朱蒙(チュモン) 第65話

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
プウィヨムの船で南に向けて出航したソソノたち。
一方、ケルに戻ってきたチュモン。
出迎えたヨンタバルから、チュモン死亡の噂のせいで
卒本の君長たちに動揺が広がっていて、
分裂の危機が迫ってると相談され、早急の対処が必要でした。

テソに呼ばれて、プヨ軍陣営に現れ、
かつては、ヤンジョンを交えた同士だったテソと対面し、
複雑な面持ちのソンヤン。
二人が会った事はケル側も知っていて、
「またプヨに着くつもり。早く始末しないと」と物騒なヨンチェリョン。
しかしソンヤンを信じているのか、
混乱は自分のせいだから、自ら解決すると言うチュモン。

卒本の混乱と不安を解消するには、
チュモンが生きていると公表すれば簡単なこと。
他のメンバーたちも、そうすべきと勧めるのだけど、
チュモンには何か考えがあるようでした。

テソと会談し、プヨから攻撃されたら傍観するつもりで、
それは他の君長も同じ考えだと答えたらしいソンヤン。
裏切りもの…というより、大将・チュモンが死んだとなれば、そうなるのは仕方ないのでしょうね。
プヨ側とすれば、ケルを落とせば卒本が手に入るというわけで、
慎重に準備を進めていたテソ。兵を待機させ、
ヤンジョンから兵糧が到着次第、出陣する構えでした。

テソから脱走兵が出ないか見張るように指示されたプブンノ。
まさかその彼から逃走を考えてるなんて
思いもよらないわよね~。

プヨが卒本を攻撃する前に脱出する予定で、
いよいよ…と緊張が走るユファとイェソヤ。

ソンヤンの寝所に忍び込み、内密に話に行ったチュモン。
死んだ…と思ってたチュモンが目の前にいて驚くと同時に、
プヨ側の計画と、自分たち卒本は傍観するつもりと答えたと教えたソンヤン。
傍観と決めたのは、
そうすれば手出ししないと約束されたから・・・。
それを聞いて、自分が生きてることを内緒にして、
テソに従うようにと告げたチュモン。
「私が死んだと思って油断してる。それが弱点
この戦争は我々が勝ちます。信じてください」とチュモン。
その言葉に頷くソンヤン。
ヨンチェリョンは彼を“古狸”と言ったけど、意外とそうでもないみたい。

兵が到着し、いよいよ出陣することになったプヨ軍。
フクチ大将軍に本軍を任せ、先鋒隊長に自ら就いたテソ。

攻撃が始まる前に発つと報せに来たプブンノに、
自分達が着いていけば遅くなるから、
1人で行ってチュモンに状況を知らせて欲しいと言うユファ、
イェソヤもその気持ちを汲んで同意。
二人の自分の事よりチュモンを思う気持ちに打たれたプブンノ。
託されたミッションを必ず成功させようと思ったでしょう。
運が味方したのか、テソから卒本への潜入を命じられ
難なくプヨ軍を脱出できたのでした。
でも同行した兵たちを殺して、非情…(*_*;
戦争だから仕方ないのだろうけど…。


チュモンたちも戦いの準備を急がねばなりません。
兵の数は劣るし、兵糧が少ないので
早期決着する必要がありました。
プヨ軍が漢軍と合流すると思われる沸流川、
火攻めの準備をしていたのだけど、そこにプブンノから、
テソ率いる先鋒隊がアクプ嶺に到着すると聞き対処をすることに。
1人で行かせたユファたちの思いが役に立ったのね。

チュモンが死んだと思ってるテソは、
先鋒隊を200人程度の少ない兵力にしていました。
チュモンの計略が功を奏したとほくそ笑むマリたち。
テソに合流するプブンノに、「アクプ嶺は伏兵がいるからと言って
沸流川の草地に誘導しろ」と命じ、
自分が生きてることを公表し、
予定どおり火攻めする事にしたチュモン。

分裂の危機だった卒本だったけど、
「共にプヨ軍蹴散らそう!」と叫ぶ大将の姿に、再び強く結束しました。

プブンノの助言に従って沸流川へ向かい、
火攻めの奇襲にあったテソたち。
何だかプブノンを信じてるテソが可哀想に思ってしまった…。
一緒に行った兵たちは奇襲で死んだと聞き、
「お前が無事でよかった」なんて言ってくれるんだもん。

戦いの最中、自分達の兵達を斬り付けるプブンノを見て、
騙された…と気付いて怒りがこみ上げて襲いかかるテソ。
それに気付いて止めに入ったチュモン。

何度目のチュモンvsテソの戦いでしょうか、
互いに譲らず、剣と剣がぶつかり合うテソとチュモン。
「騙したな」
「違います。兄上のおごりが災いを招いたのです」
痛い所を突かれて頭に血が上るテソ。
そのせいか、チュモンの腕が上なのか劣勢なテソを見て、
逃げるように進言するナロ。

腕をケガし、ボロボロの状態でプヨ宮に帰還し、
チュモンが生きていたと告げ、兵力が残ってるから出陣すると言うテソ。
自分を侮辱したチュモンを討ちたい一心のテソに、
その体では無理と出陣を止めたクムワ。

怒りが収まらず、プブンのの家族を殺そうと考えたテソ。
しかし家族は既に他方に脱出しているから、無理でした。
更にテソを怒らせる事実が発覚。
卒本と国境を守ってた兵が商団を装った集団に襲われ、
今思えばそれがチュモンだったとナロから聞き、
「なぜ今頃言う?!」とカッカしていたテソ。
報告は後回しにしたのナロ、やっぱり裏目に出てしまいました。
たとえその時聞いても、対処したかはわからないけどね。

怒りに震えるテソに、更に油を注ぐかのように、
「チュモンが生きていたとは。戦争は情報戦が大事なのに」とヨンポ。
確かに最もな事なんだけど、
私はチュモンの死亡は計略だと思ってたなんてホント?! 
しかしヨンポがこんな事言うのは、自分をアピールするためじゃなく、
テソに冷静になって欲しかったからだった気がします。

「兄上の目はチュモンへの憎しみに満ちています。
正気で戦っても負けるのに、理性を失っては…」とヨンポ。
しかし愚弟に侮辱されたと思い、殴りつけるテソでした。

城に凱旋帰還したチュモンを待ってたのは、卒本の君長たちでした。
どうやらソンヤンが召集をかけたようですね~。
「大将を疑った私達をお許しください」と頭を下げる君長たちに、
「漢とプヨを押される気持ちはわかります。
必ず封鎖措置を切り抜け、卒本を守ります」とチュモン。

今回はこれで収まったけど、
またいつソンヤンたちが反旗を翻すかわからないと言うヨンタバル。
というのも封鎖措置のせいで飢えと疫病が広まりつつあるのでした。
戦いで疲れた体を押し、みんなに休むように言われても、
疫病が発症した沸流と貫那(クァンナ)へ視察へ向かったチュモン。

死んだ死体の山、配給に並ぶ民たち。
その配給も僅かなもので、「家族が飢え死にする」と懇願する民たち。
その有様を目の当たりにし、対策を考えるチュモンたち。
南へ向かったソソノが食糧と共に戻れば解決だけど、
それだってうまくいくかわからない…。
悩んでるチュモンに、「天変地異で疫病が流行するのは
民が希望失い貫とプヨに滅ぼされるのを恐れるため。
希望を失った人は病を克服できません」と進言する巫女・ソリョン。
「私が天に試されているのです。祭儀をあげて民の心を一つにします」とチュモン。

雨が降りつける中、
5日も祭壇の前に座りこんでるチュモンを心配するオイたちに、
「大将の志が天に届くのを祈るだけ」とピョリパ。
そのチュモンの姿に打たれた民たちが次々と訪れ、
一緒に祭壇に祈りを捧げ始めました。
「天地の神。卒本の民をお守りください
私の体が引き裂かれようととも卒本の民を救えるなら、
喜んでこの命を捧げます」と一心に祈りつづけるチュモン。

「朱蒙(チュモン)」他の回はこちらです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック