ホジュン~宮廷医官への道~ 第53話&第54話

#53【赦免】 #54【宮廷の光と影】
画像
殿下の命令で、牢から出されて、恭嬪様を診る事になったホ・ジュン。
御医ヤン・イェスから“真心痛”と聞き過去を思い出すジュン。アン先生の発作の時、そしてドジが診て亡くなった患者に、「心兪穴(しんゆけつ)に針を打ち、たん中穴に灸をすれば助かったかも」と言ったウィテ。。。
「針を打ちます」と告げ、あの時のアン先生の指示を思い出しながら慎重に打つジュン。
その後に灸をすえ(こういう時は医官は背を向けて指示し、医女がやるのね)、峠を越したものの、まだ治ったわけではなく気を通しただけど、数日以内に再発の恐れがあるのでした。
「そなたを信じよう」と殿下。

ジュンの施術は、ウィテの教えと聞き、
「蘇合香元で気を通すには手遅れだった」と言うヤン・イェス。
かつてウィテのやり方を「田舎の町医者の施術で、私を侮辱してる」と言ったけど、その後詫び、今もちゃんと認めてくれているのでした。
そして、ジュンとヤン・イェスの知恵を出し合って、
恭嬪様の治療を進めて行き、この光景は嬉しかったです。

大分回復して行った恭嬪様。
自ら薬も煎じて、付っきりだったジュンに、「君の治療が良かった」とねぎらい、
少し休むように言うヤン・イェスに、大丈夫と遠慮するジュン。
すると、「王室と民の安泰を守るには、自分を大切にせねば。希望を捨てるな」と、
まだ処罰が待っているジュンに、ありがたい言葉をかけてくれたのでした(:_;)

意識が戻り、ほとんど回復したコンビンを見舞い、
「二人の王子が母親を失うところだった」とジュンとイェスに言葉をかける殿下。
そして、ジュンの処罰を覆すと言ってくれたのでした~!
・・・がしかし、「国の威厳に傷がつく」と
大臣達の大反対の声に躊躇。ガクッ・(||__)/・・・再び投獄されたジュンでした。

見舞いに行った帰りの仁嬪様に、
「二人が友情を深めてるのが嬉しい」と呑気な殿下。
恭嬪様のところばかりで、二人の友情にヒビが入るかも…
と仁嬪様が言うと、思いきり鼻の下が伸びてるし^^;

ジュンが再び投獄されたと聞き、放免をお願いする恭嬪様。
大臣たちが…と言葉を濁す殿下には、
「彼らが王室を案じてると思えません。王室を思うなら、多くの功績を立てた優秀な者に王室を任せるはず」と言ってくれたのでした。
恭嬪様、ちゃんと王室の将来を思っていて聡明な方だわ~
考えた挙句、ジュンの復職を命じた殿下でした。

牢から出されて、いよいよ島流し…と思い、家族に会わせて欲しいと言うジュンに、「もうすぐ会える」と笑顔のペ・チョンス。その言葉どおりに、ダヒが。
大臣達の反対の中、殿下が覆したと言い、
「殿下の御心にしかと報いるのだぞ」とチョンス。
宮殿の方に向かい感謝の意をこめて、チョル(お辞儀)をするジュンとダヒ。

前回、高熱で気を失ってしまったホンチュン。
診てもらったけど一向に回復せず、「ホ医員、帰ってきてくれ~」と嘆くオグン。
ようやくジュンが戻って来て、脈診し針を打ち「室女病だ」と告げるジュン。
どんな病ですか?と驚くオグンに、
言い辛そうなジュンと、ニヤニヤと笑う医官たち。
「ホンチュンを治せるのはお前だ」と言うキム医員の言うように、
「女が長く一人でいると、血が盛んになり懐胎を願うようになります。
陽を求めても叶わずに葛藤が生じ、体内で陰と陽がぶつかり熱が出ます」と告げるジュン。当の本人ホンチュンが一番戸惑っていて、結婚を勧める御医女様。
という事で、オグンがプロボーズし、抱き締めて(!)、
二人は結婚式を挙げたのでした~

仁嬪様が懐妊したと聞き、颯爽とした足取りで御医の元へ向かうドジ。
ジュンも恵民署から呼ばれていて恭嬪様担当に、
ドジは仁嬪様の担当と告げるヤン・イェス。

宮医となったジュンに、突然で迷惑そうにネチネチのキム判官。
あの~~~、妬んで八つ当たりなんて、見苦しいのだけど。。。
「おめでとう」が言えないものかね…と呆れる仲間達に頷きます・・・( ̄  ̄;)

同じ職場からいなくなってしまうのが辛くて、素直に喜べないイェジン。
恵民署を旅立つジュンを、影からそっと見送って、
そしてジュンの方も、何度も振り返ってイェジンの姿を探していたのでした。

仁嬪様の懐妊以来、恭嬪様は体調は悪いとジュンに言う担当のソヒョン。
その言葉どおり、笑っていても元気のない恭嬪様に、
「心が暗いと顔色も暗くなります。病に勝つには心を強く」と告げるジュンに、
「それが難しい。何と心が狭い事か…。
ホ直長が暗い心を治してくれるといいのに…」と寂しく笑う恭嬪様。

「仁嬪様の情勢が君に及ぶ」と腹の子を王子にするようにと、
キム・ゴンリャン(仁嬪の兄から、無理難題を突きつけられたドジ。
“転女為男法”が出てきて、憎たらしいプサンボを思い出しました^^;
10年以上も懐妊しない王妃、側室の恭嬪様が王子を産んでいるとはいえ、仁嬪に王子が産まれれば、誰が王を継ぐのかはわからない…というわけです。

恭嬪様の処方箋を渡され、
「くれぐれも薬材の選別に注意を」とジュンに言われたソヒョン。
でも、薬材庫には下等のものしか残っていなく、
上質のものはすべて、ドジの指示で仁嬪様用に使われていたのでした。
仁嬪様の薬を煎じてたオンジに、
「すぐ新しいのが入るから、分けて欲しい。
仁嬪様には補薬でも、恭嬪様には重病を治す薬だから優先」と頼むソヒョン。
上質のものと下質のものでは、効果も格段に違うからでした。
すると、その話を耳にして、激怒し怒鳴りつけ、
「医女こどきに…引きずり出せ」と怒る仁嬪担当の尚宮。

あら?恭嬪様。ちゃんと着替えてる?と思ったら、
仁嬪様のところに懐妊のお祝いの補薬を届けに行くからでした。
ジュンが止めても、自分が病の時に来てくれたからと、
無理してでも向かったのでしたが。。。

仁慶殿の前で、跪いたまま「重病の恭嬪様に必要だと申したかった」と、
患者の事を思っての事を言ってくれるソヒョンだけど、
医女が尚宮に逆らうなんて許せるハズもなく、
ビンタされたところに、やって来た恭嬪様とジュンたち。
恭嬪様に事情を聞かれて、「生意気な事を言ったから…」と言う尚宮だけど、
何を言ったかは口を濁し、でも恭嬪様は自分の事だとわかったみたいな。
そして仁嬪様に取り次ぐように言うと、「昼寝をしてる」と断る尚宮。
恭嬪様に怒鳴られて、取り次ぎに行ったけど、
「つわりがひどい」とワザとに会わない仁嬪。
この出来事は、更に恭嬪様の心臓に負担を掛けてしまったよね。。。

暇をもらって、数日山へ行くと言う恭嬪様。
「元気なうちに王子たちと過ごしたい」と言われれば、
長旅は無理とわかっていても、反対出来ないジュン。
出発前になっても、仁嬪様の所にいて来てくれなかった殿下。←酷い…。
益々心臓に負担が・・・。
でも恭嬪様は、すべてを悟ったような表情で、寺に向かったのでした。

その夜ジュンを呼び、自分の余命を尋ね、
「お寺で仏様を拝みながら、因果応報と思った。
私が寵愛を受けているとき、王妃様も同じ気持ちだったろうと…。
自分の幸せが人を傷つけるなんて、思いもよらなかった。
今なら、欲を捨てれば楽になれると、死を前にして感じている」
そう言いながら二人の王子を前に、
「王子の成長を見守って欲しい」と頼んだ恭嬪様。
一人の医官をそこまで信頼してくれて、人柄にほれ込んでくれてたのでした。

宮に戻ってからも、やはり心が休まらない恭嬪様の病は芳しくなく、
今の薬では効果は期待できず、江原道に薬草を採りに行くと言うジュン。
この状態で離れるのは危険でも、新しい治療法を見つけなければならなく、
許可し、代わりにチョン奉事に診るようにとヤン・イェス。

チョン奉事なんて心配…と思ってたら案の定、発作が起きた恭嬪様に針を打とうとする手が震え(打てても助かったかどうかは不明)
江原道から戻った来たジュンが打ったけど、もう既に遅く、
「薬草を採ってまいりました。王子様会わなければ…しっかりしてください」
と涙してジュンが訴えても、目をあける事は無かったのでした。。。(:_;)
ソヒョンが訴えたように、上質の薬を飲めていたら…と思うと、やり切れない・・・

救えなかった恭嬪様の横で呆然としているジュンの傍らで、
母の死を悲しむ王子たちと、死を嘆く殿下。
そしてジュンの責任を問うなと殿下が言ってくれたので、
吏判たちが反対する中、従う事になりました。
しかし、「しばらく内医院を離れたい」と申し出るジュン。
疫病の地で、ここで安住したまま病と闘おうとした事を反省した事を告げ、
「全国を巡って、様々な薬材の効能を調べ、各地の風土や病の研究をしたい。
自国で採れる薬草も知らず、医員とは言えません」と。
内医院でも出来るだろうと言いつつも、
4年、いや6年はかかるだろう…と送り出してくれたヤン・イェス。

サンファを連れて、各地を巡りながら、
真っ先に山陰のユ医院跡に立ち寄ったジュン。
「ここの医員は金が無くても診てくれる」と言う村人の言葉に安心し、
本当に嬉しそうなジュン。
私もあの悪徳医員がちゃんとやってくれてた事が嬉しかったわ。。。(゚ーÅ)

そして次に向かったのは、ウィテ先生のお墓でした。
「私は先生の心医の苦しみを避けようとしました。病人を救う事を怠りました。
貧しい民たちがどんな病に苦しみ死んでいるのかを、この目で確かめます。
一本の草、一握りの土に宿る薬の効能まで調べ、病人の為に使います」
と涙して詫びて、お墓にすがるジュン。
疫病で亡くなった人々や、早く違う薬草を見つけていれば、
もしかして助かったかもしれない恭嬪様の為にも。。。

「ホジュン」他の回はこちらです。

韓国ドラマ「ホジュン」公式ガイドブック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック