パリの恋人 第18話

オリジナルでのレビューです。
この回は地上派版・BS版(全21話)の18話途中までになりますので、そこを赤字で印してます。地上派・BSの19話を未見の方は注意してくださいね♪


☆感想とあらすじ(DVD版です)☆
ギジュの出生の秘密を話し、婚約解消しないと、すべてを暴露すると言うユナ。
「韓国は親子関係にうるさい国。社長交代の話も出る。
愛しているなら出来るはず。解消するなら、秘密は守るわ。」
ユナの話に、ただ涙が流れるテヨン。。。

その頃、Jモータースの発表会で、自分のところと全く同じデザインを見て、
「どういう事だ?!」とすごい剣幕で掴みかかるギジュ、
しかしシラを切り通す厚顔のジョンハク。←本当に憎たらしい表情!

信じられなくて、ユナを追いかけて「ウソでしょ?」とテヨン。
「ウソじゃないわ。そうだスヒョクに聞いてみれば?」
2人のそばにいて呆然としていたスヒョク。
テヨンにだけは、知られたくなかったのでしょう…、
ユナを殴り「取引は終わりだ」とスヒョク。

本当だと認めたスヒョク。
「知ったのは婚約式の日。忘れるつもりだったのに、振り出しに戻った。
自分に言い聞かせたけど、納得しようとしたけど、すべてを断念した事が悔しかった。母さんも、お前も、僕の人生も…」
スヒョクの言葉に、「一人で悩まないで、彼に話せば良かったのに」とテヨン。
「お前なら言えるか?言えないさ。どうなるか怖くて」とスヒョク。

会社に戻って来たギジュは、テヨンを見て「泣いてただろ?」と鋭い。
否定するテヨンだけど、信じないギジュ。
「シンデレラにも悩みがある」と助け舟のスヒョク。

デザインチームの関係者を集め、流出の件での話し合いの会議。
銀行の件もあるし、今回も内部に密通者がいるとギジュ。
まだ意匠登録をしてないので、法的に訴えるのは不可能とチーム長。
とりあえず新車の内装デザインなどをストップさせ、
チェ理事には「犯人探しを」とギジュ。 ←ナイス!

ずっと指輪を触り、ボーッと考え込んでいて、「帰るわ」とテヨン。
家で考えるの?とか、ユナがいちいちうるさい!
向こうからギジュが来たので、思わず隠れるテヨン。でもギジュに見つかっていて、
「脅かそうと思ったのよ」と、涙がいっぱいの目のテヨン・・・
犯人は見つかった?とか、笑顔で必死に話すテヨンが痛々しい…(:_;)

流出の犯人・スヒョクは、自分でやった事に心を痛めています。。。

マンションで家事をしていても、ユナの言葉が蘇るテヨン。
ジッと目を瞑り打ち消していると、「眠いのか?」とギジュ。
そばにいたくて、遅い時間なのに帰らないテヨン。
「仕事人間だから退屈だろ?逃げられたら困る。」
「私が逃げたらどうする?」
「捕まえて、部屋に監禁して、飽きるまで一緒に遊び続け、
結婚するからもうやめてと言ったら、結婚するんだ。」と笑うギジュ。
「じゃあ、遠くに逃げないとね」 「有能な秘書が見つけるさ」
その有能な秘書・スンジュンから、タイミングよく電話が。
「Jモータースの取引先に、ハン社長が極秘で会いたいと伝えろ」

デザイン流出の事は、社内でも噂が流れ、「CD一枚で簡単」と小耳に挟み、
スヒョクがCDを持って時を、思い出したテヨン。

「あなたの仕業なの?なぜ?苦しいのはギジュさんも同じでしょ?」とテヨン。
「手遅れただ。叔父さんに言いたかったら言え。怖くない。」とスヒョク。
「なぜそんな顔?後悔してる。あなたが平気にはずない。」と涙ぐむテヨン。
「後悔して何が変わる?俺を止めなかったろ。頭にあるのは、叔父さんだけ。
叔父さんと別れてくれ。自分を止められない。」
「あなた、恐ろしい人ね…」と行ってしまうテヨン。
苦悩で壁を拳で叩くスヒョク。テヨンの言うように後悔でいっぱいなのに・・・

そして、、、階段の上で手が震えてたギジュ。
犯人がスヒョクと知り、どれだけショックかと思うと、(w_-; ウゥ・・

会長から呼び出されたテヨン。
ユナ父からの脅迫は、激しくなるばかり。
秘密が暴露されたら、収拾がつかない。そして誰よりも傷つくのはギジュ。
どうか頼む。出来るだけの事はする…と、
自分の保身の為ではなく、ギジュの為を思ってくれている会長。
(そうするのが、正しいとも思えないけど)
話を聞き、涙が流れるテヨン、自分だってそれを望まない。。。

やけに、自分に突っかかるようになったスヒョクを、思い出すギジュ。
そこまで自分を憎んでいた、可愛い甥。。。
そこにスンジュンが、Jモータースの取引先を連れてきました。
「向こうとは取引を止めて、当社と取引しませんか?」
GD社にすでに部品業者が入っているのに?と言われ、ギジュのたとえが、
日本の読売ジャイアンツ。(吹き替えでは、「日本の名門プロ野球チーム)
「他球団に行けば敵になるから、不要な選手を獲得して、ベンチに座らせる。
そのように、わが社もお宅をスカウトしたい。」
すごーく納得なんだけど、韓国の人に通じたのでしょうか( ̄ー ̄?).....????

JモータースとGD社、今はゴタゴタの噂が流れていても、秤に掛ければ…
決済に時間はかからない、2年以内に子会社にして株式に上場などの好条件もあり、GD社に乗り換える会社が次々と。
各社との面談の合間に、ため息つくギジュに理由を尋ねるスンジュン、
いくら信頼していても、スヒョクの事は話せないギジュ。

流出問題にケリがついたと呼ばれたスヒョク。
まず資金面では、メインバンクに断られた事が、逆に有利に働き、
多数の銀行からラブコールがあり、2つの銀行と交渉中。
聞いてないと、焦る資金担当のチェ理事、
他の事で忙しそうですから、とピシャリのギジュ。
そして流出の件は、「無かった事に。不問にする。
犯人は社にダメージを与えたいだけ。新車開発は、他のチームのデザインで。」
犯人を突き止めないのか?と言うチェ理事に、
「犯人捜しは、あなたに頼んだはず」と、またまたナイスなギジュ!
「本人は一生罪を背負う事になる。重い罪を…」
スヒョクは、ギジュの言葉を受け止めたでしょうか…
キョトンとしているスヒョクが、子供のような表情で、なぜだか泣けてきます…
そしてスヒョクの為に、こういう措置を取ったギジュにも…


「お前を殴った俺の方が痛かった。お前も俺を傷つけて痛かったろう?」
スヒョクに言ったギジュの言葉は、ジーンと来ます。。。

マンション前で考え込んでたテヨン。
“今どこ?” メールを受け取ったギジュは、“とかの女性とデート中” 
「とか」に突っ込まず、“早く帰って来て” 

マンションの中は、たくさんのキャンドルとドレスアップしたテヨン。。。
ああ…テヨンは、別れの決意なのね…と思うと、
こみ上げて....胸がいっぱいで.....泣きながらの視聴でした。。。o(;△;)o

花を買ったら、ワインを買いたくなり、キャンドルを灯したくなり、
ドレスを着たくなり、ネックレスをつけたくなり…
でも一つだけ足りない物が…ハン・ギジュ社長…とテヨン。
エクボを見せてニッコリのギジュ。

ワインで乾杯して、ジョークを言っても、目がキラキラと涙でいっぱいのテヨン。
「やりたい事があるの。私と踊って。あのパリの夜みたいに…」
手を取り合いダンスする二人。。。
「私、言ったかしら…、…愛しています。」 テヨンの最初で最後の…
そっとキスするギジュ。。。

次の日は、自転車デート。
はしゃいでいても、フッと切なくギジュを見つめるテヨンが悲しい。。。
噴水に投げてと小銭を差し出すギジュ。
ピンクのブタさんの為に、いつも持ち歩いているそうで。
投げ入れて、お願いするテヨン、
“彼が私の言葉を信じますように。苦しみませんように…”
「一枚だけ」と、2人でポラロイド写真を撮り、アイスを買って来てと。
買いに走るギジュの後ろ姿に、号泣するテヨン・・・

何も知らずにアイスを両手に戻ったギジュ、テヨンがいないくて「?」
ずっと待っていたけれど、ふとテヨンのレコーダーに気付いて、、、
“あなたは迷子になったのよ。私が捨てたから…婚約は解消しましょう。
私の幸せの為に、多くの人を不幸にした。
愛があればずっと幸せだと思ったけど、乗り越えられないものがあるの…”

自転車2台を押して帰るギジュを、見つめていたテヨン。
ギジュが座っていた噴水の端に腰掛け、写真のギジュを撫でて涙・・・

ギジュがマンションに帰ると、写真の前に置かれていた婚約指輪。。。
指輪の無い指を撫で、ずっと泣いているテヨン。。。

(地上派・BS全21話版では。ここで18話終了
↓から、19話です。)


会長が言うように、ゲッソリとしているスヒョク。
「僕が悪かった…」
「なぜ謝る?悪いのは良心のない奴だ」
そこにテヨンが青汁を持って来て、
「明日からは、他の人に持ってくるように頼みました。
私は今日が最後です。婚約を解消します。」と。
テヨンのこの言葉を、望んでいたはずの会長もスヒョクも、愕然。

テヨンの指輪が無い事に気付き、「自業自得よ」とユナ。
アンタに言われなくないわーーー
「彼と私、お互いに決して忘れない。死ぬまで…死んでからもずっと。
彼はアンタのものにならない。覚悟するのね。
それでもいいなら、一生秘密を守って。」とテヨン。
そこにギジュが!テヨンの言葉を聞いてたのかな?と思ったけど、
聞こえてなかったようでした。

テヨンの腕を引っ張り連れて行き、「納得出来る理由を!」とギジュ。
「愛に拘る気持ちが失せたの。あなたの家族に罪人扱いされるのも嫌。」
テヨンの言葉に、スヒョクせい?とギジュ。
「そうよ。一生邪魔するそうよ。2人を傷つけて、幸せになれる?
だから別れて。私は決めた事は貫くわ。」
精一杯強がって、キツイ言葉をつきつけるテヨン。

ロビーまで追いかけてきて、「他に理由があるんだろう?
僕は別れない」とすがるギジュ、それでも突っぱねるテヨン。
「僕が死んでもか?」 「この程度で死ぬ人なら、別れて正解。」
背を向けていて、テヨンの涙は見えないギジュ。。。
2人のやり取りを、切なく見つめていたスヒョク。

ユナったら、スヒョクに「嬉しいニュースで胸がいっぱい?」だなんて、
どこまで嫌な女なんでしょ・・・(--〆)

ギヘのブテックに行き「心がとても痛い…」とギジュ。
「テヨンが別れたいと…仕事ならどんな困難にも耐えたのに、
これはどうすればいい?とても辛くて、胸が突き刺さりそうだ…」
ギジュのこんな姿…18話にして初めて…(ノ△・。)

スンギョンのところに寄って、帰宅したテヨン。
ゴンにお土産のロボットを渡して、「ハン社長と別れたの。
よく考えたら変な人で、あのエクボもヘン…」
そう言っても、部屋に入ると嗚咽。。。

屋上で、2人の写真を眺めているテヨン。
「だから送らないでって言ったのよ。笑顔で手を振る姿が見える。
あなたはいないのに、つい…」

階段の下にいたギジュ。
テヨンがまだ自分を愛していると、わかったのでしょうか。。。

声を掛けずに帰ったギジュは、スヒョクの車とすれ違い。
川辺に連れて行き、殴るギジュ。
全てスヒョクのせいだって、思っているからね・・・
「なぜだ?俺がそんなに憎いか?それなら殴れ!」とギジュ。
「殴りたくない」とスヒョク。
殴り続けるギジュを殴り、「イヤだって言ってるだろ」
なぜだ?理由を言えと言われて、
「兄さんだから。叔父さんじゃない。実の兄さんだ。
母さんは俺達2人の母親。俺達の…」
ずっと抱え込んでいた辛い秘密を、
そしてきっと呼びたかっただろう「兄さん」と告げたスヒョク。

「パリの恋人」他の回はこちらです。

パリの恋人・ノベライズ本(下)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月04日 23:30
テヨンが涙を堪えている様子に気付かないキジュ。
必死なテヨンが可哀想で。
スヒョクの心の動きも見所でしたね。

>こみ上げて....胸がいっぱいで.....泣きながらの視聴でした。。。o(;△;)o
悲しいラストダンスと「愛しています」。
悲しすぎるテヨンの決意が見ているこちらも辛かったけど・・・とうとうキジュも知ってしまいましたね。
きっとキジュなら乗り越えてくれると信じています。
ところで野球の例えの話。
ドラマ韓でも日本の野球チームと訳していましたが、
>他球団に行けば敵になるから、不要な選手を獲得して、ベンチに座らせる。
これって飼い殺しにするってことと違うんでしょうか?
過剰戦力になるわけでしょう?
2006年08月05日 11:09
sannkenekoさん、こんにちは♪
テヨンが悲しくて、スヒョクが罪悪感で苦しむ様子も可哀想で、今回は何度も涙しながら見てました。
ギジュが全てを知ってしまったけど、私も彼なら乗り越えてくれると思います。会長やギヘは、ギジュが傷つく事を心配しているけど、そんなヤワじゃないと。

野球チームの話、よく考えれば飼い殺し状態ですよね。例の球団も…
優良企業や大企業の下請けで、食いっぱぐれる心配がなくてないから、いいのかしら?
のり
2006年08月31日 03:39
事実は知った方がギジュのためでもあると思うけど、親心としてはやはり彼を守りたかったのでしょう。会長もテヨン自身は気に入っていたはず。朝のお茶も恒例になっていたようだし、あの最後の挨拶のときにでも(スヒョクがいたか・・・)「背景が絡んでやむを得ない事情だが、本当は気に入ったいたよ」くらいハラポチに言って貰いたかったです。第1話では「本当にパク・シニャンっていいの?」くらいに思っての視聴でしたが、今やメロメロ。恋愛下手のギジュもよかったけれど苦悩のギジュもいいですね。何気にハン部長も大好きです~!
2006年08月31日 10:01
のりさん、
韓国では、私生児というのは、かなり白い目で見られるそうで、会長としてはギジュを守りたかったのでしょうね。そして隠すのが最善と思っているけど、それでもまわりが知ってて、本人だけ知らないと言うのは、可哀想な気がしてました。
会長はテヨンを気に入ってただろうし、ギジュの好きにさせたい気持ちはあったでしょうね。キツイ言葉を投げつけた後、よくため息ついてました。
パク・シニャンは、私も全然好みじゃなかったけど、ギジュは良いですね~♪他のドラマや映画も見てみたいですが、中々ヒマがありません(>_<)

この記事へのトラックバック

  • 「パリの恋人」第18話

    Excerpt: 何も知らずに無邪気に微笑む男と 知らされて必死で笑顔を作る女。 その二人から笑顔が消えていく・・・。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-08-04 23:18