懐に入れてあげたり・・・ 黒蜘蛛テッヒョンの、 ホノボノとしたシーンです~ 湖の氷に穴を開けるテッヒョン、、、ま、まさかーーと思ったら、本当に釣り! マーシャに食べさせ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

白夜3.98 第13話

サブタイトル・・・「長白号出航」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ 「カフェ・コサックの事件は、黒蜘蛛(タランチュラ)の仕業。 ミサイル・潜水艦・爆撃機、自分が北朝鮮の指導者だったら、、爆撃機を使うでしょう」 ギョンビンの話を聞いたホン課長は、 「ソ連崩壊後も、北も戦争後から変わらない。冷戦が続くと分断国家だと、忘れてる…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

白夜3.98 第12話

サブタイトル・・・「カフェ゛コサック″」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ ディッセンバリ空軍基地(旧ソ連) アルトミットという新型飛行機の、 テスト飛行が行われてます。 「マッハ3.7」に上昇して、機体がブレながらも、飛行しているアルトミット。 私は速度がサッパリ分からないけど、すごい速度らしいです。 これを開発す…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜3.98 第11話

サブタイトル・・・「最後の晩餐」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ 4年の月日が流れました。 北の人民武力部の会議で、オ・グッチョルの策略は、、、 旧ソ連の爆撃機、『ブラックジャック』を、奪取する事。 そんな人様の国の物を、奪おうだなんてーーー (しかもそんな物騒なモノ!) 「今韓国にとって、米国・日本は、最大の同盟…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜 3.98 第10話

サブタイトル・・・「紅衣の花嫁」 ☆感想(ネタバレあります)☆ 韓ソ平和協定が結ばれ、国交正常化されました(1990年) ホン課長がモスクワ勤務になり、やってきました。 大使館で、辞令(?)を渡すホン課長に、 怪訝そうな表情のギョンビン。 しかし、大使館で、向こうから歩いてくるのは、 チョンヒョン! 「大使館勤務にな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜 3.98 第9話

サブタイトル・・・「第2次接近遭遇」 ☆感想(ネタバレあります)とあらすじ☆ 前回、KGBのイワノフに言われたように、 ハムスター基地へ、一人で向かうギョンビン。 飛行機に乗って、隣の空いた座席に座る人、、、アナスターシャ!ビックリのギョンビン。 危険な任務なので、アナスターシャをホテルに 置いて行こうとするけど、 「…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜 3.98 第8話

サブタイトル・・・「ガラス越しのぬくもり」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ 副官にボコボコにされたヨンジュン、 泣き叫んでるソンシム。 その時、「何の騒ぎだ!」と、オ・グッチョルと後ろにはテッヒョン。 ヨンジュンに近づこうとするソンシムに、 遮るように立ちふさがるテッヒョン、 非情にも見えるけど、今はこうした方が良…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜3.98 第7話

サブタイトル・・・「暴力脱獄」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ テッヒョンが「ドル紙幣の原版を」と、ゴーガンに要求したのは、ミサイルを買う資金のため。。。 コーガンを脱獄させるために、再びテッヒョンが収容所に行きました。 その日は、偶然にも、ユリ・キムの差し向けた刺客が、ゴーガンを暗殺しようと企てていた日。 テッヒョン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜 3.98 第6話

サブタイトル…「暗殺者のメロディ」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ アナトーリ暗殺の為、 スズダリへ向かったテッヒョン。 狙いやすい場所に陣を取り、アナトーリの写真を貼り、愛する人の父を狙おうとしてるとも知らず、銃の準備をするテッヒョン。  BGMが、もの悲しくて、何とも切ない雰囲気・・・ 皆が到着し、ギョンビ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

白夜3.98 第5話

サブタイトル・・・「黒蜘蛛(タランチュラ)」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ 捕まってしまったアナスターシャは、執拗に父の居所を聞かれるけど、 「のどが渇いた…」と、答えるだけ。 そんなアナスターシャに、とうとう拷問が!! ようやく決まった仕事を、取上げる事も出来るという脅しも。 それでも、口を割らないアナスターシ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜3.98 第4話

サブタイトル・・・「モスクワより愛を込めて」. ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ オ・グッチョン副部長の策略は、北朝鮮の石油確保の為に、政府軍につき、そして、、、 第3話で、テッヒョンが一緒に行動してた、“反政府軍”の指導者を暗殺する事! 何とも非情な。。。 反政府軍のアジト『サルマ要塞』へ向かうテッヒョンとヨン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

白夜3.98 第3話

サブタイトル・・・「砂漠の夕陽」 ☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆ テッヒョンは、内部紛争が起きているイスラム圏のグメニアという国で、 反政府ゲリラ指導者と共に行動してました。 政府軍の司令官を、遠距離からライフルで射殺! かなり腕前のようです。 反政府ゲリラ指導者の女性が、 「あの司令官は多くの民間人を殺した あな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

白夜3.98 第2話

今回は、ギョンビンのお話です。 「必ずあれに乗って見せる」の言葉通りに、 空軍士官学校に入学したギョンビン。 兵器の講義中、話も聞かず、 一心不乱に戦闘機のイラスト描き。 ホン教官は、叱るとどころか、 「うまいわ どこで見たの?」 ホン・ヨンスク教官役は、キム・ヨンエさん「ラブレター」「風の息子」「愛の群像」と、立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白夜3.98 第1話 (GyaOで視聴)

レンタルで、気になっていたこのドラマ、 北と南の話で、 難しいかな…と手を出せずにいたけど、 GyaOで、無料で見れるなら。。。 1968年、 北では、テッヒョンが、父に銃の撃ち方を教えてもらってます。 そこに現れた母は、あからさまに嫌な顔をして「弟さんです」 テッヒョン父は、尋ねて来た弟に、 「自分に何かあった…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more