犬とオオカミの時間 第5話

「復讐のために」

☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレです)☆
ずっと大切にしてた家族写真をマオへ送り、ケジメをつけたジウ。
メッセージの署名は「アリより」
そう名乗ったのは、パパへの最後の思いやりなのかな?
それとも、アリという名と決別したのかもしれません。
マオは可哀想なんだけど、
傍に愛人がいる光景を見ると、同情心がちょっと薄れちゃう

実はタイに行った事を正直に話す事にしたジウに、
「知ってる。お父さんに会えたのか?
ジウは優しい子だ。一緒に暮らせて幸せだった。
お父さんのところへ行け」と手放す覚悟で
涙を堪えて告げたヨンギル。
すると「パパは1人だけ」と、寄り添うジウ。
今までも本当に幸せだったろうけど、
自分を選んでくれたなんて、こんなに嬉しい事はないでしょう。
血のつながりがなくても、親子に間違いない…(/_;)


スヒョンを呼び出し、
青幇(チンバン)への潜入捜査を持ちかけるチョン部長。
成功すれば情報院へ復帰させると言わても、
追い出したくせにと躊躇するスヒョン。
「君には動機がある。お母さんだ。
復讐心は諜報員の欠点だが、
逆に危険に任務をやり遂げる力になる。
ねじれた運命を正す最後のチャンスだ」とチョン部長。
純粋にチンバンを一掃したいから?
何となく、スヒョンをどうにかしたいの?と思っちゃう。

父の形見の時計を握りしめ、覚悟を決めたスヒョン。

復讐心に燃えてるスヒョンの身を案じて反対するジュンホに、
ミンギが内部資料を持ち出した件を
自分が抑えてるいると告げ、
まるで交換条件のように持ち掛けるチョン部長。
それに動揺する事なく、
「知ってます。規定どおりに処分を。
スヒョンに構わないでください」と訴えるジュンホ。

本人が断れば…と余裕の笑みを浮かべるチョン部長。
というわけで、スヒョンを説得するために
待ち合わせ場所に部長の代わりに赴き
「名前も何もかも失うんだ。
それに母親を殺したヤツの前で部下のフリするんだ」と
涙ながらに説得するジュンホ。
反対する理由は危険な任務って事もあるけど、
スヒョンがつらい思いをするからなのね(/_;)
ジュンホの気持ちが痛い程わかるけど、
「任務を成功させれば戻れる。
僕には他に道はないんだ。父さんが力を貸して。
ヤツの前でも揺るがないように支えて」と決意が固いスヒョン。
「お前を地獄へ送って支えろと?」
「悪い息子だね…。必ず帰ります」
ジュンホとスヒョンも、
血のつながりはなくても「親子」だわ・・・(゚ーÅ)

父の形見の時計をジウに渡して欲しいと頼まれ、
スヒョンの気持ちを汲み、送り出す決意をしたジュンホ。

潜入捜査員になる為には、
イ・スヒョンという名を捨て、別な人間になる必要があり、
交通事故を装い、スヒョンは死亡したことに…。

スヒョンの葬儀では、
事実を知ってるジュンホ以外、みんな放心状態。
泣き叫ぶママが可哀想・・・。

自分のお墓に花を手向け、
涙を堪え、新たな人生へ向かったスヒョン。
この日からスヒョンの名前は「ケイ」となりました。

2年後、、、
ヨンギルがセッティングしたお見合い相手は、
成金っぽいし、絵に疎いのに知ったかぶりのイヤーーな男。
そういう時はミンギの出番らしく、
刑事のフリしてジウに手錠をかけ
連れ出して退散したのでした。

手錠をかけたまま迫るミンギ。
冗談半分だけど、本気も半分…。
ずっと「友達」として接してきたけど、
ジウの事を思い続けているのでした。
ようやく念願の海外第一チームに異動になり、
喜ぶミンギと裏腹に、
スヒョンのいた部署…と寂しくなるジウ。
タイ料理店に行こうと誘っても、理由をつけて断り、
スヒョンがくれた腕時計に触れるジウを見て、
今でも心を占めていると感じていたミンギ。

自宅では今でもスヒョンの部屋を掃除しているママ。
「なぜみんな認めない?!」と写真立てを投げつけ、
落ちたスヒョンの写真を手に
「ろくでなし…」と嗚咽するミンギ。
スヒョンがいなくなり、ポッカリと心に穴が開いてるのに、
平静を装って無理してるんだろうね。。。
それでいて、スヒョンを忘れないジウやママに苛立ち、複雑なのでしょう。


いよよい海外第一チームに異動の日、
情報院にある石碑の前に立ち、
「ここに来ると落ち着くって言ってたな。
カッコつけてると思ったけど本当だ」と呟くミンギ。
まるでスヒョンと共に働こうとしてるようだわーー。
海外第一チームは2年前とメンツは変わってなく、
スヒョンが使ってたデスクを使うことに。

ジウがタイ料理店に時々お茶しに来ると聞いたミンギ。
いつかと同じように、スヒョンとジウが談笑している幻影を見て、笑みがこぼれるのでした。

青幇(チンバン)の子分となり、
2年前にポン引きをやってたアファと行動を共にしているスヒョン。
チンパンのシマを仕切り、ケンカを止めたりしながらも、
常に木彫りの象を持ち歩いていたのでした。
イ・スヒョンを見失わないように、
愛するジウを忘れないようになのだろうね。
格闘技が好きなマオの目に留まるため、
空いてる時間はムエタイの試合に出ていました。

シンガポールの帰りに立ち寄ったジュンホから、
ミンギは海外第一チームに異動になったと聞き、
「青幇(チンバン)の部下になってちょうど1年。
自分だけ進歩がない」と焦るスヒョン。
「任務より命が大事だ。よく覚えておけ」と諭すジュンホ。
2年前の約束どおり、ちゃんと支えているのね~。

タイ料理店に行くと、思い出の席はいつも空席。
きっとピョンが空けておいてくれてるんだろうねぇ。
最後に会った時、、、
---幼い頃にもらった木彫りの象を渡したジウ。
そうそう、完成させるって約束だったもんね。
この時のスヒョンは任務遂行を直前に控え、
つかの間を過ごした時。
愛する人と離れるのがつらく、固く抱きしめるものの
過去の決着をつけるには、後戻り出来ないのでした。
「元気でな」と涙声で呟き、行ってしまったスヒョン---

防衛関係のセウォン精工のチョ課長が
会社と対立して産業スパイと接触した可能性があり、
それを操ってるのがスティーブン・キムという人物。
逮捕してもアメリカに行けば釈放されるので、
ただ逮捕するだけじゃダメで、作戦が必要でした。
「アメリカが逮捕するように仕向けては?
エサを投げるのです。適任者がいます。
“ロードランナー”」と提案するミンギ。

ロードランナー…即ちタイ料理店のピョン・ドンソク。
すっかり乗り気のチョン部長だけど、
「彼は不名誉な退職を言い渡された」と
ジュンホもオ・チーフも渋い顔でした。
金さえ渡せば動くとチョン部長に命じられ、
気乗りしないままミンギ一緒にタイ料理店に行ったオ・チーフ。

オ・チーフの姿に顔が強張り、
「今も自分を曲げない生き方を?」と言うピョン。
情報院をクビになった原因に彼女が関ってる?

二人が話しをしてる間、ジウの姿を見つけたミンギ。
ミンギが来た途端、避けるように帰ってしまうジウ。
その事を問い詰めるられると、
仕事が忙しくてイライラしてるせいで、
いっそ結婚したくなると笑顔を繕うのだけど、
何かヘン…と感じているミンギ。

「国が俺に何をした?チョン部長の差し金か?!」と
取り付く島がないピョンに、
事情を知ってるオ・チーフはどこか寂しそう。
諦めて帰るのかと思いきや、
「モスクワ派遣の時に横転した車から助けた
いつか借りを返すと言ったわね?」と言い、
協力せざるを得なくなったピョン。

ピョンとミンギがブローカーとしてスティーブン・キムと接触。
仕事を横取りしたとかケチをつけながらも、
交渉に応じ始めたキム。
値を吊り上げて行き、800まで提示されたところで、
「金より米国の軍事機密が欲しいとエサを投げたピョン。
キムが考え込み、更に値を上げようとしたところで
交渉を打ち切って席を立ったミンギ。

盗聴して様子を見てたオ・チーフたちは、
ミンギの勝手な行動に唖然。
すると、「続けたら疑われる。
ロードランナーならあそこで止めます」と答えるミンギ。
やっぱりミンギって意外とキレ者なのね~。
案の定、キムから交渉に応じると連絡が入りました。
結果オーライだったけど、
「勘や独断で進まない」と釘を刺すオ・チーフ。

アジア犯罪組織の実態の報告書に目を通し、
潜入捜査官がいるのに
タイの情報が薄いとダメ出しのチョン部長に
まだ下っ端でヘタに動けば危ないと庇うジュンホ。
ロードランナーの件でミンギを褒め、
「イ・スヒョンは?いつ目的を果たす?」と
けしかけるような目を向けるチョン部長。

その頃、いつかマオの目に留まるために
今日もムエタイの試合で勝っていたスヒョン。

1人で屋台で飲んでるミンギの所にきて
一緒に酒を飲むジウ。
この前までは避けていたのに(・・・?)
ジウはミンギの気持ちを知ってて避けてるけど、
でも離れてしまうと寂しくなるのかな?

酔っ払って帰る途中、スヒョンの時計がない事に気付き
血相変えて捜しまわるジウ。
さっきまで「友達」として軽口叩いてたけど、
こういう姿を見せつけられるとイラつき、
「忘れろ。スヒョンの墓になぜ行かない?
死を認めたくないのか。認めてやれよ」とミンギ。
ようやく見つけた腕時計を握りしめ、
「ミンギは忘れられる?
急に逝って生きてるみたいなのに…無理」と涙がこぼれるジウ。

「犬とオオカミの時間」他の回はこちらです。


犬とオオカミの時間 BOXII [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック