達磨よ、ソウルに行こう! (2004年 韓国)

「達磨よ、遊ぼう!」を先に見たかったけど、貸出中…ガクッ。
というわけで、続編のコチラから見ましたが、
僧3人が妙におかしくて、掴みからツボにハマってしまい、
ずっと、口元が綻びっぱなしで観てた気がします。
気楽に見れて、大笑い出来て、オススメです!

そして、最後のバトルは・・・人間ってそうなるのねーーーで、
自分もその中にいれば、やっぱりみんなと同じくなるのかな?
いや、私はならないぞ…と思ったり。
仏教のクリスマスのミスマッチも、面白いし、
サンタを待ってる小坊主がカワイイ~♪(「ごめん、愛してる」のガルチ君)
そしてこの子の行動が・・・小坊主だけど、天使のようだったわ~


以下、内容に関するネタバレです。 未見の方きご注意を!!

亡くなった高僧の遺品を、ソウルのお寺に届けに行く事になった僧侶チョンミョン(チャン・ジニョン....「ガン&トークス」)
留守を頼もうとしてるのに、「私も一緒に。テボンがいます」と言い張るヒョンガク(イ・ウォンジョン...「海神」師匠ムチャン)しかし、そこに座ってたテボンがいない?!
外を見ると、外出着を来て待ってるテボン(イ・ムンシク....「チェオクの剣/茶母」マ・チュクチ)が。
↑動かないで、ニッコリ微笑んで、銅像みたいで、おかしかった~


ソウルに着き、電車で、赤ちゃんに頭を触られて何とも言えない顔のチョンミョン。
ヘッドホンで音楽聴いてノッてる人を見て、
耳かけしてたヒョングも真似して、リズムにノリノリ♪
バスに乗る時、前の乗客がカバンについてるカードをピッとするのを見て、
知ったかぶりして、お尻をピッとするチョンミョンと、それに続く二人の僧。
「お坊さん、運賃払ってください」と運転手の声に、固まる3人(笑)
3人が泊まったのは、なぜかラブホ? 
隣部屋の音に、思わず木魚を叩くテボン→夜中に追い出されてしまった!
もうこの3人は、見てるだけで、フフフ…と笑みがこぼれてしまうモードに(^^♪

こんな珍道中で、何とか目的の無言寺に着いた3人。
しかし、仏像(なぜオデコに貼るのーー)やら何やら、
あらゆるものに差し押さえの赤い紙。 
借金5億を払えず、ここの住職は逃げ出してしまっていて、
若い僧侶と小坊主と老女しか残っていませんでした。
ヤクザのイ・ポムシク(シン・ヒョンジュン)らが取り立てに来て、
寺を守るために、自分が払うと言ってしまったチョンミョン。

ここにきた目的、遺品を老女に渡すチョンミン。
缶に入ったバラバラの数珠は、老女(「ビアノ」ヘリムの義姉・「雪だるま」ピルスン母)が高僧に『なぞとき』を出し手渡した物、
同じように、数珠を床にバラまき、
「数珠にも缶にも触れず、中に入れろ」と同じなぞときを出す老女。
これが、最後のあのシーンに。。。

とりあえず、信徒を集めようと、チラシを作るヒョンガク。
一番張り切ってたけど、自分の顔写真は削られてしまい…(爆)
その甲斐あって、信徒が集まって、チョンミンの説法が始まったけど、
ボムシクたちが乗り込んで来て、法に乗っ取り、ここにあるすべてのものは、土地開発会社のものと宣言されてしまいました。

前の「…遊ぼう」に出演のジェギュ(パク・シニャン)の屋台を尋ねたチョンミョン。
元ヤクザだから、相談しようとしたのかな?と思ったけど、
ビジネスの夢を語るジェギュには、「お前を監視しにきた」と。
何かを悟ったのかジェギュは、「今はこれだけ」とお金を渡してくれました。

ロトを買ったテボンが、300億に当選したのをテレビで見て、
驚きのあまり気絶しちゃって、救急車で病院へ。
無言の行の最中だから、決して言葉を発せず、
必死に携帯で打って伝えようとするけど、
携帯を初めたばかりで誤字ばかり…(^_^;) 勘違いする僧達がおかしい~

ようやく当選したとわかり、なぜかテボンだけ変装して銀行へ。
銀行の人は、みんなが僧に変装して来たと思ってたけど。
か、しかし!テボンはロトの申込書を大切に持っていて、
引き換えに必要な領収書は、賽銭箱に入れてしまってましたーーー(@_@;)

寺のものは、土地開発会社のものとなっているから、
賽銭箱も自分達のものと渡してくれないボムシクたち。
ここにビルを建てる計画で、客への分譲の説明も始まっちゃいました。
「そんな事、御仏が許さない!」と訴えるョンミョンに、
「金を返さないのは、神が許すのですか?」とボムシク。
当たってるたせけに、ぐうの音も出ませんね~

というわけで、賽銭箱を巡って決着をつける事になったのだけど、
この数々のバトルが笑えますヾ(>▽<)o
最初は、なぜかフラフープ。大陸側はちゃんとジャージ姿だし~
最後の一人、ヒョンガク。 疲れが見えてたけど、いつのまにか首回しにーー
あっけに取られて、落としてしまったマ課長、残念!

勝って喜んだ僧・四人組だけど、スポーツは三本勝負と言うボムシク。
第二ラウンドはカラオケ勝負。
若いムジンが歌う『般若心経』に、邪魔のリズムを入れる大陸側、
しかし!ラップ調の般若心経で、振りまでしっかりしてるムジン。
結構上手いじゃない、ヒョンガク、
でも「お母さん」の歌詞に泣き崩れ点は伸びず…で、カラオケは大陸の勝ち。

次は酒の飲み比べ。
なぜか修行中の僧達がめっぽう強くて、ボムシク側はみんなダウンして、
ヤッターだったのに、酔ってクダをまくヒョンガク。
こういう時はつい本音が…? チャンミョンにいちゃもんつけてましたね~
しまいに暴れてしまって、次のシーンでは警察。。。(^_^;)

もう盗むしかない…と強硬手段に出る僧達。
ムジンが事務所のミソン()と話してる間に、
屋上から吊り下がって、進入しようとするテボン。
窓越しに、あっちと合図するムジン。
寺でムジンのピアノを弾いてる姿に、釘付けになってたミソン(ハン・ヘジン...「1%の奇跡」「朱蒙)は、どうでも言い事を一生懸命しゃべって可愛いのだけど、
その後ろで、、勢いがついて、振り子状態のテボン!もう大笑い!!!
窓にぶつかる音に怪訝そうなミソンに、思わずキスするムジン。
ムジンも寺でミソンに目を留めていたのよね~
でも正直なムジンは、賽銭箱の為にここに来たと話し、ガッカリのミソン。

地面に落ちそうになって、間一髪だったテボン。
通行人に思わず、大丈夫としゃべっちゃいました。

翌日、ボムシクの信頼してた土地開発会社の会長がトンズラ。
事務所は荒れて、もぬけの殻でした。
ヤクザから抜け出して、給料取りに憧れてたボムシクは呆然。
分譲に金を払った人々から逃れるために屋上へ逃げるボムシク達、
そこには、シートを被って、片寄せ合って寝てるチョンミョンとヒョンガクが…

テボンもやって来て、「生きていたのかーー」と大喜びの2人だけど、
もし死んだりケガしてたら、下でもっと大騒ぎしてたでしょうに~

屋上でのボムシク側と僧達は、話しながら心が通じ合って来ていたのに、
賽銭箱の中を聞いた途端、僧達を閉じ込めて行ってしまったボムシクたち。
金ってコワイわ・・・しかし金の怖さはここだけではなく。。。

ムジンに鍵を開けてもらって、無言寺へ急ぐチョンミョンたち。
寺には分譲に金を出した人々が殺到していてざわめき、
ボムシクたちやチョンミンたちが言い争う中、
賽銭箱を持って現れたのは、ミソン。(やっぱりね~)
ムジンにキスして、置いて立ち去るミソン、追いかけるムジン。
でも最後は、修行してましたね~ここの宗派は結婚や恋愛OKなのかな?

ロトの領収書を巡って、「ここの財産はうちのもの」とボムシク。
「俺たちのものだ、俺のもの」とテボン。自分達も権利が言う人々。
人を変え、争いを巻き起こす300億・・・喧騒を愕然として見てるチョンミョン。
騒ぎを止める為に電灯を消した小坊主君、
そして再び灯がつくと、ロトの領収書を手にしてるチョンミョンは、
争いの元をビリビリと破ってしまい。。。

ちぎれた領収書を拾う人々、切り端を見つめてため息です。
いつもジクソーパズルをしてた小坊主は、「僕が直す」と
缶の中のパズルを出し、人達から集めだし、
切れ端を中に入れる人たち・・・
そんな様子に、老女の謎解きを思い出すチョンミョン。
零れた数珠を触らずに拾う方法・・・
みんなが自分から中に入れれば。。。協力し合えば。。。

完成したロトの領収書。
「ビルを建てなさい」とチョンミンに、
「いや、寺を存続」と、あれほど金は俺達のものと言ってたボムシク。

というわけで、1年後庭を掃きながら、サンタの歌を歌う小坊主の元に
プレゼントを持って現れたボムシクたち、そして分譲に金を払った人達。
その寺は、ビルの屋上。。。ビルも建て、寺も存続出来ました。

大笑いし、クスリと笑い、そして最後はなるほど。。。
面白い映画でした!


達磨よ、遊ぼう!/達磨よ、ソウルに行こう! ツインパック
『達磨よ、遊ぼう!』『達磨よ、ソウルに行こう!』ツインパック [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆず
2013年05月11日 11:05
pandaさん、アンニョンハセヨ。
レビューを見てずっと気になってて、やっとレンタルして観ました。
“…遊ぼう”と一緒にレンタルしたんですが…面白かったです。
カラオケシーンが特にツボでヨンギ様イヤユリ王イヤチョンミョンがマジメな顔で歌ってるし、ラップの時はこれまたマジメな顔でうさ耳カチューシャつけたり…(+_+)。

ラスト近くでは、あんな状況になれば私はどんな風になるのかな?なんて考えたり、小坊主くんの笑顔がホント天使のようで…。

しばらくはラップ版般若しんぎょうが耳からはなれないような気がします…(((^_^;)。

2013年05月15日 14:19
ゆずさん、こんにちは~♪

チャン・ジニョンssi
私はこの映画や「王の男」のイメージが強くて、生真面目だけどコミカルって印象なんです。
(トンイが初めた見た利発な役だっかかも?)

この映画、見たのはずーーっと前なのでかなり忘れてますが、どっちのシリーズも面白かったと覚えます。
ただうさ耳カチューシャは忘れちゃいました。
テレビで入らないかな~?!見たい!

小坊主くんの笑顔…(^_^)
この子、上手かったです。
この子役ちゃん、最近久しぶりに見たら大きくなってビックリしました。

この記事へのトラックバック