春のワルツ 第2話

サブタイトル・・・「虹の貝殻」  
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
コンサートのアンコールで思い出の曲『いとしのクレメンタイ』を弾きながら、幼い日を回想するチェハ・・・
桜の舞う日、父・チョンテ(「チェオクの剣」ペク武官・「秋の童話」ジュンソの先輩・「風の息子」ギョンビルなどのイ・ハヌイ)に連れられてチョンサンド(青山島)行きの船に乗るスホ。
スホ父は、祖父に、しばらくスホを預かってもらうつもりだったのでした。
名前はスホだけど、チェハの回想に登場してるのだから、ピアノを弾いてる当人なのでしょう。

故郷に住む父の父…スホの祖父に家に行くと、既に亡くなっていました。
墓の前で泣き崩れる父、会った事もない祖父には、何の感情もなく、
ただ「このままソウルに帰れる」と思ったスホ。
---島では風の中に葬られ 風が吹くたびに魂が天に近づく---
まさかスホ=チェハが、後にこんな風に?なーんて思ってしまった。

しかし父は、酔っ払ってしまって、港で大の字で眠ってしまいました。
ソウルに帰りたくて、揺り起こすスホだけど、びくともしません。
今となっては、帰らなかった事に感謝してるスホ。
『もし帰っていて、ウニョンと出会えなかったら、
僕の人生は、どんなに暗く寂しいものだったろう』
第1話で暗い雰囲気だったのは、ウニョンと離れ離れになったから?

朝、港で寝てる父子を見つけたウニョンの母ヘスン(ラブレター「シスター・ジェンマ」のユン・ユソン)は、幼馴染のチョンテだと気付き、懐かしそう。

家に連れて行って、2人に冷麺(?)をごちそうしてくれたウニョン母。
名前を聞かれたウニョンは、「ソ・ウニョンです」
第1話では「パク・ウニョン」だったので、この後色々ありそうです。
ずっと外国で仕事をしていて、帰れなかったと話す父に、
思わず麺を詰まらせてしまうスホ。(HPによれば、スホ父は賭博師)
ウニョンはニコニコ顔で嬉しそうなんだけど、
少し年上のスホは、ウニョンを意識してるみたいな?

ウニョン母に「しばらくスホを預かってくれ」と頼む父。
多分、イヤだと言ったスホは、
船着場に向かう道中、ずっと父の腕を掴んで離しません。
なぜか、一人で行かなければならないらしい父は、
腹具合が悪いと、用足しに行ったフリをして、そのまま船へ。
そうとも知らずに、麦畑でずーーっと待ってたスホ。 
あまりにも戻らなくて、ようやくもしや?と思って港へ走るけど、遅かった・・・

ガックリと打ちひしがれてたスホ。 向こうにはすごい夕陽です。
「スホ…お母さんがご飯だよって」と呼びに来たウニョンに、
「年下ならお兄ちゃんと呼べ!俺の事はほっとけ!行け!」とスホ。
薄暗くなって、ようやく腰を上げたスホ、すると帰ったと思ったウニョンが。
無視して行こうといるスホを止め、
「連れてかないと、私ご飯抜きなんだから」とポロポロと涙が零れるウニョン。
で、一緒に家に行ったスホ。

ウニョンの母は、決して裕福ではないのに、
スホの為にと、ごちそうを作ってくれてました。
後から、同僚に「あんな男=チョンテの子を預かってるなんて軽率。
2人の関係が、島中の噂になる」と言われてたけど、
ウニョン母は、心が優しい人なんですね~

夫がいないので、自分が働いていて家計を賄っているウニョン母、
毎晩帰りが遅くて、今までウニョンに寂しい思いをさせてたので、
ウニョンと遊んでくれる?勉強教えてくれる?とスホに話してました。

ここの島の小学校は複式教室、ウニョンとスホは同じ教室です。
黒板に出て問題を解くように言われて、答えられないスホ。
賭博師の父の元で、学校をロクに行って無いようです。
「オールイン」のイナみたいな生活なのかな?
そんな様子を見て、スッと立ち上がったウニョンは、
「お兄ちゃんはアメリカから来たから、こっちの勉強がわからないんです」と。
ゲッ何て事言うんだ…って顔のスホ。
しかしウニョン、「すごく頭がいいんです」ってどうして?何の根拠が( ・∇・)?
カットされてて、何かいいシーンがあったのかな?


学校帰りに貝殻を拾って、それで貝細工を作るウニョン。
「ヒマだからお母さんと作ってみて、市場に持って行ったら売れたの」
ウニョンの話の「お金」に反応するスホ、
しかし、その日におかずを買ってないと言われて、ガッカリ。
「ハンバーガー知ってる?」
「木浦(モッポで)食べた事あるもーん」 この会話は小学生らしくて可笑しい♪
「あーあ、食べたいなぁ。ピザに酢豚…お前ハンバーガー買って来いよ」
この島には売ってません。ソウルを懐かしむスホに、何も言えないウニョン。

学校の帰り道を、少し離れて歩いてた2人だけど、
いつのまにか並んで歩くように。
菜の花畑で、かくれんぼしようと言い出すスホ。
遊びたいんじゃなくて、買ったらお金をもらいたいから・・・(;^_^A
鬼のスホがいくら探しても、見つからないウニョン、
すると父が黙って船に乗って行ってしまった日、
麦畑を探しても呼んでも、父の返事がなかった事が頭を過ぎり、
悲しくなってしまうスホ。

夕立が降り、雨宿りする2人。
石を積んでお兄ちゃんがずっとここにいますように…」と願い事をするウニョン。
でもどうしてお父さんは迎えに来ないの?と言うウニョンに、
「ソウルで会う約束をしてるんだ」と、ついウソ言ってしまうスホ。

ソウルに行く旅費を貯めるために、子供達と賭けをして稼いでるスホ。
そんなある日、家で口喧嘩になってしまったスホとウニョン。
「早く出て行けば?帰りなよ」と言ってしまったウニョン、
売り言葉に買い言葉で、旅費が足りないのに出て行くスホ。

船着場で誤魔化して船に乗ろうとするけど、当然ダメで乗れないスホ。
高台から、スホが乗ったかもしれない船を、泣きながら見つめてたウニョン。

トボトボと戻ったスホは、そんなウニョンを見て俯いてしまい、
ウニョンはスホの姿に、涙を拭いて笑顔♪

海岸を歩きながら、
「船に乗れなかったのはお前のせい」と八つ当たりするスホ。
また口喧嘩になってしまい「勝手に行けば」と怒るウニョン。
じゃあ泳いでソウルに行くと、海に入って行き、「水が冷たいのよ。死んじゃう」と止めるウニョンの声を聞きながら、助けてーーーと溺れたフリするスホ。
「なーんちゃって」と立ち上がった時には、自分の方へ向かってきたウニョンが。
小学生がそこまでするかい?と思ったけど、
ウニョンは人のためでも、何でも必死…そういう子なんでしょう~

実は病気だったウニョン。今回は応急措置で何とかなったけど、
ソウルで手術を受けないと、いつ死ぬか分からない体なのでした。。。
ウニョン母の同僚(ローズマリー「ヨンド」義姉)は、「手術代の為に身を粉にして働いてるのに、それでも、いつ死ぬか分からないなんて…」と切なそう。。。

スホのせいだとわかっていても、頭ごなしに叱らないウニョン母。
自分から謝ったスホに、「今度から気をつけてよ。
あの子は走るのもダメ、泳ぐなんて大変な事になるのよ」と優しく諭してました。
そして、「コロっと忘れてたわ」とバックの中から取り出したのは、ハンバーガー。
ウニョンが手術代の為に貯めてた貯金箱を割って、
木浦(モッポ)に行く人に、買って来て欲しいと頼んだものでした。

「お前バカだよ…悪いのは俺だよ。本当は俺行く所ないんだ。
この島でずっと暮らすよ。だからウニョンもずっとずっと生きていて」
スホの涙がポトポトと零れて、眠ってるウニョンの頬に。
意識が戻ったウニョンに、今まで見せた事のない笑顔を見せるスホ。

石を積んで、「ウニョンの病気を治してください。
この願いを叶えてくれたら、僕、何でもします」と祈るスホ。
そんなところに、スホから賭け金を取られた子の兄が喧嘩を吹っかけてきて、
それを止めてくれたスホ父。

スホ父は、いっぱいお土産を買ってきて(スホ曰く中古品?)
家を改築して、ここに引っ越すと言ってますが。。。
ここにずっといられると、嬉しそうなスホ。

兄妹のように、仲良く遊んでいるスホとウニョン。
ウニョン、少し走ってるけど、大丈夫かい( ̄ー ̄?).....????
ある日、手作りの貝細工(虹の貝殻)をスホにプレゼントするウニョン。
第1話でチェハが見てたアレですね~
太陽にかざすと虹が見えるという貝を、嬉しそうにかざすスホ。
「アメリカにも虹ってあるの?」と聞いたり、
「A・B・C・D・・・」と歌いながら、続きは?と聞くウニョンに、
アメリカ帰りではなく、学校は2年の時にやめて、ウソで泥棒…と告白し、
「こんなんでも、お前のお兄ちゃんになれるかな?
これでも俺の妹になれる?」とスホ。
答えられなかったウニョン。

一人で帰るウニョン、すると空に虹が。
(↑雨が降ったのかしら?それとも雲があんな風に見える時ってあるのかな?)
笑顔がこぼれ、浜辺にいるスホを見下ろすウニョン。
スホの目にも虹が映り、波打ち際に向かって歩きだし(虹に近づこうと?)
そんなスホを見つめるウニョン。
遠目から見た海岸はハート型。
白い波が押し寄せていました。 うーん・・・作り物っぽく見えてしまった…

ウニョンの声を演じてたのは、矢島晶子さん。
「クレヨンしんちゃん」があまりにも有名ですが、
洋画や海外ドラマでは少年の役が多いので、スホではなくウニョンとは驚き。
最近では「ガラスの仮面」(2005年)で亜弓さんを演じてました。

第一話のチェハとウニョンのキャラと、
この回の2人の回が違うので、少し違和感・・・
この頃は、よく喋るし、ワルガキっぽい感じも?
チェハは、色々あって、ああいう笑顔のない人物に?
ウニョンは、第1話では、少し天然っぽい感じがしたのだけど、
子供の頃はしっかり者って感じ。
韓ドラの子役ちゃんのシーンって、結構好きなのだけど、
しかし、、、この第2話は、子供2人のシーンが多くて、
まったりとして、少々疲れてしまった…。

「春のワルツ」他の回はこちらです。

「春のワルツ」公式ノベライゼーション 前編

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月13日 18:35
pandaさん、こんにちは。
あの入り江、ハート型でしたよね!波はCGかな・・と(笑)
あのジャガイモ君がチェハになるとは、まだ信じられません。そういえば、悲しげな少女ウニョンが天然のような大人になるのも楽しみかも。
ウニョン母はシスター@ラブレター!そうだ~言われて分かりました。コマオ~。
私はほのぼのしながら1話見終わったけど、pandaさんは疲れちゃったんですね・・・ファイティン?!
2006年10月14日 15:59
pandaさん、こんにちわ♪
2話見れました、ほとんど子供時代でしたね。
ウニョンの困った顔がかわいかった。あんな顔されるとスホも心配しちゃうわな。
声がクレヨンしんちゃんとは!・・・・全然違いますね~、かわいい声だなあと思ってましたが。
スホはまるで悪ガキで。どこでピアニストの道に進む事になるのかとーっても不思議、性格も違うそうで何があったのか気になるところです。
波、CGぽかったですね(汗)
スホ父の俳優さんは好きなんだけど、今回はトラブルメーカーみたいで・・・。
TBさせて下さい^^
2006年10月14日 19:01
kbkbYさん、こんにちは♪
そうなの・・・まったりとして疲れてしまって…ほのぼのと癒されなかったのは、ドキドキ・ハラハラに慣れてしまったからかも?!でも完走したいので、次は気合いれて見ます。

ウニョン母は、ラブレターのちょっと面白いシスターだった方だったのよ!全然イメージ違ったよね。
>ジャガイモ君
もう~いつも笑わせてくれて、嬉しいわ♪
なんでチェハに?だわね。ビジュアルが全然違うのは仕方ないけど、キャラが全然違うよね。あんなワルガキがなんで
ウニョンも、なぜにあんな天然ちゃんに?


2006年10月14日 19:10
cocoansさん、今回は見れましたね♪
ウニョンの声の「しんちゃん」可愛かったですよね~私は彼女は少年声のイメージなので、驚きです。そしてスホがしんちゃんみたいな髪なのが可笑しくて・・・
そのスホ、ワルガキが何でピアニストに?そしてあんな寡黙な男に?って気になりますね。
スホ父のイ・ハヌィさん、私も好きです♪
チェオクや他のドラマでも、泣かされたのに、今回はあらあら…な父さんみたいですね。最近見た「神話」というドラマでも、オイオイ…な役で、また?!って感じです。
波は、いかにもCGでしたよね~私、海辺育ちなんで、ちょっと厳しい目で見てしまいました。
akaneko
2006年10月14日 19:27
はじめまして。
続きが知りたくて、あちこちのサイトを見ていたら、あのハートの海岸は自然のもので、ユンソクホ監督が初恋の象徴として選んだ場所だとか。舞台になってる島の近くにある別の島みたい。ドラマも皆さんのコメントも楽しみです。
2006年10月14日 20:11
akanekoさん、こんにちは♪はじめまして。
ハートの海岸は、監督さんが色々と探して見つけたらしいですね。こだわりがわかります。
波はどうもCGっぽくて、あの海岸線だけで良かったのになぁ…と思った私です。それが良かったという方もいるでしょうね~
2006年10月14日 21:55
pandaさん、アンニョン♪
あは、同じこと書いてある、海岸線、私もCGなくて自然のままでいいとおもったなぁ~。そうそう、あの賢い発言、根拠が知りたいわよね。あのシーンまでで賢いシーンてないし(笑)
あーーーそうよ、さすがpandaさん!!ウニョン母シスターだね。どこかで見たなぁ~と思っていたのよ。
今回はなんだかすごく長い序章だったね、次回予告でみるとすごいことがおきそうなので、次回を期待です♪
2006年10月14日 23:29
so-so♪。さん、アンニョン♪
海岸線は、自然が良かったよね~せっかく監督が苦労してみつけたらしいのに、引いてしまった私…
ウニョンの賢い発言、気になるでしょう?カットで、何か知らない賭博用語でも口にしたのかしら?

ウニョン母は、予告で見てもしや?今回見てやっぱり!だったの。あのシスター、シスターっぽくなくて好きだったので、また会えて嬉しかったのよ~
でも次回は・・・気になるわ!
むーちゃん
2006年10月16日 09:59
panndaさん、こんにちは。
dvdで。12話まで見ました。確かに風景は、綺麗ね、
ハートの海岸のこだわりも監督らしい。。
けど、冬ソナが断然いいかな、私的、後半もみるの
苦しい、倍速視聴です。確かに子供時代との違いありすぎかな?韓国ドラマほど子供時代と大人とのギャップないのないような気がしますが。
先は、まだ長いようなので。多くは、かたらず。
ネタばれなっちゃうし。
2006年10月17日 00:13
むーちゃんさん、こんにちは。
風景はキレイでしたね。子役の演技は良かったのだけど、大人版とに違和感でした。
韓ドラの子役は、大人版と顔つきが違ってても、仕草とか演技とかが似ていて、結構しっくり来ますよね。
かなり進んだのですね。私は週一ペースでまったりと進んで行きます。

この記事へのトラックバック

  • 春のワルツ#2 06/10/12 Thursday

    Excerpt: 22:00 BS2「春のワルツ」第2話「虹の貝殻」 チェハの子供時代。やっぱりこのジャガイモ君スホがチェハなのねー?!どうやったらあんな繊細な大人になるの~??まあ、これからいろんな苦労をする.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-10-13 18:22
  • 『春のワルツ』第2話

    Excerpt: 韓国ドラマ『春のワルツ』第2回~虹の貝殻~ 10/12NHK-BS2吹替え Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-10-14 16:29
  • 春のワルツ 2話

    Excerpt:         子役時代の始まり、まだ序章という感じ?この2話はひとえに映像美というかんじかなぁ~。どこまでが計算されているのだろう?自然の美しさは.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-10-14 21:51