外科医ポン・ダルヒ 第17話

「命の順位」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
※28話版なので、オリジナルと回が異なります。

すっかりダルヒを意識し、手技を親切に教えてくれるジュングン。
嬉しそうなダルヒの表情がカワイイ~
1人でご飯を食べてたジュングンの向かいに座り、
「お礼がまだでしたね。ヘンタイなんて言ってごめんなさい」と話しかけるダルヒ。
いつもなら嫌味の一つも言い返すのに、黙ったままのジュングン。
別な一面(...いや、こっちがホントの姿なのでしょうね♪)に、ダルヒの方も少しだけ意識してるみたいな・・・?

スンミンの戸籍の整理の手続きをしていて、
今日は、ゴヌクと共に判事の元へ行く日。
ゴヌクを助手席に乗せ、運転しながら目が潤むムンギョン。
・・・判事のところへ行かない。スンミンは俺の子だ。
その言葉を待っていたのかもしれないし、
この件が片付いてしまえば、
ゴヌクのと繋がりがなくなる寂しさだったのかもしれません。

ゴヌクの方も喜んで手続きに行ったわけではなく、
7年暮らした「息子」と縁が切れる事に複雑そう。

判事との話し合いの後、ゴヌクをお茶に誘い、
「今まで一度もちゃんと謝ってなかった」と詫びたムンギョン。
ここまでは良いのだけど、
ムンギョンっていつもい過ぎる感があるのよね。
「私の方がつらいし、現実的に私の人生の方がつらい」なんて、自分から言う?と思ってしまった(-_-;)
でももしかすると、スンミンが出来た経緯が辛いものなのかも?

言い過ぎた…と気付き、改めて「ごめんなさい」。
そして「ありがとう。私が愛したイ・ゴヌクの若さは、まだあなたの中にあるはず」と笑顔を向けて、励ましたのでした。

ムンギョンと初めて出会った日を思い返したゴヌク。
ひた向きな姿に一目ぼれし、
泣き叫ぶ幼い患者と一緒に泣いてた姿に心打たれ、
1人で泣いてたムンギョンに思わずキスした日…。

チェボクの元に「金を返せ」と、その筋っぽい男たちがやってきました。
田舎にいる母親が借金し、それも今回が初めてじゃないらしい。
ダルヒたちに事情を聞かれても、言えないチェボク。
そんのある日、死亡したものの葬儀費用を払えなく
退院出来ない患者の話しになり、
「献体すれば金が出来て互いにメリット」と言うミヌ。
自分の状況と重なり、「金の為に我が子を?」と声を荒げるチェボク。

母子殺人事件の容疑者が、
逃走中に衝突事故起こしてケガをし搬送されて来ました。
大動脈が破裂しそうで、緊急手術の手配をしたジュングン。
その数分後、容疑者に撥ねられた少年が搬送されてきました。
肝臓、秘蔵が損傷していて、緊急手術を指示したゴヌク。

しかし、どちらの患者も血液型が「O型」
今日は他にもO型患者の手術が多く、
容疑者の方は血液を確保できたけど、少年の分が足りません。

近くの病院に血液手配したものの、到着は1時間後。
一刻も早く子供を助けたいと思ったゴヌクは、
ジュングンに血液を譲って欲しいと頼んだのでした。
「この患者は大動脈が破れたら即死だ」と譲らないジュングン。
すると「患者はこの殺人犯にひかれた子供」と訴えるゴヌク。

「殺人犯だから死なせろと?
同じ緊急度なら到着した順。医者は治療するのみ。
一時間後に来る血液を待って手術しろ」とジュングン。
そう厳しい事を言っても、心の中ではゴヌクと同じだったのでしょう。
やり切れない表情で患者を見つめるジュングンでした。
心情的には、誰もが殺人犯より子供を先に…と思うでしょう。
でも、一度順番をつけると、次は次は…となるだろうし
収拾つかなくなってしまうものね。


しかし、一時間後に到着する予定の血液が遅れ、
少年は、手術中に亡くなってしまったのでした。
「届きました」と血液のパックを持って駆けつけたアラは呆然・・・。
助かったかもしれない命だったのに、悔しさが滲むゴヌク。

一方、容疑者の手術は無事成功。
患者を運ぶ途中、少年が死んだという声が耳に入り、愕然のジュングン、ダルヒ、キム医師。
少年の手術室は手術の後が生々しく残っていて、
見て声が出ない3人。その傍らでスースーと息をしている容疑者。
手術の順番を断った結果が、こんななんて。。。

怒りに震えるゴヌクはジュングンに談判に行きました。
一番後悔しているのは、ジュングンだと思うのだけど、
責められても「一時間後に血液が届くと言った」と強がって…。
「お前が理解出来ない」軽蔑の目を向けて出て行くゴヌク。

心を痛めているジュングンの姿を見て、
ゴヌクと話そうと思ったダルヒ。
でもドアをノックしても、返答がなかったのでした。

患者とはいえ凶悪犯の手当てなんて、気が引けるダルヒ。
容疑者は拘束されていて、唯一自由なのは左手。
包帯を取り替えていると、その左手で抱きついてきて、
思わず払いのけて、触られた首を何度も洗うダルヒ。
容疑者はふさげていたのか、ただお礼を言いたかっただけなのかイマイチ不明だけど、この行動に血相変えて怒るジュングン。

戻って来たダルヒに「大丈夫か?」と声かけるジュングン。
恋人を心配するような目で見つめ、
まるで自分が容疑者を助けたばっかりに、
辛い目に遭わせた事が申し訳なさそう…って感じです。

交通事故に遭った少年・ユノが搬送されて来ました。
あら?この子の父親見たことある…と思ったら、
ジュングンを「にいさん」と呼んでた彼でした。
アチコチで搬送を断られ、既に四時間も経過していたので、
臓器の壊死や脳死も考えられ、助かる確率は50%。。。

手術を前に、「イ先生は厄介な患者ばかり…」と心配するアラをよそに、見事に成功されたゴヌク。
幸い脳損傷も見られず、あとは意識の回復を待つだけでした。
自分の息子を見守るように、ずっとユノに付きっきりのゴヌク。
ユノが目を開けた時の、優しい眼差しったら(#^.^#)

遠目からそんなゴヌクの姿を見ていて
ユノを助けてくれたお礼を言てきたジュングン。
しかし、血液の一件のせいか素っ気無いゴヌク。
「1時間で血液が届くと言った。なぜ俺のせいに?」とジュングン。
「死にかけてたのは子供も同じ」とゴヌク。
「殺人犯だからだろ?お前みたいにまともに育ったら殺人犯にならない。
スタートが違うのに判断できるか?
医者に人間的判断は無意味」とジュングン。
「殺人犯だからじゃなく子供だからだ。
緊急状況では子供が優先だ。飛行機事故や火災でも。
医学的判断でも子供を助けるべき」と反論するゴヌク。
決して殺人犯の命を軽んじたワケじゃなかったのよね。

「お前だからだ。お前じゃなかったら意地を張らなかった。
なぜ俺が譲歩しなければ?
言っておくが死ぬと思わなかった。手術できると確信していたんだ。
…本当にそう思ってたんだ」
声を荒げながらも、最後は心から後悔の叫びだったジュングン。
ジュンなぜそこまで意地を…本当の理由をまだゴヌクは知りません。

二人のやり取りを見ていたユノのパパは、
ジュングンの心の痛みを感じたのでしょう。
ゴヌクに助けてくれたお礼を言い、
「にいさんが行ってた大学で先生を見かけた事があります。
僕達は施設で育ちました。
にいさんは中学前まで養子に入ってましたが…」
と、さり気なく教えたのでした。

ソ部長が言ってたいた叔父・イ部長の弱み。
---昔、お前の叔父の家にいた少年---
その少年とジュングンが結びつつあるゴヌク。

ソ胸部外科部長の方はイ外科部長に、
「私はあなたが20年前に何をしたか知っている」
と思わせぶりに話しかけ、チクチクと攻撃を開始。

容疑者がトイレに行く時は拘束を外されて、警官が付き添っていました。
廊下にあったハサミに目がいき、胸が痛むフリをして倒れ込み、
まんまとハサミを手に入れた容疑者。

容疑者の病室へ行くダルヒを見かけ、
心配で同行しようとしたジュングン。
でも他の患者が急変し、その処置を施してから向かいました。
あまりにも静かで、異様な雰囲気が伝わり、
急いで病室に行くと、腹を刺されて倒れているダルヒと警官が!
容疑者は警官の制服を奪って着替え、病院を脱出したのでした。

人を呼んだあと、あまりの出来事に動揺し、
「お前はポン先生を頼む」とゴヌクに言われても、
立ちすくんだまま動けないジュングン。
自分が助けた容疑者が…と思えば余計に苦しいでしょうね。。。

「外科医ポン・ダルヒ」他の回はこちらです。


外科医ポン・ダルヒ BOX-I [DVD]
ポニーキャニオン
2008-09-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

えり
2008年12月16日 23:07
こんばんは☆ジュングンファンのえりです♪♪
この回は、見ている方もつらく考えさせられる回でしたね…。
血液が足りない中、どちらを先に助けるか……ゴヌクの訴えを受け入れても後悔しない結果になったかどうかはわからない…。そんな選択を迫られてしまう医師の仕事は本当に大変で責任の重いものですよね…大きな喜びを得られる事もあるでしょうけれど。

ここんとこ、ジュングンの本来の姿が見え隠れしてきましたね☆本当は、優しくて繊細で不器用で…(私のイメージでは) だけど、過去にいろいろあったりもして鎧をつけて生きてきたんでしょう…。そんなジュングンの恋の行方に要注目ですねっっ♪♪
それから、ムンギョンとゴヌク★私は、本質的にこの二人は似た者同士だと思うんです…。だからこそ素直で真っ直ぐなダルヒがゴヌクの心の寄りどころになったんでしょうね…。私も、ダルヒのように真っ直ぐな気持ちになれたら…といつも思いながら見ています。私生活では同じ子持ちなのにめっちゃかわいいし♪♪
最終回まで目が離せないですよっ☆私は、何気にパク・チェボムのシーンも楽しみにしてま~す(^^)
2008年12月21日 15:09
えりさん、こんにちは~
レスが遅くなってごめんなさい!
今回のどちらを先に手術すべきか…は本当に考えさせられました。子供を先に手術してあげたいと思う反面、線引きが難しいです。医療現場で働えりさんなら、尚更身につまされるたのでは?
私もジュングンが好きなってきましたよ♪
あんなガミガミ言ってた人が、切ない目を向けてカワイイったら~。
ゴヌクとムンギョンは似た者同士というのはそうかも!スンミンが出来た経緯がわからないので何とも言えないけど、ゴヌクも納得して元サヤ?と予想してます。

ダルヒは本当に可愛らしいですよね~。そして真っ直ぐで強い、でも弱い部分もあって共感できます。イ・ヨウォンちゃんってホント子持ちに見えませんよね。垢抜けないところがあるけどキラッと光ってるし、本質も素直な人なんじゃ?と感じさせます。

>パク・チェボムのシーンも楽しみに
チェボム、良いですよね~ (^ー^)私も注目してます。アラとの恋は実るのかしら?母親の借金も気になります。苦労人だったね・・・。

この記事へのトラックバック