チェオクの剣(茶母) 集中放送終了

画像本放送を見終わった時に、「廃人になったかどうかわからないけど…」と書いた私。
いえいえ、紛れもなく「廃人」でした。
その後、BGMの曲を聞いては涙…
そして「チャン・ソンベク」という名を目にすると、キュッと胸が締め付けられ…(←ちょっと変?!)
そうなんです! 見てる時はユンもソンベクも好きで、
どちらかに決められなかったけど、
見終わってずっと印象に残ってたのは、ソンベクでした。
(でも今でもユンも大好きですよ!チェオクも!)
録画はしたけど、時間が無く、
このたびの集中放送、とりあえず1話と2話、そして最終回を見ました。
でもカットが多いのよね…
N○Kで放送されると、「チャングムの誓い」もだけど、
DVDがレンタルや発売されても、カットされてるものなんですよねぇ…
他の韓ドラだと、レンタルでノーカットのが見れるのに。。。
と、文句を言いたいわ…「美しき日々」や「オールイン」はどうなのかな?
ネット視聴で、最終回だけは、ノーカットを見たいな。

第1話では、ユンがチェオクを見送るシーンが、やっぱりカットだったのね。
ここのユンの表情やチェオクの表情、
「若様(トリョンニム)」と呼んだチェオクに、嬉しそうなユンが、とっても良かったのでした。

下の方に、最終話の感想をチラリと書きましたので、
まだ全て見てない方は、スルーしてくださいね♪

各回のあらすじと感想は、↓です。
「第1話」 「第2話」 「第3話」 「第4話」 「第5話」
「第6話」 「第7話」 「第8話」 「第9話」 「第10話」
「第11話」 「第12話」 「第13話」 「第14話(最終話)」 「全体の感想」
「第1話・再び視聴(ラストまでのネタバレあり)」

♪過去記事でも、コメント・TB大歓迎です♪




以下、最終話の感想です☆

自分の命と引き換えに、チェオクを助けようとしたユン・・・
何よりもチェオクが大切だと思うユンが、そして命尽きる時は、やはり号泣。。。
足かせされてて、這うようにユンの元へ行くチェオクも、
最後の表情も良いのよね。。。(:_;)
ハングルがわからないけど、最後は「ナウリ」と呼んでよかったような…
昔のように「若様」だったのかな? ←未確認情報です。
(吹き替えでは「ファンボ様」)
【追記】
「トリョンニム」=若様と呼んでたと判明。
いつも「ナウリ」=(吹き替えでは、「ファンボ様」)と呼んでたチェオクが、
昔のように、呼んでたのですね。。。
第1話でNHKではカットでしたが、出かけるチェオクが、
「行ってきます。若様」と呼んで、
「久しぶりに呼んでくれたな」と顔をほころばせるユンと言うシーンがありました。

そしてこのシーン、悪全開のダルピョン。
彼のインタビュー記事で、あの倒れたシーンは、長い事海につかってて苦しかったのに、放送ではあまり映ってないて残念とありました。
そこを注目(?)してると、チェオクの後ろの方で浮かんでるのは、彼?
もしずっと撮りっ放しだったとしたら、本当に長い時間だわ~

王を助ける時の、チェオクとユンのナイスコンビネーション、
ここはすごく二人の息が合ってて、良かったです~~~
その後、功労者のユンが王に呼ばれたシーン、
前はそれほど思わなかったけど、今回2話ストーリーを思い出せば、
両班のお坊ちゃまたちに、蔑まされてたユンが、
王から近こうに寄れと言われ、王から手を差し出されるなんて・・・
自分を卑しい生まれと言ってたユンの感無量な表情が、印象的でした。

そして冒頭にも書きましたが、ソンベク。。。
最後の彼の表情は、本当に・・・。・゛・(>_<;)・゛・。
補盗庁の軍官たちに追いかけられても、逃げるソンベク。
その時の語り「お前の前に道はない」と言ったセウク長官、
そう…彼は産まれたときから両班で、ずっと道は出来ている人だったのね。
でもソンベクは、「道は人が歩いて初めて出来るもの」と。
やっぱりソンベクの言葉に、とっても頷きます。。。
彼ら革命軍を見ていると、ついフランス革命を思い出す私。
革命は果たされなかったけど、いつの日か…と言ってたソンベク、
現代は、身分の差は無い世の中に。。。
かなり後になってからだけど、彼らのしたかった事は、正しかったからだと…
(まだ貧富の差はあるだろうけど…)

最後のソンベクの表情は、思い出すだけでこみ上げてきます。。。
チェオクと向かい合った時の、愛しい表情、
剣を自分につき刺して、「会いたかったチェヒ」と言った時、
フラフラになりながら父の剣につかまり、チェオクの横を通り過ぎる時、
そして一度振り向いた時の悲しい表情、
チェオクが庇ってくれた時の何とも言えない来てくれたのか…というような表情、
チェオクに頬をなでられた時の、愛しいけど、どこか悲しげな表情、、、
もうずーーーーっと泣きっぱなし・・・(T_T)(T_T)(T_T)

ラスト、チェオクの穏やかな最後の顔と、
ソンベクの懐から揺れるチマの紐が印象的。。。
冒頭の、チュクチの妻への語りかけも、ウルウルでしたーーー



チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2006年07月22日 00:56
Pandaさん、アンニョン♪
そうなのよね、この茶母、最終回はノーカットであるべきだよね~。一番いいシーン、最後のセリフがないのだもの~。私DVDで見て、今回始めてBSを見たら、カットが結構加藤のシーンが多いことに気づいてしまったわぁ。実は加藤、出番多いのにBSの人はきっと少ないと思っているよね、、、
けど泣けるのよ~、やっぱりいいドラマだわん。
TBしまーす
2006年07月22日 15:32
so-so♪。さん、アンニョン♪
最終回はそうでした。ラストがバッサリだったのよね。。。加藤のシーンは、いっぱい削られたのね。やっぱり悪に描かれてるから?と勘ぐっちゃいます。BSでは首の梅しか、拝めなかったけど、so-so♪。さんトコで、背中にもヘンテコなのがあると知ったのでした~

このドラマ、悲惨という人もいるけど、あの三人の生き様は胸を打ちます。。。他の登場人物にも。。。私、第1話の冒頭で、既に号泣だったわーーー(ToT)
gansu
2006年08月04日 02:01
pandaさん、今頃出てきてゴメンチャイ
視聴中だった『春の日(全20話)』を17話で一時中断して観たのよ
pandaさんも承知のとおり、私はハッピーエンドじゃなきゃ駄目派なので辛かったです
どうして!どうして!みんな幸せになれなかったの!
惨すぎだよ...死ぬのは加藤と欲の皮の突っ張った奴らだけでよかったのに~
茶母ショックを引きずり『春の日』を再開したんだけど
もう全然駄目!
主人公達の、何を苦悩して涙を流してるのか理解不能に
なっちゃって、こちとら命懸けてんのよぉ!!
って、見事な「茶母廃人」になってしまったよ
2006年08月04日 20:56
gansuさん、お久しぶりです♪
茶母廃人にようこそ!ねーー、心を深くえぐられた気分でしょ?私は今でも、思い出すだけで、胸が痛むのよ…
どうしてみんなあんな風にーーー(ToT)だよね。。。私は悲劇が好きなので、三人の生き様には納得したけど、gansuさんはラストが辛かったでしょう…それでも廃人状態なのだから、すごいドラマだと思います。
死ぬのは悪人だけでいいのにね!だからこそ、死ななければならなかった三人に号泣です。
ソンベクは死ぬだろうと思ったけど、ユンもチェオクもだなんてね。。。トリプルで辛く悲しいから、余計に来ちゃいます。

「春の日」の話。
>主人公達の、何を苦悩して涙を流してるのか理解不能にこちとら命懸けてんのよぉ!!
うん、わかるわかる!こういうドラマを見た後だと、つい、何泣いてんのーー!って思ってしまうよね。

gansuさん、お気に入りのイ・ウォネことクォン・オジュンssi、この前HTBの映画「TUBE」で発見!可笑しい役でギャップが…。GyaOの「順風産婦人科」(もろ喜劇)にも出てます。←これは若い!

この記事へのトラックバック