テーマ:馬医

馬医 第39回 「治療の限界」

感想とあらすじ 術後、世子の出血が止まらず焦るクァンヒョン。 「出血を止める事は出来ないだろ。 さあ?どうする?」と呟くチェ・ヒョンウク。 報告を受け 「だから反対したのです!」と叫び、倒れてしまった大妃。 チョン・ソンジョは、これはチャンス…と心で思ったみたいです。 心配で「他に方法はないのですか?」とオロオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第38回 「新たなる敵」

感想とあらすじ 切開のための道具を持ち歩き 幻の“治腫指南”を持つ謎の男…。 ある夜、人の遺体を解剖していました 前回のラストで登場したこの男が 今後クァンヒョンの敵になりそうです。 街中では腹を裂かれた遺体が雪の中から発見され、大騒ぎに。 遺体を見て「まさか…」とつぶやくサアム道人。 心当たりあるみたいですねー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第37回 「遺志を継いで」

感想とあらすじ(ネタバレあります) 清国の使節団の前で 赤っ恥をかいてしまったミョンファン。 側室様の病を治した勇者から一転、 病は完全に治ってないまま帰国し、 悪化した側室を治したのはクァンヒョンで それも“邪道”と言い続けてきた外科手術でだったとは、 オ・ギュテの件に続き、またまた失態でした。 目の前に立っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第36回 「明かされる素性」

「そなたは治らないと聞いた」と驚く王様に 「足は失いましたがこうして回復しました」と告げるオ・ギュテ。 切断だと?ありえない… 心でつぶやくミョンファン。 しかし首を捻ってる場合じゃなく、 回復しないと王様に宣言した首医の立場が危うくなってしまいました(*_*; 王様に問い詰められても、言い繕うミョンファン、 「そなた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第35回 「驚愕の外科手術」

すでに邪気が骨髄に達し 脚が真っ黒になってしまっていて 首医のミョンファンでさえ、さじを投げたオ・ギュテ元右議政の“脱疽” それを 「外科手術をすれば治る。脚を切断するのです。 それがオギュテ様の命が助か唯一のる方法です」と告げるクァンヒョン。 しかしこの時代、脚を切り命かあるなんて信じらないことで、猛反対のオ・ギュテの息子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第34回 「反撃の始まり」

チニョンが開いた無料診療所“治腫院”。 ここには、多くの患者で溢れかえっていました。 恵民署をやめられなかったユン・テジュやテマン、医女たちも仕事帰りに手伝ってくれていたけど、全然手が足りない状態。 「これも恵民署が堕落したせい。 施療庁(チリョチョン)は貧しい患者だけじゃなく、 名声を保つために 難病患者を受け入れないらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第33回 「治療の褒美」

突然、清国の皇帝の前に引きずり出され、戸惑うクァンヒョン。 側室・ウヒ様の附骨疽の治療を任されたミョンファン率いる朝鮮医師団のやり方は効果がなく、クァンヒョンに治療を任せたいと言ってきたのでした。 「どうだ?やれるか?」と皇帝陛下。 部下がズラーーっと並ぶ中だし、恐れ多くも皇帝からの依頼だし、 できませんなんて言える雰囲気じゃい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第32回「意外な結末」

万全に注意を払ってたつもりだったのに、 患者さんはコ・ジュマンと同じように破傷風を発症してしまった。。。(゚д゚)! これは天がクァンヒョンに与えた乗り越えるための試練なのかも…と思いました。 動揺するガヨンに「再び外科手術をし、 破傷風が広がる前に腐った所を取り除く」と告げるクァンヒョン。 注意を払ってたつもりだったけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第31回 「消せぬ恋心」

イ・ミョンファンが清国に来る・・・。 逃げるように祖国を離れたのに、あいつの方からやってくるなんて愕然のクァンヒョン。 『人殺し?人殺しはお前の方だ』 ミョンファンに言われた言葉が蘇り、コ・ジュマンからの遺書を取り出すクァンヒョン。 ミョンファンへの恨みや復讐より、 自分が恩師を死なせた…という思いが強いんだね。。。(;_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第30回 「異国の地で」

清国へ渡って三年が過ぎ、、、 ククァンヒョン、サアム道人、ガヨンの三人は 清国の各地を転々としてし、流れの医者のような生活のよう。 二年ぶりに戻った地で、おいしかった餃子を食べた三人でしたが 「味が変わった!」と憤慨するガヨン。 クァンヒョンも味が違うと感じたけど怒ることなく、 料理長は味覚障害の病では?と察し、店に戻り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第29回 「恩人との再会」

イ・ミョンファンの策略により、殺し屋が船頭の舟に乗ってしまったクァンヒョン。 そうとも知らず、別な岸辺でクァンヒョンが来るのを待っていたみんな。。。 前回、お供の人が殺され、 クァンヒョンも斬られ!で続くでしたが、 そこに至るまで少し時間がありました。 船頭が怪しいと気づいたクァンヒョン。 養父のペク・ソックが船頭だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第28回 「執拗な魔の手」

父カン・ドジュンの鍼箱を手にし、 ミョンファンへ宣戦布告したクァンヒョン。 しかし、クァンヒョンを取り巻く状況が・・・(ノД`)・゜・。 コ・ジュマンの死…。 息絶えたジュマンに鍼を打とうとし、 「私のせいです。 頭の手術なんて最初から無理だったのです」と泣き叫ぶクァンヒョン。 「いいえ。首医様は最期に[あなたのせいじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第27回 「果たされた約束」

「お前が本当にカン・ドジュンの息子なのか?」 カン武官の問いかけに、なぜ知っているのか?と答えるクァンヒョン。 「ならは跡継ぎはチニョン様ではなくお前…。」 持っている刀ほ落とすほど、ショックを受けていたカン武官。 その事を聞き、震えが止まらないミョンファン。 「チニョンお嬢様と旦那様を守るため、クァンヒョンを消すしかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第26回 「驚きの真実」

脳の外科手術を試みたものの、 予想以上に広がってた腫瘍だったため、絶句のクァンヒョン。 首医様…と泣き崩れるクァンヒョンに、 もう何もする術はないと説得し、麻酔を覚ます鍼を打とうとするイジョン。 そこにチニョンが来たので中断。 手術の経過を聴いて「もし血管を避けられたら望みがあるのでは? 方法があります」と教えるチニョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第25回 「恩師を襲う病魔」

仕事を休んだコ・ジュマンが心配で自宅に寄ったクァンヒョン。 そこには脳腫瘍が悪化して、意識不明で倒れてるジュマンが! それにしても頭骨が腐って膿が…ってビックリだわ(@_@;) ジュマンをおぶって恵民署へ走るクァンヒョン。 その頃、 カン・ドジュン宅の下女だった女に会っていたインジュ。 坊ちゃまが生きていたことを涙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第24回 「蘇る過去」

カン・ドジュンの形見である鍼箱をクァンヒョンに託し、 「あなたの父親の話をします。けどその前に確かめたい。 あなたのとってチニョンはどんな存在?」と尋ねるインジュ。 チニョンへの思いは決して口にしてはいけないことだし、 インジュは思い詰めた表情だし、 現実から逃れるように背を向けるクァンヒョン。 すると「ペク・ソック。それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第23回 「初の外科手術」

ミョンファンの策略に嵌り、 両班のウンソと通じた罪で連行されてしまったクァンヒョン。 身分が低いクァンヒョンが両班と…それも左議政の息子の嫁が相手なんて重罪、大罪人が送られる義禁府で取り調べられることに。 前回、クァンヒョンが捕まったと聞いて、冗談でしょ?と笑い飛ばしてたスッキ王女。 しかし宮廷内で連行されるクァンヒョンを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第22回 「仕組まれた罠」

密偵の調査で、 ペク医学生が亡きカン・ドジュンの息子だと知ったインジュ。 ここで昔の回想シーンが流れました。 どんな思いで娘を差し出したんだろ…と ペク・ソックの気持ちを思うと泣けて来た。。。(;∇;) そんなことになってるとも知らず、 チニョンへの贈り物の靴を持ち、ニコニコ顔で恵民署にやってきたクァンヒョン。 その姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第21回 「切ない想(おも)い」

ウンソから 「イ・ミョンファン様に用心せよ」と忠告されたけど、 一体何のことやら…?で首をひねるクァンヒョン。 チョン・ソンジョの屋敷で 『コ・ジュマンに鍼を打たせないようにする』と 聞いたことをハッキリ言えば良いのだけど、 嫁という立場、義父ソンジョの顔もあるから、 オブラートに包んでしか言えないのでした。 無用と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第20回 「心の帆」 

大妃の命令により、王様の治療から排除されたコ・ジュマン。 治せなかったという事は、重罪に処せられるところでしたが、 クァンヒョンが駆けつけて。。。 「便が緑色なのは石が溶けている証拠です。 あと数日で完治します。 治った牛がいるのです。 王様の病気は間違い無く胆石です」 と説明するクァンヒョンに、 「いい加減な事を言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第19回 「窮地 再び」

王様の病名を獣にしかない胆石と診断したことで、 王様を侮辱した!とクァンヒョンを追放処分にすると息まくミョンファンたち。 当の王様はクァンヒョンを許してるし、 コ・ジュマンも医学生に過ちはあると庇うけど、 クァンヒョンを疎ましく感じてた連中もまったく聞き耳持ちません。 三医司の医官すべてを敵に回しても、 首医として追放を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

馬医 第18回 「診断の行方」

医官採用試験の二次試験、 ミョンファンの策略によって、 優等生のテジュとペアになったクァンヒョン。 その行方は、、、 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 二人が受け持つ患者はなんと『王様』!!!!! 今回の臨床試験は、 王様の提案で王室の方々が患者になったのですが、 その中でも王様を受け持つとは。 テジュと比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第17回 「超えられぬ身分」

遺体置き場に閉じ込められ、 そこで死体を生き返させたクァンヒョン。 いや、正しくは仮死状態だった患者を助けた…が正解ですね~。 虚中(脳出血)に効くツボ五箇所に正確に鍼を打った事も驚きですが、その後の処置も完璧でした。 死亡と診断されたのは、脈も息も止まってたので誤診では無く、 「仮死状態」はコ・ジュマン位しか知らない珍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第16回 「思わぬ告白」

スッキ王女、カク尚宮、マ武官のやり取りが毎回おかしすぎる(笑)(笑)(笑) そうそう、スッキ王女を演じてるキム・ソウンは、 「悲しき恋歌」でヘインの少女時代をやってたんだね! 盲目の演技がうまかったし、かわいらしい子だったな~。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ソンハの友人ソ・ドゥシクの屋敷に連れて行かれ、 自害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第15回 「医師への第一歩」

ソンハがいい人すぎて困る(^◇^;) なぜ困るって聞かれちゃ困るけど、 多分憎めないから困るんじゃないかな? だからクァンヒョンも愚痴っちゃうんだ。 演じてるイ・サンウ「千日の約束」でもいい人だったなーー! ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 終了を告げる銅鑼の音と共に、 医師でさえ難しい瘂門へ正確に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第14回 「絶体絶命」

ヨウォンちゃん(チニョン)とユソンさん(インジュ)、 ドラマ「大望」では同年代の役やってるから なんだか不思議なカンジがしちゃいます。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 初めて見た銅人型に、 20箇所以上は正確に鍼を刺してたクァンヒョン。 自分は正確に打てるまで三ヶ月かかったのに…。 ペク・クァンヒョン、あの人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第13回 「面影を重ねて」

「俺は医師になる。 馬医でも医師になれると証明する」 真っ直ぐな目でチニョンに決意を告げるクァンヒョン。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 二人が話してるのを見かけ、 「お嬢様は同じ名前だからとあの者を気にかけすぎる」と怒るカン武官。 同じ名とは? 幼い頃の経緯を聞き、 死んだとわかった今でもチニョンは初恋を引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第12回 「訪れた転機」

今更だけど、チョ・スンウはうまいねーー。 セリフがない表情だけの時でも、ちゃんと伝わってきます! (しかも自然) ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ チニョンが両班だと知り、呆然のクァンヒョン。 身分違いが…ということもあるけど、内緒にされてたなんて騙されてた気分なのかも。 チニョンと話してるのもつかの間、 クァン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第11回 「波紋を呼ぶ鍼」

クァンヒョンのほっぺにチュッ♪としてしまったスッキ王女。 当のクァンヒョンにしてみれば、 まさか本気でやった…と思わず、 顔が近くにあると気づかず自分が振り向いてしまった、 無礼をお許しください!と詫びるばかり(笑) まあ、そういうことにしておこうか・・・と、 ホッとするやら寂しいやら、複雑なスッキ王女。 その光景を偶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第10回 「信頼の芽生え」

病が感染し、意識を失い倒れてしまったチニョン。 「よくこんなになるまで我慢していた」とコ・ジュマンが驚くほど、危険な状態。 「私のせい」と自分を責めるクァンヒョンに 「責任を恐れて逃げ出したくなったのか? 私はそなたを信じてる。原因を突き止めるんだ。 迷いを捨て、やるべきことに最善を尽くせ」と励ますコ・ジュマン。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more