韓ドラ、もしかしたらこの人がこの役を…?

ムック社から出版されてる「もっと知りたい!韓国ドラマ」シリーズ。
いつも本屋さんでパラパラと眺めてた私(!)ですが、
「チェオクの剣」と「復活」の特集が読みたくて、
「Vol.10」「Vol.14 」を買いました。
インタビューが詳しくて、なるほどーーと思う事がたくさん!
そんな中で、「この作品のオファーをした」「オファーが来た」って話は、
韓国ではそういう話はオープンなのかな? 
色々と見つけて、へぇーーでした。
日本ではそういう話は、あまり表に出ないですよね。
で、もしかしたら、この役はこの人だったかも?ってのを集めてみました~

コ・スのインタビューの中では、
映画「マルチュク青春通り」の話があったとあり、
「出ていれば、イ・ジョンヒョクさんとグリーンローズでは二度目となった」と。
映画は見てないけど、内容は知ってますが、
クォン・サンウの方なのか、イ・ジョンジンの方だったのかしら?と気になり、
「グリーンローズ」ヒョンテが高校生ーー 映画を見たくなりました。

もう一つコ・ス君ネタでは、
「北京My Love」の話も来てて、その時中国語を少し勉強したそう。
結局流れたけど、コ・ス君だったら、また違ったドラマになったでしょう~

そして、コ・ス君、演技がすごく上手いと思う俳優さんだし、
主演作も多いし、賞も受賞しているのだけど、
中々視聴率が取れなくて、映画も興行面はイマイチで、
『女性パートナー運がない俳優』『作品選択能力がない俳優』と言われたそう。
ビックリ&韓国って、すごいキビシイーーーーと思ったのだけど、
でも日本の俳優さんたちも、週刊誌などで、アレコレと酷評されてる?
韓ドラだと、人気俳優だからと言って、必ず視聴率が取れたり、
映画が大入りになるわけじゃなくて、そこは日本とは違う気がします。

「復活」では、オム・テウンのやったハウン&シンヒョク役に、
ソ・ジソプを予定していて、オム・テウンは、ジヌ役だったそうです。
(これは結構有名なのかしら?)
ジソプに徴兵礼状が出てしまったので、
「召集を延期して欲しい」と、兵務庁にお願いに行ったくらい(!)、
監督さんはジソプにやって欲しかったようですが、叶わなかったのでした。
諦めてオム・テウンと会った時に、
「無邪気さ」「純粋さ」を持つ目に惚れて、キャスティングした監督さん。
今までのオム・テウンの役どころを知ってる周りは、反対したそうだけど、
「オム・テウンの演技は最高」と監督さんが話してるとおり、
うんオム・テウンは素晴らしいーーー
でもジソプが演じたら、どんなだったんだろ?!と、
「ごめ愛」で、彼にすっかりやられた私としては、興味が沸きますね~

「チェオクの剣」では、前にも書きましたが、
最初は、ユン=イ・ジョンジン ソンベク=キム・ミンジュン
次は、 ユン=イ・ジョンジン ソンベク=イ・ソジン
撮影二週間前に急遽、ユン=イ・ソジン ソンベク=キム・ミンジュンに。
最初の案だったら…次の案だったら…と思うと、また不思議ですね。
チェオク役も、ハ・ジウォンちゃんに拘った監督さんだけど、
他のドラマと重なったため、諦めてユミン他新人女優たちと面談してたら、
ハ・ジウォンちゃんがOKしたそうで、
ここも違ってたらまた違うドラマだったでしょう。

ピョンテク役の俳優さんが、当初の予定ではマ・チュクチだったとか、
スミョンは、ナニ嬢だったとか、
チャン・イルスンを演じたチョ・ジェヒョンには、ユン役を持ちかけたけど、
スケジュールもキャラも合わないと断られたとか、
「すべては川の流れのように、物事には自然の流れがあり…」
と著書で語ってた「チェオク…」の監督さんの言葉。
結局決まったキャスティングが、ハマってた気がして、すごーく納得しちゃいます。

やっぱりこの「もっと知りたい…」シリーズは読みごたえがありますね~
現在視聴中の「プラハの恋人」や「春のワルツ」
これからはじまる「ベストカップル」も載ってるし、他のドラマも盛りだくさん!
立ち読み組の私だったけど、毎号買っても、惜しくないなぁ~と思いました。
丁度名鑑が付録でついてきたのだけど、
大分前のなので、ソン・ユリのところに「春のワルツ」予定とあり。。。
未見の女優さんですが、ウニョンも彼女がやっていれば、
また違ったイメージだったのかな?

最初にも書きましたが、配役の変更話は、隠すことなくオープンですよね。
少し野次馬な私は、そういう話に飛びついて、ふむふむ…と

後は、この雑誌には出てませんが、
「海神」のソン・イルグクがやった役は、当初「イヴすべ」ウジンのハン・ジェソクだったけど、兵役逃れで変更に…
というのは、当時、出回ってた話ですが、
イルグクは「海神」て絶賛され、次の「朱蒙(チュモン)」も高視聴率。。。
ハン・ジェソクだったら、面長・目がパッチリで、
主演のチェ・スジョン似た雰囲気なので、
意外とイルグクで良かったのかな?とも思うけど、
主役二人が剣を交えてる幻のスチール写真は、中々格好良かったです

「チャングムの誓い」では、チェ尚宮のキョ・ミリさんが、
最初はハン尚宮の役だったのは、有名かも。
監督さんが、悪役を勧めたとか・・・
それから、大人のイルト(トック夫妻の子)を演じる予定だった俳優さんが、
医務官・チボクに変更になったのは、前にも書きましたね~

監督さんのインタビューを読むと、
俳優さんを怒ったとか、撮影に何時間も…という話は、
ドラマにかける思いが、すごいなぁーーと思います。
日本だと映画監督さんや舞台監督では、そういう話も聞きますが、
ドラマの演出家では、あまり俳優さんを叱る人はいないんじゃ?
それだけ俳優さんに、任せてるのかもしれないですけどね。

(文中、敬称は略させていただきました

もっと知りたい!韓国TVドラマ (Vol.10)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2007年01月21日 23:58
本屋に立ち寄れる時だけ、同じくパラパラと立ち読みする私。最近はあまり時間もなく毎号かかさずということはないのですが、今回の特集は面白いですね~~!!是非是非読みたい記事でした。中でも復活のジソプって!!全然イメージが違いますね~。ジソプの復活も見たかったな~(悲しき~のスンホンと一緒ですね)。しかし川の流れ~のくだりと同じく、オム・テウンがはまり役だったのかも知れません。まだ6話(視聴済みの友達は中だるみがあると言っていますが)、今のところは文句なく嵌ってます!!これからが(も)楽しみです~!!
2007年01月22日 15:00
のりさん、こんにちは。
この雑誌、インタビュー記事で、ドラマのネタバレしてる場合があるので、買うのは控えてましたが、見終わった後に読むと中々面白いです。
そうそう、書き忘れましたが「キムサムスン」では、最初キム・ソナが相手役ヒョンビンを、まだ経験が浅いからと反対だったそうです。それがドラマはヒット。ヒョンビンも評価が上がり…わかりませんね~

「復活」のジソプは、ちょっと名残惜しいですね。監督さんは「ごめ愛」を見て、これなら二役も三役も出来るのではと思ったそうです。脚本も演出も良かったから。ジソプだったらどんなだったかな?と思います。オム・テウンも最高でしたけどね!彼だったから、新鮮なドラマに仕上がったかもしれないです。
2007年01月22日 16:48
お久しぶりです。この頃すっかり韓国ドラマ見られないでいますが。。
チャングムも完全版見ようかと思いつつ、見られていないです。
そういえば、冬ソナのぺさまの役は、リュ・シウォン君にも話がいっていたみたいで、、、リュ・シウォンくんがあの役をやっていたら、、、と、想像すると、チュンサンからミニョンになることは、どんな髪形になったんだろう。。とか、いろいろ想像してしまいました。。
2007年01月22日 22:00
mangosteenさん、こんばんは♪
ずっと更新なさってなかったので、秘かに心配してました。また始められて安心してましたよ~

「冬ソナ」のシウォン君は、エーーー\(◎o◎)/!知りませんでした。チェ・ジウと何度も共演してるから、ペ・ヨンジュンで良かった気もしますが、シウォン君がどう演じ分けたか想像すると、楽しいですね。髪型もどうだったんでしょ?!あの有名なミニョンさんの登場シーンは?!

私も「チャングム完全版」は、観れてません(>_<)気になる回だけは録画しないとーーと思ってます。
cocoans
2007年01月25日 13:34
pandaさん、こんにちわ
韓国ではキャストについてとてもオープンですね。
コ・スは「グリーンローズ」見て好きになりましたが、韓国での評価は厳しいんですね~。人気=視聴率に繋がらないところは本当にシビア!という気がします。コ・スの「北京」「マルチュク」は見たかった♪中国にシン・ヒョンテとくれば「グリロー」ですよね。ヒョンテの高校生はかなり無理がありますヨ・・・またいじめっ子です。
私もこの雑誌は好きです(ネタばればれですけど)
「15」読みました~そこでも載っていましたよ^^
「火の鳥」ジョンミン役:当初はRainの話も。歌手にだわったんでしょうか??
「チェオク」ユン役はチュ・ジンモを最初にオファーしたそうですが、事務所がすぐに断わってしまってジンモが残念がったそうです。「MUSA」の将軍のイメージとユンが重なったためとか。その後「ファッション70」で組めてほっとしたとありました。
あと「春のワルツ」チェハ役は当初チュ・ジフン(「宮」)だったんですよね♪こちらのチェハも気になります。
2007年01月25日 13:37
(pandaさんすみません、続きです。。)
本当にこうだったら、と想像するとまた違うドラマになりそうで楽しいですが、結局ドラマの配役がしっくりきている気がしちゃいます。不思議だ・・
「チェオク」の配役はいろいろあってとても興味深かったです。二人が逆、もあったなんて!!
どうもありがとうございました~
2007年01月25日 21:52
cocoansさん、こんにちは。
おお!色々と情報ありがとう♪
「マルチュク…」は当然ご覧になってますよね(^^)  コ・ス君が出てたら、どの役だったんでしょうね。「グリーンローズ」ヒョンテは風紀委員長で存在感が…と、どこかで読みました。いじめっ子…見たいなぁ~
コ・ス君の「北京」も見たかったですね。
「火の鳥」Rainは驚きです。心に傷を抱えた感じがいい感じです。でもエリック方が御曹子の雰囲気ある気がするし、キザな言葉が似合います。
チェハ役のチュ・ジフンは、最近他のお宅で知りました。これはキャラに合ってるかも?!それでもドヨン君は異邦人っぽい感じがあって、良い気がします。
「宮」はチェギョンとユル君は、元歌手でキャリアが少ないからと、反対もあったそうです。
でもドラマは大成功ですよね~
ホントに、決まらなかったキャストだったら?と想像するけど、結局決まったキャラがしっくり来てて不思議ですね。それだけ韓国の俳優さんは、引き出しを持ってて、対応出来るからかな~

この記事へのトラックバック