外科医ポン・ダルヒ 第9話

「夢をあきらめない」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
※オリジナルと回数が異なります。

スンミンの心臓移植手術を成功させた事で、
イ外科部長のの鼻を明かせてゴキゲンな心臓外科部長。
新しく出来るセンターは、心臓病センターに決定するだろうとほくそ笑み、
更に、200人の患者に試した新薬のデータを学会で発表するプランを立てていて、これはセンター建設への切り札となりそうです。

ダルヒが初執刀した虫垂炎のウンジョンさんは、
痛みが益々酷くなり、素人目にも異常なのは明らかな症状に(*_*;
ここまで来てようやく、検査をするように指示したチャンチーフ。

しかしCTや血液検査等、どこにも異常は見つかりません。
の検査を指示するゴヌクに、試験開腹を提案するダルヒ。
焦って止めるチャンチーフの様子に、何かあったと感じて問い詰めるゴヌク。
一年目のダルヒに執刀させた上、
監督せずに居眠りしてしまったと言いつつ、「起こすと思った」と
ここまで来ても責任逃れしようとするチャンチーフ。
全くーー( ̄ヘ ̄∥) ゴヌクが叱ってくれたから良かったけど。
もちろん、調子に乗って最後までやっちまったダルヒも説教されました。
「患者の命を自己満足に使うな」ゴヌクの言う通りだよね。

眠ってるスンミンの姿に微笑み、ジュングンにお礼を言うムンギョン。
↑ホント、嬉しそうね(#^.^#)
「眠る姿はゴヌクと同じ。だから血は争えないと思ったのに、
ゴヌクの子じゃないんかて想像できなかった」
あのーームンギョンさん、ここで話すこと( ̄ー ̄?).....????

というわけで、近くにいたミヌとキム先生の耳に入り、
父親は誰?とスンミンの歳なら結婚前に妊娠してるとか、
代理父とか、それでも尽くすゴヌクを意気地なく哀れとか、
トイレで興味半分に話していたのでした。
実はトイレにいて、聞いてしまったゴヌク。可哀想だーー。

更にゴヌクの試練は続く・・・。
噂話はイ部長の耳にも入ってしまいました。
「戸籍から外せ。なぜ話さなかった?
知ってたらソ部長の思惑にハマらなかったのに」と激怒しつつも、
甥っ子の子=孫のようなスンミンと血の繋がりがないなんてショックなイ部長。
「父親は誰なんだ?」と問い詰められ、答えられないゴヌク。
知らないというより、知っていて動揺してるようにも?

一方何も知らないスンミンは、
「パパ?パパが来たら寝る」と無邪気で、
出来ればスンミンの耳に入らないで欲しいな。

ひどい痛みにのた打ち回る虫垂炎のウンジョンさん。
まさか腸閉塞?と思い、チャンチーフを起こし行ったダルヒ。
しかしチャンチーフは、自分もゴヌクも異常なしと判断したのだから、
今度言ったら成績落第点をつけると相手にしてくれません。

ジュングンのことを「にいさん」と呼ぶ青年
イ部長とジュングンの関係を知ってるらしく、
母校を辞めてまでこの病院に来たジュングンに、気でも触れたのか?と。
「違う。20年前にあの家を出た時から何の関係もない」と笑うジュングン。
しかし内心は違っていて、一人になると物思いに耽っていたのでした。

そっか…、イ部長はジュングンを施設から引き取った育ての親?
ゴヌクの両親は亡くなってるようだから、その時イ部長はゴヌクを引き取り、
ジュングンを邪魔者にしちゃって…と予想

「イ博士はにいさんに気付いた?」と言ってた青年。
気付いてもらえないから、ジュングンの気持ちは複雑なのでしょうか。

ダルヒ母とミヒを見かけて声を掛けたチェボム。
そうそう、前にミヒのところでラーメン食べて面識あるのよね。
慌ててるミヒや向こうにいたダルヒの様子で、
これは何かある…とわかってくれて、誤魔化してくれたチェボム。
ダルヒの後ろ姿を見ても、お母さんは「似た人」としか思わなく、
この場は何とかクリアしたけど、
胆のう炎で痛いだろうに、会いにも行けない歯がゆさで、
「正直に話そうかな」と呟くダルヒ。
でもそうなったら怒って手術どころじゃなくなるし、
協力してくれた妹にトバッチリが行くし、言えない状況なのでした。

母の主治医になって欲しいと頼まれ引き受けてくれたチェボム。
信頼できるし、色々情報を聞けるもんね。
明日の手術を前に不安そうな母を、病室の外から見守り、
申し訳ない気持ちでいっぱいなダルヒ。

母の様子が気になり、ついその階に行っちゃうから、
とうとう見つかってしまいました。
「家に帰るよ!この仕事してたら何度も手術して結局死ぬよ!
無理したら弁膜がどうなるか。インターンの時も死にかけたでしょ」と
泣いてダルヒの腕を引っ張り、連れて行こうとする母。
今まで二度も手術で開胸してる上、まだ1~2回手術の必要があり、
傷つける姿を見たくないと言う母に、
「私がやりたかった事、知ってるでしょ。私は死んでも仕事する」とダルヒ。
母に叩かれても、引っ張られても、その意志は曲げなかったのでした。
しかし興奮のあまり、お母さんが倒れてしまいました。

その光景を偶然目にしたジュングン。
ダルヒの事を目の仇にしてたけど、
抱えてる問題と医学への情熱を知り、何か思うものがあるようでした。

すれ違っても何も言わないゴヌクに、「お礼もないのか」と
相変わらずの口調のジュングン。
確かに父親なら、一言あるべきだもんね。
黙ったままのゴヌクに、「病室に戻った。父親を待ってる」と教えたジュングン。
一人取り残されるスンミンが、自分の姿と重なってるのかも。

以前診た肺炎の少年が再び運ばれて来て、
暴行されたような痣がアチコチに見られ、これが肝機能の低下の原因では?と思い、ゴヌクに診て欲しいと頼んだムンギョン。
仕事上の用件なのに、私情を挟み忙しいと断ったゴヌク。←ダメじゃん!

ゴヌクの部屋にやって来て、電子カルテを見せて説明するムンギョンに、
「病院中の噂で一日中代理父と言われてた」とゴヌク。
「だからCTを見ないの?そんなに器の小さな人だった?
一体私はいつので謝らないとならないの?
懺悔でもしようか?別れてあげたのに何を望むの?」と怒るムンギョン。
私情を挟むゴヌクもナンだけど、
自分が軽く口を滑らせたせいで噂が立ったって気付いてないし、
傷ついてゴヌクに気遣わないムンギョンにイラッ・・・。


そこにタイミング悪く、ウンジョンさんの試験開腹を頼みに来たダルヒ。
明日の回診で…と言われても、あれだけ痛がってるウンジョンさんを放っておけなくて、食い下がるダルヒに「出て行け」と声を荒げるゴヌク。
虫の居所が悪いからって、これはないでしょーー
「あの子と恋愛中なんでしょ。結果的にいい思いをしてる」と
捨て台詞っぽい言い方のムンギョン。←やや、ジェラシー?

ゴヌクはCTを見てくれず、ムッとして出て行くムンギョン。
「父親は誰だ?」と疑問を投げかけるゴヌク。
「意識していればよく見かける人。知ってる人なの」と
意味深な事だけ言って、後は教えず言ってしまったムンギョン。
ゴヌクだけじゃなく、見てるこっちも気になるよーー。

ウンジョンさんの痛みの事が気になり、
医学書や症例を調べてみるけど、さっぱりわからないダルヒ。
同期の3人に相談するし、色々と意見が出たけど、
結局、結論は出ませんでした。

そうしてるうち、また激しい痛みが起きてしまったウンジョンさん。
ダルヒから鎮痛剤の投与指示され、
点滴液を見て「やだ間違えた」と呟く看護師。
ブドウ糖だから大丈夫って言ってたけど、今後何かありそうな?

てんてこ舞いしてるところに、お母さんが手術を受けずに帰ると。
止めに来たダルヒに
「ダルヒが帰らないなら手術を受けない」と言うお母さん。
胆のう炎も放っておけば死に至る病で、
母を助けるために医者を辞めるか、志を貫くか…、
迷うダルヒに「答えられないの!」と叫ぶお母さん。
これはきっと、ダルヒの覚悟を試した気がする。。。

黙ったままのダルヒを置いて、行ってしまうお母さん。
「そうだよ。帰れない。
幼い私を放っておいて心臓を悪くさせ、そんな母親が腹膜炎になろうが構わない。
どうせ保健所の先生に助けられた命。
絶対に仕事を辞めない。
初執刀医した患者は死にかけてる。それでも続ける。
途中でお母さんが腹膜炎になって悔しい思いをしても…。
だから帰って!」と涙が溢れるダルヒ。
その言葉に母も涙し、そして手術を受けると戻ったのでした。

ウンジョンさんには神経系統に疾患があり、
それが痛みの原因と判明。
「だから騒ぎ立てるなって言ったろ」と得意げなチャンチーフ。
手術ミスじゃなかったとわかっても、
脳の何の病気なのか調べたいと、ミヌとアラに協力を頼むダルヒ。
それは神経科のやることで、もうダルヒの手を離れてるのだけど、
初執刀した患者だから自分で突き止めたいし、
鎮痛剤が効かなくなって来てるウンジョンさんの為にも、
早く何とかしてあげたいのでした。

アラもミヌも協力してくれなくて、一人でコツコツと調べてると、
とうとう無理がたたって心臓に痛みが来てしまったダルヒ。
“ラシックス”を打とうとしたところにジュングンが来たので、
体がだるいから抗炎症薬だと誤魔化すダルヒ。
それはウソだとわかっていても、
黙って注射器を取り、打ってくれたジュングン。

ウンジョンさん事で質問し、
本を数十冊読んだけどわからないと言うダルヒに、
「発作の原因は数百種類だ。電子医務記録をよく見直せ」と
アドバイスしてくれたジュングン。

「外科医ポン・ダルヒ」他の回はこちらです。


外科医ポン・ダルヒ BOX-I
ポニーキャニオン
2008-09-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック