テーマ:推奴

推奴(チュノ) 最終回...再び 

とびとびだけどTVhの放送を見ました。 いやーー!泣いた.... 最初に見た時以上に、泣いた気がする。 と、いうわけで、再び見て思った事や 吹き替え版で感じたことを書きました。 これは二度目に見た最終回の感想です。 詳しい最終回のレビューはこちらをどうぞ~。 ※宮殿の城門を突破し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

推奴(チュノ) 最終話

「世の中を変えるために」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ あの方に切られ、息が絶え絶えになりながらも、 オッポクの元へ向かったクッポン。 もう歩けないから、ずーっと這って・・・(T_T) あの方の正体を教え、 「みんな死んだ。でも銃は持ってきたぞ。 逃げてチョボクと暮らせ…」と笑って息を引き取りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第23話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 拳を振りかざしテハに向かうテギル、そしてテハも同様に…。 …と思いきや、 すれ違い、互いの後ろにいたチョルンの部下にヒット。 言葉は無くても心が通じ合ってるのね~。 ニヤリと笑い合う二人が良いわ♪ ついて来いと言うテハに、 「イヤだね。逃げる奴は追うのも上手いと言ったろ?」とテギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第22話

奴婢団が動きはじめました。 「人」として生きられる世を作りたいと集まった純粋な人たちですが、 先頭に立つ“あの方”がどうもよくわかりません。 一方、主役のテギルとテハの動きがあまり…って感じ。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ テハが亡き世子のすべてを石堅様に読み聞かせるオンニョン。 人質とし清国にいても腐る事なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第21話

ハンソム!!生きてたのねーー(ノД`);・ だけど。。。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 砦を発つ前に回顧録を書き記すテハ。 世子様と交わした言葉を思い出し、 もう戻れない覚悟で石堅様に残そうとしていたのでした。 今夜はテギルが戻ったお祝いの宴会。 オンニョンを見つめるテギル、 テギルを見つめるソルファ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第20話

「天恵の要塞」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ テギルと拳を交えた再会の挨拶(?)の後、 「相変わらずシケた顔してるな。 まだオンニョンとか言う女を捜し回っているのか? 愚かな奴ほど未練を持つ。忘れろ。 とっくに他の男のものになってるさ」とチャッキ。 苦笑いしつつ、ズキンと胸に突き刺さるテギル。 そしてオンニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第19話

段々とテギルが可哀想になってきた。。。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 「お前が救いたいのは王孫か?オンニョンか?」 テギルの問いかけに、 「そんな女は知らないと言ったはず」とテハ。 「お前も下劣な両班と同じ」とせせら笑い、掴みかかるテギル。 私もそう思った。“本当のオンニョン”として見てない…、思いたくない感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第18話

刑を執行され、首に縄をかけられたテギル。 うめく姿が痛々しくて、演技とはいえ苦しそうなんだけどーーー(><) 前回、牢獄で「逃がしやる」と言ってたジホ兄貴は、、、 いたーーー!! 兵士の衣装を仕立ててもらい、警備兵のフリをして処刑台の前にいました。 早く助けないと…と思いつつ、足がすくむジホ兄貴(笑) 「オンニョン……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第17話

「処刑の日」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 拷問しても吐かないテギルに、観るからに熱そうな焼きコテを近づけるチョルン。 コテを蹴り挙げ、強がるテギル。 チョルン…簡単にジュッと出来るのに隙があるのは、 冷酷の中にも弱い部分があるような・・・? 「お前も仲間も目つきが気に入らない」 チョルンの言葉で、犯人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第16話

「妻の想い人」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ オンニョンに剣を突き付けるテギルに剣を向けるテハ。 二人の関係を知らないから、 自分の代わりに妻に刃を向けてと思って当然で 傍から見れば美し夫婦愛…。 自虐的に笑いが浮かび、 「“幸せ”なんて言うな。 生きることが幸せとは限らない」とオンニョンに呟くテギル。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第15話

「仕掛けられた罠」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 「誰の命令だ?」と冷たい目を向けるチョルンに 「ワンソンはどこにいる?」と自分の身より弟分を案ずるチェ将軍。 体を切られても武器も折られても必死に挑んでいたけど、 ケガを負いもうボロボロ。 そして戦いの最中、倒れているワンソンを発見するなり、、 無防備に背中を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第14話

「狙われた書院」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 市場で懐かしいオンニョンの視線を感じ、 一枚一枚反物をめくり近づいて来るテギル。 影に隠れ、声を殺して泣いていたオンニョン。 愛する人が生きているとわかったのに、今の自分は人妻で…。 自分を捜してるテギルがすぐ傍にいるのに、 その胸に飛び込みたい気持ちを押さえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第13話

「男が泣くとき」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ようやく見つけた愛するオンニョンを影から見つけるテギル。 穏やかな笑顔のテハ、可愛い子供(石堅様)、 絵に書いたような幸せそうな家族の姿と裏腹に、今の自分は・・・。 「俺がこんな有様なのに、幸せになどさせない!」と呟き、剣を握るテギル、 だけど言葉と裏腹に跳びかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第12話

「求婚」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ テハたちが滞在してた雲住(ウンジュ)従寺に到着。 寺にいる!と確信し、猛突進するテギルたち。 中から籠を担いだ一行が出て行ったのだけど、 気が逸っていたせいか、 両班が乗るものだから除外したのか、まったく気に留めません。 輿を担いでいたのはテハの部下で、中にオンニョンが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第11話

「仲間との再会」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ オンニョンが結婚したと知り、ショックのあまり酔いつぶれていたテギル。 でも、いくら飲んでも気が晴れることなく、 ソルファ相手に武勇伝を語ってていても悲しそう。 そんのテギルの気持ちを察し、 「彼女を忘れたら?出来ないなら泣けばいい」とソルファ。 以前、横で添…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第10話

「済州島の決闘」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ペッコの号牌からオンニョン兄に辿りついたテギル。 今の自分はみすぼらしいのに、 自分の運命をメチャクチャにした奴は両班の格好をしていて 獲物を捕らえるように近づき剣を突き付けるテギル。 切られた箇所から流れる血…本気だと悟り、 怯えながらも「両班」としての態度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第9話

「王孫に迫る刺客」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 女刺客(オンニョンの夫が雇った女よね)からオンニョンを守ろうとし、 額に巻いた布が外れてしまい、 隠してた素性を知られてしまい、焦るテハ。 奴婢を示す『奴』の文字。 それはかつてオンニョン自身の胸に刻まれていた文字で、 偽りの両班の身分を手に入れた後、 兄と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第8話

「落とした石」 科挙に及第して高官になり、 身分のない平等な国を作る。 そして、お前と生涯を共にする。 かつて、背中におぶったオンニョンに誓った日を思い出すテギル。 そしてオンニョンは気を失い、 大切な石を落としたことにも気付かず、 テハの背中でその時の夢を見ていたのでした。 かつての上官・シン将軍(「善徳女王」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第7話

第6話は見逃してしまいました…。 テギルは忠州にいるテハを見つけ追いかけ、 テハは必死に逃げ、 オンニョンは追っ手がテギルだと気付き、 戦っている二人を探し続けている様子。 投獄され、イ左議政に煽られても、拒絶し続けてたチョルンは、 腹を決めて従う事にしたようで(この変化が見たかったなぁ)、 協力を以来したジホ兄貴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第5話

「逃げる理由」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 容赦なくテギルが放ち続ける矢から 同船してるオンニョンを庇い、前に立ち塞がるテハ。 テハってやっぱり紳士~ でも、これでテギルにオンニョンが見えなくなっちゃったのよね・・・。 テギルもさぁ、乗ってる女性に目を向ければ良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴(チュノ) 第4話

「密命」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ オッポクが撃った銃が額にヒットし、落馬したテギル・・・で続くだった前回、、、 額に直撃したかと思ったけど、 咄嗟に避け(←凄っ!)、かすった程度でした。 撃った犯人に気付かれまいと倒れたまま、 「北の屋根だ。両方から挟みうちしろ」と仲間に告げるテギル。 見張り役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴~チュノ~ 第3話

「葦原の対決」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ チェ将軍が厩舎の奴婢を追いかけてる間、 一対一の攻防を繰り広げるデギルとテハ。 先に一撃を与えたのはテハの方で、 斬られた腹を見て血が騒ぎギラギラした目で挑むテギル。 そんな二人に水を差すようにジホ兄貴と手下共が到着。 容赦なく矢を放ってきました。 奴婢を捕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴~チュノ~ 第2話

「逃亡者対追撃者」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 10年間、ずっと探してたオンニョンが見つかったと聞き、 我を忘れて馬を走らせるテギル。 その頃、両班のと婚礼を挙げていたオンニョン。 さぁ、間に合うのか?!で続く…だった前回でしたが、、、 オンニョンが居たと言う川沿いは、。 昔のお屋敷と同じように、洗濯物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推奴~チュノ~ 第1話

「朝鮮一の推奴師」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 時代は、仁祖が国王の頃の朝鮮。 (『一枝梅(イルジメ)』と同じ時代ですね~。 虐げられていた民、国王、 中盤に帰国した世子のことなどを思い返して見ました) 両班にこき使われ、「人」ではなく「犬や獣」のような扱いをされていた奴婢たち。 当時、民の半分は奴婢の身分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more