韓国ドラマ『オーバー・ザ・レインボー』 第3話&第4話

画像新曲MVの相手をレックス直々に指名された事で驚くヒス。
驚いたのはヒョクジュもだけど、レックスには「あいつ頑張ってたから」とちゃんとお礼を。
すると「彼女覚えてないフリをした。すぐ落ちる女は興味はない」と言うレックスに、不安が過ぎるのでした。

こんな事で選ばれたくないと、せっかくの推薦を断るヒスに、
「レックスの言ってる意味がわかった」と笑い飛ばし、
「それならまずレックスのダンスパートナーがいいか?」と社長。
その言葉にニッコリと頷くヒス。コネではなく実力で掴みたいのかな?
それとも何か考えがあるのかしら?

レックスとのダンスの振り付けは、「大胆かつセクシーで」と言うヒスに、
顔が強張るヒョクジュ。
「仕事だから」と笑うヒスに、ヒョクジュも笑うけど内心穏やかじゃないでしょう。
だからなのか練習中に「淡白すぎ」とレックスにダメ出しされちゃって、
「それじゃうこうでは?」とヒスがやるダンスは、かなりセクシーで
後ろで見てるヒョクジュはヤキモキ。

本番の日、ドキドキしてるヒスを励まして、
ヒスにリクエストされた水を買いに行ったヒョクジュ。
その間にレックスに呼ばれて、テレビのインタビューを受けるヒス。
戻って来たヒョクジュは、段々と遠くなるヒスの姿に寂しそう。。。
それにヒスったら、さっきはジュースは飲まないって言ったのに、
レックスから差し出されると、嬉しそうに飲んでるし~^^;←まあ断れないよね。

リハの最中に踊りながら「社長に印象づけるためにビデオを断ったな?
社長が見てる。今回しくじったら君は終わり」とチクリのレックス。
その言葉に動揺したのか、それとも本番に弱いのか、
大失敗して何度やり直しても踊れないヒス。

それにしてもヒョクジュ君、ヒスばっかり見すぎだってばーー

声をかけてくれるヒョクジュに、八つ当たり気味のヒス。
それでもニッコリと微笑む優しいヒョクジュなんだけど、
このままでは終われないヒスは、レックスに協力して欲しいと電話を・・・。

もう一人の主役マ・サンミ(ソ・ジヘ)
市場で働く元気もので、テレビでレックスが流れると飛びつきほどのファン。
踊ってるヒスを見て「キレイ」とうっとりしながらも
「悩みがあるのかしら?」と鋭い一面も。
友人とクラブへ行ってもヘンテコな踊りしか出来ない垢抜けないサンミ。

そのクラブにレックスが現れて、みんな大騒ぎ!
VIP席に通されるレックスや社長、
しかしダンサーのヒョクジュたちはSPに止められてしまったのでした。
それなのに堂々とその席に通されるヒス。ヒョクジュを素通りしてーー。
ヒスにとっては、ヒョクジュより有名になりたい気持ちが強いのかな~

社長や客が見てる前で、レックス相手にセクシーなダンスを踊るヒス。
ダンサーを変えようとしてた社長も、「このままでいい」と言い作戦は成功。
その後も…って感じでクラブを出た二人だったけど、
外で待ってたヒョクジュに気付くと、「帰る」い言い出すヒス。
レックスにしてみたら、それはないだろーーでしょう。
ヒスを掴まえて、「俺を利用したな。仕事というのは…」と怒るレックス。
そりレックスを殴りつけるヒョクジュ。これはレックスがトバッチリだわ^^;

ヒョクジュに手を引かれて帰りながらも、振り返ってレックスを見てるヒス。
心が揺れてるみたいな・・・。
怒りのままアクセルを踏んでバックしたら、
後ろにいたサンミにぶつけてケガさせてしまったレックス。
イタタ…と言いつつ、降りて来たレックスにビックリのサンミ。

数年前、まだ太った頃のサンミ。
ガン闘病中の父を見舞いに来たレックスを好きになったらしい。
というのも患者を見舞う企画が終わってカメラが回ってないのに、
サンミの手を握って励ましてくれたから・・・。そんな優しさに惚れたのでした。
さんなサンミは、レックスと関っただけでも嬉しいのに、
事故を隠す見返りに金を踏んだくれると、ソロバンを弾いてます^^;

待ってる間、ゴミ箱を蹴飛ばしちゃって片付けてたサンミ。
その姿を見て、何かを探ってると思いこみ、一方的に「金か?」と言うレックス。
常務から「金で解決」と言われてたし、先入感もあったのでしょうね。
前に会った事を覚えてない上に、
読まずに捨てられた無いファンレターを見つけ、ショックなサンミ。
事務所の後輩の子がレックスに親しげに「先輩」と言うのを見て、
「望みを聞いてくれますか?ここの練習生にしてください」とサンミ。

仕方なくサンミの望みを聞いてくれた社長。
物になりそうはなくなも、評価で落とせるからいいってワケでした。
「警告は2回目だ。あと一回で3年の契約延長」と社長に釘を刺され、

サンミって素直に気持ちで言ったのかな?と思いきや、
「威張ってたからカッとなった。困らせてやる」と怖い事も。

レックスを怒らせた事で、ニュージーランドでの撮影に同行出来ないかも…と言ってたヒスのために、わざわざ頼みに行くヒョクジュ。←健気。
「公私は区別出来る。来週出発と言え。
それと彼氏のいる女には手を出さない主義」と答えるレックス。
そう言いつつもヒスに惹かれてるのか、背を向けると悲しげな表情にも見えます。

レックスたちが撮影に行ってる間ヒマなので、
サンミにダンスを教えるように言われたヒョクジュ。
「あの時のマッコリの」と指差すサンミ。そのシーンはカットだったのね
「すぐ辞めるように厳しく」とこっそりヒョクジュに告げる常務。ヾ( ̄ー ̄;ォィォィ

その言葉どおりに、かなり厳しいレッスンをさせるヒョクジュ。
常務の言いつけもあるけど、車に引かれた代償に「歌手になりたい」と言うサンミが、中々なれないヒスを思うと憎憎しいようです。
バイト出来ない分給料が減り、それでも辛いレッスンに耐えるのは、
「無視されたのよ!」という粉々になったプライドのよう。

MVの撮影に旅立つ日、空港までヒスを送ったヒョクジュ。
「大変な時も寂しくなって会いたくなった時も、電話するんだぞ」
そんなヒョクジュの言葉に笑い、ケガした手を握るヒス。
しかし、レックスたち撮影隊が到着すると、バレないように離れるヒス。
寂しそうな表情になるヒョクジュに振り向いて笑顔を見せるヒス。
今度はそんなヒスを見て複雑そうなレックス。
二人共ヒスに・・・という形勢に。。。

ニュージーランドに着いて知り合いに電話し、父が脳卒中で倒れたと聞き、
カメラの都合で2時間の開き時間が出来たので、駆けつけたヒス。
そこにいたのは、杖をついて痛々しい姿の父。
ヒスが帰って来たと思って喜ぶ父と、泣いて抱き合うヒス。
しかし、帰って来たんじゃなくて、MVの撮影に来ただけと知ると、
「母親と同じ」と絶望して背を向けてしまった父。。。
帰りのタクシーで、涙が止まらないヒス。

思ったよりカメラが早く直って撮影が開始されたけど、ヒスがいない…。
気を利かせて、自分が具合が悪いと言って中断するようにしてくれたレックス。
戻って来てお礼を言うヒスには「何の話?」ととぼけてたけど~。
撮影が開始され、バイクのシーンでそのまま街中へ出て行き
後ろに乗ってるヒスに「気分転換しろ」とレックス。優しいのね♪

絶壁を覗きこむヒスに、「人間は生まれた時から寂しいんだ。誰かと一緒にいても独りぼっち。慰めにならない」と告げるレックスは、寂しい人なのね。
バンジージャンプ、街中でのデート、海辺、そしてキスシーン・・・って、どこまで行くんだ?!と思ったら、MVだったのね(^_^;)
そる夜のパーティで、ヒョクジュと電話してても耳に入らず、
レックスの姿を目で追ってしまうヒス。

なぜか、ヒョクジュらメンバーたちのたまり場に、チャプチェを作りに来てたサンミ。
メンバーたちは大喜びだけど、「汚い爪。食欲が失せる」と冷たいヒョクジュ。

父の事が気になって、2~3日滞在する事にしたヒス。
すると、帰ったはずのレックスが地図を広げてる・・・。
帰ったと見せかけて観光するそうで、常務とキャンピングカーを借りてました。
二人にガイドを買って出るヒス。

「いるのはいいけど、問題を起こさないでくれ」と釘を刺す常務。
ヘリを使って(豪華)…、どこ( ̄ー ̄?).....??アレ?? 
キングスキャニオン?かどこか雪の絶壁で叫んだり、
歌い方によって、色々に聞こえるという“故郷の春”を聞かせてくれるレックス。
演歌バージョンには大笑いし、バラード調には泣きそうになってしまうヒス。
「警告したろ?俺に惚れるなって」
「まだまだね」そう言いながらも、いつもと違うレックスの表情を見て、
益々惹かれてるようなヒス。

車でシートベルトをしてくれようとするヒスを止め、
「悪夢を見た事あるか?」とレックス。
水に落ちた車の中で、身動き出来ない・・・これがクールなレックスの過去?
ショッピングを楽しむ笑顔のレックスを、思わず写真に収めるヒス。
「帰ったら写真は没収」と常務に言われちゃったけど。
二人で仲良く見てると、韓国人観光客たちが来たので、
思わず顔を隠すレックスと、ヒスの肩を抱いて連れて行く常務。

父が怪しい男(「天国の階段」テファ&ユリの父)に騙されてるのに、
歌わせてもらえるなら…と、父は信じ切ってるし、
ヒスに電話しても通じないし、イライラが募ってるところに、
海苔巻きを食べてとしつこいサンミ。
「歌もダメ、ダンスもダメなのに歌手?お前みたいなヤツを見るとヘドが出る。ここから出ていけ」と声を荒げてしまうヒョクジュ。
「私には才能はないわ。でもカワイイ服着て輝いてる子たちを見ちゃったの。
他の人に出来て、私はダメ?なぜ私は市場でミジメに生きないとダメなの?人間は平等でしょ?。この爪の垢、毎日ゴボウを切ったら洗っても落ちないのよ」
そう言ってオイオイと泣き出すサンミに、ヒョクジュも心を打たれたのでした。

ここまでサンミのキャラがうるさくて苦手だったけど、私もウルッと来ました。
意外といい子なのかしら?と思えてきたわ~。

最後の夜、ワインを飲みながら、ちょっといい雰囲気のヒスとレックス。
ふと立ち上がり、「この国だけに住むキーウィかと。でも見間違い。ほとんどいないから。鳥として生まれたのに翼がなくて一生飛べないの」
まるで父の元から離れられなかったヒスのよう。
そして自由のないレックスも、自分と重なったのかも。
ヒスの肩を抱き、唇を近づけるレックス、目を閉じるヒス。
「電話が鳴ってるぞ」と苦笑いを浮かべ、離れてしまったレックス。
慌てて電話に出て、相手のヒョクジュに何事もなかったように答えるヒス。

「オーバー・ザ・レインボー」他の回はこちらです。

オーバー・ザ・レインボー DVD-BOX 9枚組
オーバー・ザ・レインボー DVD-BOX 9枚組

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月23日 22:34
pandaさんこちらも

>それにしてもヒョクジュ君、ヒスばっかり見すぎだってばーー
ほんと、何も手につかないヒョクジュでしたね。怒られるかとヒヤヒヤでした。
サンミのゴボウの話はリアルでしたね。私もサンミ誤解していたかも。見直してきました。
サンミ、だいぶ昔と違うので整形かと思っていたんですが違うようですね。
社長さんが出てきて見る気UPしました、最近アジョシに目がいくかも・・
2007年09月25日 22:40
cocoansさん♪
ヒョクジュったら、目線がヒスだし表情も…でプロとしてはダメよね~。ホント叱られるかと思ったわよね^^;今思えば、第6話の出来事もプロ意識がなかったから?と思えてきました(cocoansさんはもう見たかしら?)

サンミは、ああいう馴れ馴れしいキャラって苦手…と思ってたら、ゴボウの話でウルッと来ました。リアルでしたよね。整形じゃなくて痩せたようですね。そういや前に朝鮮日報で、特殊メイクシリーズでサンミのも見た事ありました!

>社長さんが出てきて見る気UPしました、最近アジョシに目がいくかも・・
ウケてしまった~!アジョシに目が行くのは「復活効果」かしらん?
この社長さん、「バリ出来」ではちょいワル、「ガラスの華」ではいい人で、今回はどっちなのか掴めません(>_<)芸能プロってあんな感じなのかしらね~。

この記事へのトラックバック

  • 「オーバーザレインボー」第2~4話

    Excerpt: 韓国ドラマ「オーバー・ザ・レインボー」第2~4話 BS日テレまだよく分からないので見てみました。「ダウンロードしないでCDを買って!」とは社長の言葉。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-09-23 22:36