☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS IRIS -アイリス- 第3話(TBS版#2)

<<   作成日時 : 2010/04/27 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

大統領官邸に飾られてる絵を見て、
幼い頃、同じこの場にいたこと、
その帰り道交通事故に遭い、
目の前で射殺された父の姿が蘇るヒョンジュン。
今更だけど、ヒュンジュンって記憶喪失だったのねぇ。
知らなかったよ〜

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
当時の大統領に
「核開発を実現できる技術がある。
ご協力を感謝します」と話してた父。
当時のパク大統領は内密に核開発を進め
それを何者かに阻止され、
ヒョンジュン父は殺されてしまったらしい。

命を助けてくれたお礼を言い、
「国家情報院か?」と尋ねる大統領。
まさか大統領に隠し事もできず
(っていうか、知ってると思ったのだろうね)、
NSS所属と答えるサウ。

「NSS」は初耳だと尋ねる大統領に
「私も最近知りました」と言い、説明するチョン秘書室長(「天国の階段」ユリ&テファ父「白い巨塔」ジュンヒョク義父)
最近知ったなんて嘘っぽいねーー。

NSSの創設は1976年。
当時、中央情報部などに米国CIAのスパイが紛れ込み
青瓦台(大統領官邸)を監視していた。
当時、パク大統領が核開発を進めていて、
他国に漏れない信頼出来る組織がとなり、
NSSが創設されたのだそう。
ロシアの衛星を使用、
それはアメリカや日本も知らない極秘事項。
核兵器開発を主導し、
政権が交代しても大統領を守ってきたらしい。

そんな組織が必要なのか、解体か存続か考え込む大統領。
「あの男の性格なら時間がかかる」と計算するチョン秘書室長。

両親は交通事故ではなく殺された・・・。
忘れてた記憶の手掛かりを掴むため、
スンヒを連れて育った孤児院へ向かったヒョンジュン。

「両親は誰ですか?何があったのですか?」と、
育ててくれた神父様に聞いてみたけど、
「市職員が連れてきた。何の記録もなかった」と。

実は神父は、嘘を言っていたのでした。
ヒョンジュンが帰るとある人物に
「両親と生い立ちを知りたがってます」と電話。
その電話の相手は何とペク副局長!
ヒョンジュンの素性を知っていたとは、食えない男。。。
(傍に置き見守ってるとも取れるけど、
ヒョンジュン父の死と関ってるそう…)


存続か否か迷い、
NSS創設当時からいるペク副所長を呼んだ大統領。
「大統領を守るだけで政治的判断はしない」と
優等生な答えのペク副所長。
大統領がもう一つ聞きたかったのは、
パク大統領時代に進めていた核開発の件
「完成間近だったのを
新政権がアメリカに認められる為放棄したとか?
その製造技術はどこに?」
いきなり切り出され驚きながらも、「管轄外で」と答えるペク副局長。
なんだかゴマしてるような?

突然、チームに休暇が与えられ、
どこに行く〜♪と喜ぶサウの後ろで
「日本へ旅行。OK?」とメモを渡し合図を送るスンヒとヒョンジュン。
やっぱりピエロなサウが気の毒。。。

その頃、上海では
謎の殺し屋が動き出していました。
キム・イルジュンとい朝鮮人をターゲットに
彼と接触してた人物を躊躇することなく殺しまくり
一体、何人殺したんだーー)、

異変に気付き、「ホンに望みを。
南側との接触は…」と電話しててたキムに、
“アイリス・リスト”を渡せ」と銃で脅し、
答えない彼を容赦無く殺したミスターブラック。
しかしキムはアイリスリストを持ってなく、
キムが話してた“ホン・スンリョン”。に狙いを定めました。

ホン・スンリョンは北で核開発を統括していた人物。
そのホンが南に亡命を求めてきたと、
NSSに召集がかかりました。
“アイリス”は核に関する機密文書の暗号なのかな。

そんな大事になってるとも知らず、
日本の秋田で休暇を満喫していたヒョンジュンとスンヒ。
やけにラブラブシーンが長く感じてしまった。
こう言っちゃナンだけど・・・、
日本ロケって必要だったのかなぁ( ̄ー ̄?).....????
ゆきはサイトに名前があるくらいだから
またここに戻ってくるのかしら。

それにしても「休日も連絡を取れるように」と言われてるハズなのに、
この二人ったら
多分この先、離れ離れになる運命で、
つかの間の幸せ・・・を描いてるのかもね。


秋田で出会ったゆき(美山加恋)は、ヒュンジュンに一目ぼれ。
二人が行った温泉が偶然にもゆきの所で
再会を喜んで(?)、
ほっぺを撫でてくれたヒョンジュンにゆきはドキドキ。
でも私だったら、知らない外国人にこんな事されたらビクッとするだろうなぁ

連絡が取れないヒョンジュンとスンヒにヤキモキのパク室長。
急を要するので、とりあえずサウを、
ホンがいるハンガリーへ行かせることに。

外国人に拘束されてたホン・スンリョンを
連れ去ることに成功したサウ。
後に到着した北の護衛部のチョリョンたちは、
やられた・・・という感じです。

サウが孤軍奮闘していた頃、
居酒屋で飲みながら店主が撮ってれたらしい写真に
メッセージを書いて壁に貼っていたスンヒ。
いくら外国とはいえ、
職場恋愛禁止なのに証拠品を残していいんかい?
ヒョンジュンがこっそり買っていた品を
ホワイトデーのプレゼントと思いこみ、
「私にでしょ?」と手を差し出すスンヒ。
こういう図々しいところがどうも嫌なのよね。
ところが紙袋の中味は着替えの下着で
取り出して笑うヒョンジュン。

大恥かいて悔しいやら、ガッカリするやらで
黙りこくってしまうスンヒ。
すっかり場の空気が悪くなり、呆れて出て行くヒュンジュン。
・・・いや、呆れたわけじゃなく、
店から出て来たスンヒにキスし、ホワイトデーのキャンディを口移し。
(正直に言うと私はこういうの苦手なんで、
うっとり…どころかギャッ!)

そうしてその夜、愛を確かめ合って結ばれた二人でした。

休暇を終えてNSSに戻ったヒョンジュンとスンヒも
早速ハンガリーに向かうことになり、
いよいよ第1話冒頭に結びつきそう。

ようやく合流したヒュンジュンから、
休暇はスンヒと秋田にいたと聞き、ショックなサウ。
スンヒは大学院で会った運命の女で、
帰国したら結婚を考えてると本気モードのヒョンジュンに
実は自分も…とは言い出せません。
スンヒも結婚を考えているし、
自分の出る幕はなしと察し、諦めようとしてるよう。

大統領官邸では、
南への亡命を求めてるホン・スンリョンをどうすべきか話し合い、
核開発の中心人物の亡命は慎重にという意見が飛ぶ中、
「彼の信頼度を確かめるため要員を送っている。
その結果で判断を」とペク副局長。
(会議に参加してた側近に、
「スマイルアゲイン」ユガン父、「スポットライト」イ常務と
「威風堂々の彼女」工場長「海神」ハン行首も)


その役目を担ったのがスンヒでした。
エリートで党の期待も大きかったろうに、
忠誠を尽くしてきた人がなぜ?とか、
1人娘と妻の写真を見せ、
けしかける雰囲気で本音を引き出そうとしていました。
自分が亡命すれば残された家族は…。
動揺が走るホンだけど決意は固く、
そうまでして「アイリスリスト」を守りたかったのでした。

韓国側は受け入れるか否か・・・。
大統領の決断に委ねられました。
冒頭のシーンで大統領の事を
“あの男の性格なら時間がかかる”と側近は笑ってたけど、
なんだか侮れない感じものチョ大統領。
「核開発に関心がある>
過去に失った核技術も取り戻したい」と言い、亡命を受け入れることに。
この決断はペク副局長には意外だったようで、
ちょっと顔が強張っていたような。。。


ハンガリーで韓国の決断を待ってる間、
無宗教だと言うヒョンジュンに
「神の存在を信じてるように生きよ。
神がいるなら得るものは無限であり、
もし神がいなくても失うものは何もない」と言い、
十字架を渡したホン。
この中にアイリスリストが隠されてるんじゃ?

韓国側から答えが届き、
ホンを引き渡し場所へ護送する事になったけど、
何者か(北?)の車やらパトカーまでが妨害してきました。
何とか巻いて辿りつき、
南のお役人らしく人たちに引き渡し、お役ご免ってわけだけど、
ここまで来る間に襲われたんだから、
もっと警戒した方が良いと思うんだけど・・・。


ホンを乗せた車を、
上海で大暴れした殺し屋が襲ってきました。
「渡せ」と告げ、ホンの返事も聞かずに撃ち殺し、
まったく非情すぎる・・・。
この男は北の…では無さそうな気がして、
案外、ペク副局長が絡んでるような?


ホンがそんな事になってるとも知らず、
もらった十字架を握りしめ、
彼が語った「神」について思い返してしたヒョンジュン。

「IRIS -アイリス-」他の回はこちらです。


ドラマ公式ガイドブック「アイリス」 (MOOK21)
共同通信社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「IRIS-アイリス-」第2話
深まる愛と失われた記憶とクロスのネックレス。 第3話『秋田へー雪に誓った永遠の愛』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2010/04/29 18:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



IRIS -アイリス- 第3話(TBS版#2) ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる