映画 『ユナイテッド93』 (2006年/アメリカ)

同時多発テロを起こした四機の中で、
唯一目的に達しなかったユナイテッド93。
結末はわかっていることだけど
何と言えない衝撃が胸を貫き涙が・・・。

あれから9年経つのですね。
何気なくニュースを見ていたとき、
飛び込んで来た信じられないリアルな映像に
愕然としたのがついこの間のような気がします。



以下、ネタバレと感想です。

   ↓ ↓ ↓

   

自分達の神に祈り、向かったテロリストたち。
彼らは自分達の神を正義を信じ、自らの命をかけた…。
テロにあった乗客たちも神に祈っていました。
「神様」・・・。難しいですね。。。

離陸が遅れたユナイテッド93。
時間が押して、早くしろと催促するテロリストたちに
タイミングが大事だから待てと命じたリーダー。
彼も人間、
まわりの何気ない日常の会話を聞きながら、
少し迷っていたのかも?とチラリと思いました。

結局、仲間たちがさっさと行動に移し、決行されたわけですが、
いとも簡単に操縦席が乗っ取られたことにビックリ。
ノックで合図を決めていたのに…。
乗り込む前にパイロットは
休暇がどうとかと話してましたが、
もし休暇を取れていたら遭遇しなかったのかも…と思うと
何とも言えない気持ちです。。。

遅れたおかげで、家などに電話を入れた乗客たちが、
テロが起きた事を知り、自分達も巻き込まれたと気付きました。
爆弾を巻きつけ、乗客やパイロットを殺したテロリストに
押さえつけられ恐怖に震えてましたが、
このまま死ぬよりは応戦しようと一致団結。
情報を得ると他の乗客たちにもちゃんと知らせたり、
武器になりそうなもの..;ナイフやフォーク、消火器などを集めたり、
みんなが必死に生きようとする様に感動しました。

操縦桿を握ってたテロリストのリーダー以外、
他のメンバーはカタコトの英語しかわからないようで、、
乗客たちがアレコレと画策してる事に気付いてない様子。
フィクションの映画なら、
コソコソ何かやってたり、家族に電話を入れてるのに気付いたら、
何やってるんだ!となりそうだけど、
ここテロリストたちはそんな事はせず、
アタフタとしてたのが印象的。
何か普通の人間だなぁと思いました。

乗客たちが家族に別れを告げるシーンも悲しかったです。
彼らは死んでしまうのがわかっているから・・・。

元パイロット、元管制官なども乗り合わせていたので、
操縦桿を奪えば何とかなるかもと、
危険を承知でテロリストに歯向かって拘束し、
操縦席のドアを破って乗り込んだ乗客たち。
操縦桿を離さず目的を遂げようとするテロリスト、
必死の思いで奪った乗客。
これがフィクションの映画なら希望があるけど、
でも私達はラストがわかっています・・・。
それでも最後まで諦めぬ乗客たちを見て、
何とかなって!と祈らずにいられませんでした。
普通の娯楽映画だったら、ラストは大抵助かるもんなのにーー。

しかし最後は・・・。
次々と変わるシーン、それぞれの表情、
操縦桿を奪ったものの「ダメだ!上がらない!」と叫ぶ声、
窓に映る景色が墜落を物語っていて。。。

乗客は助かりませんでしたが、、
テロを食い止めることに成功、
.しかも象徴ともいえるホワイトハウトへの激突を防いだわけですが、やはりやり切れませんね。

ラストに向かい、とめどなく涙が流れました。
感動・・・?
それとも絶望感・・・?
きっと両方が入り混じっていたんだろうなぁ。

ドキュメンタリーのような映像に見入りましたが、
あくまでもフィクションなんですよね。
乗客から電話を受けた人の証言などから作られ、
脚色もあるのでしょうが、
確かにあの機内であのようなやり取りがあった気がしてきます。



ユナイテッド93 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユナイテッド93 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ユナイテッド93 テロリストと闘った乗客たちの記録 (光文社文庫)
光文社
ジェレ・ロングマン

ユーザレビュー:
物語構成とかどうとか ...
アメリカのプロパガン ...
アメリカの視点からの ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユナイテッド93 テロリストと闘った乗客たちの記録 (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年09月20日 21:44
私はスクリーンで見ましたが周囲は最後まで静まり返っていました。
決行前、テロリストたちが緊張した表情で一心に神に祈っていた姿が
印象的でまた複雑な気持ちになりました。
フィクションではあるのですがでも現実に起こった事。
人種や宗教について改めて考えさせられますね。
2010年09月22日 23:12
sannkenekoさん、こんにちは。
テレビ画面で見た私でも、見終わった後は言葉が出ずにただ涙でした。もしスクリーンで見たらもっと凄い衝撃だったろうなぁ…と思います。

>決行前、テロリストたちが緊張した表情で一心に神に祈っていた姿が印象的でまた複雑な気持ちになりました。
私も驚きました。
私は彼らを「悪」と決めつけていて、この映画も悪と戦う正義って図式なのかな?などと思っていたんです(汗)
自分達の信じる神…、宗教問題はホントに難しいです・・・。

この記事へのトラックバック

  • 「ユナイテッド93」(アメリカ/イギリス 2006年)

    Excerpt: 2001年9月11日午前8時42分。 ニューヨーク発サンフランシスコ行きのユナイテッド航空93便が飛び発った。 運命に選ばれてしまった一機が・・・。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2010-09-20 21:35