「BIGBANG in 札幌ドーム」 レポ ~ライブ編 (前編)

いよいよライブ編!!
長くなったので前編と後編に分けました


【2014-12-26追記】
BIGBANGジャパンドームツアー2014-2015・札幌ドームのレポは
こちらになります。→トーク編



札幌ドーム…満席になるんだろうかと心配したけど入ってたね!
公式発表は4万5千人。
もしやあのグルーブより多かったの?!
北海道民だけじゃなく遠征組も多かったと思うけど、
とりあえずK-POPが入らない…と言われるこの北海道でホッとしました♪

画像
by.BIGBANG Facebook
この光の中のひとつでした


まずWINEERの登場♪
ネット情報で、彼らが前座をすることの批判を目にしてたので、どうかな・・・と心配でした。
しかし!すごい声援!!
個々の名前を呼ぶ人も多く、人気が定着しつつあるみたい。
特にテヒョンが人気もの。
確かに彼はビジュアルだけじゃなく、いい声だなーーと思ったし、大舞台におじけることなくうまかったです。

日本語の歌を歌い(2曲)、スクリーンに歌詞が流れてました。

自己紹介はみんな日本語で。
スンユンくんが「BIGBANG先輩と同じ舞台…」とか
「BIGBANG先輩のように…」とか
「せんぱい」という言葉をよく使ってた。

スンフンくん。。。カンペを読むのがバレバレだよ(;´Д`)

デビュー前と思えないほど、
ステージ上から観客をあおったりアピールしたり。
私たちの近くにきてくれたのが、
唯一名前を覚えられなかったスンフンくんで、
せっかく来てくれたのに
名前を叫べなくてごめんね・・・(ノД`)・゜・。 
もう全員覚えたよ!

大きな会場でハンドマイクで歌うパフォーマンス、
音というか歌にこだわるYG、
やはり他のアイドルとは違うな~。



そしていよいよBIGBANG!が登場


G-Dragon (ジヨンまたはGD)
SOL (テヤンまたはヨンベ・べべ)
T.O.P (タプ)
D-LITE (テソン)
V.I (スンリまたはすんちゃん)
またまた、呼び方がいろいろでスミマセン。。。





「What's up さっぽろー
GDが「札幌」と叫んだとき、
彼らが私の住む北海道に来たんだ…と感動(;_;)


1.HARU HARU

メインステージの上から登場し、
大きなブランコみたいな上で歌ってました
いつものように日本語アコーステックver.
「どれだけの季節が過ぎ…」のサビ、
テヤンの声が目立つ!
「もう心壊れてしまえ
しかし太字の部分は毎度のように音を下げて歌ってた。
テソンの「やわらかく包み込む…」は、
久しぶりにホントの音程で聞いた。(よく下げて歌うんで…)
スンリの「Haru Haru Say Goodbye」のところは
よくジヨンがハモるけど今回は無し。。。じゃんねん。

テヤン「君のために生きるーー」とのばして歌った。
よく伸びるいい声で、調子よさそう♪
しかし、すぐにサビが始まって余韻が残らない感じ(´・ω・`)
ここから少しアップテンポになりました。
踊って欲しかったなーー

いきなりの人気曲からのスタート、
最近は最後のサビを会場みんなで合唱が恒例(?)だったけども今回は無し。

タータンチェックの衣装、
2010年のコンサートもこういう柄の着てたね。

画像画像

左2013
右2010





2.BLUE

後ろの映像(ライト)が雪みたいでキレイ。
最後のサビの部分、
スンリ「みなさん、お願いします」と会場にマイクを向け、
会場みんなで合唱、
「浮雲に 放した愛 Oh…」をスンリが高音で歌い、
会場のみんなとはもる。
しかし、私が前に行った時より歌声が少ない感じ。。。、
けど再びスンリとハモれてうれしかったよ~♪
スンリの生声は澄んでいてきれい。
本当にジヨンの作るメロディは本当にステキで独特だな~。
ココロ打たれます。


私的に「Haru Haru」 と「BLUE」は逆が良かったなーー。
「Haru Haru」→しんみりから、ややアップテンポに、
なのに「BLUE」でまたしんみり・・・。
私「BLUE」が大好きなのに、
曲の良さが生かされてない気がしちゃったよ。。。
BLUEの寒い冬から春に変わって、
一番人気のハルハルで盛り上がって、
BAD BOYにつながればなぁ…と思った。





3.BAD BOY

歌の途中でメインステージから
歩きながらサブスデージへ移動、

二番のスンリパートで、
スンリ「Everyday & night I'm so 」ファン「mean?」
スンリ「 cuz I'm so」ファン少しだけ「 real ?」
他の会場だと、掛け声が多いんだろうな。。。
けどここはBIGBANGファンだけじゃないし、
歌を知ってても北海道民はシャイで声が小さいし・・・


「何も言わないで」「強がってたけどホントは…」の
スンリとテソンの掛け合いのところは、
被せの音が強くて残念。←ここ好きなの(*^^*)


曲が終わってもバンドの演奏が続いていて
サブステージへ移動。
ジョン、「What's up Sapporo(わっさーさっぽろ)」とかわいい声で、何度も叫んでました。
しかし、発音良すぎ&日本人があまり聞きなれない「わっさー」に、会場の反応はあまり・・・(^^;
そして五人が簡単な自己紹介。
ジヨンは「みなさんおひさしぶりです。
ハッピーニューイヤー」
トップさんは「札幌の(北海道の?)みなさん、はじめまして。
僕はとっぷです。あえてうれしいです」と聞きやすい日本語。
スンリは「あけましておめでとう」とか
「札幌、盛り上がってるかー」とか
「なまら最高!」と言ってたような。





4.ガラガラGO!

ファンじゃなくても知ってる人が多いから、
ワーー!とすごい歓声。
あちこち移動しながらファンをあおり盛り上がってました。
間奏のダンスの見せ場は
サブステージの丸いところでやってて
私たちの席からは真横からでレアな角度!
後から思い返すと、ずっと生の姿を直視してたけど、
ダンスを堪能するには
スクリーンを見ればよかったかな…と少々後悔。
けど近くて見るダンスパフォーマンスは圧巻ーー。
この歌はいつもメンバーがアドリブでよく叫ぶんだけど、
何回も「さっぽろーー」と言ってた。



5.HANDS UP

いつものように手をあげて
「ヘイホー」と盛り上げる5人。
テヤン「打てば (響く一人ひとりに伝わる) 魂の叫び天に」
( )の部分が歌えなかった・・・(^^; 
ここは鬼門のようで歌えないこと多いよねーー。
かと言って、MY HEAVENのように「フーフー…」でごまかさないから、歌おうとするけど忘れちゃうんだろうね。

トップさん。また「現在進行つう」に戻ってた。
前はちゃんと「しんこうちゅう」って言えてたんだけどねー。

スンリ「札幌 盛り上がれーー」とか言ってた気がする。
観客をあおりながらサブステージを走りまわり、
メインステージへ戻る。
なんだかんだと 盛り上がりがハンパない曲だから、
これが一曲目でもよかった気も…。

歌いながらメインステージのセットへ。
画像

別な会場の写真だけど…。

by.BIGBANG Facebook


このセットは移動式、
テヤンはこのセットが動いてる時も素早く移動してた!

他の人はセットが止まってる時に場所移動。
最後ベベは棒を使ってかっこよく降り、ファンから歓声~♪
↑この棒はスンリソロでも使用したのだが…。

歌の途中でスンリがいなくなってることに気付きました。
撤収するとこ見たかったーー
最後のスンリパートをどうするんだろ?と思ったけど、誰も歌わず。
締めのべべパートは天の声。
ALIVE TOURではスンリが締め担当で、
キレイで余韻が残る「step…」が好きだったのだが。。。
まあ、毎度同じにしてはつまんないもんね~。





6. スンリ(V.I)ソロ

☆ Let's talk about Love
GD&べべがいない日本語Ver.
サブステージで披露。
掛け声を観客に煽り、
スン「Let's talk about」で会場にマイクを向ける。ファン少しだけ「Love…」×2
そのあとの「me」も「you」も同じ。
あまり掛け声が浸透してないみたいで、
ちょっとかわいそうだった。。。
けどすんちゃん、
ドームに来た観客は
BIGBANGファンだけじゃないから!!
他のK-POPグループファン、友人に誘われてきた人も多かったんだよ!
…と伝えたい。


キレキレなダンスをいっぱいしてた
ここでも「さっぽろ もりあがれーー」と叫んでいた。
「ジャンプ!ジャンプ」も。(←他の曲でもよくこうあおってた)
けど私気づきました。
冬のブーツだとジャンプやりにくいっ…と(;^ω^)


☆ 僕を見つめて
掛け声はあまり浸透してなかったけど、
私のまわりは「♪ねぇ君…」と一緒に歌ってる人が多かったような。

ダンサーのアヨンちゃんを追いかけるパファーマンスで、
サブステージからメインステージへ行き、やぐらみたいなセットへ。
このセット、大活躍だねーー。
で、一番上まで行き、棒で降りたんだけど、
かっこ悪くおしりから落ちてしまって
苦笑いするスンリの顔がスクリーンにデカデカと映り、
会場笑いに包まれる

HANDS UPではテヤンがスルーって華麗に降りたのに(笑)
私も笑ってしまって、
「その涙、その痛み…のところをじっくり聞けなかったよーー。
↑ここ好きなのに(;_;)



☆ What can I do
ショートVer.。
スンリもテヤンも三曲歌ってるけど、
短いのが二つあるから、皆と同じ二曲程度の時間です。

私の知る限りではいつも
「信じてたのにWhy?俺だけ No way」 って間違って歌ってて、天の声のコーラス「You say」が空しく響いてたけど、
とうとう「俺だけ You say」って歌えた!
なぜだか感動(#^.^#)
短いバージョンだからか、サビとかも頑張って歌ってた♪

ややMCをしてたけど、ごめんなさい。内容覚えてない。。。

この曲で再びサブステージに来て
私たちの近くで終わりました。
撤収するとき、
靴がいつもの赤い靴底のだったのが確認できました。

画像
by.BIGBANG Facebook




7. テソン(D-LITE)ソロ

☆ WINGS
初めて生で聞く日本語ver.(すみません。ソロコン行ってない)
会場から「カン・デソン」の掛け声が響き渡り
メインステージの大きな鳥かごのセットの中にいるテソンが
歌いながらそこから出てくる…というシュチュエーション。
「殻をやぶって飛び立てーー」という感じで
曲のイメージを考えた演出でした。
ALIVE TOURのように飛ばなくて残念だけど、ドームじゃムリか。
娘はこの時、はじめて茶髪になってたことに気付いたそう。


☆じょいふる
テソンの衣装と似たようなピンクのスーツの男性に、
「トゥタイ トゥタイ…」振る、
しかし会場のファンたちが言ってしまいました。
するとテソン「そうじゃなくてー」と再びピンクの服の男性に振る。
突然のことなのにこの男性、ちゃんと歌っててすごい!
(もしやソロコンでこれは恒例だったのかな?)
テソン「口が大きいですね。(会場(笑))
口が大きいのはいいことです」と締めました。

テ「君の心はそうもっと」で右の観客に振る、客「Do Do」
次は中央、そして左側、これを三回くらい繰り返しました。

テ「たいたいたい」 ←なんかおもしろい言い方&セクシー
ファン「たいたいたい」
これも三回くらい繰り返してた
「パピプペポ」のところも三回くらい繰り返し、
・・・私的にはどれもちょっと長かった

「盛り上がってますかーー」とか敬語で観客に言ってたけど、
最後の方に一回だけ「もりあがれー」みたいなことを、乱暴な口調でおっしゃった(笑)(笑)

後ろのスクリーン、黄色・オレンジでゲームセンターみたいでした。
最後の方「☆」や「D-LITE」とカラフルに書いてました。

画像
by.BIGBANG Facebook



テソンソロの後、
ジヨンが「たいたいたい」と歌いながらステージに来ました。
かわいい、たいたい






8.Tell me goodbye

シングルでリリースされた曲でなじみがあるからか
テヤンが曲紹介したとき、若干の悲鳴。

二番のスンリパート、
いつも下げて歌うのに、今回は普通の音程で歌った!
初めて聞けたよーーーうれしいーーヽ(^。^)ノ

実は私はこの曲、テソンの曲…と思っています。、
けどテソンくん、あまり声が出てなかった気がする・・・。
私の好きな、最後の「Wo----w Wo---」の単独コーラスが
まったく聞こえなくて残念。。。
まあ、そんな日もあるさ!

いつもテヤンが合いの手みたいに声を入れて、
それがちょっとうるさいと感じることもあるんだけど(ごめんなさい)
今回はそれが程よい感じで、
空気を読みながらの合いの手って感じでGOOD
「Tell me goodbye tell me goodbye」のコーラスも、
テヤンの声がよく聞こえました。
当初はテヤンのソロの予定だったこの曲、
レコーディングまで終えたという幻の曲を聴いてみたいなーー。




9.LOVE SONG

移動ステージで後方へ。
画像

これも別会場のですがこんな感じ。
by.BIGBANG Facebook


こう見ると移動ステージ結構広いんだね!
アリーナの真ん中の人たちは、
真上を彼らが通ったわけでしょ?スゴイねーー\(◎o◎)/!

移動していくときは高いところにいるのを
私たちの席からは見上げる格好なのであまり姿が見えない…。
でもチラチラ見える姿を追い続けてました。
今思えば、キッパリとスクリーンを見ればよかったかな。

サビのスンリ、テヤンパートの振り付けは
横を向くのでお顔が見えた。
この曲はスンリが気持ち良さそうに歌い上げるのが好きで、
すごくスンリに合ってるなーーといつも思ってる私。
やはり今回も同じことを思い聞いていました。

ALIVE TOURでは最後に「LOVE SONG…」とスンリが余韻のある締めをしていて、それが好きだったのだけど。
まあ毎回同じじゃつまんないもねーー再び。
画像





10. LaLaLa
11.BIGBANG
12.Shake it

曲が始まる前に
「次は」BIGBANGを作り上げた(有名にしただったかも?)曲です。
きっとここにいる99%の人が知らないと思います」みたいなことを
テヤンが言いました。

そんなことないよーーー!

これも後ろのステージ。
けど「えびばでぃ ら ら ら」で後ろを向くから、
五人がこっちを向いてすごいレアな光景ーーー。
短いver.なのでスンリとテソンのパートはなかった気がする。
(BIGBANGはあったかも)
今回はコーラス担当ってことね。
あ、.Shake itの最後はスンリのヤヤヤ…があったような。。。

途中でテヤンがはけるのに気付きました。
4人が後方のステージにいたけど
私たちはメインステージを軽快にトコトコ走ってく
かわいいテヤンの姿を追ってました


メンバーが全員はけた後、
過去のMVの映像がスクリーンに流れました。
LIES(コジンマルの英語ver.)、WithU Number1など。





13.テヤン (SOL) ソロ
スクリーンにRINGA LINGAのティーザー映像が流れ
「トン・ヨンベ」とコールが起きました。

☆ Look at me
☆ Wedding dress

どちらもショートver.で、スタンドマイクを使ったパフォーマンス。
こういうの見ると、ホント器用だなぁと感心します。
一曲目はダンサーはいなくて二曲目から登場。
これまではダンスメインで歌は二の次って感じだったけど、
今回は歌を重視してじっくり歌ってました。
(もちろんちゃんとダンスもしてます)
この演出、曲のせつない気持ちが伝わってきて好きーー。

ここまではメインステージでした。


☆RINGA LINGA
サブステージに移動し
「次の曲はぼくの新曲です。
みなさんく聞いてくれましたか?」
私は大きな声で「聞いてるよーー」と叫びました^^
そして「リンガリンカリンの練習してみましょう
リンガリンガリン…」と客と掛け声の練習。
なんか…テヤンの成長を見た気がした。。。(ノД`)・゜・。

ここの部分きライブや歌番組で歌わないから、
貴重な歌声が聞けました♪

歌う前に上着を脱ぎ、この曲のパフォーマンスの準備が完了~。
「ちよっと待ってください」と言ってたような…
(記憶が定かじゃない^-^;)

画像


この曲を生で聴くのをすごーく楽しみにしてました。
この曲のダンスを生で見るのをすごーく楽しみにしてました。
・・・本当に迫力すごかった

会場から、おーーと感嘆の声というか
ざわめきが上がってたと思います。
サブステージの場所を移動しながらのパフォーマンス。
テレビの歌番組で見るより、のびのびしてる感じがしたし、
私たちの近くにきたとき、
想像以上に振りが大きくて驚きました。
斜め45度くらいのところで、ここから見るのがいいかもーー。

ホント、感動しました。。。




14.G-Dragon ソロ

☆ Crayon
ヒョウ柄の毛皮のコートで「Crayon」のスローガンを両手で掲げて登場。
一瞬、空気が止まったみたいで、神々しい姿・・・と思いました。


結構、会場から掛け声がしてたようで、さすが人気者だなー。

最後はバタッと倒れるパフォは無しで
登場の時と同じようにスローガンを掲げて終了。


☆ ピタカゲ
ここでサブステージに移動。
最近お気に入りの黒いモコモコ帽子をかぶり、
会場からキャーと悲鳴。

韓国の歌番組同様でサビの
「今夜はピタカゲ」の部分は歌わない。
テソンもサビの「(叫んでみよう)イェーイエー」を絶対にうたわないし、テヤンもそうだし、YGにはこだわりがあるんだろうか?

最後はいつもと同じくバタッと倒れ、
(私たちの近くだった)
あーーたからCrayonでは倒れないのね…と思いました。

画像
by.BIGBANG Facebook




15. T.O.P ソロ
青いスーツにマイクを背負って登場。
ジヨンやベベみたいに、
次の曲・ドゥンダダが始まる時に
背負えばよかったのに…と思った。

☆ TOUN UP
ペンギンダンス、がんばってた♪
2010年MAMAより、リズムカルでうまくなってた気が…。
でもやっぱり面白いダンス(^◇^)
トップさんは他の曲でもよくシャカシャカ踊っててビックリでした!


☆ DOOM DADA
ドゥンディビダー…」
太字のところが裏声すぎるーー(;^ω^)
しゃくりあげるというか、声がひっくり返るというかそんな感じ。
Bパートの高速ラップ後、会場から歓声があがる!
暗くなると同時に「イエーイ」 ←ちょっと遅れた?

そうそう!タプのこの片方の前髪をたらした髪形、すきーー
最初にハルハルで登場したとき、おっ!♡と目を引いたよ♪


画像
by.BIGBANG Facebook


トップさんのソロの後、ジヨンが「イエーイ」と物まねしながら登場~。
テヤンは「ドゥンダダ…」



後編へ続く。。。


☆「BIGBANG in 札幌ドーム」 レポ
 リハ観覧編はこちら
 トーク編はこちら
ライブ編の続き→ (後編)


「BIGBANG」ほかの記事はこちら






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック