真実のために -ADVOCATE- 第2話

サブタイトル・・・「突然、弁護士」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
休廷を申し出たチン弁護士。その理由は、原告・ナム課長が亡くなったからでした。
ショックで倒れる妻や、子供の泣き声が可哀想…
原告の子供の男の子の方、どこかで見たとずっと気になってたけど、
もしや、「初恋(1996年の)」のジャングン君ではないかしら???


「新たなゲームの始まりだ」とか、「このゲームには数百億がかかってる」とシンファのソ弁護士。他の弁護士もミーティングで「ゲームに勝ったようなもの」って言ってたし、原告側が亡くなったというのに、『ゲーム』
...ここの体質が良く分かるわ...ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
ソ弁護士は、「偽装教唆があったのを知らなかったのか?」と担当弁護士に聞いてたけど、前回のソ弁護士の表情では、仕組んだのはあなたでは?と疑いが。
数百億もかかって、負けるわけには行かないので、
やり手のオ・ジュンソン弁護士に担当を交代させました。

オ・ジュンソンの提案で、もう一度2億の和解金を提示するシンファ。
でも奥様にしたら、会社側の謝罪と補償が欲しいのです。

葬儀の会場の外で、意味深に見つめてる女を見つけたミンギュ。
女が投げ捨てたタバコの吸殻をハンカチで包み、
走り去った車の番号をメモ。 何だか探偵のようなミンギュ。

事故後のビデオを確認して、直進してるのでは?と不審に思うオ・ジュンソン。
前任者のオ・ヨンベ弁護士は、現場検証は必要ないと言ったらしい。
現場に行ってタイヤ痕を見ると、原告のナム課長の車は会社の方に直進ではなく、左折してから、電話ボックスに激突した事を突き止めました。
車にぶつかった人から、左折のウインカーが出ていた事も突き止め、
この時は意識があった事も判明。
現場近くの画廊に勤める人から、「同乗してた女性が事故後に降りて、
救急車で搬送された後、いなくなった」と聞き出しました。

女性から聞いた背格好や服装、モンタージュ写真から、
事故後のビデオに映ってた女と気付いたオ・ジュンソン弁護士。
サングラスはしていても、顔がハッキリわかります。
エンディンクで、この女の名前とか調べるシーンがあったけど、カットだったみたい。

「レポートの為」と言って、事故車両を見せてもらってるミンギュ。
灰皿に残ってた吸殻は、葬式の夜の女と同じ。
唾液を照合してもらうと、一致したようです。
そして控えた車のナンバーから、モデルのユン・ソラとわかりました。
その顔写真を、コンビニから、チン弁護士宛にファックスするミンギュ。
でも、「この女を調べろ」とかって書けば良かったのに・・・
見知らぬ相手からのファックスに、何の情報か分からなかった(?)のか、発進元を調べるウンジ。

ユン・ソラに、先に会ったのは、シンファのオ・ジュンソン。
彼女は離婚調停中なので、あまり関わりたくない様子で、
「過労の状態だった事は証明できるけど、証言台に立つ気はない」と。
シンファ側にしたら、「過労」の証言は困るので、
「パリに発つ」というソラは好都合。

第二回目の裁判では、シンファ側は画廊の女性を証人にたて、
車に女性が乗っていた事を裏付ける数々の証拠を提出し、
会社ではなく、別な方向に左折した事を話し、
「倒れた原因は、過労やストレスでなく、私生活で悩んでいたからでは?」と。
意義を申し立てているうち、心臓の辺りを押さえて倒れてしまったチン弁護士。
ようやくファクスの女性の意味が呑み込めたウンジは、
ベットのチン弁護士の手を握り、
「誰かが警告してるんです。発信者を探し出します」と誓いました。

前回の隠し口座の男の逮捕状を作っていたヘミ。
五時まで提出しなければならないのに、
直前に上司から呼び出されて、再び圧力。しかし屈しません!
事務官(この方「チャングムの誓い」女官試験のノ尚宮に似てる気が…未確認です)に、作ってもらっておいた逮捕状を持って、裁判所へ走るヘミ。
「門を閉めろ!」と命じる同僚。(「チャングムの誓い」アヒル商人・チェオクの剣」「神話」にも出演)
ヘミは、ギリギリすり抜け、走り続けて到着したけど、無情にもシャッターが!
「まだ一分前よ」と迫力のヘミに、向こうは渋々受付してくれました。
もしや、「受けるな」って圧力がかかってたのかな?

正義を貫いたヘミだけど、事務官と一杯やった帰り、
車に乗ろうとした時(←飲酒運転じゃ... ̄ー ̄;.????)、何者かに薬を嗅がされ、
拉致されそうなところを、助けに入ったのはミンギュとミョンソク。
2人は屋台で一杯やってる時に、
隣にいた怪しい男たちの会話で気付いてたらしい。
ミョンソクは喧嘩慣れしてるっぽいけど、ミンギュは投げ飛ばされてましたね~
2人のおかげで、男達は退散しました。

気絶してるヘミのバックに入ってた免許証を頼りに、
自宅に送り届けるミンギュ。(←あなたも飲酒運転じゃ?)
脇腹が痛そうだけど、ヘミを肩に担いで(!)、部屋に寝かせました。
本棚や机にあるたくさんの司法に関する本に目が留まるミンギュ。
ミンギュの後ろ姿が、薄っすらと見え、そして安心したように目を閉じるヘミ。
自分を助けてくれた人とわかってるのかな?

で、この時ミンギュが一緒に飲んでた相手・ミョンソク。
ヨンサムさんから、「あいつの身元引受人に」と頼まれて(警察?派出所?)
ミンギュが迎えに行って、引き受けのサインをした帰りだったのでした。
これが後々・・・

オ・ジュンソンの講演(過労死裁判の質問されると、勝つ事に自信満々)の後、
教授に呼ばれたミンギュ。
ミョンソクは、釈放後、盗み&警官に暴力で指名手配されるらしく、
「犯罪者を助けるのは、刑法に引っかかる行為、検事に任命できない」と伝えられた教授が、直接ミンギュに伝えたかった…とやりきれなさそう。
このおかげで、繰り上がりでチョルホが検事になれると聞き、「よかった」とミンギュ。少し落ちしたような、それでいて本当に良かった…というような。

成績からいけば間違いなく検事になれるけど、迷いがあったミンギュ、
検事になる事は10歳からの夢だったけど、
厳しいから勉強を頑張ると言ってたチョルホ。
ミョンソクはチョルホに電話したけど、出なかったと言ってたし、
検事になる事の意志の強い方がなれて、良かった気も。これも運命なのかな?

卒業式の日、申し訳なさそうなチョルホが印象的。
きっといい検事になるでしょう~あ?!でもミンギュと対決する日もあるのかしら?

コンビニの防犯カメラから、ファックスの送り主を知り、
ヨンサムのワゴンショップを手伝うミンギュの前に、ウンジが。
「先生が捜してる」と言われ、一緒に病院へ。
「事件に詳しい人は、他にいない」と、自分の後を引き継いで欲しいチン弁護士、
「経験がまったくないし、自信がない」と躊躇するミンギュ。
「誰にでも、初めはある。自信がないのは同じ。あるのは依頼人への信頼だけ」
そう言って、握手の手を差し出すチン弁護士、返すミンギュ。

「レポート以外に執着してる理由があるでしょ?」と鋭いウンジ。
「…大した学歴がない父が、工事現場で…」と話しはじめたけど、
タダじゃ言えない、酒でも奢ってとはぐらかすミンギュ。

事故車の同乗者ユン・ソラに連絡するミンギュだけど、
電話に出ないし、メッセージを残しても連絡が来ません。
翌日、マンションを尋ねるけど、ご近所さんに「今日フランスに行く」と聞き、
慌てて自転車を飛ばし・・・私、このまま空港まで行くのかと思っちゃったわ~
そうではなく、大通りに自転車を止め、タクシーで空港へ。
パリ行きの搭乗手続きが始まっていて、ユン・ソラを呼び止めるミンギュ。

「真実のために -ADVOCATE-」他の回はこちらです。

イ・ヨンエ主演 真実のために DVD-BOX
イ・ヨンエ主演 真実のために DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月22日 15:11
pandaさん、こんにちわ
シンファってどうしても笑ってしまうんですが・・・
有能なんでしょうが、ゲームというところなどどうしても悪役になってますね^^;。
ソン・チャンミンの自転車姿は、若いと思いました。振るそうですが、見やすいですね。
脇役にいろいろな人が出てるんですね。楽しく見れそうです。
TBさせて下さい^^
2006年10月23日 11:53
シンファといえば思い浮かぶのは『神話-SHINWHA』だよね~♪ ここでは、ゲーム感覚・有能エリート弁護士集団とはおかしいですよね。
ソン・チャンミンの自転車姿は、何だか新鮮でした。彼は落ち着いたイメージのドラマしか見た事なくて、エプロン姿も微笑ましいです。
古いドラマだけど、法廷シーンが盛りだくさんで、楽しみなドラマになってます。実は法廷ドラマとか弁護士ものが好きなのです。脇役陣も見覚えのある人がいっばいで、楽しいですよね~

TBが入らなかったみたいなので、もう一度お願いします!
2006年10月23日 15:53
pandaさん、TBすみませんでした~

DVDが出てるんですね。でもソン・チャンミンが小さくて少しかわいそう。
キム・サンギョンがどこか上川隆也に見えてしまうパボな私です^^;。
2006年10月24日 00:07
cocoansさん、ありがとう♪
TBは、コチラ方で、はじいてしまったのかもしれません。

DVD出てました。でも、近所のレンタルでは見ませんでした。
ソン・チャンミン、主役なのに、この扱いはかわいそうですよね~
でも、ヨンエさん写真、すごく古く見えて、もっといいのが無かったの?…と思ってしまいます^^;

>キム・サンギョンがどこか上川隆也に見えてしまう
うんうん、激しく同意です。
似た雰囲気だし、演技の表情とかも似てます。
上川隆也がやったら、ハマりそうな役どころですよね。

この記事へのトラックバック

  • 『真実のために』第1・2話

    Excerpt: 韓国ドラマ『真実のために』第1・2話    チバテレビ 先週から始まりました。字幕でうれしいです^^ウンジ(イ・ヨンエ)は弁護士事務所で秘書をしながら弁護士を目指して勉強中。病気で倒れた事務所の先生に.. Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-10-23 15:43