ER12-6 「夢の家」 DREAM HOUSE

サブタイトルの「夢の家」は、急患で来た父と子が建てていた家の名前。
浮気して家を追い出された父親が、妻に許してもらおうと。
この父子のエピは特に深くはなかったけど、
最後にプラットがいた家が、もしかしたら「夢の家」だったのかな・・・?

父親と喧嘩して手をケガしてERにやって来たプラットの義母弟・チャズ。
チャズは父親とブラットに和解して欲しくて、
そしてプラットを「兄」と慕っている様子だったけど、それでも拒むプラット。
父親の虐待の疑いと先読みしたイブが、ソーシャルワーカーを呼んじゃって、
最初は「家族を知ってるから」と言ってたプラットが、
「弟なんだ」と言った時のチャズの嬉しそうな顔ったら~ (^ー^)

父を嫌うプラットに、何か事情があったんだと訴えるチャズ。
それで父親(でもプラットはチャズと話す時は、
「チャーリー」って呼ぶのよねぇ)に会いに行くと、
「戻ろうとしたけど拒まれた」と答える父親。
でも母から父が捨てたと聞かされて育ったプラットは、信じる事は出来ません。
「家に彼女との思い出がある」と言われて、着いて行ったけど、
中へは入らなかったプラットが、チャズに誘われると、
戸惑いながらも食卓の席について、うーんいい感じ。
食事の前のお祈りでプラットの異母妹が、「グレックを導いてくれたことを歓迎します」と神に感謝した時は、ジーンと来ました。

父から渡された「思い出の品」は、
父親が母親に出したけど、送り返された何通もの手紙でした。
そして、「私への慈悲心で送ってくれた」と言って見せた写真は、
プラットと母親の写真(小学校の入学時?)。
父は、いつも財布に入れて持ち歩いてたのでした。

帰りの電車で父の思いの詰まった手紙を読み、
昔母と住んでた家に立ち寄るプラット。そこに現れた父親。
母に聞かされて事実と違って、戻ろうとした父を拒んだとわかったプラット。
父親と固く抱き合い、涙が流れても、
「必要な時なアンタはいなかった」とすべてを許す事は出来ません。
母親が死んだ事を知らされて、息子の行方を捜した父だけど、。
デトロイトに行ったと聞き、それっきりだったそうで、
「その事実は消えない」と。
プラットの涙を見ていると、そういう理由もあるのだろうけれど、
父を拒んだ母親の思いの為に、自分もそうしたようにも見えました。


深刻な顔してコソコソして治療してたクレメンテ。
生後9週間のダーウィン君とは、チンハンジー\(◎o◎)/!
「何てカワイイ赤ちゃん」とナイスなアビー
↑こーんな事言ってたアビーだったけど、
そしてチンパンジーの治療に呼び出されて、怪訝そうだったニーラだったけど、
すっかりダーウィン君を、普通の患者のように可愛がっていました~(^^♪
私も段々カワイーーーと和んで見てました~~~

ところが・・・一旦退院したのだけど、急変して戻って来て、
治療の甲斐なく、息を引き取ってしまいました。。。(:_;)
クレメンテが退院させようとした時に、
「まだ早い」ってアビーもニーラも言ってたのに…
見つかる前に急いで退院させちゃったのでした。
(その時に、「イジワルキリン(=イブ)に見つかる前に」と言ったクレメンテ、
↑中々いいネーミング)

ダーウィンを看取らせたいから、チンパンジーの母を呼ぶと言う友人に、
呆れるクレメンテ。でも説得したのはアビーとニーラでした~
「母親に看取られたチンパンジーを忘れられそう?」言ってたように、
別れのシーンはホロリと来ました。
チンパンジーと人間は96%同じなんだそうで、
4%の違いがこうなのねと思いつつも、
子を思う親の気持ちは同じなのね~と感じました。

クレメンテの秘密が少しわかりました。
何度「アビーよ」と言われても、「ロックハート」と呼び、
どこか距離を置こうとしてる感じもします。
・サークスおタクだったこと。
チンパンジーの患者を見たアビーが冗談で
「サーカスの人と知り合いだから?」って言ったらホントで可笑しかった~
・動物とロボットに入れ込んでたこと。
ロボットドクターとして登場したドゥベンコをうるさがってたけど、
意外と羨ましく思ってたりして???
・うるさい女から電話が来て、居場所を知られたくないみたいだったこと。
イラついて携帯を『感染性廃棄物』に捨てちゃってました。
この廃棄物の箱には、レイのお口をキレイにしたヤツも入ってるのでしょう。


レイのお相手・ゾウイは、もうすぐ15になるとはいえ14歳。
日本でもそうだけど、アメリカでも罪なのでした。
おまけにクラミジアに感染してるし…
冒頭のシーンで、勝手にニーラのハブラシを使ってたゾウイ。
知らずに後でニーラが使ってたら、危なかったかも???
レイって、誰でも拒まずって感じだし、
どこの誰ともわからないのに、部屋に置いたまま出勤するし、
「ゾウイは大丈夫」って言ってたけど、何を根拠に???
「部屋の鍵を渡す前に、お茶でも飲んで話したら?」ってニーラが言ってけど、ホントだわ~~~


そして、シーズン1からのレギュラー、ヘレエが降板?
給料がいいと聞いて、管理の仕事に飛びついたサムの最初の仕事が、
ヘレエのクビを切る事。
残業をしないようにと三度も警告したのに、やめなかったのが理由で、
最初、ルール違反をしたのなら厳しいけど仕方ないかな?なーんて思ったけど、
ヘレエ、ごめんなさい。。。
残業が多かったのは、休んだ人のカバーをした事が多かったのでした。
申し訳なさそうにしながらも、庇えなかったサム。
帰って行くヘレエに謝っていたけど、
「アンタが大変な時や遅刻した時にカバーしたのは誰?」と涙声のヘレエ。
それはやってなんないわーーー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

YUZUJAM
2007年05月09日 23:00
こんばんは~♪
ERに新しいドクターが入ってきましたね。
最近のERはバタバタしている感じだったので、グリーン先生みたいに、1人は頼れるドクターがいてくれたらなぁと思っていたところなので、クレメンテにちょっと期待です。
でも、一筋縄ではいかない感じもしてますけど…(苦笑)

プラットにはお父さんとちゃんと仲直りしてほしいなぁ。
それには、もうちょっと時間がかかるのかもしれないけど。

イブは最初はできる看護士かなと思っていたけど、最近は鼻についてなんか嫌な感じですねぇ。
サムがまさかヘレエを切るなんてビックリでしたし。
ヘレエには帰ってきてもらいたいな。

それと、気になっていたのですが、スーザンは卒業してしまったのですか?
ではまた遊びにきます~♪
2007年05月10日 15:23
YUZUJAMさん、こんにちは~♪
>グリーン先生みたいに、1人は頼れるドクターがいてくれたらなぁ
そうそう、同感です!アビー・ニーラ・レイとひよっこ三人だし、落ち着かない雰囲気がありますよね。
クレメンテ先生、ハリウッド映画で活躍してる方だし、期待します!ドゥベンコ先生にも期待してたんだけど、脇で終わりそうです。ドゥベンコに期待した理由は「初恋」のソクジンさんの声をやってた声優さんだったから~と単純なんだけど^^;

プラットは、前のシーズンでお父さんに会いに行った時、すぐ息子と気付いてくれたらまた違ってたのかな?とも思います。ほとんど許してるんですよね。泣いてたし抱きしめてたし…それがお父さんにもわかってくれるといいのだけど。。。

スーザンは残念ながらあれで降板のようです。
ヘレエはどうやら終わりじゃないらしいですよーー(^^)v私もイブは厳しいけどイヤじゃなかったんです。サムとルカの勤務をずらしたけど、様子見してちゃんと戻してくれてたし。ERには憎まれ役だけど実はいい人ってキャラが良いのだけどねーー
YUZUJAM
2007年05月12日 00:21
こんばんは~♪
ドゥベンコには最初から妙に親近感みたいなのがあるような気がしていましたが、今、その理由がわかりました!
「初恋」のソクジンさんの声だったからなんですね~♪
ということは、ビバヒルのスティーブでもあるってことですよね?(笑)
あの話し方とか声、結構好きなのかも~?
スーザン、降板していたのですね。。。
長くいたキャストが去っていくのはとっても残念ですが、あれだけ長いドラマだとやっぱりいつかは卒業していくのもわかるので、仕方ないですよね?
でも、ヘレエは復帰してくれそうでよかったです(´▽`) ホッ
イブもこの後、実はいい人だったならいいですね♪
いろいろと教えていただいてどうもありがとうございました!
2007年05月12日 17:35
YUZUJAMさん、再びありがとう♪
そうそうビバヒル・スティーブですね。他にも洋画やドラマで耳にするけど、私も堀内さんの話し方が好きです (^ー^)結構そういうところで、キャラに好感持ちますよね~
声優ネタでは、イブの声をやってるのがトック妻をやってたつかもと景子さんなんですよ~!だから本当はいい人?と期待しちゃいます。

スーザンの降板は間違いないらしいです。。。本当に残念です。丁度実家のスカパーでシーズン3を見て、細いスーザンが懐かしかったです。グリーン先生やロス先生、キャロルも。。。

この記事へのトラックバック