海神(ヘシン) 第37話

サブタイトル・・・「海戦の果て」
☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレです)☆
画像
埠頭で兵達を殺して逃げたベッキョンたち。
県舎を襲って武器を手に入れようとしたけど、ボゴら護衛武士たちに阻まれ、何も取らずに逃げるはめに。
取り残された海賊を捕らえ、ヨンムンとの待ち合わせの海岸を聞き出し、
待ち伏せしていたボゴたち。

清海へ向かう船上で頭を過ぎるのは、無残に殺されたイ大人の姿。
更に憎しみが燃え滾っていたのでした。
ボコたちが上げた火矢をベッキョンからの合図と思い込み
上陸したヨンムンたちに、一斉に火矢を射る護衛武士たち。
海岸で戦ったものの、罠に嵌った側は当然不利で逃げたヨンムン。
隠れ家の船に戻り酒を飲んでも、悔しさが沸いてきて、
酒ビンを投げつけて、ワナワナと震えていたのでした。

部下は50人が死に、数十人が逃亡、頭領会議を開こうにも集まる頭領がいなく、偵察船もうろついているし背水の陣のヨンムン。
その夜、ヨンムンを殺しに忍び込んできた賊が。
捕まえるとかつての手下の頭領でした。
「大行首様の首を持って投降すれば、身を守れる」と言うので
皆の前で見せしめにそいつを殺し、「投降したい奴は出ろ」と脅すヨンムン。

海賊達が使ってた矢じりの模様を見て、武珍州の官軍が使うものだから誰かが横流ししたのだろうと言うムチャンに、
そうするのはジャミ夫人しかいないから、証拠を掴むために入手経路を調べようとした矢先、
ボゴを召喚しろと都督の命令が。

都督のキム・ヤンの用件は、海賊討伐はこっちの仕事だから手を引けと。
「西南の潮は気まぐれ。チャン行頭は潮流を誰よりも把握して適任です」と言うムチャンに、「清海も管轄だ」と怒鳴る都督の部下。
その場を宥めるように、手伝う事は?と聞く都督に、
海賊が使ってた矢じりを見せて、ジャミ夫人は海賊と内通してます。
これを渡したものを掴めば、夫人の罪を明かせます」とボゴ。
ボゴが帰ると「奴婢のくせに生意気。奴に海賊撲滅の功労を与えず都督がやるべき」と言う部下に、何か思惑ありげなキム・ヤン。

都督に会いに来たジャミ夫人と顔を合わせ、
「海賊と内通した軍官を探すように頼んだ」と告げるボゴ。
何でワザワザ言っちゃうのーーー^^;
一瞬動揺しながらも、ヨンムンを捕らえたのか尋ねるジャミ夫人。
「まだですが、捕らえたら内通してる者がわかるでしょう」と挑戦的なボゴ。

ジャミ夫人からの就任祝いの金を渡されても、
突っぱねて例の矢じりを見せるキム・ヤン。
もちろんシラを切るジャミ夫人に、「調べに行くからお帰りください」と。
このキム・ヤンって人はジャミ夫人に抵抗してくれる?と期待大。
ただ、ボゴへの態度がどうも引っ掛かるけど。。。


自分の配下にする条件に、ヨンムンに会えと命じるジャミ夫人に、
ヨンムンに会ったら殺されると頼みこむチュンダルだけど、
夫人に命を捧げると言った手前、聞くしかありません。

都督から降ろされ、ジャミ夫人の後ろ盾もなくし、泣きつくチョンファ兄に
「私的に登用しない。権力に対する欲を捨てないなら二度と会わぬ」と、キッパリと断るキム・ウジン。
兄の非礼を詫び「兄は家を再興するという思いに囚われていた。
権力への執着も暗かった過去のせいです」と庇うチョンファ。
そう…、チョンファ兄も海賊に運命を狂わされた一人、
何とか目を覚まして立ち直って欲しいなぁ。
キム・ウジンが「兄のねじれた欲を直してやる」と言ってくれたから期待するわ。


ヨンムンたちが隠れる本陣に忍び込んだチュンダルを見つけ、
「首を斬れ」と怒るチャン行首を止めるヨンムン。
ヨンムンはお前を殺さないとジャミ夫人の言った通りだわ。
チュンダルが持って来たジャミ夫人の手紙には、会いたいと書いてあり、
悩みつつも「戦力補強の為に夫人を信じるしかない」と向かったヨンムン。
しかし待ち合わせ場所にいたのは、校尉のみ。
怪しいと気付いて剣を向けるけど、大勢の私兵達に囲まれていました。
成す術がなく囚われて屋敷に連れて行かれたヨンムンとチャン行首。
ヨンムンの姿を見て「こんな風に縁を終わらせるのは惜しいけど、自分が招いたことだから恨まないで」と治所に連れて行ったジャミ夫人。

贈りものを持って来たと言うジャミ夫人に、
「何が欲しい」と自虐的な笑いを浮かべるキム・ヤン。
「都督の心です。私を突けば皇都が大騒ぎになります。海賊討伐の手柄を奴婢のチャン・ボゴに渡せません」とヨンムンを見せるジャミ夫人。
手柄になれば陛下も一目置くだろうから、
もうジャミ夫人への警戒を解いてもよいのでは?と言う部下。

しかしすべてはジャミ夫人の計略だったのでした!
皇都に送られるヨンムンを助けるために、
兵達に襲いかかるジャミ夫人の私兵と校尉。
助けようと潜んでたベッキョンは、何で俺の他にいるんだ?って感じ。
都督の心を掴み、矢じりの件は探られない、
ヨンムンから信頼されたままと、また上手い事考えたもんだわ。
助け出されたヨンムンに、武器と食料の支援を約束し、
「必ずチャン・ボゴを殺しなさい」とジャミ夫人。

ヨンムンが逃走したと聞き、ジャミ夫人の屋敷にやって来たキム・ヤン。
今度は前にお返しって感じで、居留守を使って待たせるジャミ夫人。
しかし怒りもせず「少し待てば会うはず」とニヤリというキム・ヤンは、
すべてがジャミ夫人の計画だったと気付いてるみたいでした。
「逃げられるなんて!」とお芝居してねジャミ夫人に、
「大きな借りを作った。今度お返しする」と答えるキム・ヤン。
これで縁を結べた…とほくそ笑むジャミ夫人。
キム・ヤンは本気でジャミ夫人と手を組む事に? 

皇都から戻り、「都の権力家はみなジャミ夫人の後援を受けている。新任都督キム・ヤンとはは皇都一の権勢家になる人。仲良くした方がいい」と言うチョ大人。
しかし、その都督からの手紙が着くと、
「武器の横流しの犯人はわからないし、証拠がないからジャミ夫人を疑うな」と書かれていて、ホントにチョ大人の言うような人物なのか計りかね、
「ジャミ夫人と手を組むものと同じ船には乗れません」とボゴ。

ヨンムンを見つけたという報せに、龍錦島へ向かって潜入したボゴ。
丁度兵達の特訓をしていたヨンムン、その様子は暴れ馬のようで平常心からは程遠く、「これではチャン・ボゴに殺される。それなら俺が殺す」と言う始末。

一旦清海に戻って作戦を練り、
「沙堂島海岸での仕返しをする。陸上戦だと逃げ場を与える。
奴らをおびき寄せ、船上でケリをつける」と言うボゴ。

偵察船が来たと聞き、「船上で戦う」と追跡するヨンムン。
着いてくる船を泗川島へおびき寄せるように、スピードを上げさせるボゴ。

罠とも知らず、ムキになって後を追い続けるヨンムン。
途中で見失ってしまったのに、ずーーっと追跡を続け、
夜になり奇襲攻撃を受けてしまったのでした。
慌てて退却を命じるヨンムンだけど、飛んでくる火矢には叶いません。
アッという間に近づき、ヨンムンの船に乗り込む護衛武士たち。

剣で応酬するものの、ムチャンに囚われたチャン行首(←悪縁ね)
ベッキョンも捕まり、後は一対一で戦ってるボゴとヨンムン。
いつもながらこの二人の殺陣は見ごたえあるわーー
・・・と言ってる場合ではなく、
すごい形相で立ち向かってたヨンムンだったけど、やはりボゴの方が一枚上。
倒れこヨンムンに、剣を突き付けるボゴ。

「海神」-チャン・ボゴ-他の回はこちらです。

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3
海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック