熱血男児 第8話

とうとう脱落者が発表されました・・・。
ファンの方々なら経緯がわかってる事でしょうが、
それほど情報を収拾してない視聴者は
ビックリーーw( ̄∇ ̄;)w!!だったんじゃないかしら。

まず、街中でゲリラライブをするというところから。
前回、このイベントが発表されたとき、
えぇーーー?!って表情でしたが、
運命がかかる舞台に必死に取り組んでいました。
BIGBANGの場合「合格者」として発表されましたが、
熱血男児は「脱落者」
最初から3名が落ちるとわかってるんでシビアです。

ダンスチームとボーカルチームの二つに別れて練習。
ダンスチームは
ジェボム、テギョン、ジュンス、ニックン、
ウヨン、ジュノ、チャンソン、スチ
の8名。
ボーカルチームは
グォン、スロン、デホン、ジヌン、ドゥジュンの5名>

ダンスチームで目を引くのはやっぱりジェボム。
素人目だけどキレがあって上手いし、
最後の決めポーズもバッチリ。
みんなに号令をかけてセンターで踊る姿は、
既に「リーダー」って感じです。
なのに一回目のネット投票で、
脱落者候補1位だったって…

ボーカルチームは、きれいなハーモニーに癒されたし、
「歌詞の通りすべてうまく行きますように」という字幕にグッと来た…。

全員で合わせる練習のとき、参加できないジヌン。
なんと、肩に水が溜まって腕が上がらない!
寂しそうな笑顔で答え、
目の前で楽しそうに合わせてる仲間を見てる姿が可哀想だったよ・・・。


もうこの時からジヌンから目が離せなくなっちゃいました。
…結果を知ってるしね。。。


ライブの宣伝のために
女子校の前でチラシを配って宣伝、
そして当日、たくさんのファンが来てくれてました!

「今日はノドの調子が良くないので心配です」とジヌン。
でも楽屋ではおどけていましたね~。

まずダンスチーム。
笑顔をふりまくテギョン、
ジュンスもカメラや観客にアピールして、
場慣れした感じがプロみたいだわ


次はボーカルチーム。
「笑顔を見せてください。
すべてうまく行くはずだよ」
観客を見つめるジヌンの笑顔が優しい (^ー^)
みんな真剣にバラードを歌う…って表情だけど
歌の内容からジヌンの表情がピッタリだと思いました。

しかし、ダンスチームに比べて、
ボークルチームは地味で不利な気が…。

そして最後に全員でのパフォーマンス。
しかし肩の調子が悪いジヌンは舞台に立てません・・・。
画像


よく見たら12名だったんだね。。。

涙を堪えて仲間を激励し見送るジヌン。
楽屋に戻ると、とめどなく涙が・・・(T_T)
最後に参加できない歯がゆさ、
ケガしてしまった自分への悔しさ、
頑張ってきたみんなとステージに立てないなんて…。
「つらいだろうけど、ここで泣いちゃいけない。
君の気持ちはわかるよ」
厳しくもあり優しくもある司会のキム・ギスさんの励まし、
ジヌンは忘れないでしょう。。。



その夜、投票が締め切られてすぐ発表。
みんなでやり遂げたステージを語りあう暇もなく・・・。

生き残ったメンバーの発表から。
「オク・テギョン」
「ニックン」
「チャン・ウヨン」
「パク・ジェポム」
「ファン・チャンソン」
「キム・ジュンス」
「イム・スロン」
「チョ・グォン」


・・・と続きまして
ここまで呼ばれて残り5人になり、
3人は脱落、2人は合格。
前に3人の脱落に入ったデホンがまたしても…。
そして意外な事にジュノがーー(@_@;)

次に呼ばれたのは「イ・ジュノ」
そして最後に「イム・デホン」

脱落者はリ・スチ、チョン・ジヌン、ユン・ドゥジュンの3人。
ずっと俯いたまま泣きそうだったジヌン。
最後に力を出せなくてどんなに虚しかったか・・。

呼ばれた順は得票順なのかしら?
そう思っての感想。


第一回ネット投票で最下位で
「かなりヘこみました」と笑って話すジェボム。
悔しい気持ちを乗り越え、
パフォーマンスにぶつけてましたね。
ダントツで1位かと思いましたが、
最初にビリだったし、私と視聴者の感覚が違うのね。

「僕は自信を持ってます。
死ぬほど頑張って練習してきました」とチャンソン。
容姿も目を引くけど、
自分を信じて夢に向かう姿が滲み出て
見る人を引きつけてたような気がしました。

「落ちる事は考えたくないです。
自分を信じないとそこで終わりなので
自分を信じてます」とジュノ。
チャンソンと同じような強い意志を持っているけど、
ここに至るまで葛藤があったのかな?と想像。
少し控えめな性格も、ジュノを目立たなくしてたような。
・・・私と娘はジュノが好きなので、
13名の中で一番見てたけどね~

「脱落の事をも思い出すだけで力が抜けます。
みんな頑張ってるのに
投票の事でずっと頭が痛かったです」とグォン。
優しい性格が滲み出てるね…。
長い練習生時代を支援してくれてるご両親の事も気にかかるだろうに。
そんなグォン君も、
「練習中は投票の事を忘れてた」と。
うん、プロはそうじゃないとね!

多分、1位だった(…と思われる)テギョン。
どのミッションにも前向きで一生懸命食らいつき
それでいて笑顔を絶やない。
そこにいるたけでパッと空気が変わるし、
お顔も体系も良いし、当然の結果かも…と思いました。

画像

バスの中で笑顔だった
スチとドュジュン・・・。


スチは自己紹介のアクロバットはおお!だったけど、
それ以降あまり目立たなかった気が。
韓国語もあまり喋れないせいもあるだろうけど、
自信もなくなってる感じが
あまりカメラさんも捉えてくれてなかったような。
歌手の決め手である「歌」を披露する機会も少なかったよね。

第4話
「脱落」を言い渡された3人の為に泣いてたドュジュンとジヌン。
それが最後の最後に
自分達にもそうなるなんて。。。
ドゥジュンは可もなく不可もなく…という印象で
ジヌンはアピールする機会が少なかったような…。
今となっては活躍してる二人だけど
やっぱり心が痛むね。。。

早朝ランニングしてるとき、
まだ筋肉がそれほど無くて
ほっぺを真っ赤にして頑張るジヌンが可愛いという娘。
前は2AMの中で唯一「誰?」だったけど(ごめんね)今はバッチリだそうで、翌日TBSチャンネルで放送された「K-POP Channel」も喜んで見てました~
熱血男児の当時、ジヌンはまだ高一だもんね。
今はモデルみたいにカッコよくなっちゃって(*゚ー゚*)

最初に書いたように、
予備知識を持たないで見てたら、
えっ?!なんで今2AMのジヌンが?!とビックリよねーー。

“熱血男児で合格した中から
2PMと2AMに分けられ…”とよく紹介されますが、
“イム・デホンが辞退して補欠のジヌンが加入、
除隊したチャンミンも加わって2AMに”ってわけですね。

最初に脱落を宣告されても涙を堪え、
後で背中を向けて泣いてたデホン。
今回は「意欲を持って挑んでます。
僕の力を示したいです」と語っていました。
歌も上手いし、面倒見もいいし、
ファッションも垢抜けてるし、最初の頃は注目してました。
最初に脱落して、メンバーの懇願で残り、
最後に合格できたのに。。。
「学業を優先して辞退」としかわからず
当時り彼の心境を語った記事が見つからず、
あくまで私の想像の域を越えませんが
熱血男児を通じて芸能界や歌手の厳しさを痛感し、
プロとしてやっていけるか…と考えた末の結論だったのかな?と思いました。

「熱血男児」その他の回はこちら



Saint o’clock~JAPAN SPECIAL EDITION~(初回生産限定盤)(DVD付)
㈱アリオラジャパン
2011-11-09
2AM


Amazonアソシエイト by Saint o’clock~JAPAN SPECIAL EDITION~(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック