私の心が聞こえる? 最終話 ノーカット版

サイパンのドンジュの元に現れたのは・・・マルでした! 昔と同じようにドンジュの足元にグローブを投げ 以前と同じように…いやちょっとはにかみながら笑うマル。 笑顔でずーっとキャッチボールを続ける二人。 絶壁の前だから危ないんだけどーー(CGだろうけど) 二人に言葉なんていらないんだよね! 懐かしいジュナの声に驚き、ベッドに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の心が聞こえる? 第17話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 予告であったウリを抱きしめるジュナと、 その後のョックのあまり家の電気もつけずに佇むドンジュのシーンがカットだったみたい。 ジュナはウリを妹とわかりつつも、 男としての感情を押さえられないと、 ドンジュは暗闇(水槽の灯りはあるけど)が怖いのに それ以上に「本心を聞くのが怖い」と思わせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIGBANGドームツアー 2014~2015 in札幌ドーム(12/20) 「トーク編」

2014年12月20日(土曜日)、札幌ドームのレポです♪ 記憶を頼りに書いてるので 一字一句合ってるわけじゃありません。 こんなニュアンスだった…と、読んでくださいね ここでの表記は ☆ G-Dragon → GD またはジヨン ☆ SOL →テヤン またはべべ、またはヨンベ ☆ T.O.P …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇皇后 第4話 「龍か蛇か」

タファンを殺しに来た刺客と剣でぶつかり合うスンニャン。 どう見ても刺客はヨム・ビョンスなんだけど、 覆面してるし薄明りなので、上司だとわからないスンニャン。 腕を切られ逃げるヨム・ビョンス。 追いかけようとするスンニャンに「行くな!私を一人にしないでくれ…」とタファン。 ・・・前回のタファン父が殺される回想シーンがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇皇后 第3話 「渦巻く野望」

元のヨンチョルに協力し、元の皇太子・タファンを殺害しワン・ユを玉座から引き落とそうと目論むワン・ゴ。 「民を苦しみから救えるのであれば、 高麗の国名など惜しくはない」 このセリフが本音ならば、こういう悪役好きだな~φ(´ー`*)☆ 実際のところ、本当にそう思っているのか ただ王になりたいだけなのかよくわからない男ワン・ゴ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇皇后 第2話 「父のもとへ」

何者かからの密書により、塩の密売現場を押さえたワン・ユ。 その密売組織のお頭が、あのスンニャン(ヤン)だったもんだから、ショックが大きかったのでした。 しかしスンニャンの部下たちが口々に「お頭は俺たちの為に… 元にいる家族を呼戻す資金の為に…」と泣きながら訴えてくる姿に、 このスンニャンという男(女なんだけどね)は、何か違うと感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇皇后 第1話 「大国の落とす影」

☆感想とあらすじ☆ 元の皇帝タファンと貴妃だったキ・ヤンの婚礼の日。 一人たたずんでいた高麗(コリョ)の王ワン・ユに声をかけるタファン。 「式に出ぬのか?高麗(コリョ)の民が皇后になるのだ。見届けるべきでは? 貴妃がいなければそなたは死んでいた。 そのつまらぬ命を…」とタファン。 「感謝している…そうお伝えください」 寂し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

馬医 第39回 「治療の限界」

感想とあらすじ 術後、世子の出血が止まらず焦るクァンヒョン。 「出血を止める事は出来ないだろ。 さあ?どうする?」と呟くチェ・ヒョンウク。 報告を受け 「だから反対したのです!」と叫び、倒れてしまった大妃。 チョン・ソンジョは、これはチャンス…と心で思ったみたいです。 心配で「他に方法はないのですか?」とオロオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第38回 「新たなる敵」

感想とあらすじ 切開のための道具を持ち歩き 幻の“治腫指南”を持つ謎の男…。 ある夜、人の遺体を解剖していました 前回のラストで登場したこの男が 今後クァンヒョンの敵になりそうです。 街中では腹を裂かれた遺体が雪の中から発見され、大騒ぎに。 遺体を見て「まさか…」とつぶやくサアム道人。 心当たりあるみたいですねー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第37回 「遺志を継いで」

感想とあらすじ(ネタバレあります) 清国の使節団の前で 赤っ恥をかいてしまったミョンファン。 側室様の病を治した勇者から一転、 病は完全に治ってないまま帰国し、 悪化した側室を治したのはクァンヒョンで それも“邪道”と言い続けてきた外科手術でだったとは、 オ・ギュテの件に続き、またまた失態でした。 目の前に立っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more