グリーンローズ 第22話 

サブタイトル・・・「意外な訪問者」
画像
※26話編集版でのレビューです。この回は、オリジナル(全22話)の19話途中からラストです。ようやくラストが一緒に!次からまた、ずれるだろうけど~BSフジ版にあって地上派で無かったシーンは、青字にしてあります。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
チョン弁護士に後押しされて、ヒョンテの元を尋ねたチョ捜査官。
有罪となったイ・ジョンヒョンの家族からの申し出で、会長の事件の捜査を再開した事を告げ、別荘に着いた時間、帰った時間を聞くと、
「では彼が生きていたらどうなりますか?」とヒョンテ。当然逮捕と聞くと、大陸流通の社長がそっくりだと、教えました。
「彼は死んだんです。検察がお粗末な事するはずない」と、
顔色も変えずに、シラを切るチョ捜査官。 
不正の件を会長から聞かれなかったか?と尋ねると、
「聞かれました。古い技術を売って資金にしてると言うと、満足してました。
ところで再捜査してる検事の名は?」とヒョンテ。
「オ・ヨンシム検事です」
今度アポを取ってから来てくださいと強気なヒョンテに、
「ユランさんが亡くなったとか。警察にストーカーと言ったそうですが、
なぜ夜、人気のないところで会ったんです?」
それは…と言葉に詰まるヒョンテ、強気な態度が崩れたところで、
「失礼します」と帰って行くチョ捜査官。

別荘を見張ってるチョン・テクスに、ヒョンテから電話が。
「誰が来るか見張れ。私は約束を守る人間だ。
お前がバカな真似をしない限り、この関係は永遠に続く」と脅し口調。
電話を切った後、「まったくもう…どうしたら?」と、自分しか信じるなと、
父親から言われたらしいテクスは、悩んでました。

ヒョンテは、会長を別荘に移したのは、チャン・ジュンウォンでは?と思いつき、それならスアは同一人物と知ってる?とハッとしてました。

会長の居場所を教えてくれないスアに、「なぜ内緒なの?」とソラ。
前に聞かれた時、「まわりの誰も信じるな」と言う、チョンヒョンの言葉どおりにしたのね~ホッとしました。
会長が、自分をスアの姉にしたのは、「あなたのはけ口なの」とソラ。
溜め込まないで、何でも言える相手なんだから、話して…欲しいと。
それでも、「何でも話さないとダメなの?そっとしておいて」と口を割らないスア。
そこにヒョンテが来て、ソラは出て行きました。
「会長が目を覚ましたら、結婚するという約束は?」とヒョンテ。
返す言葉に困ってしまうスア。
「手伝いもさせず、居場所も教えない。どうして私を侮辱するんです?
誰かが指示させたんですね?キム常務?ソ専務?」と高圧的なヒョンテ。
自分で決めたし、場所も言いたくないとスア。
「もう私は必要ないと?もう一つ聞きます。
会長が目を覚まして、真っ先に呼んだのは誰です?
なぜ私を呼んだのでしょう?」そう言って、出て行くヒョンテ。

悩んでいるスア・・・そしてソ専務も考え込んでいて、
一人含み笑いのヒョンテ。相変わらず不気味だわーーーー

チョン弁護士と、事件の時のチョンヒョンの行動を、もう一度整理。
別荘に着いた時は、会長の車があった気がするとチョンヒョン。
それだったら、運転手のチョン・テクスは、いたハズとチョン弁護士。
別荘に入ってから、気を失うまで思い返していくと、、、
---引火物は家の外から投げ入れられた。
別荘に入った時は、シンナーの匂いはしなかった。
(火事の原因はシンナー。
チョン弁護士は極度の緊張感でも匂いに気付かなかったか…と)
窓の外に人影が見えて、誰かに殴られた。
火は玄関の方からで、裏口の出入りの音はしなかった---
この話から、「共犯者がいるのに、引火物を投げるはずかない。
殴った犯人と火を点けた犯人は、共犯ではない」
とチョン弁護士。

どちらかがヒョンテで、どちらかがソ専務。テクスはどちらかに加担?
シンナー容器にチョンヒョンの指紋をつけたのは、
殴った犯人かと思ったけど、火をつけた犯人と別ならば…うーん???


目をあけても、意識がボーっとしている会長。
「スアはいるのか?」と言葉を発し、
安心させてから、スアさんはおいくつですか?とチョ博士。


キム常務から、会長を移した事で、死んだのでは?と社内で噂になり、
株主も黙ってないと言われたスア。
「病院を移した日、経営陣しかいなかった。噂を流したのは誰です?」ピシャリ。
キム常務が退散した後、アチコチから突かれているから、憔悴してるスア。
そこにチェ博士から、自分を呼んでると朗報が入り、別荘へ。

別荘を見張ってたチョン・テクスは、チョンヒョンが現れて、
「イ・ジョンヒョンそっくり」とビックリ。そしてピーンと閃いて、
♪お猿のお尻はあーかい♪と歌い出し、
赤いは…から最後は美味いはバナナになり、
「どうしてバナナだけ美味いと思ってたんだ?」とニヤリ。
また、何を言いたいのかハッキリしてよ!と言いたくなる事を(;^_^A
たかる相手を見つけたのかしら? チョンヒョン?スア?


「会長、僕を覚えてますか?」と話しかけるチョンヒョン。
別荘で自分を助けてくれた顔と、今の顔とが交差するのだけど、
反応はない会長。

チェ博士の話によれば、「今はバラバラのハズルのピースが、繋がるかも。
そして、事故現場の別荘にいても、拒否反応がないのは、幸い。
本当は同じ状況では心配だった。
人間は防衛反応が働いて、別な人格を作り出し、その状況をやりすごす。
会長はあのときの事件を起きなかった事のように、振る舞う事も。
耐えられないほどの事が起きたのでしょう」と。
事件がショックだったのか、その犯人にショックだったのか・・・
犯人かもしれないヒョンテを呼んだ事に疑問なチョンヒョンに、
「夢と現実が逆という事もある。歪曲した記憶かも。それがハズルのように繋がるかも。こんな方法はどうでしょう?」と提案するチェ博士。
まさか事件の時の再現?

チョ捜査官に、チョンヒョンと話した事を教えているチョン弁護士。
そこにチョンヒョンから、「明日の夜」と電話が。
「あけておけよ。良心の検察官」と誘い、チョ捜査官も一緒に連れて行くようです。

別荘に来たスア、チョンヒョンに、「少しだけ時間いたたけますか?」と。
会長は相変わらずだけど、言葉は増えてきたような。
しかし、「ここは気に入らない。お前先に風呂に入れ」と、
とりとめのない言葉ばかりで、「本当に記憶が戻るのですか?」と心配なスア。
会長が拒んでも、私が必ず取り戻しますと、自信がありそうなチェ博士。

スアを呼びとめ、チョンヒョンを助けてくれた人が死んで、
言わないけど辛いはず。慰めてください」たトンウク。

チョンヒョンとスア、何も話さず別荘の裏手を歩く2人。
高台まで来て、スアの方は一度も見ないチョンヒョン。
見たら、崩れてしまうからなのでしょうね。。。
チョンヒョンの横顔を見つめて、心で語りかけるスア。
「辛かったから、あなたに抱きしめて欲しかった。
でも、いつもあなたの胸は、私より傷ついてる…」
そっと手をのばして、チョンヒョンの手を握るスア、そして離して「戻ります」
握り返せなかったチョンヒョン、ようやく振り向いてスアの後ろ姿を見つめて、
スアのいた場所に手を触れ、しばらく佇んでいました。。。

帰りの車で、チョンヒョンの手のぬくもりを確かめるように、
頬に手を当てて涙のスア。。。

会社でスアをヤキモキして待ってるソラ。そこに電話が入り、相手はヒョンテ。
社長としてではなく、スアさんの唯一の家族であるソラさんにと前置きして、
「チャン・ジュンウォン社長は、イ・ジョンヒョンです」と。
動揺するソラに、スアも知っていて、会長を移す指示をしたのも彼で、
他に犯人がいると、言っているようだと話し、
「なぜ彼は会長を移したのか。会長が彼を真犯人と知っているからです。
いなくなれば、スアさんをモノに出来るから」と。

自宅で携帯を握りしめて、ウロウロとしてるソラ。
そこにスアが帰って来ました。
『スアさんの父親を思う気持ちに、訴えるんです』ヒョンテの言葉が蘇り、
「会長は別荘にいるんじゃない?」とソラ。
「別荘は売ったのよ」とスア。
「それならいいけど。会長のような目に遭った人は、
事件現場に行けば容態を悪化させる。
小さい頃、あなたが転んで呼んだのは、母親じゃなくてお父様だった。
何年も目を覚まさなかった会長が、真っ先に呼んだのは誰?
あなたが辛くて苦しい時は、いつも会長を呼んでいたように、
会長も頼りにした人を呼んだのよ」と訴えかけるソラ。

ヒョンテが料亭で密会してる相手は・・・オ検事!
オ検事は、再審請求しようとしてるチョン弁護士の事を。
学生時代から自分に勝てなくて、恨んでると、逆な事!
どちらが正しいかは、わかる気が(;^_^A
再審請求をしたのが、イ・ジョンヒョンの家族と言うオ検事に、
「イ・ジョンヒョン本人です」と言い切るヒョンテ。

ソ専務がバーに来ていて会いたいと、電話があり、部屋に通したチョンヒョン。
部屋に入ると、「こっちに来て座れ」といきなりの口調のソ専務!
そして、「今日はイ・ジョンヒョンに、話があって来た」と。

「グリーンローズ」他の回はこちらです。

グリーンローズ DVD BOX 2
グリーンローズ DVD BOX 2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月23日 23:02
>♪お猿のお尻はあーかい♪
>また、何を言いたいのかハッキリしてよ!と言いたくなる事を(;^_^A
どこまでが真面目なのか最期まで謎のキャラみたいですね、テクスは(苦笑)。

絶対怪しいのはヒョンテなのに火をつけた人間と殴った人間が違う・・・共犯じゃないなんて。
と言うことはソ専務の線もアリ?

別荘の裏手でのチョンヒョンとスア。
綺麗ででも切ないシーンでした。
ミランもこういう時間が欲しかったんじゃ・・・。
2006年09月25日 00:13
sannkenekoさん、
テクスの歌は、一体?!ですよね。
「バナナも甘い…」のは、今度はチョンヒョンに集るコウモリになるつもり?

火をつけた犯人と、チョンヒョンを殴った犯人が違うとは、全然気付きませんでした(>_<)よく考えれば、チョン弁護士の言う通りですよね。
ソ専務は、事件の時間に、この地に残っていたのだから、ありえますね。
この回終了時点での、私の予想は・・・
どちらかが、会長を殺害(未遂)&チョンヒョンを殴った。その後にどちらかが、中にもう一人の犯人がいるのを知らず、会長を焼死させようとして火をつけた。二人共、会長に手を下してるんじゃ?と考えてました。

>別荘の裏手でのチョンヒョンとスア。
気持ちを押し殺していて、二人共切なかったですね・・・
早く真相がわかって、名前を取り戻して、二人を楽にさせてあげたい…と思いました。
ユランも、こういう時間が、こういう相手が欲しかったでしょうね。。。(涙)
のり
2007年02月22日 12:21
ちょっと中だるみ感もあった最近でしたが、ここにきて一気にヒートアップです!ジョンヒョンだとそれぞれが確認して、ジョンヒョンもそれに応えた。真っ向勝負です。あれ?ソラに話してたんじゃ?と思っていたので、スアの株が上がりました。てっきりソラ=ソ専務で、2組とも別荘にいることを承知しているのかと。作戦はきっとあの夜の再現なのでは?この回までの予想は、2人がそれぞれ(テッスの協力もあり)自分が手を下したと思っておりそれをテッスにゆすられている、でも留めはテッスが実行していてなんとソラと繋がっていた!なんて~~。あ=次が気になります!!
2007年02月23日 00:58
のりさん、
実はソラには話してなかったスア。私はあの時は半信半疑だったので、ホッとしましたよ。
私も、どの回あたりだったか忘れましたが、ヒョンテもソ専務も、運転手に殺すように依頼したのかな?と予想しました。運転手はそれでどちらからも、金を受け取ってるんじゃ?と。どうなるのか、お楽しみに~

この記事へのトラックバック

  • 「グリーンローズ」第22話

    Excerpt: 事件のあったあの日の記憶をもう一度初めから・・・。 波紋はどのように広がっていくのか・・・。 「グリーンローズ」第22話『意外な訪問者』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-09-23 22:46