魔王 第19話

サブタイトル・・・「今までの規則をすべて捨てろ」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
※オリジナルと回が異なります。

「テソン…。あなたの名前テソンでしょ?」
スンヒの言葉に呆然のスンハ。
「親の愛も知らずに育ったスンハは、働いて私の目を治してやると中学を辞めて家出したの。それがあんな可哀想な目に。スンハが電話して来た事があった。『友達と一緒にいる。テソンって言って頭が良くてしっかりしたヤツ』と。3年経ってあなたが来た時、スンハと声が違うと思った。でもスンハと信じたかった」
スンヒの言葉に絶句し、なぜ言わなかったのか?と涙声で聞くスンハ。
「目の見えない代わりに人の心が見えるみたい。
あなたは可哀想で優しい子だった。
私に会うたび罪悪感に苦しむあなたに胸が痛んだ」
スンヒの思いに涙が溢れるスンハ。。。
この二人の会話には胸が締め付けられました...(T_T)
やっぱりスンヒは気付いていたのね・・・。
ソンから送られた音声を聞いて泣いてたのは、
弟が死んだ事を突きつけられたからだったのでしょうね。


「スンハの最期は?」と泣いていても気丈に尋ねるスンヒ。
『姉さんを頼む…くれぐれも頼むと』と
最期に残した言葉を告げ「ごめん…姉さん」と嗚咽するスンハ。
「なぜ警察が調べてるか聞かない。スンハとして生きなければならない理由も。スンハがあなたを信じたように私も信じたい。あなたはかわいい弟」
スンヒの言葉に一層涙がこみ上げるスンハ。
復讐に燃えていても、今はスンヒという家族がいるとわかって欲しいなぁ。
自分を信じて、ソンから送られた本物のUBSメモリーをくれたスンヒ。
それを握りしめてたスンハは、一体何を思ったのか・・・。

取調べをしても、ノラリクラリで事実は言わない“アイクチ”。
公衆電話にいた人物が、アイクチからソンの居所を聞き、
ファン・テピル運転手に逐一報告してたと読んでるオス。
カン議員の指示かも?と言うチーム長だけど、
ファンが現場にアイクチが居たと言ったけど、父ならそんな指示はしない。
真犯人が、アイクチとファンに別々に指示していて、アイクチに罪を着せる気。
更にカン議員にも罪を被せるつもりだと言うオスとジェミン。
ファン家の家宅捜索したいオスだけど、容疑者でないから無理なのでした。

ソンから送られた(スンヒは別なものを渡したんだけど)UBSメモリーを透視してもらおうと、ヘインの元を訪ねて来たオス。
ジュンピョの持ってたタロットに足りない“塔”のカードの意味を、
「正位置だと“避けれない災いに見舞われる”
…なぜなら、見ては行けないものを見たから。
逆位置だと“変化の時が来た”…新しい方法を模索しろ」と説明し、
ソンが誰かに送ったのでは?と予測するヘイン。
その頃、“塔”のカードを逆にして見てたスンハ。
コインロッカーから赤い封筒を取り出す、黒手袋の人物。

帰って来たソクジンに、「ヒス兄貴はお前達の関係に気付いてるじゃ?
いや違うか。どこのマヌケがカミさんの浮気を知って黙ってる」と言うスンギ。
でもヒスは黙ってるよねぇーー。なぜなのか不明だけどマヌケでは無さそう。
ヒスに灯台もと暗しと言ったとシャーシャーと答えるスンギに、
怒りがこみ上げ拳を握り締めるソクジンだけど、殴る事は留めて
「お前の望みをかなえる方法を見つけてやる」と答えました。
スンギの言う事を聞くより、消そうと考えるような?

その頃、ソクジンと妻が抱き合う写真を眺めてたヒス。
そこに誰かからの電話で「奥様はスンギに脅迫されてる」と聞きました。
不倫を知って黙ってるのは、ソクジンと妻を苦しめるため?

スンヒからオスが受け取ったメモリーを透視したヘイン。
「“テソンは遠くへ行った”と。でも生きてる時はそいつがテソンだった」
爺さんの声がするだけで、残像は何も見えません(スンヒは盲目だからね)
オスに電話して「何度も“テソン”という名前が出て来た」と知らせました。

携帯電話の指紋を拭き取り、ゴミ箱に捨てるスンハ。
いつか机から出してた、黒幕用の電話かな?

翌日は、ソラを牧場のファンさんの所へ連れて行く日でした。
ヘイン母とお別れしてるソラを、陰からニコニコして見ていて
「ありがとうソラ」と語りかけるヨンチョル。
スンハの運転でヘインとソラが後ろの座席、
ルームミラーに映るヘインに、つい目が行くスンハ♪
ヘインも視線に気付いたのか目が合い、お互い意識してる様子~。
そうそう、牧場にテソンの写真があるのよねーー。ヘインが見つけるのかな?

“アイクチ”の事故の日の通話記録を調べた結果を電話して来たミンジェ。
(オスは一人でファン運転手の自宅前で張り込み中)
何度もキョン社長と連絡取っていた事が判明し、
更にイ・ポンギュ(ジュンピョのブログ開設に名前を使われた男)名義の携帯からもかかっていると分かり、まるで捜査陣をあざ笑うかのよう。。。
夕べスンハが捨てた携帯は、コレね。
「ファンの家を捜索できれば…」と焦りが大きくなるオス。

「チョン・テソンは死んだ人間」と、ヘインが透視して聞こえたと、
「死者が相手では」と言ったジュンピョの言葉が重なり、
ジュンピョがたどり着いた真犯人は、死んだはずのテソンと気付いたオス。
グァンドゥに遺体確認の経緯を聞くと、入れ替わってもおかしくない状況だし。

すると郵便受けに鍵を入れて、出かけたファン運転手。
焦りから悪魔の囁きが聞こえてしまったのか、
その鍵で中に入って、勝手に捜索してしまったオス。
オイオイ、絶対に罠だよーーーー
壁に“死を呼ぶセミナー”の記事が貼ってあり、
机を開けると、チョ・ドンソプと同じく、匿名の人物からの大量の手紙が。
手紙の最後の文句も同じで、
“神は運命を予言しますが、人は運命を帰る”と記されていて、
まさか…?と思ったところで、ファン運転手に殴られ気絶したオス。

牧場に到着したスンハたち。
ヘインを見て、「いつの間にこんな可愛い子が。女性は初めてだ」と、からかいながらも目を細めるスンハの兄貴分と奥さん。
この兄貴分もファンさんだけど、ただ同じなだけのかな?
ファン兄さんと書きたいけど、運転手混同するので【兄貴分】と表記します。

ソラと姪のハヌルにせがまれて、手を引かれたスンハがいなくなると、
「あいつのあんな笑顔は初めてみた。
10年くらいの付き合いだけど、何を考えているのか分からない事もある。
私達はスンハに救われたんです。じゃないと今頃は水商売」と笑い、
「スンハをよろしく。いつも寂しそうで、
あなたに会ってホッとしました」とヘインに話す兄貴分。

スンハがヘインを探して山の中へ行くと。水仙を埋めていました。
「冬を越して来年の春には咲きます」と無邪気に話すヘインに、
「来年の春…」と俯くスンハ。
まさか全てが終わったに命を絶つつもり?それとも姿を消そうと?
この水仙はオスからもらったもので、スンハとオスは似ていると話すヘイン。
「どこがです?」と戸惑うスンハ、
「思ってることを言葉にするのが下手。心が温かいところ。
きっと二人は友達になれますよ」とヘイン。
その言葉に複雑そうなスンハ。きっとヘインの言う通りだろうし、
死んだテフンとオスだって多分・・・。

牧場に戻る途中、にわか雨が降り出して来ました。
小屋で雨宿りする二人は、12年前と同じ・・・。
あの時のヘインと同じように、雨粒に掌をかざすスンハ、
同時にヘインも…で微笑み合う二人。
雨はすぐに止んでしまい、「もっと降っていればいいのに」と呟くヘイン。
もっとスンハとこうして居たかったのかな~?

病院で目覚め、「ファン?あいつがワザと撥ねた」と飛び起きるオスに、
「ファンにつき出されたんだ。人権侵害で訴えると言ってる」とミンジェ。
署内でも、ソンが書いた記事が出回ったせいで、
オスの立場はかなり危うい状況だったのに、こんな事にーーー。
廊下ではファンに頭を下げ続けてるチーム長がいました。
ファンの元へ行き「あなたは利用されたんです。
捏造記事でソンを恨む気持ちはわかりますが、あなたがやった事は罪です。
ソンが死んだら恨みが晴れますか?幸いまだソンは生きています。
今からでも自首を…」と訴えるオス。
オスの立場を考えたのでしょう、オスをビンタして止めたチーム長。

そのまま帰ったファン運転手だけど、
オスの言葉はまさしく図星、胸に突き刺さったようで、
自分がしてしまった重大な事に、ようやく気付いたようでした。

走り過ぎた行動を謝るオスに、「痛かったか?殴って悪かった」と肩をポンと叩くチーム長。わかってるよ…と言ってるようだわ。

キョンの手下のアイクチが逮捕された事で、勝手に動いたと咎めるカン議員に、
「偶然です。アイクチは誰かの指示で動いたようだ」とシラを切るキョン。
そして、公衆電話からソンがかけた相手を報告しようしたけど、「オ・スンハ」の名に目が留まって驚き、後で掛け直すと電話を切りました。
すぐにスンハの兄貴分に電話し、彼の弟の弁護士と確認。
兄貴分にとってキョンは、あまり嬉しくない相手のような。

グァンドゥに会いに行き、テフンの弟・テソンが事故に遭った時、
一緒にいた人がいなかったか?と聞き、
死んだのは別人で、テソンは生きてるのでは?
ヘインの透視で、スーパーの爺さんからソンは話を聞いたようだった」とオス。
しかし、その爺さんは、まだ入院中、
話が出来るようになったら、グァンドゥに連絡が来ると言うので、
「その時は僕も…」と言いかけ、ファンに殴られた頭が痛むオス。

12年前、、、
事件の後、テフンの家へ行ったけどドアをノック出来なかったオス。
迷ってると足音がして隠れると、憔悴し切ったテフンの母親と寄り添う弟が。
家に入ったので、今後こそノックしようとするのだけど、
やっぱりその勇気がなくて、そのまま崩れ落ちて泣いていたオス。

カン議員にソンの公衆電話からの通話記録を見せるキョン。
「オ・スンハ弁護士?」と驚き、その人物を洗いざらい調べろと命じたカン議員。
クォン弁護士殺害犯の弁護士だから?
というより、この名前に引っ掛かりがありそうな雰囲気。


家まで送ってくれたスンハに、
「そうやって笑ってください。お兄さん心配してました」とヘイン。
家に入ろうとするヘインの腕をつかむスンハ、
驚いて振り向くヘインだけど、驚いたのはスンハの方もで、
無意識にしてしまった自分の行動に戸惑っていたようでした。
別れた後も、その場で佇んでヘインを掴んだ自分の手を撫でていたスンハ。
そしてヘインの方も、スンハが触れた腕を何度もさすっていたのでした。

相変わらず真実を語らないアイクチに、
「殺人未遂に逃亡、殺人共謀、前科があるから15年は…」と脅すチーム長。
すると、ようやく口を開いたようです。

「“おでこ”の支配人から、お前の事を聞かれた」と
牧場の兄貴から電話が来て、顔が険しくなるスンハ。
キョンが気付くって想定外だったのかしら?

「魔王」他の回はこちらです。

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.21 (MOOK21)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック