オー!必勝 第13話

サブタイトル・・・「待ちこがれたプロポーズ」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあり)☆
ピルスンを捜しに来たノジュンから事情聞いたスニョン、
「さっき会ったけど…もう来ないわ。来るわけないんです。」

会長宅では、第1話ジュンスが亡くなった時と同じように、役員達の緊急会議。
「会長~~~何たることでしょう。オ常務が偽者だなんて・・・」
ワザとらしい泣きの演技(笑)に、顔をしかめるジェウン。
あら?いつもの二人も、困った顔してるわーーー
おやめなさいと、ピシャリの会長。
そして「100%確実じゃないから、憶測でものを言わないように。
私の考えは、変わっていません。
ピルスンは私の孫。疑問を抱いた事は一度も無い」とキッパリ!

病院の父のところに行くと、ピルスンが立ち寄ったと聞いたジェウン。
会長は、ピルスンの部屋で、ジッと待ち続けていました。

そのピルスン、釜山の会社のおじさんに電話するけど、
出世を喜んで「帰って来い。横断幕を掲げるよ」と喜ばれ、複雑そう。
本当は、帰るつもりだったのかな?
電話を切って、電話ボックスから出ると、カバンが無いw( ̄∇ ̄;)w!!
警察(?)に行き、一晩泊めてもらう事に。
満員だと言われたとおり、ベンチは満席…というかおデブが多くて(;^_^A
それでも入れてもらって、挟まれて眠るピルスン。

いなくなって10日。西部店でも噂で持ちきり。
その日から、怖い顔して仕事に没頭してるらしいスニョン。
でも品出ししてもボーッとして、ピルスンの声が聞こえたり…
お昼を誘いに来たジェウンに、忙しいの…と断るスニョン。
「僕に時間を割けないと?」と手を掴んだジェウン、
スニョンが高熱だと気付きました。
病院に行けとジェウンに言われても、行ったら本当に病気になるとスニョン。
ピルスンの事を思わないように、没頭しているように見えます。
そこに警察から、電話が・・・ピルスンのバックが届いて、
中にあったスニョンの連絡先に、かかってきたのでした。

ピルスンが魚市場にいるとわかり、駆けつけたノジュン。
すると、懐かしいピルスンの声が・・・元気に働いていて、安心するユジョン、
すると、ガラの悪い人たちが、ピルスンを囲むので、
スコップを壊して棒を竹刀にして、エイヤー!

ケガさせたお詫びに、ユジョンのおごりでご飯。
申し訳なさそうに、チョコンと頭を下げるユジョンがカワイイ(#^.^#)
ガラの悪い男達は、警察で一晩明かし人達、
絡んでたのではなく、ピルスンのお手伝いしてたのでした。
その男の親戚の紹介で、魚市場で働けたと笑顔のピルスン。
前に戻っただけだし、孫だと証明するために、かぎ回るのも気が重い、
そしてニセモノだったら…ここにいた方が性にあってるから、帰らないと。

ピルスンの所に行って、説得しては?と言うユジョン、
「自分の意志で決める事。私の出る幕ではない」と会長。

次の日から、毎日業務報告を持って、魚市場にやって来るユジョン。
そしてそのうちに、手伝うようになりました。
みんなでご飯を食べてるとスニョンとの初対面を、
楽しそうに話して聞かせるピルスン。
「で、振り向くと…」スニョンの幻が見えて、真顔になるピルスン。
そんなビルスンの気持ちが、痛い程わかっているユジョン。

筋肉痛のノジュンの為に、湿布を買って来て貼ってくれるピルスン。
「人にはふさわしい場所がある。孫だからって出世したら、
苦労してその食について奴が気の毒。だから帰らない」とピルスン。
「会長には常務が必要なんです」とユジョン。
「自由な身なんだから、いつでも高飛びする」
ピルスンの言葉に、「出来ません…スニョンさんがいるから」とユジョン。

美容室に行って、清楚な感じになったソンジャ。
スニョン母は、ジンピョとの仲に薄々気付いているようで、
仕事を言いつけて、二人にしないようにして、厳しいですo(^^;;*)

ノジュンが尋ねて来て、ピルスンが元気だと聞き、ホッとするスニョン。
「会いにいかなくても、それだけで十分です」と笑顔。

部下から「業者から納品原価が低いと反発が出ている」と聞いても、
「数を裁けば問題ない」と聞き耳持たないジェウン。
不景気で売れるかどうか…と言うと、「仕入れを打ち切れ」
長い付き合いでも、情けを掛けない室長に、部下達はついていけない感じ。。。
そして、後日、納品拒否されてしまい、
このままでは品薄で歳末商戦を迎えると、懸念する部下に、
「談合は不法行為。こちらに非はない」と聞き入れないジェウン。

父の意識が戻り、喜んで病院へ。
父の側には会長がいて、笑顔から複雑な表情に。
帰った後に、「少しは休めた?」と涙ぐんでいるジェウン。
もう父に反発してるジェウンではなく、素直な息子に。。。

スニョンにも父の容態の回復を、嬉しそうに話し、
「そろそろ結婚を考えてみないか?」とジェウン。
しかし、嬉しいはずのプロポーズ、神妙な顔のスニョン。
もうジェウンに気持ちは無いみたい。。。

そうとも気付かず、父に「母さんに何てプロポーズ?」と聞いたり、
指輪を買いに行ったり、
そしてスニョンに電話して「愛してるよ」と。
電話を切った後に、照れているジェウンーーーー゚。(*^▽^*)ゞ

でもスニョンは、、、
「待ってた言葉なのに、それもジェウンさんが言ってくれたのに、
どうして何の感情も沸かないの?」
それは、愛してないからでしょう。。。

家に帰り、父や母に「プロポーズされた」とアッサリと話すスニョン。
大喜びの父と母。
部屋に行き、ピルスンの荷物を開けると、中に手帳が。
一ページ目に、「ポン・スニョン 電話番号…」と大きく書かれ、
中を読むと、自分語りかけるように書いてる日記。
読みながら笑顔がこぼれ、そしてピルスンの元へ走るスニョン。。。

その頃、例のバーで、友人達に指輪を見せ、
みんなの前でプロポーズすると話してるジェウン。
しかし、スニョンに電話しても出ず、留守電にメッセージを入れるけど・・・

「ピルスン、会ったら何を話せばいいの?どこから始めればいい?」
心の中で呟いて、ピルスンを探すスニョン。 
スニョンの姿にピルスン。

段々と、なるようになってきたのだけど、何だかジェウンが可哀想だわ。。。

「オー!必勝」他の回はこちらです。

オー! 必勝 DVD-BOX
オー! 必勝 DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック