ER12-7 「誘拐犯」THE HUMAN SHIELD

NHKHPの今回のあらすじ。
「朝からセクシーな服装でお待ちかねだ」って、
なんだかNHKらしくないような表現ね~(* ̄ー ̄)ニヤリッ
でもホントにセクシーで、目のやり場に困るんじゃ?って感じでした。
手術着だといいけどね、白衣だと。。。

しかし当の本人ガラントとは・・・
私はてっきり、ガラントが銃撃戦に巻き込まれたと思ったよーーー
ニーラは電話に出られないし、電話しようとしたら話しかけらけるし、
ようやく通じたら、電波障害で、ジジジ・・・と雑音は入るし、
イヤーーーな雰囲気の中だったけど、
銃撃戦の負傷者の治療に行って帰国出来ないって事でした(´∇`) ホッ

今回の演出は、ウィーバー先生ことローラ・イネス。
彼女の演出は面白いのだけど、今回はかなり血とか内臓とか多かったような。
私はそういうの平気なんだけど、イヤな人は目を背けたくなったのでは?
(そういう人は医療ドラマは見ない?)
冒頭は、怪しげな男と一緒にいる少女。。。
店から逃げようとしたけど、警察に包囲されてしまい銃を向ける男。
それで犯人を捕まえるために、警察も発砲するのだけど、
男は少女を抱いてるのにーーー!とビックリしました。
最近は弾丸ではなく、麻痺させる銃もあるらしいけど、これはホンモノの銃。
犯人は撃たれ、少女も胸を撃たれてしましました。
足元狙うとか、出来なかったのかしら・・・?

ERに担ぎこまれたけど、少女、負傷した警官の順で、
一番重症の犯人は一番最後に運ばれて来ました。
道理に反した人を後回しにしてしまうのは、
人の本能として仕方ないのかもしれませんが、
人の命にかわりはない言うルカの思いは、素晴らしい。。。
ようやく運びこまれた犯人を見て、「挿管もしてないのか!」と救命士に言い、
手術室行きを後回しにしてる風のドゥベンコには、
「救命治療に偏見を入れるな」と。
その言葉に、急遽ERで開腹手術を決行したドゥベンコでした。

犯人の男が生きてるのか死んでるのか、気にする少女。
誘拐されてレイプまでされてたというのに、「彼を愛してるの」って…。
まだ10歳なのにーーーとちょっと引いてしまいました。
ここは、「彼はとっても優しい人なの…」くらいでいい気もするけど。。。
凶悪犯であっても、長い間一緒に行動してると、
同情心や愛着が沸いて、自分は被害者なのに犯人を悪く思えなくなるそうで、そんな感じだったのでしょぅけど・・・。

その少女の治療を巡り、ルカとクレメンスがバトル
少女の担当はアビーなんだけど、
自分でもどっちに従って良いのか困ってるようで、難しい症例なんでしょう。
クレメンスの指示に従ったアビーなんだけど、急変してしまって・・・
クレメンスの判断は95%はそれでヨシなんだけど、
少女の場合は残り5%の方だったのでした。
ルカの言う通りにしても、助かったかどうかはわからないそうだけど。
命を落とした少女が哀れでなりません。。。

ルカ言い合いになった時に、鼻血がタラーンと出て来たクレメンス。
まさか何か病気?とチラッと思いましたが、ただ興奮しただけ?
それにしてもルカ、聞き耳持たずって感じだったし、
クレメンスにここのチームワークを述べて、合わせないのはそっちと言ってて、
まあそうなんでしょうが、
一方的にクレメンスの事を否定してばっかりのような気がしてしまいました。

その症例の事で、ミーティングを開くと言い出したイブ。
でも現れたのは、クレメンスとアビーだけ
プラットは急患の治療だから仕方ないけど、
ルカは自分は正しい意見だから出なくていいというし、
でもルカが出ないと話になんないでしょーーー
レイとアビーはおサボリ。ヾ( ̄ー ̄;ォィォィ
イブやクレメンスが今のERに文句を言いたくなるのもわかる気も。。。
私は妙に真面目なんで(笑)、
出るのがイヤでも出ないとダメじゃん!と思ってしまいます。

前は、こういう治療ミス?違う?って感じの時は、
症例委員会?だったか、ナントカ委員会で、
大勢の前で治療について話してたけど、そこまでの症例ではないのかな?

14歳のゾウイの父親が、娘の薬を見つけたらしく凄い剣幕でした。
「彼女にしか答えられません」とキッパリと告げるニーラ。
その様子を見て、ノコノコと現れたレイ。
性感染症にかかってると告げるつもりだったようで^^;
それと共に、自分の過ちを詫び様としたのかもしれませんが、
ニーラに「もしそれが知られたら、あなたは刑務所よ」と言われて止めたけど。

ERを出たところで、待ち構えてたゾウイの父にボコボコに殴られたレイ。
「今度娘に手を出したら!」と凄い怒りの父親だったけど、
娘の相手はレイだけじゃないのに・・・と妙に父親とゾウイに対して
冷めた見方をしてしまいました。
父親は、薬の内容を聞き出そうとしてた時に、
弁護士に知り合いがとか言っててので、バレたら大変!と思ってたので、
それにしてもレイ、殴られただけで訴えられなくて良かったのかも。
これに懲りて、誰でも彼でもは止めてね、レイ!

で、今回のラストは意外な展開。
ルカのマンションを訪ねて来たアビー。
死んでしまった少女を思うとやりきれなくて、
クレメンスとルカのいざこざに私を巻き込まないで!と声を荒げるアビー。
そんなアビーにキスするルカ。アビーも拒みませんでした。
エーーーw( ̄∇ ̄;)w!! 
別に元サヤでもいいんだけど、ルカはついこの間までサムだったのに・・・

髪を切ってスッキリしたドゥベンコ先生。でも前の方がいいなぁ~
何だか普通の人になっちゃったわ。
そしてイブも普通の女性だったのね~
あっけらかんと男性遍歴をいうから、みんな固まっておかしかった^^;
腕を撃たれた新人警官がパニクってたので(←かなりうるさかった)
気持ちを和らげようとしてたのかも。
でも婚約者が殉職したなんて、悲しい過去を抱えた人でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

YUZUJAM
2007年05月18日 23:32
こんばんは~♪
ホッケ大好き♡ゆずじゃむです(笑)
黒いワンピ姿のニーラ、とっても色っぽかったですね。
仕事着にしてはセクシーすぎましたが…(苦笑)
そうそう!私もガラントの身に大変なことが起きたのでは…?と心配でしたが、そうじゃなくてとりあえずよかった~(´▽`) ホッ

子供が近くにいるのに、あんなにバンバン銃を撃ってくるシーンには私もビックリでした。
平気で銃を撃ちすぎる銃社会ってやっぱり理解できませんねぇ。。。

クレメンテはまだ謎の多い人物ですね。
ルカに対する治療をめぐっての態度とか、突然の鼻血とか、今回はん?っていうシーンが多かったです。
あと、エンディングで名前が出ないのも気になるし~。
ラスト驚きましたねぇ。ちょっと不自然な気もしましたね。
イブの印象は今回は割とよかったです。
ヘレエがまだ帰ってきてないし、次回もいろいろ楽しみですね!
YUZUJAM
2007年05月18日 23:34
あらら…↑ホッケ大好きの後、ハートの記号が文字化けしちゃったみたいで…ごめんなさ~い(´ヘ`;)
2007年05月19日 11:55
YUZUJAMさん、こんにちは~♪
ハートの文字化け。コメント書く時は大丈夫なのに、送信するとダメなのね…ゴメンネ。
ニーラ、セクシーでしたよね。患者さんも目のやり場に困るんじゃ?といらぬ心配しちゃいました。フランクが例の如く嫌味を言ってましたね。
ガラントは絶対に死んだと思いましたよねーー。上手い演出にすっかりやられちゃいました。

クレメンテの鼻血は「?」でした。病気持ち?と疑いましたが、頭に血が上り安いってイメージなのかな?治療法は95%間違ってないけど、色々想定して他人の意見を聞かないとね。そういやウィーバーから「NYでの二の舞は」って言われてたから、そういうところがあるのかも。

イブは、リラックスさせるためか自分の過去を語ったりして、頼れる人って感じでしたね。悲しい過去には驚きです。
ヘレエは予告でチラッと…次が楽しみです♪

この記事へのトラックバック