朱蒙(チュモン) 第72話

ヒョント郡を掌握したタムル軍を万歳で迎える民たち。
長い間、漢に支配され虐げられて来て、
長年の夢が叶いこの地を取り戻したのでした。

ろくな武器もないのに敵に挑んだ勇気があったからこそ、
古朝鮮の領土を取り戻した…と
逆に民に感謝するチュモン。
天狗にならないでみんなを労わり、
そこがチュモンの器の大きさなのかもしれません。


一方、ボロボロの状態でようやくプヨに帰りついたテソ一行。
プヨを出た時はチュモンを討とうと意気揚々だったのに、
こんな状態で帰還するなんて・・・。
神殿に祀ってたユファの位牌を投げ捨て
「プヨを滅ぼそうとしてるチュモンの母親です」
と声を荒げるテソに、
「兵を見捨てて帰ったのに謹慎もせずに何事だ?
ユファの位牌は王妃として祀ると言ったはず」と
冷たい言葉のクムワ。

「少しでも私を思うなら兵を」と頼むテソに、
「この事は天が定めたこと。
今チュモンに挑んでも勝てない。鉄騎軍を擁してる」とクムワ。
「父上はプヨが滅びるのも天が決めたことと?
そんな天意はねじ伏せます。
私が恐れるのは鉄騎軍ではなく、私を信じない父上です。
今まで認められるため、力を尽くしてきたのに
父上の胸にはチュモンしかいません。
その事が私を惨めにしているのです。
プヨを滅ぼすのは、ヘモスとユファにとりつかれた父上。
私が父上に代わりチュモンを殺そうと言ってるのです」
涙して懇願するテソ。。。
しかしその思いは届かず
(いや、これね愛情の裏返しと思いたい)
「兵を動かせば反乱と見なす」と背を向けたクムワ。

呆然と立ちすくみ、
「必ず父上が崩壊させたプヨを救ってみせます」と涙で誓うテソ。
互いの思いがすれ違ってしまってる父と子、
必死なテソが憐れで可哀想。。。


神殿から出てくるなり、吐血してしまったクムワ。

テソの怒りを買ってしまい、助けを求めに来たヨンポに、
「お前が欲を出すからです。プヨを去りなさい」と王妃。
「母上はテソ兄の心配ばかり。
母上の心に私はいませんでした。
プヨを去ります。頼れる人がいないプヨにいても仕方ない」と
涙して出て行ったヨンポ。
こちらの親子も、すれ違ったままね。。。

卒本軍の取り調べを受け、
身を守るために「商人」とウソをつくファン大人。
しかし彼を知ってるムッコに気付かれてしまいました。

ファン大人の叔父は流民を皆殺しにした張本人、
流民たちの怒りはファン大人に注がれて、
「殺せ」と吊りしあげられてしまいました。
騒ぎを聞いて駆けつけて、止めるチュモンに、
「何も望みません。あいつの首を。
私の妻は漢のヤツに奪われ惨殺されました。
あいつを殺して恨みを晴らします」と聞かない流民たち。

流民たちの怒りと悲しみは胸が痛みません。
でもファン大人が悪いわけじゃないし、
こういう類のシーンは見ていてつらい・・・。


そんな流民たちを納得させたのは、チュモンの提案でした。
「まだ漢の各地には捕虜になってる流民がいる。
ファン大人を殺せば、彼らは生きて戻れない。
私は彼と流民の交換を漢に求めるつもりです。
ただし、皆さんが望まないなら行えません。
憎しみを死で晴らすかどうか…」
そう聞いて、自分達が浅はかだったと思い直したのでした。

ヤンジョンの遺体を手厚く葬った事を告げ、
「あなたの命を取引に使わない。
亡骸と共にお帰りなさい」とチュモン。
「父の恨みは皇帝陛下とテソ王子が晴らす」と
強気でチュモンを睨みつけるヤンソルラン。
「漢の後ろ盾の為の勢力結婚。
ヤンジョンが死んだ今、プヨには助ける価値がない女。
見捨てられたのです」と、厳しいソソノ。←コワッ。

漢への使者は危険な任務なので、
一体誰を行かせるべきか…と考えてるところに、
自ら名乗り出たヨンタバル。
「大仕事する機会をください。
腹の読めない漢の官吏相手なら、この年寄りが役に立つ。
大将は建国の準備をしてください」と決意は固く、
任務を託したチュモン。

マリたちが同行してヨンタバルが長安へ出立し、
言われたとおりに建国の準備を着々と進めるチュモン。
まずヒョント城に2000の鉄騎軍を置く事に。
そんなに多くの武器や鎧を作るのは
職人総出でも1年はかかると弱気なモパルモ。
「ヨンタバル様は命がけで交渉に行ってる。
それに応えるためにも整備を急がねば」とチュモン。

クムワの病状はかなり重い状態。
それを知るのは医局長とマウリョンだけと知り、
「重病と知れば、テソ王子が譲位の話を持ち出す。
二人に口止めするように」と護衛のソンジュに念を押す大使者。

しかしこの話はしっかりとナロに聞かれてしまってました
このドラマはヒソヒソ話が漏れるシーンが多いわ

チュモンを倒すには王位に就かなければと息巻くテソ。
大使者が陛下側なので不可能と言われると、
「大使者を殺す」とまで言い出し、
チュモンが力を増してるので、焦っているのでした。

そこにヤンソルランが帰還。
父の恨みを晴らして欲しいと言っても、
「チュモンの建国を陛下は当然だと思ってる。
それに陛下は重病」と兵を出す事に弱腰のテソ。
「崩御まで待てと?
殿下が王位に就けるなら何でもします」とヤンソルラン。
いくら王位が欲しいとはいえ、
覚悟を決めてるヤンソルランに一抹の不安が過ぎるテソ。

ヤンソルランの決意はクムワを手にかけること。
部下・ハフチョンに医官を探させ、
猛毒を煎じ薬に混ぜろと告げました。
医局長の座を約束してくれたとはいえ、
一国の王を手にかけるなんて二の足を踏む医官。
しかし彼に選択の余地はなく、
「断れば殺す」と脅され。従うしかないのでした。

見慣れない医官とハフチョンを見かけ、
不審に思って調べさせたソンジュ。

長安に行ってたマリが戻り、
捕虜の交換の交渉が無事に成立したと聞き、
喜ぶ面々をよそに
「ヨンタバル様と流民に会うまで安心出来ない」と
用心深いチュモン。

オイとムゴルが捕虜を長安に連れて行く事に。
連行されるながら、
「私の名前をしっかり覚えてえおけ。
ファンジャギヨンだ」と睨みつけるファン大人。
「漢の皇帝に伝えろ。遼河の広大な土地は古朝鮮の領土だった。
私は命尽きるその日まで、
漢を追い払い、古朝鮮を取り戻し続ける」とチュモン。
まさか妻ソヤと息子・ユリが、彼の邸にいたとも知らず…。

「高句麗が建国されたらその主は?
王にはソソノがなるべき」とチャンスに念を押すヨンチェリョン。
ウテの父もその意見に賛成で、
ピリュもオンジョも王位を継げると単純に喜んでいたけど、
ヨンチェリョンの腹の内は多分、
ソソノが継ぎ、その後はチャンスが…って考えてるんじゃ?

捕虜の交換を終えて、いよいよ流民たちがヒョント城に到着。
大役を果たしたヨンタバルをねぎらって迎えるチュモンに、
「流民を救おうとした大将の成果」と応えるヨンタバル。

膝をついて感謝し、「立って」と笑顔を向けるチュモンに
「救われた命を大将に捧げます」と頭を下げ続ける流民たち。
「これからは皆さんがヒョント城の主です。
私はヒョント城をかつての名トクチョンとし
皆さんが住めるように力を貸します」とチュモン。

母・ヨンチェリョンのハッパが効き、
「建国を宣言すべき。
高句麗の王は誰が?」ソソノに尋ねるチャンス。
「大将に王になってもらうと約束した」とソソノが答えると
「いけません。王は君長様がなるべき」とサヨン。

長安から来た流民の1人から、
古朝鮮の大王を象徴する神器の青銅鏡が
ここの地下にあると聞き、早速行ってみたチュモン。
この流民は漢からこれを守るために、
古朝鮮の歴史が書かれた竹簡と共に隠したのだそう。

神器の青銅鏡、タムル弓、鎧と三つの神器が揃い、
それらを奉って祭儀を行いました。
“天と地に分かれても根本に違いはない。
姿は変われども、万物は明るい光である。
根本が明るい光ゆえ人を照らせ
この世であまねく人を利するに勝る事はない”

神器を捧げ、卒本の民を守って欲しい祈るチュモン。

「朱蒙(チュモン)」他の回はこちらです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック