ER12-8 「救出」TWO SHIPS

今回のERは、生き延びた人、亡くなってしまった人、
それぞれに人生があり家族があり・・・と思う回でした。
それにしても事故現場は、ドラマと思えないくらいで、
一本の映画でも出来そうな気がしました。

最初に運ばれて来たのは、呼吸促迫の患者。
心臓移植を受けて命を繋いだというのに、薬を飲んでないのでした。
偏屈そう親父さんだなぁ…と思いました。ごめんなさい。
「薬代がいくらかわかるか?」と言う患者。
補助を受けるには貧しくなくてはダメ、家や車を持っていては対象外。
医療費を払えない人への、ありがたい援助制度でも、
こういうひずみが出てきてしまうのは、日本でも生活保護とかでもありますね。
薬代の他にも、自分の介護で妻に負担をかけてる事に、
申し訳ない気持ちから疲れ果ててしまってたのでした。

妻と話したプラットは、その患者に、
「奥さんはあなたが生きかいだそうだ。俺にはわからないけど。
こんなごく潰しでも、奥さんは愛してる。黙って薬を飲め」と言い、
大きな病院へヘリで搬送すると言いました。
ぶっきらぼうに言い方だけど、プラットの思いやりが伝わって来たし、
きっと患者にも伝わったのでしょう。妻と寄り添うようにヘリに乗って行きました。

そのヘリが飛び立った後、爆発音と共に空から飛行機の残骸が!
私、一瞬今のヘリ?と思ってしまったわ。
よく見ると形は飛行機なんだけど。

街に墜落した飛行機は、乗客だけでなく、
アパートや通行人、車も巻き込んでしまいました。

救急の研修(?)で乗っていて、現場に駆けつけたニーラ。
一瞬、赤いスーツケースに目が行き、
出かけたイブの事を気にしてたようでした。
憎まれてる感じのイブだけど、ERでも彼女が乗った飛行機じゃないのかとか心配していて、なーんかホッとしました。

てんてこ舞いのERに助っ人に来たヘレエ。
待ってましたーー!でも今回限りじゃないよねぇ・・・?
イヤな辞め方をしても、ERが大変な時には来てくれる。
それも「家にいると旦那がうるさくて」なーんて気にしないように言ってくれて。
道路が閉鎖されて戻って来たイブは、ヘレエを見て「なぜ?」って顔。
アタフタしながらも「彼女はシカゴ一の看護師で、
私達はお手上げ状態で…」と言うサムに「お手柄だったわ」とイブ。
彼女は悪い人じゃなさそうで、ただ厳しいだけなのかもしれません。

アパートに取り残された少年を息子を探しに、
ニーラにゾッコンな救急隊員・ゲイツが中に入ったけど、
心配で自分も行ってしまった母親。 それを追いかけたニーラ。
その時に爆音がーーー!
ニーラはレギュラーだし大丈夫だけど、ゲイツは?と心配になっちゃいました。
その爆発で、大怪我して動けない母親と救急隊員。
母親の叫びを聞いて、自ら階段を上がっていくニーラ。
無謀なんだけど、それは他の救急隊員に任せるべきだろうけど、
人として医者として、体が動いてしまった…という感じでした。

火に巻かれたり、転んだりしながらも、何とか少年を助け出したニーラ。
一つの命が助かったけど、自分が診てたおじいちゃんが亡くなってました。
乗ってた車が巻き込まれてケガをしたのだけど、
母親が中に入った時、「いいから行きなさい」と言ってくれたおじいちゃん。
愛犬の安否を気にしてたのだけど、会えたのな・・・
おじいちゃんにその犬が寄り添ってたのが、何とも悲しい。。。

そしてもう一つの命が・・・息子を助けに入った母親も亡くなってしまいました。
ERに戻って、肺も鼻もすすだらけだって言うのに、
その事を聞いたニーラは、自分の治療もせずに、
その残された子たちの元へ行き、寄り添ってました。
ニーラは患者の気持ちをわかるいい医者になるね。。。きっと。

救急隊員・ゲイツの方は重症で、足の骨折の他にも、肝臓が傷ついてました。
ゲイツは、確か医学の勉強をしてたと言ってたような?
だから自分の症状にもとっても詳しくて、いのね。
救急車が一台もいなく搬送出来ないので、
その場で開腹して、肝臓をパックするニーラ。すごい!
クレメンテにも褒められてました。
それにしてもゲイツったら、開腹するのに同意してというニーラに
「デートしてくれる?」って何だか可愛くて笑ってしまったわ。。。^^;

彼女に会いに来たと言う腕を挟まれてたエイドリアン。
料理作りが得意だと話し、もし助かったらお礼にケーキ焼くと言ってたのに。
途中心臓が止まりそうになり、ずっとマッサージを続けてたプラット。
それはERに着いてからも続いてました。
私は死亡する時って意識が無くなって心臓が止まって…が常だと思ってたので、
エイドリアンの状態には驚きました。
僅かだけど意識があって、
今どういう状態なのか自分でわかってるエンドリアンを見てるのが辛かった…
それも心臓マッサージを続けてるから生きてるのであって、
それを止めると、命が終わってしまうなんて。。。

エイドリアンは、愛された男だったのね。
彼女はもちろん、たくさんの家族に見守られてました。
もういいよ…というように、マッサージするプラットの手を握るエイドリアン。
一つの命が消える瞬間、何ともやりきれなくて、泣けて来ました(:_;)
たくさんの家族に看取られて、サムの言うように幸せだったのかもしれないけど、
志半ばで命が消えてしまうのは、やっぱり可哀想です。

そんな中で、一命を取りとめたアジア系の男性。
実は結婚式が近くて、婚約者と打ち合わせもあったのだけど、
死の淵から生還した事で、自分の気持ちに正直に生きるようと決意。
自分はゲイだと認めて、女性との結婚をやめてるという事でした。
亡くなってしまった人の分も、精一杯生きてね!

ニーラを放って戻って来たプラットを責めるレイ。
プラットだって必死に呼びかけてたし、
後ろ髪引かれる思いで患者に付き添って戻って来たんだけど、
「俺だったら見張ってるし、そんな現場に行かせない」と言うレイ。
何だかニーラに惚れてるような?

そのニーラは、凄惨な現場を見たり、人の生き死にをたくさん見たせいか、
どうもハイな状態で、アビーの忠告も聞かず、汚れた服のまま帰宅しました。
鍵を開けて後ろを振り向くと、ガラントが!
今一番会いたい人に会えたニーラ。前回のセクシーに衣装より、
必死に頑張ったままの服だったから、かえって良かった気がします。
でも道路の真ん中で、マズイっしょーーー

前回のラストから、一夜を共にしたアビーとルカ。
目が覚めた時はラブラブ目線だし、
ヨリを戻すなりなんなり、もうご自由に…と思ってたら、
職場に行くと、何だかお茶を濁すような発言のルカ。
よかった…なんて言ってたアビーなのに、ショックだよねぇ。。。
ルカは本心なんだか、照れ隠しなんだかよくわかりません

相変わらずクレメンテに素っ気無いルカ。
話し合おうとクレメンスが寄り添おうとしても乗らないし、うーん。。。
クレメンテの彼女は、どうも妻子持ち?しつこく電話してきてました。
しつこいと言えばゾウイもかなりしつこい・・・( ̄  ̄;)
彼女から逃れられるのかしら?レイ。

邦題は「救出」だけど、
原題は「二つ(二艘)の船」・・・生と死?うーん・・・よくわかりませんでした^^;

ER 緊急救命室 I ― ファースト・シーズン DVD セット vol.1
ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

えこ
2007年05月24日 23:26
pandaさん、こちらにも。
久しぶりに見たER、登場人物が把握できてなくて(笑)
ルカが横に広がっててビックリしました。

多重事故、凄かったですね。
救急車の実習ってキャロルもエリザベスもやってましたよね。で、2人とも凄い事故に遭遇しちゃって。

エイドリアンの状態、こんなことがあるのかと私もビックリしました。

ニーラとガラント、予告でプロポーズしてたけど気になる~
2007年05月25日 23:08
えこさん、こちらにもありがとー♪
ER、すっかりメンバーチェンジでしょ。
>ルカが横に広がってて
すごいウケたーー(爆)ずっと見てるから気付かなかったけど確かに。
多重事故のシーンは映画みたい!と思いつつ、突然命が断たれた人達が本当に可哀想。。。
エイドリアンの死の際は、本当に驚きですよね。朦朧とだけど意識があるのに、マッサージを止めたら死ぬ状態なんて。マッサージする方も止められないですよね。

ニーラはプロポーズ受けるのかしらね?私はゲイツがいいんじゃ?と思いつつあったのだけど。理由は「パリ恋」ギジュの声優さんという単純な理由です^^;

この記事へのトラックバック