火の鳥 第15話

サブタイトル・・・「すれ違う想い」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
今回は冒頭、前回ラストのシーンが長かったですね~この位から回がドンドン伸びて行ったのかな?

ジョンミンが帰り、ジウンが帰り、セフンも帰ろうとすると・・・
「待ちなさい。どこに行くの?死んでも絶対に離さない」と、腕を掴むミラン。
ミランったら、「最後に抱きしめて。今日で最後だから」って言ったくせにーーー・・・( ̄  ̄;)
セフンが腕を振りほどいた反動で、ミランはテーブルにガッチャーンと激突!
それでも帰ろうとするセフンに、
「行くなら、私を殺してからに」と、しつこくすがるミラン。
今度は払いのけたと同時に、水槽へ激突! 哀れなお魚さん。。。
そしてここからが、凄いミラン....w( ̄∇ ̄;)w!!
割れた水槽の破片の上を、ジャリジャリ…(この音が一層不気味>_<)と、
素足で歩き、血の跡がつき、「こんな痛み、どおって事ない。
あなたにズタズタにされた私の気持ちわかる?」だなんて、
ミラン、これじゃあ、引くってばーーーー
セフンも、コワイ女と関わったものだわ。。。

それでも行こうとするセフンに、「行かないで」と言いながら、
いつの間にか手にしてた破片で手首を切り、倒れこんだミラン。

病院で、たくさんのケガ人を見ながら、
「ズタズタにされた私の心が分かる?」と言ったミランを思い出すセフン。
病室に戻ると、意識が戻ってたミラン。
「わかってあげられなくて、すまない。もう自分を傷つけないで欲しい。
でももう僕達を繋ぐものは無い。信じる事が出来なくなってしまっている」
別れを告げるセフンに、「苦しめてぐめんなさい」と背を向けるミラン。

しかし、、、それが本気のハズがなく。。。
あなたが私を捨てるなんて…そんな事許さないと、心で呟くミラン。
もう、これは愛というより、プライドみたいな、執着みたいな・・・

ジウンとセフンに子供がいた事がショックで、一人で飲んでたジョンミン。
バーテンダー(「ナイスガイ」テピョンの育った教会の神父他色々…)に、「深く考えすぎてはいけません。
その方のそばにいたいのなら、それで十分では?」と慰められてました。

ジウンは、ボッチャのところで号泣。。。
思いっ切り泣いた後に、
「彼を捨てた罰は、パパを死なせた事で終わったと思ってた。原因は私。
涙が止まらないのは、ミランやセフンさん、ジョンミンさんの事ではなく、
私の人生が惨め過ぎるから」とジウン。
「どうしてチャン・セフンは、いつもジウンの人生に?
それにジョンミンさんも送らないなんて」とボッチャ。
でも、ジョンミンさんの方が辛いと思うと気遣うジウン。

ジウンの家の前で、酔いつぶれてたジョンミン。
丁度帰った妹・ホンウンと一緒に、ベットに寝かせ、ジウンはソファーで寝る事に。
夜中に目覚めたジョンミンに、酔い覚ましのはちみつ水を注ぐジウン。
後ろから抱きしめるジョンミンに戸惑うジウン。
「少しだけ」と言うジョンミン、そこに母がドアを開け、
「どうぞそのまま続けて」と大慌てで、おかしい!

子供がいた事は堪えたけど、事実を受け入れるとジョンミン。
「君じゃないとダメなんだ。だから、酔いつぶれても来たんだ。
一つだけ聞きたい。ヤツは過去の人なんだろ?
今、君の心にいるのは、ソ・ジョンミンだけだろ?」
目を逸らして、肯定するジウン。
この様子では、本心ではない感じなんだけど。。。
ジョンミンはジウンのそんな様子に気付かず、
安心し、父を説得するから、時間をくれと。
抱きしめられても、どこか迷いが見えるジウン。

セフンとのいるサウナに行き、また喧嘩を売るような言い方のジョンミン。
呆れて「僕にどうして欲しいんです?」とセフン。
「その偉そうな態度が気に食わない」とジョンミン。
そういう言い方が我慢ならないとセフン。
↑そうそう!と頷きました(ジョンミンファンの方、ごめんなさい)
刺激し合うの、やめましょうとジョンミン、
そっちら仕掛けなければ、こちらからはしないと、ごもっともなセフン。

セフンの車に乗せてもらって、会社へ向かう途中、
ジウン母からの電話に、ニコヤカに答えるジョンミン、
セフンをチラッと見て、勝ち誇ったようにも見えるのは、私ジョンミンに厳しすぎ?

ブランドの方は成功したので、いよいよセフンの本業に。
スリムで高性能なMP3プレイヤーを考えてるようで、
「君に任せる。資金は惜しみなく投資する。君には期待してる」
と言ってくれるソ会長だけど、腹では何を考えているのかはわかりません。

ジョンミンの方は、株を15%持ってるローズマン社の人に電話し、
「これだけあれば、経営権が奪える」と、着々とセフン降ろしの相談。
「相手が欲しがるものを見抜けばいい」と、何か考えてる様子。

セフンとバッタリ会ったボッチャは、ジウンだけが苦しむのを見てられなくて、
「セフンさんがアメリカに発つ日、ジウンは空港へ追いかけ、
それを追いかけたお父様が事故に遭った」と。
愕然とするセフン・・・
ジウンは自分を追いかけてくれたのに、
アメリカに着いてから、電話をくれたジウンに、冷たくあしらってしまった…
お父さんを亡くして、自分を頼ってくれたのに・・・

それにしても、アメリカのセフンの部屋に、
自由の女神やブルックリン橋(?)のポスターは、ちょっと…(^_^;)

ジョンミンは、父を説得するために、あれほど嫌ってたお妾さんに、
別宅の権利を渡して、協力してもらう事に。
ジウンが来ると、「あなたを嫁として認めさせるから」とお妾さん、
しかしジョンミンが席を外した途端、「アンタ、やるわね」
は?と驚くジウンに、「カマトトぶって、そんな所にすっかりやられたのね」
ジョンミンが来ると、また作り笑顔・・・( ̄  ̄;)

セフンと2人の写真を見ながら(テレビに映して!自分に酔ってる気も…)
涙し「冷たくされたって、絶対に諦めない」と呟くミラン。
セフンの商談先のレストランに行き、ジッと見つめ、最後は、車の前で待ち伏せ。
ややストーカー気味で、これだけしつこいとかえって引くでしょうに。。。
「別れたなんて、勝手に思わないで」と言うミランを押しのけ、
「どいてくれ」と車に乗り込むセフン。
ドアを無理っくり開け、「捨てて幸せになれると?黙って手放すと思ってるの?」
そう言うミランを無視して、ドアを閉めて行ってしまうセフン。

ジウンとパク専務が一緒の所を見て、驚くソ会長。
ジウンが帰った後、「イ・サンボムの娘」と聞き、
顔色が変わり、「なぜ黙っていた?」と言うソ会長に、
「当時あの子はまだ若く、あの事は…会長と私の秘密です。
あの男は私のイトコだから、大丈夫です。
イ・ジウンが目障りなら、私が追い払いますか?」とパク専務。

様子を見ようと言った後、会議も欠席して会長室にこもり、
ジウン父との事を思い出し、考え込むソ専務。
10年前、国防庁の入札が、ソリンに内定と聞き、激怒してたジウンパパ、
同じ日の夜、空港へ向かうジウンを追いかけるジウンパパの車、
その後をつけるバイクの男は、
ジウンパパが車から降りたのを見て、わざとに引っ掛けて・・・
バイクの男(「チャングムの誓い」ピルドゥ・「オールイン」サンドゥ部下・「ナイスガイ」サンジン部下・)から、ジウンパパが死んだと聞き、驚くパク専務とソ会長。
脅かすだけのつもりで、ケガ程度にさせようとして、
死んだのは想定外だったのかな?それとも本当に殺そうと?
国防省の入札内定も、パク専務のデマだったのかも。

ジウンは10年も、自分のせい…と思っていて、可哀想。。。
狙われていたのだから、あの時ジウンを追いかけなくても、ジウンパパは・・・

「火の鳥」他の回はこちらです。

韓国ドラマスターLIVE (Vol.8)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cocoans
2006年11月02日 15:58
pandaさん、こんにちわ
ミランの怖さ、またじわじわと思い出してしまいました。やればやるほどセフンがひいちゃいますよね~
今回は自分だったけれど、その内人を傷つけそうで怖い!
ミランの心の声にいつもびくびくしてしまう小心者です。

セフン家の「いかにも」ポスターは爆でした!イ・ソジンさんいやだったでしょうね。セフンのキャラからしてもあれはないよ~と思います^^
ジウン父の死の秘密は私も驚きでした。ジウンやジョンミンが知ったら展開もだいぶ変わってきそうですね~ジウン本当にかわいそうです。
http://sannkeneko.paslog.
2006年11月02日 17:24
怖いミランの姿を思い出してしまいました。
このあたりからストーカーにアクセル全開!になっていくんです、はい・・・。

父の死の責任をひとりで背負ってきたジウン。
10年は辛すぎるし酷すぎです。
ジウン父はパク専務のことを疑ったことはなかったでしょうに・・・。
2006年11月02日 21:14
cocoansさん、こんにちは。
ミランは怖かったですねーーー実はホラー好きの私、ちょっとゾクゾク&ワクワクでした~
でもアレでは、男は引きますよ!ミランは分からないのかしら…?もうどこかタガが外れちゃってるみたい。。。そうそう、人を傷つけそうで、コワイですね。平気でやりそうな。。。

セフンのアパートのポスターは、ギョッとして笑っちゃいました(^o^)セフンのキャラならまっさらな壁のままという感じですよね。

ジウン父の事故は、驚きですね。
「彼を捨てた罰」と話してたジウンを思えば、故意にやられたんだよーーーと教えたくなります。どうなっていくのか楽しみですね。
2006年11月02日 21:19
sannkenekoさん、こんばんは。
見終わって時間が経ってますが、蘇りましたか~?ミランの怖さは尋常じゃないですね。またそれが面白いです。↑にも書いたけどホラー大好きなのですが、あんまり続くとコノーー!って思いそうです。

ジウン父の事故の真相は、ジウンが可哀想で。。。本当に長い時間、酷ですよね。
そして裏切ったのが、パク専務だなんてね。ジウン父も浮かばれません。。。制裁が下る事を期待してます。

この記事へのトラックバック

  • 『火の鳥』第15話

    Excerpt: 韓国ドラマ『火の鳥』第15話~すれ違う想い~BSフジ予告でこの女性はボッチャだと思ってました・・。ボッチャも前髪一直線なんですよね^^; Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-11-02 16:10
  • 「火の鳥 プルセ」第15話

    Excerpt: 『10年前の真実』に呆然とするチャン・セフン。 『10年前の真実』に動揺するソ・ムンス。 それは違うように見えて切り離せないもの。 「火の鳥 プルセ」第15話 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-11-02 17:07