パリの恋人 第10話

サブタイトル・・・「宣言」
画像
ギジュとテヨンがいた会議室に、すごい剣幕で現れた会長。
(この俳優さん、このドラマで初めて見たけど、ホントコワイです。)
挨拶して、社長に渡すものがあって尋ねた来たと言い、礼をして立ち去るテヨン。
渋い顔の会長は、「勝手にはさせん。もう一度日取りを決める」と、婚約続行を告げました。
テヨンを追いかけて出て行き、腕を掴み、会長の元へ連れて行くギジュ。
「僕の好きな女性だ。この想いはどうしようもない。
初めての恋愛、許してくれなくても、付き合う」と宣言。
しっかりと繋いだままの手。
ギジュ!カッコイイ~そしてテヨン…こんな事言ってもらえるなんて~~
会議室の外で、話を聞いて、複雑そうなスヒョク(会長に呼ばれて偶然立ち聞き)
何としてもギジュとユナを婚約させたい会長は、
「腹に子でも?この手に引っかかるとでも?子は引き取る。金も欲しいか?」
と、ヒドイ言葉のオンパレード。
悲しさ悔しさで、一杯で涙がこぼれるテヨンは、「帰ります」と。
「僕が親父に似たのは、頑固なところ」と、テヨンの手を引き出て行くギジュ。

スヒョクが会長に呼ばれたのは、
ギジュが開発してる新車のデザインを手伝えという事。
気乗りしないスヒョクだけど、「決めた」と言う会長に、逆らえないかも?
「お前もさっきの娘と知り合いか?と」聞く会長に、「ええ」とスヒョク。
ふぬけどもが…と呟く会長に、「いい子だよ。でも認めないで」とスヒョク。
ため息の会長。。。 二人が同じ女性を…というのに、何か思うところあり?

送っていく車の中で、ずっと無言のギジュとテヨン。
家に着いて、強引だった事を謝るギジュ。
「なぜ私が、あんなヒドイ言葉を聞かないと?
婚約したくなくて、あんな事言ったなら、私だって妊娠した演技したのに。
そうしたらお金をもらえて、あなたは婚約できた」
と怒って行ってしまうテヨンの腕を掴むギジュ。
「これは本心だ。不器用だから、慣れてないから、こんな風にしか言えない…」
ギジュの言葉に、涙がこぼれるテヨン。。。
部屋に帰ってからも、ずーっと涙が流れていて・・・

スヒョク母に、ギジュの事を「のぼせ上がってる」と言い、止めるようにと会長。
「ギジュの性格じゃとユナじゃ合わない。放っておいたら?
わざわざ連れて来たなら、その女性が本命だわ」とスヒョク母。
「ユナの母は口が軽いと言ってた。その口をどう封じる?本命だのと言って、
一時の感情から、33年間苦労したのが無にしていいのか」と会長。
辛そうに俯いてたスヒョク母。
その話を聞いて、「ムン議員に何を?」と食い下がるけど、
もちろん、話してなんてくれない会長。
ギジュが行ってしまった後、
「たった一人の息子が、私の足かせだ」と会長。
33年といえば、ギジュが33才位だったかしら?
やっぱりユナ父母に、出生の秘密を握られているのかな?


ギジュと話すスヒョク母。
「僕の目にはかわいい女性」とテヨンの事を話すギジュ、
「スヒョクも同じ事を…本当に似た二人」とスヒョク母。
スヒョクは帰ってない、きっはバーだわ…と言ってた通り、いつものバーにいて、
マスターに「誰かに石を投げられたか?」と言われる位、落ち込んでいるスヒョク。
「苦しいなら家へ帰ったら?」と言うマスターに、
「苦しい時は家に帰るのか?家の方が苦しい…」とスヒョク。

ギジュの告白とスヒョクの告白を思い出すテヨン。
ボイスレコーダーを取り出し、
「お父さん、私の心が誰を求めてるか、思ってるか知ってるでしょ?
二人共、傷つけたくない。私だけが傷つけばいいのよ…」と。

ゴンとおじは銭湯へ、ヤンミは仕事…で、ギジュを家に招待するテヨン。
扇風機を持参して来たギジュ。
「トイレは売ってる場所が分からない」と、真面目な顔して言うギジュ(^o^)
冷蔵庫が欲しかったと言うテヨンに、「買って来る」とギジュ、
慌てて「冗談」と止めると、「こっちも冗談だ」
テヨンが用意してたトッポッキを見て、「本物のトッポッキか?」とギジュ、
「ニセモノもあるの?」と苦笑いのテヨン。 こういうやり取りが微笑まして二人♪
初めて食べたトッポッキは、「上手い、でも辛い」とギジュ。
辛いものも甘いものも嫌いと言うので、
「これ、甘辛いから」と皿を取り上げるテヨン。
「おいしいんだよ」と食べるギジュに、笑顔のテヨン。

「昨日の事、聞かなかった事にします。
うちの泊まった時、居心地悪かったでしょ?
最初は良くても、あとから耐えられなくなる」と育った環境の違いを口にするテヨン。でも、それがテヨンが身を引こうとして言ってると、わかっているギジュ、
「黙って着いて来い。人を好きになるのは下手だけど、努力する」と。

「これからちょくちょく会いに来るから、そのたび驚くな。
普通のカップルみたいに、ドライブしたり、食事に行ったり…」と言うギジュに
「忙しいからいい」とテヨン。「嬉しいくせに」とポツリとギジュ♪
「携帯メールも習う、家の前で待ってたりとかも。
今の仕事はキツイからやめろ」と言うギジュに、
スンギョンのおかげで、映画館に採用された話すテヨン。

テヨンは、携帯の電話帳登録を「恋人」から「スヒョク」に変えたようです。
スヒョクに「時間が出来たら、顔見せて」とメール。

テヨンに会いに来たユナ。
ユナがお気に召さない雰囲気の喫茶店へ。
「会長は怖い方。息子だって容赦しない。
あなたは彼のお荷物。私なら力になれる。彼を愛してるわ。
テヨンさえいなければ、愛される。お願いよテヨン」と席を立つユナ。
喫茶店を出て、泣いているユナ。。。 ←地上派ではカット

テヨンを採用した事を聞きにスンギョンの元へ行ったギジュ。
「不安なの。その視線の先にいる人が。私に欠けてたものを知りたいの」
そう話すスンギョンに、「彼女に楽な仕事を」とギジュ。複雑そうなスンギョン。
スンギョンがまだ自分を愛してると、気づいてないようです。

今でもブラシを見つめてるスヒョクに、
「ブラシが原因で喧嘩する奴は、お前だけ」とバーのマスター。←その通り…
夕べ、スヒョクが家に帰らなかったから、バーを尋ねて来たギジュ。
場所を変えて話そうと言うギジュに、「約束がある」とスヒョク。
「出て来いよ」とテヨンにメールし、待ち合わせの屋台へ。
ブラシを返されて、驚いてハッとし、
「あの日、後ろにいたのね…あなた本当にいい友達ね」とテヨン。
「友達なんてイヤだ。誰の元へ行ってもいいから、立ち止まって考えて。
ちなみにそれが俺なら嬉しい…お前二人に愛されて、幸せ者だぞ」とスヒョク。

スヒョクが家に帰ると、一人でワインを飲んでたギジュ。
本気でテヨンが好き?婚約がイヤだから?と聞くスヒョクに、
本気だ。お前が好きな事も知ってるとギジュ。
「実は断られて」とスヒョク、「俺もだ」とギジュ。
「可愛くないのに」「嘘もつく」「忘れっぽいのに」「頭も大きいし」「鼻の穴もデカイ」
テヨンがいないからって、勝手な事言い合ってる二人(;^_^A
「経済力は叔父さんだけど、ルックスは俺、それに叔父さんは恋愛を知らない」
「認めるが(←妙に可笑しい~)、男対男で勝てると思うか?」
そして、ライバル同士で乾杯。(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪

ここは地上派でカットです。
ギジュに「後輩として」話すキム秘書。
「会長を止められなくてすみません。今日は改めて忠誠を誓います。
先輩は、パリ時代から変わりました。僕は賛成です。全てに」
そして、ユナ母が尋ねて来た時の、会長が平身低頭で、腑に落ちない…と。
キム秘書カッコよかったのに~

新車開発の会議で、きびきびとしてるギジュ。
意見を述べるチェ理事に「言いい訳は無用」とキッパリ言ったりして、
そんなギジュを見て、顔が綻んだようなチェ理事。
チェ理事はギジュの実父で、ギジュを育てる為に、ワザと悪役を買って出てる?
と、妙な想像をしてしまった私。。。
それでも、チェ理事は、本当はギジュに好感を持ってそうな気が・・・


テヨンの元へ向かう車の中で、テヨンを思い出しニコニコのギジュ (^ー^)
前に取り上げたポラロイド写真を取り出して、再び笑顔♪
やっぱり、テヨンの写真を持っていたかったのね~

映画館では、ヤンミと同じように「シュレック」の耳(?)をつけてるテヨン。
スンギョンに「いじめるかも」と、冗談なんだか本気とも取れる事を言われてると、「冗談キツイぞ」と、やって来たギジュ。
「私とお昼?電話してよ」と喜ぶスンギョン、
しかし、テヨンを連れ出すギジュに、ムッとした顔。
後からやって来たスヒョクに、「ふくれっ面」と言われる通りの顔してたスンギョン。
「前夫が恋愛中、愚痴を聞いて。テヨンさんを連れ出したわ。
なぜ私から離婚を切り出したのかしら…」と言うスンギョン、
テヨンを?と驚き、「用がある」と行ってしまったスヒョク。

今日から恋愛を頑張る、超初心者だけど、信じてついて来いと言うギジュ。
まず、若者で溢れる小物グッズが売ってる店に行く二人。
手をしっかりと繋いだまま(迷子になるからって^^;)で、
「汗をかくわ」とテヨン、自分のスーツで拭くギジュ(!)
小銭を貯めるために、ブタの貯金箱を買うギジュに、
「あの話、聞いてたんだ…」と顔が綻ぶテヨン。
手を繋いでるのはいいけど、お金を払う時まで・・・(;^_^A

物を買って小銭が出来ると、ブタの貯金箱へ。
「トッポッキも食べたし、腸詰めも食べたし、小銭も貯めたし…」
「“思い出づくり”は難問だから、先に自分の影を見る。
泣く理由が出来たら、ワンワン泣いてやる」と、
テヨンに抱きつき、本当にワンワンと声をあげるギジュ!
これは泣き声?おかしすぎる・・・(≧О≦)
ふざけてたと思ったら、「お前は僕を泣かせるような事はするな」と真顔のギジュ。

さっきから「お前」って呼んでるわとテヨン。
「7つも年下だし、赤ちゃんも同然」とギジュ。
いい大人なのに、赤ちゃん?とスタスタ行ってしまうテヨンに、
「ハニーちゃん、ハニーちゃん、待てアイス買ってやる」と叫ぶギジュ。
みんな振り向いてるわ~~~(ΦωΦ)


ここも地上派ではカットです。
アイス屋さんで、種類が多くて迷うからって、「全部一つずつ」と注文するギジュ。
「夜中に下痢するわ」とテヨンに止められ、そうかと苦笑いのギジュが可笑しい~
「僕はカップで一番大きいの」と注文して、出て来たのは、デカイ!!
そして、まだ手を繋いでいる二人。
手を放して楽に食べましょとテヨンに言われても、「イヤだ」とギジュ。
呆れてうなるテヨンの口真似するギジュ。←カワイイ~☆彡
と、ここまでカットでした。

家に送り届けて、ブタの貯金箱に小銭が貯まったら、
トッポッキでも買いましょうと話してるともバイクの音と共にやって来たスヒョク。

「パリの恋人」他の回はこちらです。

巴黎戀人電視原聲(「パリの恋人」サウンドトラック海外版)(韓国盤)
巴黎戀人電視原聲 (「パリの恋人」サウンドトラック海外版)(台湾盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月10日 20:50
エ~~~!キジュとスンジュンのシーンはカットなんですか!?
ふたりの信頼関係がわかる私の好きなシーンなのに!
(ユナのシーンはどーでもいいけど)。

会議のシーンですけど、キジュと何かと対立していたチェ理事。
元々考え方(会社の方針)が全然違うんだし、私は何か企んでいるように見えました。
2006年06月10日 22:24
sannkenekoさーーん、そうなんです!キム秘書とギジュのあのいいシーンが無かったのですよ(:_;)
すごくいいシーンだったのにね。。。

>ユナのシーンはどーでもいいけど
同感です(^o^)

チェ理事のあのニヤリは、企んでる含み笑い…にも見えたのですが、何だか「あら?」と気になってしまいました。韓ドラって出生の秘密があるし…と勘ぐりすぎたかも。
2006年06月10日 23:28
こんばんは~。
ギジュとテヨンのアイスを買うシーン、地上波ではカットされてたんですね~。見たかったです(泣)
ギジュのお姉さんとチェ理事の怪しい雰囲気が気になりますが・・・。やっぱり韓ドラお約束の出生の秘密があるんでしょうか?
2006年06月11日 10:54
tomoさん、こんにちは~
やっぱりアイス屋さんのシーン、カットでしたよね。
この後も、スヒョクとテヨンの悪口(?)を言い合ったとか、何よ~とかってじゃれてる二人も、仲睦ましくって良かったんですよ~それで最後のシーンは、あんなにニッコニコだったんです。

>ギジュのお姉さんとチェ理事の怪しい雰囲気が気になりますが
そうなんです!私もここが気になって、この二人がギジュの親?なんて想像しちゃいました。
でも、何か企んでるといわれれば、そんな気もするし、どうもここの部分の予想には、揺れてる私です。
ドラマ見ながら、色々想像するのが好きなんです♪
のり
2006年08月22日 22:05
ギジュとテヨンのほのぼのとしたシーンはとても可愛らしいのですが、スヒョクが痛々しくて切ないです~~。彼の行動はいまいち理解不能ですが、テヨンに訴える台詞も(最後は俺であって欲しい)なかなかいい台詞で痛々しいです。テヨンは実際二股もかけておらず、はっきりと断っているし、決して弄んでいる様子ではないので、そこもまた大好感です。これからどうなっていくのかな~?!凄く楽しみです~!!今の段階ではギジュとスヒョクは兄弟?!という予想で、です。チェ理事は何か企んでいそうですが、いい人なのかもと思い始めてきました!!
2006年08月23日 12:06
のりさん♪
私はまだこのヘンでは、スヒョクは母から、愛情をかけられてないから、テヨンに固執してると思いつつも、どうも強引で、気持ちを押し付けるスヒョクが苦手でした。でもこの後から切なく思えてきましたよ~

テヨンはスヒョクを友達と思って接していて、フラフラした態度はしてなかったですよね。私もそこは好感度が良いです!

>今の段階ではギジュとスヒョクは兄弟?!
私も、ギジュの母親はスヒョク母・ギヘでは?と予想してました。
スヒョク母に熱い目を向けてるチェ理事が、どういう絡みなのか、どうなのかお楽しみに!

この記事へのトラックバック

  • 「パリの恋人」第10話

    Excerpt: キジュって根が生真面目なんですね。 一生懸命とか真剣とか努力するとか・・・(苦笑)。 第10話『宣言』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-06-10 20:18