弁護士たち~あなたに捧げる罪~ 最終話(第16話)

サブタイトル・・・「許しを求めて」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆

チョン・ウソクが不起訴となって喜んでいたのに、控訴延期の手続きをしたと言うソッキに納得行かないコ代表。 ←いい加減ソッキの思惑に気付いてよーー。

ホンの暴力に屈し、セヒを殺そうとしてしまった…。
ジョンホからソッキの事情を聞いても頑ななジュヒ。
というより、妹を…と思えば納得出来ないのかもしれません。
「自分がユンなら同じ行動を取っていただろう。そう思わないか?」
そう告げてジュヒの肩を優しく叩き、
「つらいだろ。すべてが終わるまで耐えるんだ」と憐れみ励ますジョンホ。

海外出張はウソだと気付いてるようで、
寂しそうにお土産をねだるハリョンに、
物では寂しさを癒せないとハリョンの写真を撮り(って事はソッキが持っていたかったのよね)「電話するよ」と笑顔を見せるソッキ。
もっと時間があれば二人は…だったのかも。

ソッキの隠れ家はジョンホが用意した親戚の家。
「妙な気を起こさずおとなしく」と念を押し、
まずヨンミの事を調べると言って握手の手を差し出すジョンホ。
この心強い先輩の手を握り返すソッキ。
長いこと苦しんでいた気持ちが、少しずつ解き放されつつあるようでした。

事務所を出たソッキを待っていたのはジュヒでした。
ジョンホから5年前の事情を聞いても迷っていたけど、
気持ちの整理がついた…いや、つけようとしたのかもしれません。
しかし言葉が出て来なくって、思いが涙となって溢れ出すジュヒ。
第1話からずーっとなんだけど、私はジュヒの涙にもらってしまう(ノД`);・
そしてジュヒを見つけた時のソッキの表情にグッと来て、
何も言えないジュヒの気持ちを汲んだように、
笑顔で(涙目ーー)トミーの話をする姿に泣けてくる。。。(/_;)


事務所を出て行くソッキに、「遠くへ行かないで」と告げるジュヒ。
この言葉は、はもう恨んでないという事。
こみ上げてくるものを抑え、決着をつける為に行ってしまったソッキ。

ソッキの裏切りに気付き、
「君との関係は終わった。だがイム殺しが残っている。
ジョンホに知らせたらジュヒとセヒは…」と脅して来たホン。

面会に来たジョンホに軽口だったのに、
「イ・ヨンミ」の名前を出されると思わず顔が強張るクォン。
5年前、ソッキは薬を打たれて朦朧としていても
証拠品を保管していて、それを見せつけるジョンホ。
偽物だとシラを切ってたクォンでしたが、もう無理でしょう。

チョン・ウソクとホンを追い詰めるには、
ジナの証言がキーとなっていて、
「彼女が良心に目覚めれば解決するのに」と呟く若手弁護士。
この話し合いに参加してなかったイ弁護士。
気が小さくてサッサと帰ったと言ってたけど、
裏で動くのかしら?期待。しかし何もなかったです^^;


クォンは罪を認めたようなもので、
ホンの罪も明らかになると言うジョンホ。
「ありがたい。先輩にすべてを引き継ぎたい。
ただ一つ片付けなければならないことが」と言い電話を切ってしまったソッキ。
そして意を決したように立ち上がり、
自らの手で決着をつけようと向かったのでした。

トミー経由でソッキから預かったと封筒を受け取ったジュヒ。
アメリカ行きのチケット、パスポートと共に、
“セヒの手術を手配してある。入院の件などはトミーに任せろ。
セヒがまた歩けるようになる事を祈る”という手紙が。
ソッキに電話しても通じず、不安になってくるジュヒ。

その頃、ソッキはホンの別荘に忍び込んでいました。
枕元で「私をおびきだしましたね?」と言うソッキ、
警報機に手を延ばすホンだけど、「切ってある」と言われてアタフタ。
自分と同じ目に遭わせると注射器を向けるソッキに、
「全財産を譲る。やめろ」と命乞いするホン。
でもソッキは根っからの悪ではないのね…。
ためらっていると、駆けつけた手下たちに殴られ気絶してしまったのでした。

袋に入れられて放り投げられ、コンテナに積まれてしまったソッキ。
誰も気付かなければ、このまま外国へ・・・!

ソッキの部屋から録音機を見つけたハリョン。
第一埠頭の倉庫で引継ぎをしろ…とホンの司令が入っていて
通報した方がと言うイリョンを振りきり、自ら埠頭へ向かったジョンホ。
自分を信頼してくれたソッキの為に、そうしたいのでしょうね~。

しかし、埠頭には数え切れないくらいのコンテナが\(◎o◎)/!
名前を呼びながらコンテナを叩いて探し回るジョンホ。
その声が届き、合図を送ったソッキだけど
疲れきって弱弱しいせいか気付いてもらえません。
それでも神は見捨ててはいませんでした。
ホンの手下どもを見かけ、ソッキのいるコンテナがわかったジョンホ。

手下たちが出て行くのを確認し、コンテナを開けると、
頭から血を流したままグッタリとしたソッキが・・・。
「ユン・ソッキ!俺がわかるか?」
泣きながら必死に揺り起こすジョンホ。
その声に反応し薄っすらと意識が戻ったソッキ。

ジョンホの肩を借りて逃げながら「眠りたい」と言うソッキ。
「車で寝ろ。ジュヒに会えよ」と奮い立たせるジョンホだけど、
もうソッキの力は尽きようとしていました。
「…私は許されますか?」
「生き抜いて俺と探そう。お前と俺を許してくれる人間を」
「先輩も罪人ですか?先輩との出会いはすばらしい贈り物です」
「俺も同じだ」
ジョンホの言葉に安堵したようにグッタリとするソッキ。
「ジュヒがお前を待っている」
「先輩に任せます。彼女は私を忘れるでしょう」
「どれだけ愛していたか伝えるべきだろ。
俺はお前に比べて何もしてない。犠牲払っていない。
ジュヒが大事と言いつつ何も捨てなかった。目を開けろ!」
ジョンホの言葉に薄っすらと微笑んで、逝こうとするソッキ。。。

駆けつけたジュヒが手を握り、ジョンホが叫ぶと目を開けたソッキ。
5年前と同じように「ソッキさん」と呼んでくれ
「ずっと憎かった。つらかった?」と自分の為に泣いているジュヒ。
「でもあなたが悪い。元に戻るチャンスはいくらでもあった
なぜ全部逃がしてしまったの?」
ジュヒの訴えはソッキもわかっている事。。。
とめどなく涙が溢れ「俺がバカだった…。
今は楽だ。すべてに感謝してる」と呟き息を引き取ったソッキ。

ずっと愛していたジュヒを守れた事も、
5年前と同じような目を向けてくれたジュヒへも、
ジョンホが自分の痛みをわかってくれた事も、
その二人に看取られたことにも感謝するように…。

ソッキが残したイム殺しを命じる録音が証拠となり、
検察に連行されたホン。

ソッキの遺骨を撒くために山へやって来たジュヒとジョンホ。
ジュヒとソッキの二人にしようと、準備だけして行こうとするジョンホに、
「ソッキさんが言ってました。
先生と私が一緒に見送ってくれなかったら遠くへ行けないと。
こうなるとわかっていたんですね」と言うジュヒ。
「悪い男だ」と寂しく笑いソッキを見送ったジョンホ。

アメリカへ行く前、ソッキの話をするジュヒとジョンホ。
まだ胸の痛みが消えない二人。
ソッキを気にかけたのは憎みきれなかったから
最初はジュヒの事は男同士張り合ってた。
これからは世話役として男として一生君を大事にしなければ。
何かをする時、君を思い浮かべるだろう。
それが愛だとソッキが言ってた。
まあ向こうへ行っても忘れるなよ」とジョンホ。
涙が溢れジョンホにだきつき、
「私はソッキさんを一生忘れないと思います。
気の毒で頭から離れません」と嗚咽するジュヒ。
「人間に生まれたことに罪悪を感じながら生きて行くんだ」
そう言ってジュヒを優しく撫でるジョンホ。

アメリカで手術を受けリハビリ中のセヒに付き添う日常のジュヒ。
「一番大切なのことを忘れなければ
人生がどんなものであれ受け入れられます」
ジュヒからのメールには、前向きに生きようと頑張っている姿が。

ソウルに残ったジョンホもいつもの日常が待ってます。
議員となった先輩(検事?)から、ホンの記録データを見せられ、
資金流出の実態に手をつけるから協力を持ち掛けられたけど、
ソッキの事があるから躊躇するジョンホ。
「これはユン・ソッキが送ってきたんだ」と言う先輩。

帰り道、黒塗りの車から声をかけて来たホン。
ビックリした目で見つめるジョンホ。←この意味がわからないーー!
収監されたはずのホンが出て来たから驚いたのか、
だからそれに立ち向かうために、ソッキの意志に報いるためにも
先輩に協力する…って事なのかしら?

オープニングのジュヒ(チョン・ヘヨン)の髪が長いので、
数年後・・・って展開になるのかな?と思ったらこの髪形は皆無でした^^;
四角関係のドラマ?と思ってたら、意外と恋愛少なめで、
最後はジョンホとソッキの熱い友情が良かったです。

ずっと、最後はソッキは死んで終わるだろう…という予感していたから驚かなかったけど、彼の生き様は悲しい。。。
誰も見てないところで見せる「素」のソッキに胸が痛んでました。

タイトルどおり弁護士たちの活躍があるのかな?と思ってたけど、
結局チョン・ウソクの一件とジナの件のみ?
法廷シーンも無かったし、そのヘンは肩透かし感が残ります。
韓国の弁護士ドラマでは、
ツッコミどころも多いけど「真実のために」がオススメです~。
ジョンホは若手検事役です。(デビユーの頃らしい)
いまをときめくソン・イルグクが少しだけ出演、他の出演陣も豪華です

「弁護士たち」他の回はこちらです。


弁護士たち~あなたに捧げる罪~ DVD-BOX
カルチュア・パブリッシャーズ
2007-08-03
キム・ソンス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック