コーヒープリンス 1号店 第1話

一杯目...「私、女です!」 
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆

第1話は登場人物紹介という感じでした。
少年っぽいウネちゃんがカワイイ

バイクを飛ばし、出前のバイトをしてるウンチャン(ユン・ウネ)
男の子雰囲気なもんだから、女風呂に配達に行くと「男!」と物は投げられるわ、追い出されるわ。「私、女です!」とヘルメットを取っても、やっぱり男!と言われる始末。

アメリカ帰りの飛行機でニコヤカにトランプしてたのに、「ソウルでもね♪」と言われると、「会う必要ない」とクールなハンギョル(コン・ユ)
ソウルに戻っても家ではなく一人暮らしらしく、
母から「早く会いたい」と言われても、「体をきれいにしないと」とはぐらかして笑ってました。
その母(「私の名前はキムサムスン」サムスン母と祖母(会長)は、コーヒー豆の工場にいました(経営してる?)
店の改装を頼む喫茶店の店長に、「文句があるならあの女に言いな。20年も面倒みた私を裏切り、お前は女に走った」と怒るハンギョル祖母。
店長と祖母の関係はイマイチ不明。親子じゃないのよね。

ハンギョルの元にジャジャー面の配達に来たウンチャン。
すると、素っ裸に腰にバスタオルを巻いただけのハンギョルが座ってて、
テーブルに足をかけてるもんだから、見えそうで見えない…、
それをついマジマジと見てしまうウンチャン(笑)
配達のバイトの他にも、子供達にテコンドーを教えてるらしい。
道場に駆け込んできて、トイレの詰まりを直せと言う肉屋のおじさん(「春のワルツ」スホ父、「チェオクの剣」「秋の童話」…他のイ・ハヌィ)何でウンチャンが?と不思議だけど、おじさんは直せないらしい^^;

不良にからまれてると電話が入り、『王子コーヒー店』に向かったウンチャン。
ここの店主(新貴公子カメラマン、「ラブストーリー・イン・ハーバード」映画「エンジェルスノー」医師のキム・チャンワン )が、冒頭ハンギョン祖母に店内改修を頼んでた人でした。
真ん中にデーンと薪ストーブ、叩けばホコリが出るソファー、
あら?棚にあるのってまさかツリー?…etc
確かに改修しないと客なんて入らなさそうだけど、
ウンチャン曰く、「いい香り。このコーヒー最高♪」らしい。
・・・話を戻しますと、ウンチャンがここに来たのは、
ミニョプに言い寄られている妹ウンセの為に、彼氏のフリするためでした。
※HPのあらすじによれば、
「ウンセにしつこく交際を迫るチンピラのミニョプを
彼氏のフリで大食い対決、ミニョブを負かす」 
あのーー、このシーン無かったんですけど
  

トンスクおばさんのダイヤの指輪を無くしてしまったウンチャン母(「オールイン」チョンエ母、「12月の熱帯夜」「イヴのすべて」ウジン母のパク・ウォンスク)
真っ暗な中アチコチ捜したけど見つからず、途方に暮れるウンチャンの家族。
前借を申し込んだウンチャンだけど、
バイトの分際ではもちろんダメだったのでした。

母と祖母とは仲が良いのに、父とするのが窮屈そうなハンギョル。
息子に愛想がない父だけど、好きな音楽聞いて自分の世界に没頭してるだけと思えるのだけど、ハンギョルにしてみれば父に無視されてるって感じてるみたいな?(父は「ファッション70」のドンヨン父、映画「KT」のチェ・イルファ)

ガンで余命三ヶ月の祖母、ハンギョルに話そうと言われても、
「黙ってなさい。どうせいつか死ぬ」と、気丈です。
“ハンギョルを手なづける方法”と箇条書きし、
その通りに進めようとした祖母。
でもああいえばこう言うだし、怒鳴られても笑ってるし、
「明日カキ氷食べに行く?」とハンギョル。
ついつられて「カキ氷?」と乗ってしまうけど、横にいる母につねられ我に返り(笑)、再び説教を続け、「早く結婚しなさい」と祖母「結婚しようかな?相手は美人限定」とサラっと返すハンギョル。
「ほら、この子には通用しない」「諦めません」と心で呟き顔を見合わせる祖母と母を見て、「かわいい」と顔が綻ぶハンギョル。

ハンギョルは、ユジュ(チェ・ジョンアン)が初恋の相手で今も好きらしく、
電話して会えるとなると、跳びあがって喜ぶほど。
デート?の最中、腕を組んでもらったら、すごいニコニコだし~。
ユジェはハンギョルの従兄ハンソンの元恋人で
今でも思ってる様子がありありで、それはハンギョルも感じてるみたい。
部屋に寄る?と誘っても、線を引いてるのか断るユジュ。
それならおみやげを取ってくるとハンギョルが部屋に戻ってる間、
待ってたユジュに、バイクに乗ったひったくりが遅い転んでしまい、
血相変えて心配するハンギョル。

追いかけて着いてきてたウンチャンが、バイクの窃盗犯を捕まえたのだけど、顔を見てビックリ!妹・ウンセに言い寄っていたミニョプじゃないのーー。
引ったくりはウンセ授業料の為と聞き、
「オレが手を抜くから、突き飛ばして逃げろ」と言うウンチャン。
その通りしようとしたのに、なぜか逃げないミニョプ^^;
促されてようやく逃げたけど、
一部始終を見て、二人はグルと思い込んでしまったハンギョル。
バイクは壊れてエンジンがかからず困ってるウンギョンに、
「危険手当つきか?白状するなら電話くれ。修理代くらい恵んでやる」と嫌味ったらしくメモを押し込むハンギョルに、「止めて」と諌めるユジュ。
すると「ケガしたんだぞ!」と、ウジュを心配するあまり怒鳴ってしまうハンギョル。

壊れたバイクが最後の給料と言われ、
配達のバイトをクビになってしまったウンギョン。ホント踏んだり蹴ったり

牛乳配達のアルバイト中、
門の向こうにいる「モップちゃん」という犬に、「発声練習しよう」と一緒に吠え、「おかげでスッキリした。最近落ち込んでてさ」と撫でていくウンチャン。
そのモップちゃんの飼い主は、ハンギョルの従兄のハンソン(イ・ソンギュン)で、
「面白い女の子」と笑顔を浮かべていたのでした~。

しかし、元カノのユジュが訪ねてくると表情は一転。
「一月前に帰国したの。会いたかった」と恐る恐る告げるユジュに、
「帰れ。突然去って突然現れる」と冷たい態度。
ん?別れたのはユジュの方からだったのねーー。でも未練が残っている風。
で、ハンソンの方も思いが残ってるから、こんな態度を取ってる気が?

お金を工面するため、新聞と睨めっこのウンチャンに、
「修理代をもらえよ」と言い、少ないけど…とお金をくれた王子コーヒーの店長。
「おじさん、好きだよ」と感謝するウンチャン。
そこに友人から、ワインバーのバイト代理を頼まれ行ったのだけど、
慣れないパンプス&タイトスカートに<歩く姿も四苦八苦。
それなのに酔って動けない客(男)をおんぶして連れ出してすごい!
そのバーにはハンギョルとハンソンもいて、「怪力女」と驚いていたのでした。
顔は見えないから、バイクの…とは気付かないハンギョル。

一方のハンソンは、ハンギョルと別れた後、ウンチャンとバッタリ。
「モップちゃんのお父さん?毛で道路を掃除してる犬の」とウンチャンに、
「ああテリーね」と答えるハンソン。モップちゃんがいいなぁ。
「牛乳娘?テリーの彼女?“アオーンたろ?”」と気付いたハンソンに、
自分が潰してたビニールのプチプチを渡して、
「お金とプライド、どっちが大事ですか?」と聞くウンチャン。
答える前に呼ばれて行ってしまったウンチャンを、笑顔で見てたハンソン。

友人と帰国祝いで飲んでると、「オッパ~」と現れたイェラン。
ハンギョルって酒がダメなんだけど、イェランも友人達もせかすからつい飲んじゃって、潰れてしまったのでした。
実はこれは手で、二人でアツイ夜を過ごす作戦だったらしい
一緒のベッドで目覚め、何かあった素振りを見せるイェランだけど、
ハンギョルには通じませんでした。←ヨシヨシ。

お金とプライド…と散々悩んだあげく、やっぱり金!と電話し
今すぐ来いと言われて、高級ホテルへ向かったウンチャン。
「本当に来た。金の亡者か?」と呆れ、
「男か女か?軍隊行ったか?」と男相手と思って責め口調のハンギョルに、
取り付くシマもなく「まだ…」と答えるウンチャン。
「謝礼金をもらいに来たのは、バイトもクビになり給料ももらえず…」と言うウンチャンに「相棒の年は?」とハンギョル。
つい「高校中退の奴の年なんて」と言っちゃったもんだから益々グルと思われてしまい怒鳴るハンギョル。
「自分だって女遊びしてる!」とウンチャン、「羨ましいだろ」とハンギョル。
グルだと誤解され、男だと誤解され…、頭を抱えるウンチャン。
情けない精神を鍛えようとしたのか、腕立て伏せを命じるハンギョルと、
ワケがわからず避けようとしたウンチャン、
二人はもみ合ってるうちに転んでしまい、
ハンギョルのはだけた胸に抱かれるウンチャンの図・・・。
シャワーから出てきてそれを見たイェランは、「ゲイだったの

また謝礼金の事を言うウンチャンに、
「親が親なら子も子だ」と呆れるハンギョル。
この侮辱の言葉は聞き捨てならず、「謝れ!」と食って掛かり、
部屋を追い出されても「謝れ」と言い続けるウンチャン。そりゃそうだ~。
しかしウンチャンは、しつこいというか粘り強いというか、
母と祖母のセッティングした見合いに行ったハンギョルに着いていき、
ちゃっかり後ろに座り「謝れ…」と言い続けたのでした。
「イカれてる…」と呆れ、お見合い相手の方に気持ちを持って行くハンギョル、
でもそのお見合い相手がまた強烈で、
一人目は質素な暮らしをしたいと言いつつ、マンションと…だし、
二人目は上着を脱いだら脇ボーボーだし、三人目も何だかヘン。
「女って厄介」とブツブツ言いながら用を足してると、「謝って」と言うウンチャン。
男子トイレにまで着いてくるなんて、ビックリ(*_*;
しつこさに呆れながらも、さっき「ゲイ」と言われた事からピーンと来て、
「恋人にならないか?」と持ち掛けるハンギョル。

「コーヒープリンス1号店」他の回はこちらです。

韓国ドラマ コーヒープリンス 1号店 オリジナルサウンドトラックCD

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2008年02月05日 02:00
コヒプリ見始めたんですね!乾パン先生~と同様、男の純情さが伝わるコン・ユの演技にメロメロです!大食い対決カットは時間の関係上かな?でも韓国らしい映像で、むしろカットで良かったような・・・(生理現象の映像をよく取り入れますよね)。
2008年02月06日 11:45
のりさん、こんにちは。
BSジャパンで始まりました~。
今、韓ドラ雑誌の表紙に抜擢されてる売出し中のコン・ユ君、「乾パン先生…」も未見だし、「同じ年の家庭教師」では記憶にないのでほとんどお初なんですが、まだ可愛いとかカッコイイ!と思えてません…。
ジノンもそうだったけど、私は怒る男ってダメらしい。これからハマるでしょうかね~。今の所、少年ウネちゃんが可愛い~と思って見てます。ハンソンの声がやっぱりステキ…とか(笑)
生理現象シーンはかなり多いですね。トイレ詰まりを直すシーンこそカットでよかった気が…。
のり
2008年02月06日 16:48
あっ、pandaさんもですか!私も、全く「同じ歳~」のどこにコン・ユが登場していたんだろうと思い出せず、改めて見てしまいました。敵対する相手の長で、凄く画面に出ている役でした。感心がないと記憶に残ってないんだなと実感しました。私がコヒプリにはまり出したのは後半からです。前半はよくあるコメディかなと思って見てました。ハンソン声には初めからやられてました~!
2008年02月08日 16:03
のりさん、
ドラマや映画で一度見ただけでも強烈に印象に残る人もいるけど、コン・ユ君は私のアンテナに引っ掛からなかったみたい(笑)
・・・いや、この映画自体、あまりノレなくて見たからかもしれません。敵対する相手の長って事は割と重要な役どころだったんですね。

ハンソンの声は、いいですよね!役どころはウジュに対してどうなの?って所もあるけど、何だか許せてしまって^^;
GyaOで「白い巨塔」を第1話だけ配信してたんだけど、彼の声に感激でした~(キム・ミョンミンの声にも)
2008年02月13日 00:02
pandaさん、こんばんわ
始まりましたね^^
ウネちゃんかわいいですが、男には見えません^^;
コン・ユははまれたらいいなあ・・
ハンソンの声いいですね~お初ですが、これから楽しみです。
こちらもよろしくお願いします!
2008年02月13日 22:34
cocoansさん、こんにちは★
少年ウネちゃんがカワユイ~。確かに男に見えないでしょ?!とツッコミたくなりますよね~。
日本のドラマ「花君」では最初に「これはドラマで…」みたいなお断りが入ってたので笑ってしまいましたが、「コヒプリ」もドラマだし~と思って見る事に♪
ハンソンの声、goodでしょ?!ウジュに対する冷たさはナンですが、声がいいのとウンチャンへの笑顔が良いです。コン・ユ君はまだ…。彼にハマれると一層盛り上がると思うので期待してますが~。

この記事へのトラックバック

  • 『コーヒープリンス1号店』第1話

    Excerpt: 韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』一杯目~私、女です!~  BSジャパン(HP) 始まりました。明るくて面白そうです^^  Weblog: ☆韓流よりみち日記 racked: 2008-02-13 00:01