スマイルアゲイン 最終回(第20話)

サブタイトル・・・「もう一度、笑顔を」
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
会社に来てたのはユン会長目当て?と気付き、父のいるクラブに向かうユガン。
父の携帯が鳴り「計画通り進めろ。痛ぶるだけでいい」と指示するのを聞き、
「ハジンに何かするつもり?」と問い詰めると、
「消される男だから未練は捨てろ」と憎憎しく笑うユガン父。
どういう事かと声を荒げるユガンに、「教えてもいいが、タダでは教えない」としたたか。

ハジンの目の前で、バスに乗ろうとしたダンヒを、バイクがひき逃げし、
これがさっきのユガン父の「痛ぶる」って指示。全く酷い奴・・・
幸い打撲で済んだものの、病院で眠りながら「ママ…」と子供のように呼ぶダンヒを見て、サラに電話する事にしたハジン。

飛んで来たサラを病室から引きずり出すパパ。
「娘に会いに来たの。ダンヒの顔だけ見たら帰る。
あなたに許してもらわなくても、ダンヒに許しを請う」と懇願するサラに、
「君は3歳の娘を捨てて逃げた。自分だけ幸せになる為に」と厳しいパパ。

二人の話を立ち聞きしてしまったダンヒ。ママが生きていて嬉しい事より、
パパが心配してたように自分を捨てた…という思いが強いみたいで、
呆然と歩いて来るダンヒの姿に、すべてを悟り優しく抱きしめるハジン。
「どうすればいいの?」
「自分の心に従えばいい。誰も責めたりしない。
ただ許せないだろうけど、先生は自分の罪を背負って生きて来たんだ」
孤児のハジンにしてみれば、母親を恨んで欲しくない気持ちが強いだろうね。
その言葉に、母親への憎しみは解けて煎ったうに涙が流れるダンヒ。

翌日もダンヒの病室に向かうけどノック出来ないサラ。
帰ろうとすると廊下に立ってたダンヒを見て、みるみる涙が溢れ・・・。
病院の庭に場所を移し、ケガは大したケガではなかった事を告げ、
「私の母は3歳で亡くなり、記憶や思い出がありません。
父はいつも、母は綺麗で優しかったと話してました。
そんな母親を与えたかったのかも。今はそれで良かったと思ってる。
母が再び現れたら父が苦しむだろうから、父が苦しむのを見たくない。
先生も娘さんをお捜しですね?娘さんが私と同じ気持ちなら、
このまま流れるままに、そっとして置いてと思うはず。
母を恨んだ事など一度もありません。
ずっと胸を痛めて生きて来ただろうから、きっと許されると思います」とダンヒ。
自分がしてしまった罪への後悔と、優しい娘の言葉に涙が止まらないサラ。
そんな母をそっと抱きしめるダンヒ。
母と子と名乗り合えなくても、今はこれで良かった気がします。。。

サラの欠勤の理由が「娘が事故に遭った」と聞き、父絡みと気付き、
「ハジンに手を出さないで。お金なら好きなだけやる。
会長より価格の額を」と父に取引を持ち掛けるユガン。

新しい香水の処方せんを盗もうと、
夜中に会社に忍び込びんだユガン。
CDに焼いたところで、偶然会社に来たハジンに見つかり、
自分は元々こういう人間と悪女ぶるユガン。
「もっと前を向いて生きろ。道を踏み外したら後戻り出来ない」と諭すハジン。
「ユン会長があなたを殺すかも。ダンヒの事故だってあいつらの仕業。
だから私が止めるの!」と事実を告げたユガン。
私てっきり、父へ渡す金の為にデータを盗もうとしたのかと…^^;
ユン会長を破滅させれば、父の思うようにならないという筋書きだったのね。

自分のせい(…ではないんだけどもね)でケガしてしまったダンヒ。
その手を握りながらも、何かを思い詰めたハジンの様子に、
「最近のアンタが心配。辛抱出来るならそうして」とダンヒ。
涙を堪えて頷くハジン。

ユン会長の元へ行き、すごい剣幕で怒りをぶつけるハジン。
「何一つ持たずに生きる事は大変不幸だ。そんな僕に出来たのは、自分を不幸にした金持ちから裕福な生活を奪う事だった。
“許す”という言葉は簡単に出ないし、そう言える身分でもないが、忘れる事は出来る。だから会長も僕の事を忘れてください」

ダンヒを泣かせないためにも、自分自身の忌まわしい思いと決別するためにも、母の仇を取るよりも、こういう選択をしたのね。。。
そしてチェ・ガンドゥには、自分で決着をつけようと。
それなのに、ユン会長と来たら・・・

一緒に飲みながら、「ダンヒをハジンの傍に」と言われ、怪訝そうなジェミョン。
「私達が彼に許してもらえる唯一の道なんです。あなたは知らないといけないのです。パン・ハジンという子がたった一人の母親を失った話を…」
そう言って、ユン会長の秘密を語ったユガン。

父の元へ行き辞表を叩きつけるジェミョン。
「育った環境が当たり前と思ってた。でも誰かの犠牲で得たなんて間違えてる。
父さんの子として、会長の息子として生きる事を恥かしく思います。
目を背け続けるのは愚かな自尊心です。父さんは間違ってます。
僕も父さんの血のせいでハジンに悪意を抱いたけど、後悔してます。
ハジンも母親が生きていたら、ああはならなかったはず」
ジェミョンの言葉に目が覚めたように、涙が溢れてくるユン会長だけど、
時既に遅し・・・。チェ・ガンドゥにハジンを葬るように依頼してたのでした。

一人でカタをつけに行ったハジン、しかしチェ・ガンドゥの手下にボコボコにされ、頭を過ぎるのはダンヒの屈託のない笑顔。
もう危ない…ってところで、ジェミョンと警察が来て病院へ運ばれたのでした。
ストレッチャーに乗せられてるハジンの手を、泣きながら握ってるダンヒ。
その光景は、幼い頃に事故に遭った母の手を握った自分のよう。
あの時は、ダラリと力尽きてしまった母の手に泣いたハジン、
今日は泣いてるダンヒに、大丈夫…と言うように手を延ばして手術室へ。

ユン会長はどうなったのか知らないけど、ジェミョン兄が会長となり、
辞表を叩きつけたはずのジェミョンも、まだここに?
この仕事で調香師を辞めると言ってたサラ先生は、
ずっと仕事を続けてるようで、ユガンと共に海外に出張したり精力的に活動中。

全国女子ソフトボール大会で、ダンヒのチームは見事優勝。
ジェミョン君も久々の笑顔を見せて応援♪
ダンヒパパのあの応援も何だか懐かしい。
それにしても、あのおっとりの子(名前失念)、簡単そうなフライがグローブに入って、素人じゃあるまいし、そんなに大喜びしなくても・・・^^;
ダンヒには韓国代表選抜チームのテストを受けないか?と
スカウトから声がかかり、順風満帆ってカンジ。

マウンドに立ち、ハジンからのもらったネックレスを握りしめ、
「こんな日にいないなんて」とハジンに語り掛けるダンヒ。
「俺の事を考えてたのか?」とちょっとキザに登場し、抱きしめるハジン。
ハジンもサラたちと海外へ行ってたらしい(私、一瞬幻?と疑ったわ
世界にたった一つしかないダンヒの為に作った香水をプレゼントし、
「まだ言ってなかったな。愛してる…」と抱きしめるハジン。


最後、何だか色々と詰め込んだ最終回だったけど、
少し雑に終わった印象が残りました。
ジェミョン父やチェ・ガンドゥはどうなったのか?とか、
ハジンとジョミョンが、心が通じ合うようなシーンがあればなぁ…とか。。。
(たとえ言葉は交わさなくても)
そうそう、なぜハジンを痛ぶるようにボコボコにしたのかよく分からず。
抹殺しようとしてたなら、一気にとどめを刺すんじゃ?と思うのだけど。
父の罪を隠して成り立ってた自分達のセレブな生活を嘆いてたジェミョンだけど、
兄が会社を継いで、ジェミョンも会社に?ここもイマイチ消化不良。
ジェミョンだったら会社を離れて、自分の足で歩くんじゃ?と思ったんだけどねぇ。

やはり前半の大学で金をくすねたり、ジェミョンを陥れたりした時は、
かなりドン引きでした。(特に臓器売買詐欺。これはイカンでしょ)
後から思えば、ジェミョンの場合は父の罪の因縁だと思えるし、
上流社会を憎んでたハジンは、もしかすると「ひき逃げ犯は高級車に乗ってた」程度の情報があったから?と思ったり、
そういう部分を小出ししてくれてれば、
もっとハジンに思い入れ出来た気がして残念。

このドラマはBGMが好きでした~。
オ・ヒョンランやSE7EN、エンディングのウ・ソンミン、
女性ボーカルの切ないハミングやピアノ曲も良かったです。

「スマイルアゲイン」他の回はこちらです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2007年08月20日 10:32
pandaさん、すっかり遅くなりましてm(__)m
私はほんとに「チームうっかり」のままでした(笑)珍しいくらい冷めていたよー。「北京~」でさえ、少しは盛り上がったり泣いたりしていたのにねえ(苦笑)
ユガンの顔を見るのが痛々しくて、ジェミョンが頼りだった。でも彼も今ひとつ「頼りなくて」(泣)

私も最後に現れたハジンは幻かと思っちゃいましたよ!今度こそまっとうに生きていくんでしょうねえ。

ダンヒ母子は、父のことを考えると、すんなりとはいかないのね。仕方ないことか・・・

何故かウチのスマアゲは、ERラーの掲示板になったりして(爆)ERラーで洋モノにも強いpandaさんに参加してもらってうれしかったすー!
またよろしくね~
2007年08月20日 16:12
pandaさん、こんにちわ♪
終わりましたね。
ハジンの母の事故が出てきたあたり、盛り上がってきたようでしたが、ひゅるる・・と突然消滅した感じで、幻だったような、やぱり不思議ドラマでした~
私もハジンに思い入れできなかったです。pandaさんの言うように、ハジンの過去や心情など丁寧に描けば違ったかも。・・なんとも残念でした。
ハジンは母の事故の真相はいつから知ってたんでしょうか、会長に近づいたのは偶然ですよね・・・??と今頃謎が。
2007年08月21日 15:35
kbkbYさん、こんにちは♪
確かに「北京…」は文句言いつつ、感動の涙もあったわね。このドラマはどうも説明不足なのか、私の洞察力不足なのか、少し盛り上がったけど、あまり感情が湧き上がらず終わりました^^;
ハジンの幻って「ドンデン返し」を狙ったのかもしれないけど、何?!って思っただけだった気がーー。

ユガンの顔は、痩せすぎて頭蓋骨が浮き出てるように見えました。あのたるんだアゴも気になっちゃって~。(J・ロバーツを最近見てないけど彼女もそうなりつつあるとは!)
性格も歪ん(ユガン)でるって書いてたのはkbkbYさんだったっけ?そういう事やら他の話題も楽しめたわ♪

ジェミョン君はもっと活躍があるのかな?と思ったら、何だか…で終わっちゃいましたね。カワイイかわ許すけど~。そうそう「ヒゲ」の件。確かにツルンとしてたらそうかも!「復活」の時カッコよかったから、あの路線がいいわね(笑)
2007年08月21日 15:36
cocoansさん、こんにちは♪
ドンゴン君&ヒソン嬢、売り出し中のジヌク君なのに、何だかもったいないドラマでした(>_<)
ハジンの背景を描いてくれれば、もう少し見方も変わった気がするよね。後出しして、視聴者を驚かせる手腕だったのかもしれないけど、色々な事が説明不足のまま進んで「?」でした。ジェミョン父のハジンへの司令もナゾのままで、後からダンヒとジェミョンを遠ざけるとわかったり。そうそうユガンがチェ・ガンドゥ妻の連れ子っていうのも、台詞一つで終わってたから私は聞き逃がしてました。
そして、
>ハジンは母の事故の真相はいつから知ってたんでしょうか
私は「許す」というセリフでユガンからすべてを聞いたと思ったのよ。
でもダンヒに危害を加えた事を「許す」と言ったのかも…と私もcocoansさんちのレビューを読んで迷ったのよ。ハジンは会長と愛人との仲を忘れるって言ったのに、会長は事故の事と捉えた気もしてきました。
最後までモヤモヤが残るドラマだわ・・・^^;

この記事へのトラックバック

  • スマイルアゲイン 最終回

    Excerpt: 最初の頃ちゃんとみていなかったせいか(いや、途中からも見ていただけでよくわかっていなかったかも。)惰性モードで見続けたスマイルアゲインも最終回を迎えました。ガンドゥと会長は、以前 会長が起こした事故を.. Weblog: ときどき思いつき日記 racked: 2007-08-19 09:44
  • スマイルアゲイン#20 07/08/06 Monday

    Excerpt: 21:00 BS日テレ第20話(終)「もう一度、笑顔を」 ああ~~終わった~!やっと終わってくれたわ~(爆) 「うっかり」見ちゃったばっかりに、チームうっかりを名乗った私たち、やっとチーム解散.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2007-08-20 10:21
  • 「スマイル・アゲイン」第19・20話

    Excerpt: 韓国ドラマ「スマイル・アゲイン」第19・20話(最終話) BS日テレ ~君を守りたい/もう一度笑顔を~ Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-08-20 16:18