雪の女王 第7話

【戸惑う二人】
☆感想とあらすじ(BSジャパン版・ネタバレです)
画像
※ゴッチャになるので、ドックも「テウン」と表記してます。

テウンを見かけて追いかけたジヘだったけど、予想どおりエレベーターのドアが閉まってしまいましたね~
で、テウンの事は「初恋」だったそうで、
見かけた事を照れながらゴヌに話してました。
まさか「ハン・テウン」が「ハン・ドック」とは思わないゴヌだけど、ハン・テウンの名前は聞き覚えがあるみたいでした。

テウンがボラの初恋の人と知り、更にその事を内緒にしてる事が気になり、「何か話はない?」と持ちかけ、何度も念を押すゴヌ。
それでも話さないボラ…というか、別に内緒にしてるつもりはなく、話す必要がないって感じにも見えます。
自分の恋愛経験まで話して、「君が一番好きだ」とニッコリと笑うゴヌ。
ボラの方は「嫌いなら付き合わないわ」
その返事に満足そうで「初恋なんだ。ウソくらい許そう」と呟くゴヌでした。

さっきボラの腕を組んだ時の掌のぬくもりを、確かめてるテウン。
こりゃあ、かなり本気モードね~
病院を終えて学校へ行くと言うボラ。 ←真面目になったね~
寒空に震えながら、今日初雪が降る(byテウン)降らない(byボラ)ともめる二人で、テウンが勝てば、ククスを奢ると約束したボラでした。

図書館で寝ちゃったボラの顔を、同じように机に顔をつけて見つめるテウン。
手を伸ばすのを躊躇いながらも、ようやく頬に触れて…
すると、目が覚めたボラにビックリして、平静を装うテウン。 ←ウブね♪
「なんで起こさなかったの?」とボラ
起こしたけど起きなくて、テウンが見とれてたからよ~~~
徹夜すると言うボラを置いて(一緒にいるのが苦しいからね)、図書館を出て、「変だな」と呟くテウン。まだ「愛」とは気付いてない様子。

テウンの予想通り、初雪が降り始めました。
母の店の前で待っていて、出て来た所を荷物を持ってあげるテウン。
テウンの後ろ姿を見ながら、目が潤む母。
8年前とは違うけど、やっぱり「私の誇りの息子」だよね。。。

布団を二つ敷き、遅いから泊まって行きなさいと母。
昔のように枕を並べ、背中を向けていながらも、
恋人が出来たらご飯を作るから連れて来なさいとまで言ってくれました。

翌朝、押入れの中にあった自分のノートやトロフィー、メダルを見つたテウン。
それも無動作にじゃなくて、ちゃーんと箱にキレイに並べて・・・(:_;)
あんな冷たい態度でも、ずっと自分を大切に思い続けてくれた母を抱き締め、
「期待に添えなくてごめん。僕もう一度勉強を始める。
母さんに言われたとおり、好きな事を諦めず頑張る…」とテウン。
涙が溢れ、息子に涙を見られないように、影で泣いてる母でした。。。

勝手に帰るし、服装は昨日と同じだしってうるさいボラに、
「わめくな。いい子になったらプレゼントをあげる」とイタズラっぽく笑うテウン。
そのプレゼントとは、8年前に渡せなかった“雪の女王”の絵本で、
ようやく渡せるので嬉しそうに眺めていました。

スンリから、ボラも連れてジムへ来てと電話があり連れて行ったテウン。
その日はキムチを漬ける日で、手伝うのに呼んだと怪訝そうなボラに、
急にしんみりして、「ジムに女は私だけ。
アイツらは全然手伝わないけど、アンタは可愛いからきっと言う聞く」とスンリ。
あら~スンリも可愛いところあるじゃない…と思ったら、
了解してくれたボラに、「単純」って
テウンと仲良くキムチ漬けてるところを見せつけたかった?
スンリの作戦はよくわかりません。

帰るボラと送るテウンを、急いでシャッターを切るドンピル。
このシチュエーションって、高校時代のジョンギュとテウンみたい。
前から似てると思ったけど、頭蓋骨骨折の男って、「初恋」ドンパルの店の住み込み従業員や「ローファーム」でミラに付きまとってた男のイ・チョルミンじゃないかな?

ボラにとっては、ここの雰囲気があったかくって、
すごく居心地が良かったようで、「また来てもいい?」と。
ジムの男たちはみんなあだ名だそうで、ボラに、
お前は「「ポラドリ」って呼ばれたろ?と言うテウン。
「ポラドリ」って( ̄ー ̄?).....??ハテ??
あだ名は友達同士で呼ぶもの、私にはそういう友達はいなかったと
サラリと言うボラだけど、孤独だったのね。。。
「俺が友達になってやる」と言うテウンに、「3歳も上。オッパと呼ぶ」とボラ。

雪がチラつき初めて、「初雪」と喜ぶボラ。
昨日降ったからククスを奢れと言われガックリだけど、
自分は見てないので、「今日が初雪」と願い事をするボラ。
はしゃぐ姿が可愛らしくて、目を瞑ってるボラを見つめながら、幼い日に手を繋いで走った事、再会してからの出来事が蘇り、思わずキスしたテウン
いきなりキスじゃ驚くし、あのナンパ男と同じように思っちゃうでしょーー
きっとファーストキスだろうし・・・

テウンをビンタして一人で帰ったボラ。
唇に手をやり、突然の戸惑いと怒りが交錯してるようでした。

翌朝、「パパの運転手と変えて欲しい」と言い、今日はタクシーのボラ。
謝ろうと病院まで追いかけテウンだけど、とりつく島もなく、
本当のお兄さんのように思ってたのに、裏切られた気持ちでいっぱいのボラ。

うな垂れてたテウンに気付いて声を掛けたジヘ。
あの日から学校へ行ってないけど、最近勉強を始めたと聞き、
ホッとした様子だったけど、昔のテウンと違うし今も気に病んでるのは一目瞭然。
そんなテウンに、「ジョンギュの事で自分を責めないで。
誰がなんと言おうとあなたのせいじゃない」とジヘ。
その言葉は嬉しいけど、やはりまだ胸に突き刺さるテウン。

ボラと一緒にいたゴヌを見かけて「恋人?」と聞くジヘ。
嬉しそうに肯定し、「彼女はキム・ジョンギュの妹」とゴヌ。
ボラ父のテウンに才能に対する反応を見て、疑いはあったけど、やはり。。。
ゴヌの言葉で真っ先に思ったのは、『あのお墓はジョンギュだったのね…』
テウンがそれを知ったら…と思ったら、胸が痛んで悲しくなってしまった(:_;)


自分の気持ちのままだったのだけど、ボラを傷つけてしまった・・・
それなのに誤解を解けないし、やり切れない思いを断ち切るように、スパーリングに汗を流し、
一生懸命勉強に打ち込むテウン。
好きだからそうしたと言えばいいのにーーと思うのだけど、
テウン自身がボラへの思いに気付いてないようだしね。。。


テウンを自分のお気に入りのミュージュックホールに連れて行く老教授。
そこで演奏してたのは、バッハのゴルトベルク変奏曲。
高校時代にジョンギュが、一番好きな曲と言って聞かせてくれた曲。。。
ジョンギュとの思い出が蘇り、涙が流れるテウン。。。私も涙・・・(T_T
「8年も無駄にしたけど、君がここにいるのは数学が好きだから。
好きな事を無理やり止めても、心はそれを求め続ける。人でも数学でも…」
老教授の言葉は、心にしみますね・・・

つい「ハン・ドック」と呼んじゃうし、運転手もテウンと重なるボラ。
でもやっぱり別人で、イラついてしまいショッピングしても店員に八つ当たり。
代わりに謝るゴヌが、何だかカワイイ。

悪い事は重なるもので、その後に入ったイタリアンンレストランで、
偶然母親と異父妹と会ってしまい、店を出るボラ。
追いかけて来た母親に、次々とひどい言葉を投げつけるボラに、
「あなたが楽になるならママを憎みなさい。だけどママにはわかる。
冷たい事を言いながら、後で一人で苦しむ。あなたはそういう子」と母。
「育ててないのに何がわかるの?お兄ちゃんの葬式の日、あなたが生きてると聞き、代わりに連れて行けと祈った。私は絶対許さない」とボラ。
「私を許さないで…」と泣いてる母。
「許して」じゃなく「許さないで」だなんて、何て切ない言葉。

家の事情も知ってるし、憎むのも当然だけど、
泣いてる人を払いのけるなんて、謝った方がいい言うゴヌだけど、
「こんな私に嫌気がさしたでしょ」と行ってしまうボラ。
でも母親の言うように、一人で苦しんで泣きながら、街を彷徨っていました。

あの思い出のバスケのゴール下で、暗くなるまでボラを思ってたテウンに、
ボラがいなくなったという電話が。
“雪の女王”の一節をボラに語りかけながら、アチコチと探し、
「憂鬱な時とかジムに行ってもいい?」と言ってたボラを思い出したテウン。
---雪の女王はカイに聞いた。
「私はみんなの嫌われ者。私にあるのは冷たい目と骨まで凍らせる風だけ。
誰も友達になってくれないのに、なぜあなたは友達になってくれるの?」

渡せなかった絵本を何度も読んだのね。。。

ジムの前でひざを抱えてて泣いてたボラを抱きしめるテウン。
---黙ってたカイがついに答えた 「あなたを愛してるから…」---
自分のボラへの思いに気付いたテウン。

「雪の女王」他の回はこちらです。

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.19

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2007年06月01日 00:59
私もキスシーンには驚きました。予告で少し流れたので、もっと二人がいい雰囲気でのシーンかと思っていたら、あまりにも突然で・・・。しかし好意は寄せていたものの、運転手を変えてと言い出すボラが少し可愛らしかったです。自分の気持ちに正直な彼女、彼女の背景も映し出されきて何だか切ないです。結構淋しい人生だったのでしょうね。池鉄、「初恋」ドンパルの店の住み込み従業員・・・やだ~~、あんなに食い入るように見たドラマだったのに思い出せない!!「ローファーム」はまだ未視聴なのでこちら視聴の際は気に留めて視聴します。
2007年06月02日 09:34
のりさん、こんにちは~
私の見てるのでは予告が無いのだけど、突然のchuにはビックリでしたねーーー私、直前で止めるんじゃ?と思ったけど。
ボラは複雑でしょうね。ドックの気持ちを知らないから、ケダモノ!って思っちゃう反面、自分も惹かれてるから複雑だし。。。

「初恋」ドンパルの店の住み込み従業員は、デビュー当時のチェッカーズ・フミヤみたいな前髪して、よくドンパルにどつかれてました。チャニョクとヒョギョンが来た時は部屋を追い出されちゃったりーー
「ローファーム」は、主役ソン・スンホンよりジソプに目が行って、彼が中々良かったです♪池鉄もどきさんは、チラッとしか出ないけどイヤな役でした。
2007年06月04日 00:42
pandaさん、こんばんわ
ドックのキス、は突っ走りすぎだったでしょうか^^; ボラに気持ちまだ何も伝えてないですしね~
後でボラに謝っていて、突発的のように思われてしまうのでは、と心配です。でもドックもその時自分の気持ちにきづいてなかったんですね。ヤヤコシ。
最後、「雪の女王」の静かな語りはとても素敵でした。
ここでやっとタイトルの意味が分かりましたよ、パボ~原作よく知らなかったもので・・。
フミヤの前髪は懐かしいです。「初恋」私もどうしても思いだせません^^; 今度チェックしてみますね。
老教授のことば、ドックの事情、知ってかしらずか、タイミングよくてとても奥が深いですね。
2007年06月04日 11:59
cocoansさん、こんにちは~
見てるこっちはドックがボラに傾いてるのがわかるから、ボラが愛しくてついキスしゃう気持ちがわかるけど、当の本人は気付いてなかったようですよね~「好きだからした」って言ってよーーとヤキモキだったけどラストにようやく確信したようでしたね。
ボラも「男は狼」って思っちゃった反面、惹かれてるからちょっと複雑…って感じでした。今回のラストでいい感じで抱き合ったから、ドックが「愛してる」と声に出せるかどうかで、キスの一件がスッキリ解決するかしらね~

「雪の女王」の童話は知ってたけど、「愛してる」というくだりがあるのは知りませんでしたーーでも寂しい女王に着いて行った優しいカイ少年だったと思います。

「初恋」フミヤの前髪君、ちょい役だから印象薄ですよね~GyaOで配信中だけど毎回出ないからチェックも厳しいよね^^;この時は少年っぽい感じでした。
cocoansさんちで「トック」になって困ってる読んで、やっぱりトックおじさんを思い出し爆笑よ~!「ドゥック」と表記の場合もあり、この方がカッコイイ気も♪
2007年06月29日 13:52
pandaさん、アンニョン♪
このドラマにはまってきました!ドック素敵(笑)
まさかここでキスとは!と私も驚きました。
その前の腕をつかんだだけで手を見ているドック、pandaさんの「ウブね」にひそかにうけている私(笑)
雪の女王、ってまったく実は記憶にないのですよーー。そういえばついていたような気も、うーー何年前だぁ?(笑)
2007年06月29日 22:54
so-so♪。さん、アンニョン♪
面白くなって来ましたね~ドックもステキになって来ました!いや、ビニ君は元々カッコよいか~
突然キスしちゃて、確かにあの時のボラは可愛かったけど、ショックでしょうに。でもまさしく「思わず」って感じのドックでした。

雪の女王の童話は私も曖昧よ~。無理やり女王に連れて行かれたって言うより、着いて行った気がしてるけど、愛してる…」と言ったのは記憶になかったわ~ホント読んだのは遥か昔(!)だし、多分子供向けバージョンだしね。

この記事へのトラックバック

  • 「雪の女王」第7話

    Excerpt: 韓国ドラマ「雪の女王」第7話~戸惑う二人~今回、真正面からのヒョンビンUPが多くて均整取れた顔だなあとしみじみ思いました。大抵ボラちゃんを見つめてるんだけど・・・雑念~。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2007-06-04 00:47
  • 雪の女王 7話 ノーカット版

    Excerpt: あーーそうか、やっぱりだったのね。キム姓が一緒だったら気にはなってはいたけれど、多いからどうかなと疑ってはいたんだけど。ボラが妹だったかぁ。そしてボラへの気持ちが抑えきれなくなってきているドックに私が.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2007-06-29 13:50