映画 「カンナさん大成功です!(原題...美女はつらいの)」 (2006年/韓国)

原作をうまくアレンジしていて面白かったです!
ジャンルはコメディだろうけど、
笑えて和んで、そして感動の涙も・・・。
いやーー、泣く映画だとは思わなかったわ~。
チュ・ジンモは「ファッション70」しか知らなかったけど、
やっぱりカッコ良い王子様って感じし、
カンナ役のキム・アジュンはオデブの時もキレイになってからも、
表情が豊かで可愛いです
監督は「オー!ブラザー」のキム・ヨンファで、
その作品に出ていたイ・ボムス(「外科医・ボンダルヒ」「オンエアー」)、
イ・ウォンジョン(「銭の戦争」「海神」)、リュ・スンス(「冬ソナ」)がチラッと友情出演してます。

最初、吹き替え版で見たのだけど、
冒頭のモノローグが「三十三、三十三」と聞こえて、
なんで33?と思ったら、「サンジュンさん…」でした^^;
吹き替え版は、カンナもサンジュンも
自然でとっても良かったですよ~
(整形外科医以外は…^^;)


以下、内容に関するネダハレです。


    ↓   ↓   ↓





カンナさん大成功です! 特別版(2枚組) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-05-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




主人公のカン・ハンナ(キム・アジュン)
...通称「カンナ」は、声はとっても良いけど、おテブでブス。
人気歌手・アミの影武者をやっていて、
ヒマな時は清いテレクラ(?)みたいな事をやっていて、
悩める男性を癒していました。

そんなカンナが憧れてるのは、
音楽プロデューサーのサンジュン(チュ・ジンモ)。
コンサートの舞台で、アミの影で歌いながらも、
指示を出すサンジュンに見とれ(また素敵な横顔なのよねーー)つい気持ちが盛り上がり踊っていたカンナ。
しかし薄い床は、カンナの体重&激しい動きに耐え切れず、
底が抜けてしまったーー(笑)

それにしてもこういう影武者って、
実際にもこういう事ってあるのかな( ̄ー ̄?).....????.


痛かったろうに頑張って歌ったカンナと
サンジュンの機転のおかげで
ファンにはバレなかったけど、お冠のアミ。
更にサンジュンが、自分の事は商品にしか見てないのに
カンナの事は抱きしめて
「ヨシヨシ」ってしてあげるもんだから、益々気に入らない。

優しくしてくれるサンジュンは自分を好き…と思い込み、
告白しようと考えたカンナに
「女は三種類しかいない。キレイな女はブランド品。
平凡なのは既製品。あんたは返品」と
的を得たセリフで止める友人のジョンミン。
この友人はカンナほどじゃないけど、
太り気味で美人じゃないので、
失礼だけど真実味があるわーー。


カンナは恋人がいた時代もあったけど、
実はダイエット薬を売りつけるサギ男でした。
「俺にはもったいない男」と、いい男ぶってトンズラされ
傷心のあまりダイエット薬を大量に飲んで自殺を図ったカンナ。
なのに病院に運ばれてまで、笑い者に。、
医者達がストレッチャーからカンナを動かせず、
見てる看護師たちはクスクス笑うし、
“愛も自殺も出来ない…”と悟ったカンナ。

優しい笑顔でキューサインを出す姿を見てるだけで幸せ、
でもやっぱり恋人になりたいと思うのが女心。

サンジュンから誕生パーティに着て来てとドレスが贈られ、
似合わないのに喜んで着て出かけたカンナ。
ジュンサンはそんな事しないよーー罠だよーー!
と思ったら案の定、

恥をかかせようとアミが仕組んだ事で、
カンナと同じドレスで現れたのでした。

酷い仕打ちをしたアミに釘を刺し、
「俺がカンナを好きだとでも?
恥をかかせなくても毎日鏡の前で泣いてるよ。
放っておけばいい。あいつは恩人で利用すればいい。
アイツは才能があるけどデブでブス。
お前は綺麗だけど才能はない」と言うサンジュン。

アミの手前、そう言ってたけど、
カンナに向けてた笑顔も、
思い出して笑みがこぼれていたのも真実の心だったと思うなぁ。


みんなの前では平気なフリしてたけど
トイレで1人で泣いていたカンナ。
そこでサンジュンとアミの会話を聞いてしまい、
傷ついた心が益々傷つき、
寂しく家路につきガス自殺を図ったのでした。

そこにテレクラ相手から電話入り、自殺を止めたカンナ。
実はその相手は有名な整形外科医(イ・ハヌィ)。
録音したテープで軽く脅し(?)て「後払いで」と頼み
整形と全身の脂肪吸引の手術を受けたのでした。

「カンナみたいだ」とパパが言ってくれたジェニーの人形を
今は痴呆で覚えてないだろうパパに渡し、
可愛がっていた犬を放してあげ、姿を隠したカンナ。
突姿を消したカンナをサンジュンたちが探してる間、
必死に運動をして体を引き締めていました。

そして1年後、
「整形したと思えないナチュラルなのが欠点」
と医者が言う程、美しい女に変身
鏡に映る姿に「本当に私?」と涙がこみ上げるカンナ。
感謝と感激で、手術してくれた先生に抱きついて泣き、
ホント素直な子なのよね。

初めて出た街では、イ・ボムスもリュ・スンスも、
みんながカンナにウットリ…。
ありえんだろーーと思いつつ、可笑しい~。

綺麗になったカンナの姿に、信じられない友人のジョンミン。
でもお揃いで入れたタトゥーは間違いなく、
カンナ!とわかると、自分の事のように喜んでくれました。

デパートでサンジュンを見かけ、
切なく見つめていたカンナ。
あんな酷い事言われても、やっぱり好きなのよね。
ここにいたのはアミのサイン会のためで、
そこまでアミは廃れてしまっていたのでした。
その後も、サンジュンの行く先々をつけていたカンナ。

在米コリアンのジェニーと名乗り、
アミの影武者のオーディションを受けたカンナ。
誰もカンナ気付かない中、
「僕だよ。なぜ隠してた?」と言うサンジュン。
姿は変わってもやっぱりわかってくれたのねーーと思いきや…。
先日、ストーカーのように付きまとってたと言って、
「俺がプロデューサーと知ってたんだろ。
堂々と言えよ。トップ歌手になりたいと」と言ったのでした。
εミ(ο_ _)ο ガクッ…。
気付かれない事が嬉しいやら、悲しいやら。


ジェニーをデビューさせようと決めたものの、
「あと二ヵ所ほど工事を」と言う社長。
私は臆病者と言って回避したけど、
ホント整形が当たり前なのね。

すっかり自分の居場所をジェニーに取って替わられ、
カンナの居所を聞き出そうとパパの病院に張りついてたアミ。
パパは「娘」とも知らず(いや、わかってるのかも?)
テレビに流れるジェニーを嬉しそうに見ていました。

アミから電話を受けて
「父親が心配なら会いに行ってる」と答えるサンジュン。
パパに申し訳ない気持ちでいっぱいのカンナ。

必死こいてるアミに、「したい事が出来るのは神様だけ。
人は自分に出来る事をするのが一番だ」と諭すカンナパパ。
こんな爺さんに何がわかるのっ!って顔のアミ。

いつまでも自信を持てないカンナに、
「堂々としてないと好きな男は落とせない」
とハッパをかける整形外科医。
先生が手本をしめしたポーズはワザとらしく
出来ないと言いつつ、
サンジュンを落とすためにやりながら歌うカンナ。

そんな格好つけを見せられ、
太ってたカンナが歌ってるビデオを見せ
何を感じるか尋ね、君は人目を気にしすぎと言うサンジュンに
「誰かをの為に心を込めて歌ってる。
でも、この人はブサイクでデビュー出来なかった」と答えるカンナ。
やめろ。大事な人だった。
この人のおかげで君も歌えるんだ
」とサンジュン。
ここまで思ってくれていいたなんて、
涙が溢れてくるカンナ。

私がカンナと打ち明けようと決めたカンナに、
「あんたは前に話した三種類の女に該当しない。
整形してるから」と釘を刺すジョンミン。
「いつから男に詳しくなったの?この男?」と
名刺を突き付けるカンナ。
ジョンミンはカンナが遠い人になった苛立ちや
綺麗になって高ピーになった気がするだろうし、
カンナの方も、ジョンミンがやっかんでるように感じ、
仲の良かった二人に亀裂が・・・。

でもカンナは、詐欺師にあった経験から
本当にジョンミンを心配してたのでした。
「品物は買わないで」と言ったカンナに、
恋人が出来た自分への腹いせに思えるのでしょう、
聞き耳持たないジョンミン。

サンジュンのマンションへ行くと、
1年前に捨てた愛犬がーー。
このワンちゃんだけが、すぐカンナだと気付いたのよね~。
サンジュンが席を外してる間に、感激の再会で涙だったのに、
なのにサンジュンが来ると、ポイッてーー(笑)

カンナだと告白しようとしたけど、
「整形女はウンザリ」と聞き、やっぱり止めたのでした。

送ってもらった時、ジェニーに付きまとってる男を見つけ、
「これはストーカー。
見られる彼女の身になれ」と声を荒げるサンジュン、
ストーカー男と昔の自分が重なり、
「見つめる事しか出来ない人はどうしたらいいの?
足跡だけでも踏みたい気持ち、あなたにわからない」と
サンジュンに食ってかかるカンナ。

パパに会いに行ったけど、
人目を気にしてやっぱり行けないカンナ。
そして昔の大切な写真もすべて燃やしてしまい、
太った頃の自分とオサラバしたのでした。
本当にそれでいいの???

1人で発声練習してたアミ(すごいヘタっぴで笑える)に
「できる事をして欲しい。
したい事ができるのか神様だけって
父が言ってた」と励ますカンナ。
カンナの父と同じ言葉、ジェニー=カンナと確信したアミ。

両思いだと思った彼氏はやっぱり詐欺師で、
家庭用サウナを売りつけてトンズラされ
自殺を図ったジョンミン。
致死量の30錠を飲んだのに、太ってるから熟睡してるって
笑えるような悲しいような・・・


ジョンミンの敵を討つため、
相手の男の会社に乗り込んだカンナ。
「サウナの効果を試してからでいいじゃない。
ブスは人間じゃないの?とボコボコに殴りながら
自分の事のように涙が止まりません。

今日は大切な生放送の日、
ボロボロのカンナに着替えやメイクの時間はなく、
「気にするな。歌で勝負しろ」と
励まして送り出したサンジュン。
最初は怪訝そうに見てた観客だけど、
心に訴えるジェニーの歌に
いつの間にか引き込まれて行ったのでした。
キム・アジュンちゃん、本当に上手い

人気は急上昇。
そしてサンジュンともラブラブになった時、
ジェニーが書いた“ハクナマタタ”の模様を見て、
=カンナと気付いたサンジュン。
隠してた事への怒りはなく、すっかり戸惑ってしまい、
「昨日の事はなかった事に」と告げたのでした。

アルバム発売記念のイベントに、カンナパパを連れて来たアミ。
ジェニー人形を差し出すパパに、
他人のフリして人形を撥ねつけたカンナ。
この場を収めるため?
それともカンナの反応を確かめたかったのか、
あえてパパを押さえつけたサンジュンに
「知らない人」と答えたカンナ。

パパに駆け寄り、カンナを軽蔑の目で見ていたジョンミンン。
あんたは姿じゃなく心も変わった…と言ってるよう。。。

「実はさっきの人…」と告白しようとしたカンナを制し、
「もういい。カンナ」と告げ、{今の君はジェニー。
僕はカンナにもジェニーにもチャンスを与えただけ」
と冷たく言い放つサンジュン。
「私はただの商品?騙してるとつらかったけど必要なかった。
整形した私を汚いと?手術の時より痛い。
これが心の痛み…。治せない」と涙が溢れるカンナ。

明日は初コンサート。
こんな気持ちのまま迎える事になり、
更に追い討ちをかけるように、アミから昔のカンナの写真が送りつけられ、
コンサートを中止するようにと脅しが。
中止にして違約金代わりにヌード写真集を出せと言い
契約書を差し出す会長に反論するように
コップを割り握りしめ、
血で汚れた手で契約書でぬぐい
コンサートは中止しないと告げるサンジュン。

会場へ行くと、ジョンミンに連れられたパパの姿が。
ジョンミンの優しさが心にしみ、
そしてパパとジョンミンを捨てた自分が許せなく、
歌えないと言うカンナ。
「俺やアミの為じゃない。
一度くらい自分のために歌え」と説得するサンジュン。
そう、手をケガしてでも反発したのは、
裏方だったカンナの為でもあり、
そして自分を取り戻して欲しかったのでしょうね。。。


ステージに上がったけど、
一番前に出てきて無邪気に踊るパパの姿(何だか泣ける)に、
声が出ないカンナ。
パパは警備員に無理やり連れて行かれ、
見ていられなくて止め、
コンサートはやめます。私はジェニーじゃなくカンナ。
カンナはブスでデブでした。全身整形したんです。
ジェニーになれて歌えて恋も幸せでした。
でもパパも大切な友人も自分も捨て
どんな顔だったか思い出せない…」と告白し
涙が止まらないカンナ。

すると咄嗟に、おデブカンナの映像を流したサンジュン。
会場がざわめく中、「大丈夫、大丈夫」と呟くファンの男が...(:_;)
彼はジェニーに一目ぼれして付きまとってたけど、
ぶつかった時に接したカンナの心に惹かれたのでしょう
彼と共に大丈夫コールが起き、
「これが私。デブで私の歌を聞きたければ、
一度だけ聴いてください」
カンナの歌声のBGMに、カンナのセリフ…
上手い演出に泣けて来ました。

涙声で歌うカンナに、聞き覚えるある声が・・・。
バックコーラスに戻ってくれたジョンミンでした。
感動したよ...(゚ーÅ)

たくさんの人達に支えられて歌うカンナ。
感動の涙をぬぐい、笑顔で見守ってくれてるサンジュン、
そしてステージ下には、
いつもと変わり無いパパがいてくれ、抱きしめるカンナ。。。

ジェニーはいなくなったけど、カンナは大成功!
整形女だからとアンチがいるってのが、
何だか可笑しいし納得です。

最後に整形外科医のところにジョンミンが来たのは
やはり整形万歳!ってオチ?
まあそれで前向きに変われるなら、
いいのかしらねぇ( ̄ー ̄?).....?????


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆず
2012年12月26日 10:18
この映画のラストに泣かされました。星(ピョル)って曲なんですが、凄くいい曲でたまにカラオケで唄います(((^_^;)。涙で歌えなくなったジェニーに一度はステージに上がるのを拒否した親友がジェニーの代わりに唄ってファンも一緒に唄って、そして愛するパパとハグ(;_;)。それにしてもアジュンちゃん歌上手いですよね?。マリアを唄ってる時ビックリしました。
2012年12月27日 22:38
この映画、コメディだと思ってたら私も泣きました。
カンナパパに泣き、親友に泣き、ファンの男の子に泣き、そしてカンナに泣き…でした(T_T)
キム・アジュンちゃんは歌手じゃないのに本当に上手くてビックリ!それだけじゃなく心に響く歌声なんですよね。
元々上手かったのでしょうが、たくさんレッスンをしたのでしょうね。韓国の俳優、演出家はそういう所徹底してます。

この記事へのトラックバック