推奴(チュノ) 第19話

段々とテギルが可哀想になってきた。。。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
「お前が救いたいのは王孫か?オンニョンか?」
テギルの問いかけに、
「そんな女は知らないと言ったはず」とテハ。
「お前も下劣な両班と同じ」とせせら笑い、掴みかかるテギル。
私もそう思った。“本当のオンニョン”として見てない…、思いたくない感じがして。。。
それともテハは、“キム・ヘウォン”として生きるオンニョンの意志を尊重してるのかも?

二人が戦ってる最中、そのキム・ヘウォンことオンニョンは、
怪しい輩として役所に連行されていました。
兄の名を出し実家は両班だと説明したのだけど、それが仇になってしまいました。
兄が死んだ事を知らないから仕方無いのだけどね。

・その家の主は自害した。
・調査で族譜を金で買った偽の両班だった。
・この女は婚礼の夜に逃げた…と部下から報告を受け、
「徳の高い両班だと?お前の兄は…」と蔑む役人。
「…?!」驚くオンニョン。
しかし真実を告げる前に、テギルが颯爽と登場~。
役人に小刀をつきつけ、女を解放しろ凄むテギル。
ん?テハとの決着はどうなったんだ???

と、思ったらテハもカッコよく登場~。
テハがまわりの兵士を滅多撃ちにする間、役人を飛び越えてオンニョンの元へ着地したテギル。
目の前に愛するオンニョンの顔・・・。ああテギルの切ない表情ったら…(/_;)

テギルとテハの活躍で助かったオンニョンと石堅様。
二人が一緒に来るなんて訳がわからず、呆然のオンニョン。

なんだかここからが、
テハ・オンニョン夫婦と一緒にいるテギルが痛々しくて・・・。
都に戻るとか、石堅様の赦免をお願いすると言うテハに、
国中で兵士が捜しまわってるのにと呆れながらも、
「月岳山へ行け。安全な場所がある。
…命を粗末にするな」とテギル。
ふてくされてるけど、二人の幸せを願っているのよね。

旦那様の傍にいる資格が無い…と過去を話そうとしたオンニョン。
その時、テギルが兵士の気配を感じ、慌てて身を隠す4人。

兵士が行ったので、抱いてた石堅様をテギルに預け、
オンニョンに手を貸すテハ。
居心地悪そうに石堅様とオンニョンを見るテギルが可哀想。
テハったらワザと???

石堅様の安全の為にも月岳山へと提案するテギルと、
あくまで都へ向かおうとするテハ。
「私もここを出ます。兄が心配」とオンニョン。
兄の死に立ち会ったことを言えないテギル。

ここを出る最大の理由は、身分を偽りテハを騙していたから。
その話になると避けるテハに、
「私の名前はオンニョンです」と語るオンニョン。
そしてテギルにも語りかけるように涙が溢れ、
オンニョンはもう死にました。
そしてヘウォンとして生き返りました」と。

わかっていたことだけど、
オンニョンの口から聞くがつらそうなテギル。
そんな思いもあるし、二人にさせる為に席を外すテギル。

「私が慕った方は高官になり、
身分の分かれてない平等な世を作るのが夢でした。
一人の女の為に国を変える勇気を持っていました。
その気持ちが私にはもったいなく…。
亡くなったと思っても忘れらませんでした。
その後、旦那様と出会いました」

テハに話すオンニョンの声が聞こえたのかどうか、
地面に“キム・ヘウォン”と書いていたテギル。
もうオンニョンはいない、
あの人はヘウォンだと言い聞かせるように。。。


「旦那様は両班です。だから私が去ります。
私のような者がいない新しい世を作ってください」
石堅様をテハに託し、立ち去るオンニョン。
引き止めたい気持ちと、両班としての気持ちが葛藤するテハ。

思え起こせば、
奴婢の格好をしていても気持ちは両班のままで
「無礼な口を利くな!」と蔑み、
妻の気持ちもわからず、
「自分が変われば世も変わる」と夢を語っていた自分…。
オンニョンを追いかけ、
身分の差を無くすことまで考えがいなかった。
そう思えるまで時間がかかるだろうが、傍にいてくれ」と涙のテハ。

手を取り合うオンニョンとテハを切なく見つめ、
邪魔者は消えるかのように立ち去るテギル。

こっちに寝返るように誘われていたチョ先生でしたが、
同士の名前を書けと言われても頑固拒否。
意外としぶとい…と思いつつ、
「テハも同士もみな死んだのに、
田舎に帰り生涯を無名の儒学者に甘るがいい」と左議政。
それに続いて帰りの旅費を渡し、
「腐敗した朝廷で官職に就かないなんて、
何度も科挙に落ちた自分を慰める言葉」と妓生。
痛いところを突かれて声を荒げるチョ先生。
すかさず、「左議政があなたを処刑しなかった理由を?
彼を翼にして志を果たせば良い。
力を持つことが大切なのです」と、けしかける妓生。

ポッキリと崇高な志が折れ、
左議政の為に、同士の名前を書いたチョ先生。

「謀反の首謀者はイ・ジェジュン大監。
水原へ行け。まず功労を立てろ」と命じる左議政に
テハと王孫の捜索を続けると言うチョルン。
そんな議論を交わしてる間に、
4才位の子を連れた女を
テギルとテハらしく男が連れ去ったと報告が。
水原ではなく、オンニョンが捕まったヨジュへ行くと言うチョルンに
命令に従え!と左議政。
「既に官職も名も失いました。
この戦いに決着をつけ、“自分”を取り戻します」とチョルン。
そうすれば、義父の殻から抜け出せると信じてるのね。。。

奴婢団に官庁を襲う計画を話す“あの方”。
食糧庫を放火する→食べ物が不足し民が暴動
→地方から集まる奴隷が加勢し宮殿を襲う…。
成功すれば、両班が網を編み畑仕事や糞の始末もする、
自分達がこき使うんだ~と大喜びの奴婢団の中で、
その前に、売られる娘がいる家を襲いたいと言うオッポク。
しかし、自分達が襲うのは武官の家だけだし、
成功すれば解決するのだから…と断るあの方。

けどやっぱり黙っていられず、
決行の夜、集合場所へ行く前に
いやらしい両班の主人を撃ち殺したオッポク。
今、やろうとしてる革命より、
今日の仕事が一番「自分達の為」の気分でした。

いつもの宿の女将から、テギルが処刑場から逃げた後、
生死がわからないと聞いたソルファ
途方に暮れつつも、ふと「月岳山のチャッキ」とテギルに言われたと思い出し、向かうことに。
チェ将軍とワンソンの安否を気にしてた女将と若女将も一緒ね。

その話を盗み聞きしていたパン画伯。
オ補将に密告しちゃうんじゃ???

隠れ家を出たテギルたちに襲いかかる刺客。
号牌を見せろと言って来たけど
前にテギルたちがやったように役人を装ってるのよね?

敵と戦ってる間に
「あいつは俺の言う事を聞かない。
月岳山の霊峰のチャッキを訪ねろ」とオンニョンに告げ、
石堅様を奪って立ち去るテギル。
「テギル様…」と涙のオンニョン。
再会した時、昔の呼ばれ方を拒絶したテギルでしたが今日は違い、
「…必ず生き延びろ」と思いを告げたのでした。

石堅様を奪ったのは、テハに追って来させるためでしょう。
それはテハもわかってるようで、
「彼はあなたの為なら何でもする」と。

ヨジュで人相書きでテギルとテハだったと確認したチョルン。
役人は二人は別方向へ逃げたと聞いたけど、
それはダミーだと考え、
「月岳山に知り合いがいる」と町で聞いた話を信じ忠州へ。

子供に扱いに慣れてなく、泣く石堅様に手を焼いていたテギル。
・・・いや、ワザと泣き声を聞かせたのよね~。
その声に気付いて駆けつけたテハとオンニョンが合流、
そうして霊峰に到着。

朝鮮の地でありながら、王様さえ諦めた“鬼の地”と呼ばれる場所に、多くの奴婢が暮らしていて、戸惑うテハ。
再会を喜ぶ(?)チャッキとテギル。

「推奴(チュノ)」他の回はこちらです。


チュノ~推奴~ DVD-BOXⅡ[DVD]
TCエンタテインメント
2010-11-05


Amazonアソシエイト by チュノ~推奴~ DVD-BOXⅡ[DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック