スポットライト 第9話

「特ダネの代償」

大学時代の先輩、シム・ジェホと再会し、
すっかり舞い上がってたウジン。
一緒にお茶して懐かしい話をしている最中、
『外の休憩所に来い』とテソクからメールが来ても無視。
本当に緊急かもしれないのにーーヾ( ̄ー ̄;
呼び出したテソクも、大した用事じゃなく少々嫉妬混じりっぽかったから、どっちもどっちかしら?


高級ブランドのバックをプレゼントされ、
最初は断ったウジン。
ところが、「これは貰い物。あげる人がいなくて、ずっと車のトランクにあった。昔、ストラップとかくれたお礼」と言われ、受け取ったのでした。
もちろんこれは「罠」
決定的瞬間をカメラに撮られ、後々ウジンの首を絞めることに。

テソクから命じられたスンチョルが呼び戻しに来て、
先輩と渋々別れたウジン。
「突然やってきてプレゼントなんておかしい」と勘ぐるスンチョル。
おっ?!勘がいいじゃない~と思いきや、
元カレなんじゃ?と、疑ってただけでした。ガクッεミ(ο_ _)ο


テソクがウジンを呼び出したのは、
ゆうべの暴力の事を詳しく聞きたかったからでした。
再開発組合の人が来て、
取材を続けたらタダじゃおかないと脅されたと聞き、
取材の中断を命じたテソク。
「この位覚悟してました。
どんなに圧力をかけられても報道しないと。
キャップが一緒にやろうと言ったのに」と食い下がるウジン。
確かにそれを言われるとつらいテソク、
それでも「俺が指示するまで動くな」と
ウジンの身辺を案じて強く命じたのでした。

GBSのスポンサーを降り、
次はウジン父の会社にまで圧力をかけたヨンファン建設。
実は父が専務をしてる会社はヨンファンの下請け、
ウジンがを取材をやめない限り、
取引しないと言い出したのでした。

ヨンファン建設の専務に会いに行き、
「まずは謝罪してください。
うちの記者宅に関係者を差し向け暴行を加えました。
明らかにあなたが関わってする」と告げるテソク。
笑い飛ばし、シラを切り通す常務。
「では用件だけ。うちの記者にこれ以上手を出さないでください。
そちらがどう出ようと必ず報道します。そちらが不利に」とテソク。
すると自分達の事は棚にあげ、
「記者なのかヤクザがわからない。脅迫ですか?」と常務。
「脅迫ではない。
事実を整理して話しました」と毅然と告げるテソク。

作戦がうまく行ったか確認するるヨンファン建設常務に
社名を名乗らずにウジンに会う事に、不信感を覚えるシム先輩。
でも、うまく行けば本社勤務にと言われると、逆らえません。

お嬢様のミョンフンもビックリするほどの高級バックに
すっかり有頂天のウジンに、
「ガッカリです。ブランド品に釣られるなんて」と言うスンチョル。
すると小バカにしたように、
「あんたからこれより高い物をもらっても釣られない。
大事なのは物じゃなく“
誰からの贈り物か”なの」と呆れるウジン。
「見損なった…」と呟くスンチョル。
私も同意。浮かれすぎてるウジンの姿に、モヤモヤ…

懐かしい友人からの電話に喜ぶと、
夫がヨンファンの社員だから取材をやめて欲しいと頼まれるし、
ヨンファン建設側から、何回も脅しの電話が来るし、
正義を貫くのは大変な事と実感するウジン。
でも逆に、絶対に屈しないで
悪事を報道するという使命感を覚えたのでした。
それで夜中だというのにスンチョルに電話し、
再開発地区の名簿を調べろと命じたらしい。
翌朝、眠い目をこすりながら、
「キャップと二人でやると言ったのに。
僕まで巻き込まないでくださいよ」と言いつつ、
ちゃーんと徹夜して調べてくれてたスンチョル。

その名簿を見ると驚くことに、
再開発地区に住む四割がヨンファン建設の社員。
転入した日付はニューシティ計画が発表される直前で
キム議員がニューシティの公約をした頃、なのでした。

名簿を渡された時、
「単独行動するなと言った」と諭してたのに、
その内容をみた途端、
「いつの間に調べた?」と褒めてくれ(オイオイ、どっちなんだーー^^;)
これを元に報道を願い出る事にしたテソク。

アン部長とホン次長も「絶対に報道すべき」と乗ってくれ、
あとはムン局長のゴーサインが出ればOK。
ところがあのヨンファンを叩く事に躊躇し、
「キム議員が関与してるとは決められない」
と反対するチョン政治部長。
確かにその点はそうだけど、
これは特ダネで先手を打つべきと説得するテソク。
「やるべき」「反対」とアン部長とチョン部長が言い合う中、
ずーーっと迷い続けてたムン局長は、
キム議員の関与の部分を除く事を条件に、
報道すると決めたのでした。

目の前でシム先輩からの電話に喜んで
いそいそ出かけるウジンを見て、複雑な思いのテソク。

喜んでバックを使ってくれてるウジンに心が痛むシム先輩。
しかし、その気にさせて説得しろと常務の司令が下り、
とうとう言わなければなりません。
切り出そうと呼かけたけど、やっぱり言えなく
「次に会った時」と告げた先輩。
↑これ、ウジンは愛の告白?って勘違いしたんじゃ?
シム先輩に良心が残っていてホッとした~。
大学時代、放送研究会の部長をしてた人だし、
案外、彼が味方になってくれたりしてして


ウジンに取材をやめさせるか否か悩み、
食事に誘ったウジン父。
この時は多分、取材をやめて欲しいと頼もうとしたんだと…。
でも、「今取材してるのはニューシティの件。もうすぐ放送できる」と声を弾ませる娘の声に、「仕事頑張れ」と言って電話を切ったのでした。
そして会社に迷惑がかかるからと、退職することに…。

報道内容は、ヨンファン建設、ニューシティ、偽装転入のみで
核心を突いてないけど、
まず報道する事が大切という事で準備を進め
ようやく放送にこぎつけたのでした。

ウジン宅に鶏の死骸が送りつけられたり
嫌がらせは益々エスカレート。
そして徐々に暗雲が。。。
ウジンがナレーションした内容に不備があったと
言論仲裁委員会から提訴されてしまったのでした。
「転入は違法と言えないので便法行為」と言うべきところを
「違法行為」と言ってしまったウジンのミス。
でも、事件チームみんなで放送を見ていた時
誰も何も言わなかったのになぁ。。

それに報道の内容ってテソクやPDがチェックしないで
そのまま放送してしまうのもビックリ。

こういうケースだと、関った記者の処分は免れなく
記者生命が終わる可能性も。
もちろんそれはウジンだけじゃなく、
テソクにまで及ぶことなのでした。
副キャップからその事を言われた上に見放され、
自分のしてしまった重大なミスに、呆然のウジン。

ヨンファンが訴訟を起こすだろうし、窮地のGBS。
一番良いのはヨンファンの不正の続報を流し、
「違法行為」が本当に確実とわかればいいと思うけど、
まだ確実なネタを掴んでないし、
何より新聞各社が「誤報」と大体的に報道してるから
早急な対処が必要なのでした。

ウジンを庇うテソクに、
シム先輩からバックを受け取るウジンの写真を見せるムン局長。
--ヨンファン建設社員からワイロを受け取ったGBS記者--
この記事が明日の朝刊に載ると聞き、
相手の周到な手口に愕然のテソク。
なんでテソクはこの日のうちに、ウジンに確認しなかったんだろ?

その頃ミョンファン建設では
社長以下で幹部会議が開かれていました。
「シナリオは完璧。口封じも含め、一切不備はない」
と怖い事を平気で報告する常務。
口封じってーー シム先輩も??? 

朝刊を見てビックリのウジン。
シム先輩に電話しても、「使われてません」で
何でこうなったのか訳がわかりません。

お騒がせウジンの悪口言うミョンフンに、
「クビになるかもしれないのに、
先輩なら、仲間なら心配すべき」と庇う同期のソクチャン。

こうしてウジンを信じてくれる人もいるけど、
社内では大方、ウジンを切ろうという方向に。
急遽、ウジンへの処分の緊急会議が開かれ、
「真相はわかってない。ヨンファンが陥れた可能性がある」
と庇うアン部長だけど、ほとんどが「辞職させるべき」という意見。
あんなにウジンを買ってた社長でさえ…、冷たいモンだわ。

出社して来たところをを捕まえて事情を聞くテソクに、
先輩と連絡がつかない事を告げ、
「違うんです。信じてください」と動揺で震えてるウジン。

更に追い討ちをかけるように、
自分があのニュースを流したせいで、
父が会社を辞めた事と、
その前から脅迫されていたと聞かされたのでした。

報道して愛する人が傷つく、
それでも報道するかウジンに聞かれ、
「報道の正義の為に愛する人を傷つけるのは違うと思う。
犯人隠匿の罪はこの国では身内だと罪にならない。
人間ならそういう情があって当然だと思う」とスンチョル。
その答えに頷き、
「でも私は家族が傷ついてる事も
会社がどうなるかも考えず、特ダネを掴もうと…。
私は記者失格」と後悔でいっぱいのウジン。

ワイロの件で監査の取り調べを受けたウジンとテソク。
何とか事実をわかってもらおうとしても、
交際してない相手から、に300万ウォン以上の物をもらった。
もらった事実をキャップに報告しなかったと決め付けられ、
テソクも、同じチームの上司として知らないのは
管理不行届きと言われたのでした。

『取材報道過程において、
関係者から私的な便宜を受けてはならない』
そう書かれた条項を読み、
「悔しい気持ちはわかるが、疑わないお前も悪かった。
記者なら知り合いでもむやみに信じてはいけない。
たとえ親の言葉でも」とテソク。
父の言葉を信じて、裏切られた過去が?

辞めさせないために言ったテソクだけど
その思いと裏腹に、記者を辞めると言い出したウジン。

「スポットライト」他の回はこちらです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック