春のワルツ 第4話

サブタイトル・・・「帰郷」
画像

☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
階段で聞いてたクレメンタインの演奏が終わり、我に帰って、「久しぶりに歌っちゃった。アイツのせいで、悲しくなった…」とポツリ。
お兄ちゃんとの思い出の歌を、ずっと封印してたのかな?
悲しくさせた原因のアイツ=実はお兄ちゃんだとは、知る由もないウニョン。
帰ろうとするウニョンを呼び止めるフィリップ。
韓国語の分からないフィリップに、馴れ馴れしいと言ったり、
敬語を教えたりするウニョン。八つ当たりなのかしら?

パーティに出てと、ドレスや靴まで用意してるフィリップ。
ウニョンでないけど、「あなたって何者?」かも(;^_^A  それに、ピッタリだし
着替えてる場所って、トイレっぽい雰囲気なんだけど…まさかね?
恥かしいと言うウニョンに、綺麗、ビューティフルを連発する笑顔のフィリップ

イナから受け取った名刺に、レコード会社の名前を見て、
「僕に近づいたのは、このせい?韓国には行かないし、CDには興味はない。
僕は君が覚えてるユン・ジェハじゃないと 」と冷たく言い放つチェハ。
そうかと思えば、スピーチで、「彼女は僕の為に、遠い国から来てくれた。
ソン・イナは、子供時代の一番の友達」と、みんなの前で紹介し手を取るし、
冷たい部分と優しい部分があるチョハ。
イナは、ショックでグラスを落とすほど動揺→チェハの言葉に感動の笑顔。

チェハは帰る観客の流れの中に、ウニョンを探すほど気にしてたのに、
パーティ会場にフィリップと一緒にいたので、驚き&嫉妬顔。
おまけにフィリップが、ドイツ語で、「僕の彼女。知りあった途端、つきまとわれて」なんて言うから、益々厳しい顔になるチェハ。
言葉が分からないウニョンは、キョトン。

イナとダンスを踊りながらも、すっかり目線はウニョンのチェハ。
パートナーチェンジになり、ウニョンとペアになり、
「僕の前ではアリス。フィリップの前では?
今度はキムチをこぼした?」と嫌味のチェハ。
ダンスをやめて、会場を出るウニョンに、例のクマのセーターを投げつけて、
「真面目な顔して、男を騙すの?」と言うし、嫉妬全開という感じです。
ウニョンは「私は人を見る目がある。あなたなんて嫌い」宣言してました。

ドレス姿にコートを着て、スーツケースを引きずって帰るウニョン。
借り物なんだから、着替えて帰らないとダメじゃ…(^_^;)
追いかけて来たフィリップが英語で話しかけて来るけど、さっぱり意味不明。
何でこんな…とブツブツ言って歩いてると、転んでしまったウニョンは、
お姫様抱っこしくれるフィリップに、ドキマキ。
車のボンネットに座らせて、ネクタイで足を固定してくれたフィリップ。
そんな優しさに、安心の笑顔を浮かべ、
フィリップが紹介してくれたホテルに一緒に向かう事にしたウニョン。

フィリップが来るのを待つ間、
コンサートのたびに、大きな湖のあるここに来ると、イナに話すチェハ。
オーストリアには海がないから…と、幼い頃の思いを馳せているよう。

ウニョンがフィリップに連れられて来たホテルは、チェハたちが泊まってるホテル。
小銭を差し出して「プライス」と言うウニョン。
小銭で泊まれるホテル?と思ったら、差額はフィリップが払ってました。
そんな気遣いしてくれてるとも知らず、
「同じ部屋?」とかって心配して、警戒して「グッナイ」とドアを閉めちゃうウニョン。
しかしスーツケースは廊下! どこかオトボケちゃん♪

「展開が早すぎる。韓国の女性が初めてだからって」と、
フィリップに釘を刺すチェハ。 心配じゃなくて遠ざけようと?
「フィーリングが大事。君とイナにもある」と笑うフィリップに、
一応微笑むけど、すぐ真顔のチェハ。 
↑意外と分かり易い人かも? ウニョンにもフィリップは…と言ってたし!

その夜、幼い頃のスホの夢を見るウニョン。
チェハも、幼い頃に、必死にウニョンを探してる夢で、うなされて目覚めました。
向こう岸を見ると、ウニョンの姿が見えます。

雪玉を積んでお祈りしていたウニョン。
その場所に行って見たチェハは、積まれた雪を見て、
幼い頃、石を積んで祈ったウニョンを思い出し、切なそう。。。

フィリップが部屋に行った時は、ウニョンが発った後でした。
お礼の貝殻細工を見つめていたフィリップ、
貝殻細工に目が釘付けになり、昔もらった虹の貝殻を思い出すチェハ。
そして、名前は「ウニョン」と聞いて愕然、
列車の中のスマイルマークと共に、昔のウニョンが重なり、
クリスタルミュージアムに向かい、必死に探すチェハ。
手術が失敗して、死んだと聞かされれたウニョンが生きているかも・・・
(何でこう聞かされたのかな?)
しかし、すれ違って会えませんでした。

二ヵ月後、韓国行きの飛行機に乗ってるチェハとフィリップ。
韓国には戻らないと言ってたのに、ウニョンを捜すためなのかな?
フィリップは韓国へ行くから、猛勉強して、2人の会話もハングルに。
「僕は半分韓国人」と言うフィリップに、
「僕の半分は、ユン・ジェハ。そして残りが半分…」と。
指でクレメンタインを弾きながら、幼い日を思い出すチェハ。

前回の続き、、、ソウルの公園で、気を失ったウニョン。
病院前に着いた救急車を見て、ちゃんと呼んだのね~と思ったら、違いました!
おんぶして、フラフラになりながらも、病院に駆け込んだスホ。。。
ちょっと、こういう姿には、ホロリと来ます...(T_T)
島のポンヒおばさん呼んだのでしょう、姿を見て安心したスホだったけど、
「あの子は可哀想な子だから助けてあげて。
母親が交通事故で死んだのをまだ知らないの」と
看護師に話すのを聞き、ショック。。。
ベットで眠るウニョンの傍らで、泣いているスホ。
涙を拭いた時に腕に書かれたスマイルマークを見て、また涙・・・
「お兄ちゃんの印」と言ってくれたウニョン、でも父のせいでウニョンのお母さんがというのは、スホもわかっているでしょう。

ウニョンが目を開けると、慌てて涙をぬぐうスホ。
「お母さんが夢に出て来て呼ぶから、行こうとしたけど、
途中で戻った」と言うウニョンに、
「ありがとう…このまま目を覚まさないと…」とスホ。
「バカね。大丈夫よ。覚まさないわけないわ」と笑うウニョン。

ポンヒおばさんに見つかり、逃げるスホ。
ずっと上の階まで行って、ある病室に隠れると、
そこに入院してた患者(「チャングムの誓い・トック妻のクム・ボラ)は、「チェハ…?」と。
近づいてきて抱きしめる女性は、手首に包帯をして、
どこか精神的に追い詰められてる雰囲気です。
戻って来た夫(「冬ソナ」サンヒョク父他のチョン・ドンファン)が止めようとするけど、
スホの顔を見て、ハッとし、まじまじと見つめていました。

結局、ロビーの椅子で眠ってるところをポンヒに見つかったスホ。
叱ろうとするけど、「お前だって可哀想な子なんだ」と言ってくれて、少しホッ。
ウニョンの容態は、一刻も争う状態。
「それなのに誰かが手術代を出してくれるわけじゃないし…」と愚痴るポンヒ。

夜中にうなされてるウニョンの声で飛び起きたスホ。
「お母さん…」と何度も呼ぶ声に、やりきれない表情のスホ。
屋上から、ずっと大切に持ってた父との写真を破り捨て、決別。
(この時の空、色をつけたみたいなオレンジが気になってしまった…)

夜、『ユン・ジェハ』のパスポートを手にしてたチェハ。
そして昼、「チェハ、待ちなさい」と言う声を遮り、車から降りて、
ウニョンの病室に向かうスホ。 しかし、病室は空っぽでした。
旅立つ前に、お別れをしたかったのかな?
ユン・ジェハの両親と一緒に、飛行機に乗っているスホ。 
「ウニョン、またいつかどこかで会うんだ。約束だよ…」
涙を流して、誓うスホ・・・

パスポートを手にしてから、ラストまでの流れがよくわかりませんでしたが、
次回以降、明らかにされるのかな?
韓国ドラマ・エンタメサイト-korepanでは、
4話のあらすじに書いてありましたが。。。
次回以降へのネタバレかもしれないので、下の方に小文字で書きます。
読みたくない方は、飛ばしてくださいね♪
【追記】
少しずつ、明らかにされていくらしい…という情報が。
そうならば、うなるのかと、ワクワク・ハラハラして次を見たくなるか、
なぜ?とイラついて、もういいや…と思ってしまうかに、別れてしまうかも。
飽きさせずに進んでいって欲しいですね。









ユン・ジェハ少年は亡くなっていて、
病室で会った女性はスホをチェハと思い込み、
夫は、妻の為にチェハとなって欲しいと頼んだのかな?、
そしてスホは、チェハになるかわりに、ウニョンの手術代を出してもらったよう。
そうする事が、父のした事への贖罪だった気がします。
チェハの父は外交官と、イナが言ってたから、
それでカナダ勤務になって、向かったのでしょう。


「春のワルツ」他の回はこちらです。

「春のワルツ」公式ガイドブック 前編

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月28日 16:14
pandaさん、アンニョン♪
私もそう思うよ~!!なんだか点と線を結び付けている感じだけど、スホは手術代が欲しくて息子になるのではないのかな?と。
えーーまだまだひっぱるの~!確かにそれは別れるかも。今度もう少し見てみないとわからないけど、なんだか今回は映像もすごいこりすぎな位に凝っているし、ストーリーもそうしたんだね~。単純な冬ソナのようなパターンの方が盛り上がりそうな気がしちゃうな!
とは言いながらも次回ちゃんと見るけど(笑)
2006年10月29日 12:16
so-so♪。さん、アンニョン♪
秘密を小出ししてる感じだけど、サスペンスドラマテイストじゃないから、あまり引っ張るとリタイアする人も多いよね、きっと。私も単純に進めてくれた方が盛り上がって、いいと思うんだけどな~ちょっと限界に近いかも。。。
今回の映像も凝ってたね~自然のままでキレイや部分もあるけど、朝焼けは色をつけてる?と思ったりして…
私も文句言いつつ、次回も見るわよ~スホがチェハとして、どう生きて今の王子様然(←使わせてもらったわ♪)となるのか気になります。
2006年10月30日 12:06
pandaさん、こんにちわ
やっぱりウニョン母、亡くなっちゃいましたね。悲しいです。まだ本人は知らないんだと思うと・・。
夢に出てきたというのも涙でした。島の叔母さんもスホを結局許してあげて「ごはん食べた?」って、また涙、でした。
韓国ではこの言葉をよく言うと聞いたけど、この時すごくいいなと思って。(実際スホはとても腹ペコだったし^^;)
今回は本当に冬の映像がきれいでした。行きたくなっちゃいますよね~。
でも朝焼けシーンがわざとらしくて、普通でいいのにな。少しそこが残念です。
スホ⇒チェハの変化気になります。謎ときもあまり長引くと・・・ですね、でも次回見ます。
TBさせて下さい^^
2006年10月30日 23:00
cocoansさん、こんにちは。
ウニョン母が死んだと前回明かさなかったように、今回もスホがどこかへ…というのはぼかしてましたね。そういう手法で進むと知らなくて、「( ̄ー ̄?)」でした。引っ張りすぎると、ブーイングが起きそうな気もしますが、そういう風に進むと覚悟して、楽しんで行きたいです。

母の死を知らないで夢で…というウニョンも、それを聞いてるスホも可哀想で、ホロリ…でした。。。二人共まだ子供なのにね。
島のオバサンの「ご飯食べた?」も何だかジーン。そういや「ご飯食べた?」メシ食った?」って良く出て来ますね!
冬景色、綺麗でしたね~私の住んでるところは、もちろん雪は見慣れた景ものですが、それでもヨーロッパ独特の建物や空間が良いし、移し方が上手いですよね。朝焼けは突っ込みましたよーー。オレンジ過ぎですよね^^;

この記事へのトラックバック

  • 春のワルツ 4話

    Excerpt: ひっぱるなぁ~、ユンソクホ監督ニム(笑)だいたいの想像はついたけど、やっぱりお金持ち、それも外交官の家にもらわれていくパターンだったのね、多分。それもきっとウニョンの手術代と引き換えというのが来週なの.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-10-28 16:12
  • 『春のワルツ』第4話

    Excerpt: 韓国ドラマ『春のワルツ』第4話~帰郷~ここの景色はとても素敵でした^^来週からは韓国なんですね~少し残念な気も。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-10-30 12:11