人生よ、ありがとう 第2話

過去に何かあった雰囲気のヨンギョンとインソク。
まあ大体想像はつきますが・・・。

健康診断の担当医として顔を合わせ、
逃げるようにその場から立ち去ったヨンギョン。
会社に着くと少し落ち着いてきて、
「悪い事してないのになぜ逃げたの?
堂々とすれば良かったのに」と後悔。
そんな事を考えてるヒマもなく、早速仕事に。

忙しい中、予定より早く義母が泊まりに来る事になり、
自分は買い物して帰るから、夫に買い物を頼んだヨンギョン。
面倒くさくて、電波が届きません~って演技をして、
さっさと電話を切ったユノ ←オイオイヾ( ̄ー ̄;
でもヨンギョンには、そんな演技もお見通し、
家に帰ってから、代わりにリビングの掃除をさせ、
自分は入念に風呂とトイレ掃除。
ユノは「親なんだから適当に。張りすぎても疲れるだけ」と言うけど、
嫁からしてみたら、そうはイカンでしょうーーー。
夫と来たら子供達と遊んでばかりで、さっぱりはかどりません。
まあ、子供達が遊ぼう~って来たら、
無視出来ない気持ちもわかるけど。
散らかったままのリゴングを見て、
「子供を三人持った気分」と呆れるヨンギョンを
じゃあもう1人妹を」とお姫様抱っこして連れて行くユノ。
子供達の前なのにーーー(v_v。)人(。v_v)♪

子供達が古いアルパムを出してきて、
懐かくて開いてみたヨンギョン。
棚の奥にしまい、埃がかぶってたアルバム、
その中にはインソクと肩を並べて笑ってる写真が…。

権利を求めて国会議事堂前でデモに参加してた従業員を
「そんなヒマあるなら働け!」と叱るギョンスク。
とにかく稼がないとーーという雰囲気です。
そんな時、今月で切れる契約の更新料を
2000万に値上げすると大家から言われ、
急な痛い出費に悩むギョンスク。
ヨンギョンを頼るのかしら?

夕食の準備が整ったのに、
行き先も告げずに出かけてしまったジンス。
娘のヒョンジから、「一緒に食べる約束だよ~」と頼まれても、
「ママと食べて」と言って行っちゃって、寂しさが募るユンスク。
ジンスは娘には笑顔なのに、
妻には他人行儀でよそよそしいのね。


その夜、何度ジンスに電話しても、「電源が入ってません」のメッセージばかりで、ため息のユンスク。
帰るアテのない夫を外で待ち、
そんなユンスクの前をトラックで通り過ぎたジョンヒョク。

ジョンヒョクの事を「兄貴」と慕ってるのが、
ギョンスクの水商売仲間のポンス(彼は客引き)。
ここでまた人物相関図が繋がりました~。

ようやく明け方帰って来たジンスを
リビングで待ち構えてたユンスク。
「待ってる私の身にもなって」
「先に寝てろ」と、すっかり冷え切った関係…。
ジンスがシャワーを浴びてる間に、
こっそり携帯の着信チェックをするユンスク。
愛してる故なんだろうけど、
ここまでされたら、益々ジンスの心は離れてしまうんじゃ?


アルコール中毒で運ばれて来たコさん。
退院してもすぐ戻ってくる常連に呆れ、
「すぐ治す方法がある。焼酎を点滴すれば」と言うキム先生の話を鵜呑みにし、「輸液しますか?」と看護師のナ君。
オイオイ、冗談に決まってるでしょーーー・・・( ̄  ̄;)
まあでも、確認してからで良かったわね~。

ナ君は、注射針を刺すのも下手だし、勝手に判断しては患者を危険な目にさらうし、困ったもんです(-_-;)
暴れてチューブが外れたら危険なので拘束してるのに、
可哀想だからと勝手に紐を外しちゃって、
隣の患者さんに「様子を見ていて」って、そりゃないでしょーー。
案の定、チューブが外れ死にかけてしまったのでした。
死にかけてICUに運ばれる患者に、呆然のナ君。
親切心でも、やって良い事と悪い事があると肝に命じてね…。

同姓同名の患者を自分の判断でこっちが禁食患者と思いこみ、
危うくまた1人危険な目に晒すことに。
間一髪のところで事なきを得たけど、
「小さなミスが命に関る!」とヨンシルからこっぴどく叱られ、
トイレで泣いていたナ君。

オクソンさんの夫(前回、ユンソが叱咤した男ね)が
「女房を出せーー」と酔っ払ってやって来ました。
酔って来ては暴れるのが日常茶飯事のようで、
今回は声と同時にオクソンさんを隠して無事だったけど、
「あの夫なら保険金が降りたら無理やり退院させるかも。
そんな人をたくさん見てきた」と心配する看護師のヨンシル。
その言葉にどこか複雑な表情のユンソ。
担当患者だから心配なのか、
それともユンソの両親もこんな風だったとか?


オクソンさんを見舞い励ましたけど、これじゃイカン!と考え、
ウィ・ギチョル社長(「エデンの東」ガン・キマン)に会いに行ったコン神父(「雪の女王」スンニ父でジムの館長「ファッション70」大統領「オオカミの誘惑」先生のキム・ウンス)
社長や部下はどう見てもヤ○ザw( ̄∇ ̄;)w!!
神父様って、エセ神父だったの?と、一瞬疑ってしまったけど、
ウィ社長はれっきとした教会の信者だったのでした。

ヨンシルの疑念は的中で、「退院させる!」息巻くオクソンさんの夫。
殴って力づくで止めようとしたインソクだけど、
「殴れ。慰謝料を取ってやる」と言われるし、
家族が退院させるといえば、強要出来ないのでした。
成す術なく困っているところに、
黒服の男たちを引き連れ病院にやって来たウィ社長。
こんな男たちに凄まれ、すっかり怯えて大人しくなった夫。
仕組んでくれたのは、コン神父様で
してやったりのピースサインを出す神父に、笑顔のインソク。

先日、久しぶりに顔を合わせ
罰が悪そうに帰ってしまったヨンギョンが気になるインソク。
問診を受けずに帰り、その後も来てないと聞き、
検査結果をチェックしようとしたけど、
「彼女も結婚しただろう。
余計なお世話」と自分に言い聞かせ、やめたのでした。

そう思いつつもやっぱり気になり、
自から足を運んで、検査結果を受け取ったインソク。
そのレントゲン写真を見て、愕然…。

新しいブランドを立ち上げ、会議に忙しいヨンギョン。
そこにインソクから電話が入り、慌てて切ったのだけど、
その後も何度も電話がかかってきて、
「大事な話がある。会社の前まで来てる。
君が来るまで待つ」としつこくて、
「今更、私に会ってどうする気?
いいわ、会って罵倒してやる」と心に決めて会いに行ったのでした。
意外だけど、インソクの方から別れたようねーー。

かつての恋人を目の前にして、
罵倒どころか何となくドキマキして緊張し、
しばし沈黙の後、用件は?と切り出すヨンギョンに、
「君の体はだいぶ悪い。ガンかもしれない」と告げたインソク。
心の中では、まだ愛してるとか元サヤにとか、
あるいは別れた事を詫びるとか、
そんな話だろうと思っていただろうに
突然、ガンかも…って。
まずその言葉の意味を理解するまで、時間がかかるだろうね。


「人生よ、ありがとう」他の回はこちらです。


人生よ、ありがとう DVD-BOX 2
メーカーオリジナル
2009-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック