オー!必勝 最終話(第16話)

サブタイトル・・・「それぞれの勝利のカタチ」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
鑑定結果を話すために、
「オ・ピルスン常務は、私の本当の孫ではありません」
世襲制に意を唱えるものもいると聞いてたから、ワザとに言ったのでは?と予想
ざわめく会場。次期経営者候補から外すと言う会長に、
「勝手に加えたり外したり、勝手なのでは?経営者に必要なのは人徳。学歴や経歴ではない。人材を使いこなす経営者の器」とキム理事(西部店試食のおじいさん)
「オ常務がそのような人物だと?」とミン専務。
「その通り。候補から外すのは、反対だ」 
ミン専務の一言から、キム理事の言葉…理事の中で心動いた人が多いのでは?

投票の結果、ピルスンが社長に!
「これほど強力なコマを用意するとは…。
会長は大したものだ。健闘を祈る。」とジェウン。
ちょっとイヤミっぽいけど、彼流の激励なのでしょう、きっと!
部下に、オ新社長に好意的な記事が出るように手配させ、
新社長として注目されるので、気を緩めず業務を…と。
室長としての気配り…ではなく、心からそうしたいと思った…と思いたい!

鑑定書は机の引き出しに、鍵をかけてキッチリとしまった会長。
笑みを浮かべて…やっぱり、本当の孫だったのね、きっと。。。

ミン専務の今後を心配してる腰巾着。
落ち込んでるミン専務、寂しそうな後ろ姿…
だって、一票しか入らないとは!この2人も入れなかったのね~(^o^)

大喜びのユジョンや西部店のみんな、掃除のおばさん、
裏腹に、戸惑っているピルスンでした。会長に、
自分が社長になるなんて、ありえない事、しかも…と言うのを遮り、
「私には、最高の企業を作る夢があった。
でも他人を蹴落として最高よりも、最善の道を…と。
すべての人を幸せにする最善の経営者、それをできるのはピルスン。
最初は、ピルスンを自分の希望通りに変えられると思ってたのに、
逆に自分を変えたのだ。」 そう話して封筒を差し出す会長。
おっ!ここで鑑定結果の秘密が…と思ったら、戸籍の写しでした。
『父オ・ヨンシク、子オ・ピルスン』 母がずっと望んでた戸籍に・・・
そして会長の孫となってたピルスン。
「これからの人生、お前の祖母として生きたい」と会長。

社長になって多忙になり、スニョンが何度電話しても留守電サービス。
チェガルチ出身の庶民派社長として、
マスコミにも、好意的に受け止められているピルスン新社長に、
会長も満足そうです。
これからずっと支えてやれと言う父・ユン秘書に、
二代で忠誠を尽くすなんて御免だと言いつつ、穏やかな笑顔のジェウン。

ようやくピルスンと連絡が取れて、土曜日にスニョン宅に来るという事に。
ささやかなお祝いのご馳走を作って待ってた、スニョン一家。

その頃、慣れないパーティで、四苦八苦のピルスン。
お偉い人達に、市場の話をしても盛り上がらないし、
汗をかきかき頑張っていたけど、今までの過労も重なって、
とうとう倒れてしまったピルスン。

そうとは知らずに、ずっと待ってたスニョン一家。
「2時間待った。食べよう。電話もよこさないなんて」と怒る母。

ピルスンが心配で会社の前まで行くけど、中に入れないスニョン。
そこにやって来たジェウン。
まだ未練を残しつつも、前よりは穏やかに話すジェウン。
これも、ユジョンが話した「愛の形」のおかげかしら?

ユジョンが尋ねて来て、事情を聞いたスニョン。
今まで以上に仕事が増え過労の上、ストレスが溜まったせいだとユジョン。
「あの丈夫なピルスンが?!」と驚き、お手紙を託しました。
『来られるときに来る事…私はいつまでも待ってるから』
嬉しそうに微笑むピルスン。

ピルスンが、ひどく疲れていると心配するユジョンに、
「ピルスンなら大丈夫。きっとやれる」と、会長。
そう言いながら、やっぱり心配な会長、眠ってるピルスンをそっと撫で、
「ピルスン、大変かい?私の期待に応えようと、必死なのはよくわかるが、
何とかやりぬいておくれ。私はお前だけが頼りだ。」
目を開けて、会長の思いを聞いていたピルスン。

その期待に応えようと、自分なりに頑張ろうとするピルスン。
社長は自分で予定を動かせると聞き、
※ネクタイは窮屈とラフな格好を推進。クールビズみたいですね~
※ムダに長い会議が多すぎ。人数を減らして時間を厳守。
 資料を前もって配布し、参加者全員に意見を言う時間を。
 (自分の意見が出せなく、あせり顔のミン専務の側近が可笑しい~)
※週に二回くらいは、店の人と仕事がしたい。
  これは、社員の意見に耳を傾ける、いい事ですね♪
  ピルスンを知らない新入社員が、素直な意見を述べてました。

しかし、保守派の理事達は、これに反発。
経費も削減されて、ブーブーと文句を言ってます。
ピルスンには、改革をためらわないようにと話す会長。


ミン専務を推せばよかった…と理事達が話してるのを聞いた側近は、
早速報告し、いきなり元気が戻るミン専務。
団結式までして、可笑しい三人組(≧О≦)

でも、、、理事達が推すのは、ジェウンでした。
話を聞いたジェウンは、「お断りします。」とキッパリ。
そしてユジョンに、「年寄り連中が何か企んでいる」と忠告しました。
「それって社長を心配してるの?」とユジョンに言われて、
「裏で糸を引かずに、俺が直接引きずり降ろすんだ」と相変わらずのジェウン、
でも振り向いた時の表情は、笑顔♪ ユジョンもわかっていて「ありがとう」と。

退任を要求する理事。
意見を述べるように言われたピルスンは、以前のユジョンの言葉が頭を過ぎり…
“気付いてました?ため息の数が増えた事。
笑う事も怒る事も愚痴を言う事も、減ってきて…辛ければ辞めてください”
「ここは高くて全てを見下ろせるけど…僕にとっては狭いんです。」
そう言って、出て行くピルスン。
エレベーターに乗ったピルスンを呼び止めるユジョン、
「車を待機させておきました」
本当は社長でいて欲しい、そばにいて欲しいと思っていても、
ピルスンの事を一番に考えてくれるユジョン。。。

車の中で、偶然が一つでも欠けていたら、
スニョンに出会えなかった…と思い返すピルスン。
ジンピョと出会い、スニョンとの出会い、あの時金を無くさなければ、
お前が酔ってなければ、警察で一晩明かさなければ。
その偶然の元に出会えた、一番大切なスニョンの元に戻ったピルスン。

社長就任式の日、、、
壇上に上がって挨拶するピルスンは、原稿を読まずに自分の気持ちを…

---この世は一人じゃないと教えてくれた人達…西部店の面々。。。
家族のように温かく支えてくれた人達…ユン弁護士、伯母様。。。
補佐・ユジョン、憎んでも憎みきれない悪友・ジェウン、
多くの人達が特別な目で見てくれたから、特別になれた。
世の中には自分みたいな人はたくさんいる。
そういう人達皆に、温かい視線と励ましを…僕よりうまくやれるはず---

そして、「去ります」と頭を下げ、壇上を降りたピルスン。

一番に拍手をしたユン秘書、そしてそれに続く人達。
自分の居場所があるとしたら、ここではないと感じたピルスン、
あれほどまでに、自分の夢をピルスンに託したかったのだけど、
その気持ちを汲んでくれ、止めなかった会長。。。

---夢のように突然現れた彼は、また夢のように去った
彼がやって来た事も、私達のそばにいた事も、信じられないほど、
あっという間に、全てが元に戻った---
涙を堪えた笑顔で、ピルスンを見送ったユジョン。。。
うぅ…スニョンよりユジョンが大好きだったので、切ないわ・・・(:_;)

西部店は売上げNOIを獲得。
ジンピョとソンジャは結婚して、もうじき子供が生まれます。
愛を信じるようになったジェウンは、もう女遊びはせず、
偶然駐車場でぶつかって、クリーニング代を差し出した女の子に一目惚れ。

そして、釜山に向かうスニョン。ピルスン元へ。。。
で、最後に主人公のピルスンは、出ないのね・・・(;^_^A

オー!必勝(ピルスン) ポン・スニョンという原題なので、
2人がくっつく事がわかってはいたけど、
どうもスニョンに感情移入出来なくて、ユジョンやジェウンに心奪われてました。
だから見方は、かなり偏っていたかも…です。

ユジョンが好きと言いつつ、レビューではいつの間にか、
「ノジュン」と書いてました(^_^;) 気付いたところは直しましたが、
ノ・ユジョンが混乱して、「ノジュン」となったらしい私・・・失礼しました(v_v。)

ピルスンの改革に、
「度重なる試行錯誤の上に、ひとつの成功がなる」と話してた会長、
ピルスンは去ってしまったけど、この効果は社員に浸透していて、
ちゃんと生かされると、会長の目指す「最善の企業」になれると、信じています。

「オー!必勝」他の回はこちらです。

オー! 必勝 DVD-BOX
オー! 必勝 DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月05日 22:56
pandaさん、こんばんわ
視聴お疲れ様でした。
最高流通で改革していくのかと思っていたので、少し意外でした。
サブやジェウン、どうなっちゃうんだろうと後半は心配でした。みんないい人で、できたら幸せになってほしかったですね。
ノ・ユジョンは間違えそう。。私はずっと「サブ」で通してしまいました(ユジョンごめんね)。
あと、ォやィなど入っていると苦手です。
本格的いじめなどもなく、毎週元気が出るドラマでした。
2006年08月06日 09:42
cocoansさん♪
私もお祖母ちゃんの傍にいると思ってたので、最後のスピーチにはビックリでした。でもきっと、ピルスンの思いは、残された人達に浸透して受け継いでいくのでしょうね。
陰湿な悪役がいないせいか、気持ちが良いドラマで、本当に元気がもらえましたよね!スッキリとするドラマでした。
最終回はどうも切れ切れの印象で、もう一度見たいです。

私は、アン・ジェウクssiは、「グッパイ・マイ・ラブ(かなり評判が悪いけど好き^^;)」で見てるのだけど、すごく彼が良かったです。ピルスンとは正反対なのよ~!評判の良い「星に願いを」はどうもダメでした…
ブルーナー
2006年08月06日 13:36
お久しぶりです☆Pandaさん!

毎朝、楽しみにしていた「オー必勝」!最終回を見終えて
、最後はなんだか流石に韓国、あさっさりと終わっちゃいましたね。ピルスンは結局、孫でもなく釜山に戻ったのですね~。偶然が一つでも欠けていたらという言葉、なんだか胸に響きますね。来週からは「12月の熱帯夜」ですね(^.^)
楽しみです!!

余談でゴメンナサイ。
「天国の樹」は録画を溜め込んでいて、まだ観ていないのです。(~_~;)観るからに・・・重たそうなので、まとめて気が向いた時に見ようかと・・・。ところで「悲しき恋歌」の交番は「愛していると云って」が入るのですね!キム・レウォン主演ですか~!観ようと思います(^.^)
2006年08月06日 21:45
ブルーナーさん、こんばんは~♪
「オー!必勝」面白かったですね。ピルスンだけじゃなく、周りのキャラも好きで、毎回楽しみでした。そのせいかラストはあっけなく…ピルスンも出ないし!釜山に帰るというのも、意外でした。エンドロールがカットされてると、他のサイトさんで知りました。だから余韻が残らないのかも?

>ピルスンは結局、孫でもなく
ここは、私は孫だったのでは?と思ってます。封筒をしまった時の会長の顔が、ニンマリとしていたから…でもピルスンは事実を知らないのかも。
「偶然が一つでも欠けたら」というのは、自分達の日常でもある事ですよね。あんまり考えないけど、納得の表現です。

「12月…」は、楽しみですね!
「天国…」は私、最後まで見たのだけど、突っ込み所が多かったです。でも見方によっては違うと思うので、見てみてね♪
そして「愛してると云って」情報、ありがとうこざいます!
キム・レウォン君に心動かされるけど、「12月…」も毎日だし、キツイです。。。。今見てるドラマが多いので、第1話を見て続けるか決めます(^^)
むーちゃん
2006年11月10日 08:59
おはようさん、ローズマリー後、少し明るく、白雪姫見てました。とても面白く、さして好きでないヨンジョンフン、イワンgが良くてはまりこんじゃて。今、一拍置き。オーピルスン見てます、まだ4話かな・出てる俳優さん苦手だらけで、どうかな?でしたが、少しみてピルスンに親近感湧いて適度にはまらず、楽しげになってきました。
pandaさん、この俳優さんたち?どう?ですか。
星に願いは、から随分月日たったかな?
panndaさん、一番好きな男優さんだれですか・

2006年11月11日 11:56
むーちゃんさん、こんにちは。
私は、補佐(サブ)のユジョンとミン専務がお気に入りキャラでした。ピルスンも良いのだけど、私はスニョンが苦手だったので、スニョンを思うピルスンを見るのは複雑でした。でもドラマの雰囲気が楽しくて、面白かったですよ。

>一番好きな男優さんだれですか
ドラマにハマってる間は、その役柄をやってる俳優さんにのめりこみますが、個人的に誰というのはいないのです。
むーちゃん
2006年11月14日 08:28
終わりました、pandaさん・・期待薄だったので、予想以上に楽しめました。ジェウクssiが、嫌いでなくなりました。言い人名「役どころだったわね人間らしい。チェリムが、少し嫌いになったかな・彼女2人の間をふらふらする役多いよね。ユジュンさん大好きだったわ。
会長は、チェゴサングンさんよね。。良いドラマでした、さっぱりした、やはり、ラストは一言言いたくなりましたけど、あっさりしすぎよね、もう少しハッピーなとこ見たかったわね。秋の童話もラストびっくりだったけど、あれよりは、全然マッシだけど。少し休憩して
天国の木にはいります。
2006年11月14日 22:47
むーちゃんさん、
私は、第1話を期待しないで見たのだけど、思いのほか面白ろくて、知ってる顔もいっぱいで、見続けました。
ラストは意外でしたが、ピルスンらしいかもしれないと思いましたが、一応、ハッピーエンドで、良かったのではないでしょうか。
スニョンのキャラは、最後まで苦手で、ユジョンが良かったですよね。

この記事へのトラックバック