宮廷女官 チャングムの誓い 第29話

サブタイトル・・・「一筋の光」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
チャンドクが連れて行ったのは、薬房でした。
「誰の言いなりにもなりませんから」とチャングム。
「どうこうしようなんて、思ってない」とチャンドク。
チャンドクさんに何て口の利き方!分をわきまえなさい!と、叱る奴婢たち。
笑いを浮かべて、丸薬を作るように指示して、行ってしまうチャンドク。
この丸薬は、特効薬と言うけれど、味見したチャングムは解せない表情。
(ピンクのチマチョゴリを着てる奴婢は、「クッキ」見世物小屋の歌手かしら?)

心配そうに、薬房を覗きこむチョンホ。
それに気付いて出て来たチャングムは、「水軍の武官なのに逃がそうと?」と。
職を辞したので、長官がそうしてくれたようで、知らなかったと言うチョンホ。
「ネグミを辞めて、ここまでいらしてくださったのですか?」
そうなんだけど、そうですと言えず、アタフタするチョンホ様。
そこに、身分の高そうな男が、近づいて来て、
「奴婢のくせに武官殿に面を上げるとは!」と激怒。
王の女・女官で無くなっても、
二人の間の身分の差の壁は相当のもののようです。

薬房に戻る時に、チャンドクが診察してるのを見たチャングム。
薬はもう必要ないと言うチャンドクに、「薬が欲しい」と患者の男。
10日分の薬を出すチャンドクに、喜んで金を払う男。
「もっとお金をくだされば、薬を出しますよ」
そんなチャンドクを、呆れた目で見ていたチャングム。
「何て悪どい事を!医療に携わるものが、騙すなんて」と、
食って掛かるチャングム。
騙すと言う言葉が引っかかるチャンドクに、
「あの薬は、炒った豆と麦と茸に甘草を混ぜたもの。食べてみた」とチャングム。
「すごいわ。でも生意気なのが玉に傷」とチャンドク。
チャンドクは、ちゃんとチャングムの良い所を認めてくれて、
褒めているけれど、チャングムは頑なな態度です。


人を騙す手伝いなんてしないと、頑固なチャングムに、
麦門冬(バクモンドウ)の芯を抜くように指示するチャンドク。
芯が残っていたら、心臓を痛めると言い残して行ってしまうチャンドク。
やりたくないけど…チャングムがやったのを、そのまま使うと言ってたチャンドク。
渋々ながら、丁寧に芯を抜くチャングム・・・目から涙が溢れてきます。
こんな手伝いなんてしたくないのに…という思いなのかな。。。

チャンドクの所に来てたのは、前回チャングムに何度も逃げられてたクマン。
チャンドクから金を受け取って、非番の兵士を使って、何かを建ててるらしい…
立ち聞きしてたチャングム、「何て人達!」と怒りをあらわに。
部屋に戻っても眠らず、牢でのハン尚宮の言葉を思い出すチャングム。
---お前は私の子。子を死が待つ道に連れて行けない。生きて、生き延びて---

またチャンドクが、大金を受け取って診察してるのを見たチャングム。
もうチャンドクの指示には、「やりたくありません」と。
「でもアンタがやったのを使う」と行ってしまうチャンドク。
奴婢たちは、いつも麦門冬(バクモンドウ)の芯をちゃんと抜いてないからと、
叩かれるのに、チャングムが叱られなくて不思議そう。
(ちゃんと抜いてたのね~と思わないのかしら・・・)
チャンドクは夜通し全てをチェックするのだそうだけど、
「あの人は芯が抜いてないフリをして、ワザと叩いたに決まってます」
と言うチャングム。↑ちょっとあんまりな言葉…
人の口に入るものを誤魔化してるチャンドクが、
許せない気持ちも分からないでもないけど。

チャンドクさんを侮辱するんじゃないよ!と怒って出て行く奴婢たち。

チョンホに呼ばれたけど、面を上げられないチャングム。
しかし、「硫黄を持ってきました」と聞くと、パッと顔を上げて可笑しかった~
アヒルに与えてください。薬房にいれば色々調べられるでしょう。
チョンホに言われて、自分でも調べようと思ってたと目を輝かせるチャングム。

その頃、、、アヒル料理を作ってるトック。
あの硫黄のアヒルは誰も買ってくれないから、
トックがもらってきて(買って来た?)もう三月以上も毎日アヒル料理…
思わず吐きそうになってしまうトック妻。
しかし!吐き気はつわりでした!
「硫黄のアヒルは、精がつく」 それが正解だったと喜ぶ二人。
そして、子チャングムの時にいたイルト君は、亡くなっていました。
この明るい夫婦にも、そんな悲しい出来事があったのでした。

その話を聞いたヨンセンは、ホンイにあの日の事を問いただすと、
「そういえば、ヨンノさんからアワビの甘露煮を」と思い出しました。
ヨンノが絡んでいるなんて、絶対に怪しいと言うヨンセンだけど、
ミン尚宮とチャンイは、もうその話は辞めようと。
この三人は、スラッカンから左遷されて、
側室の厨房に追いやられてたのでした…

スラッカンで、明国の使者へのおもてなし料理を作る、チェ最高尚宮やクミョン。
チェ尚宮、相変わらず包丁握る手が決まってます。
料理を食べて満足そうな明国の使者は、前に太平館に来た使者から、
スラッカンの料理は素晴らしいと聞いた事を話し、
チェ尚宮&クミョンがそうだと勘違い。 違うとも言えない二人。
明国の皇帝陛下から、絹と愛玩用の犬が送られました。

パンスルの執事から、チョンホが済州島へ派遣されたと聞いたクミョン。
複雑そう面持ちのクミョンに、
「命を助ければ、忘れると言っただろう」と釘を刺すパンスル。

済州島は何度も侵略を受けてるのに、何も対策をして来なかったらしい。
朝廷から許可が下ったので、城壁を築く事にしたと部下に命ずるチョンホ。

料理を作っているミン尚宮の元に、
妊娠中の側室の食が進まないから、献立を変える様に言うクミョン。
ハン尚宮の教えのように、体に良いものを工夫して出すと反発するヨンセン。
「未だに謀反人の名前が出るとは!」とチェ最高尚宮。
オロオロするミン尚宮とチャンイ、毅然としているヨンセン。
ミン尚宮とチャンイは、チェ尚宮にお詫びをするけれど、許してくれないチェ尚宮。
とうとう、もっと酷い部署へ左遷されちゃった三人。
「全部ヨンセンのせい!」と、怒りをぶつけるミン尚宮とチャンイ。

あの東屋(チャングムが料理の練習をしてた、母の手紙を埋めてた)で、
チャングムを思い、寂しそうなヨンセン。
そこに一匹の犬が・・・ 一人ぼっちの犬を抱き上げるヨンセン。

薬草(毒草)を次々と見分けるチャングムに、他の奴婢たちは驚き。
「チャングムは大したものね。どうして分かるの?」とチャンドク。
スラッカンにいて、幼い頃から師匠に教えてもらったと答えるチャングム。
「医女にならない?」と言うチャンドクに、「お断りします」とキッパリ。
「私を毛嫌いするところも気に入ったわ」と言って、
チャングムが毒草としたクララを、
「クララなりに効能があるの。薬草として区別しなさい」とチャンドク。

息子が病気だと、男が駆け込んで来て、
「鍼を持っておいで」と言って、チャングムを同行させるチャンドク。
そこの家は貧しい家で、子供はすごい皮膚病で、
鍼を打つと、その時はよくなるけど、またぶり返すようです。
お金がなくて薬を買えないので、出さないチャンドクに、
「医女は病気を治すのが役目。
チャンドクさんはお金を持ってるのだから、助けてあげるべき」と言うチャングム、
笑みを浮かべて取り合わないチャンドクに、「処方箋をください」とチャングム。

お金を持ってないチャングムは、チョンホに借金を頼み、薬屋へ。
薬を煎じようとするけれど、水は塩が混じっていてダメです。
真水は、庶民には手の届かないものだったのでした。
子供の腫れ物は皮膚病と思われ、
皮膚病に塩気は良くないと、知っているチャングム。もう既に医女みたいです。
泉に汲みに行くチャングム、子供が病気と言えば何とかなると思ってたけど、
「両班(ヤンバン)でもない普通の家の子?」と呆れる見張りの武官は、
すがるチャングムを突き飛ばして「何様だ!」と。

漢拏山(ハルラサン)の中腹に、涌き水があると聞き、山を登るチャングム。
漢拏山って、聞いた事あると思ったら、「ポップコーン」第8話に出て来た山ね~
水を汲んで山を降りたところで、チョンホを見かけて声を掛けるチャングム。
チョンホは、チャングムから、
クマンがチャンドクからお金を受け取ってた事や、
何かを建てる話をしてたたので、自分の家を建ててるのかも…と聞いてたので、
こっそりクマンと兵士の後をつけてきて、様子を見てたのでした。

クマンから事情を聞くと、隠す事もなく、
雨水をろ過して貯める物を作ってたと答えました。
その言葉をフォローするように、チャンドクがやって来て、
ここの名産は塩と魚だけど、魚は体内の熱を上昇させ塩は血をにごらせる。
塩の混じった水しか飲めない民達の為に、真水を飲ませたいと・・・
チャンドクが金持ちがまき上げてたお金は、
民の為に使われていたのでした!

ろ過する為に貝殻を使うというチャンドクに、
「炭がいいです。それに雨水より雪を解かした水を使えば良い」
と教えるチャングム。
まだ表情は硬いけど、チャンドクに対する思いは打ち解けて来たようです。
防壁を作ると共に、ろ過装置を作る許可を与えたチョンホ。

薬を煎じながら、さっきのチャンドクを思い出し、
「お母さんやハン尚宮様とは、また比べものにならない…」と首を振るチャングム。
チャングムが煎じた薬を、少年に塗るチャンドク。
チャングムの言うように、自分のお金で薬を買ってあげても、
病人全員を助ける事なんて出来ない。薬より予防する事が大事…
と話すチャンドクに、それでもニセ薬を売るのは、納得できないチャングム。
「あの人たちは心の病気。仮に病気だとしても、
食べ物で治すのが良いと、医学書にも書いてある」
医食同源・・・ハン尚宮の教えと同じような事を言うチャンドク。

チャンドクが前回、チャングムと一緒に蔵に入れられてたのは、
流刑者への診療や治療が禁じられているのに、やったからでした。
益々、チャンドクへの印象が変わって行くチャングム・・・
そして「私の弟子にならない?」と誘う言葉が頭を過ぎります。

蔵から出されるチャンドクの為に、食べ物を持って来たチャングム。
ちょうどクマンが、役人からの呼び出しだと、チャンドクを連れて行く所でした。
役人は、「チェオクの剣(茶母)」で、舟の席を横取りした男ですね。
チェオクに成敗川につき落とされた…

『宮中の医女を統率する医女長に』との辞令を受けると、
「私は不治の病に掛かったと、死んだと言ってください」と断るチャンドク。
何度も辞令を受けてるのに、断り続けて、済州島に残ってるようです。

クマンの話を聞いたチャングムは、驚き。。。
名声が宮中に届くと、今回のように呼び出しがかかる事。
元々医女は、宮中で教育を受けて、優秀なものは残れると・・・

チャンドクも残されたのにそうだったけど、
「宮中暮らしに馴染めない」とここに来たらしい。

チョンホの元に、駆けつけたチャングム。
「チョンホ様…宮中に戻る希望が出てきました。医女になります」

チャンドク役のキム・ヨジンさんは、1974年生まれ、
1971年のチャングムことイ・ヨンエさんより年下なので、
チャンドクのような態度を取るのが、やり辛かった…らしいです。
年上の人に敬意を払う、韓国の人らしい言葉で印象に残りました。

「チャングムの誓い」 他の回はこちらです。

韓国ドラマ・ガイド 宮廷女官 チャングムの誓い 後編 教養・文化シリーズ―韓国ドラマ・ガイド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月21日 11:02
pandaさん♪ こんいちは!
チャンドク姉さんかっこよかった~!ちょっとチャングム反抗期?とか思っちゃいました。
ところで、pandaさんホントすごい!
あの奴婢仲間の姉さん格の人...クッキの芝居小屋の歌手ですよね...気が付かなかったけど、言われてみればそうだぁーーって!
ともかくチャンドク好感度アップで次話も楽しみでーす。また、立ち寄ります。
2006年05月21日 11:42
じゅんさん、こんにちは~
チャンドクさん、カッコイイでしょう!民の為にあれだけの事をしてくれるなんて、素晴らしいです。
チェ尚宮の出番が少なくなったけど、チャンドクさんの好感度アップで、楽しみが増えましたね♪
チャングムは、あの態度はちょっと引きました…「わざと叩いたんじゃ?」には、もう勘弁してーーという感じで。。。
チャンドクさんが良い人と分かってたら、余計そう思ってしまったのかも。

あの奴婢仲間の人、やっぱり見世物小屋の歌手ですよね~?!
似てるなぁと思いつつ、確信が持てなかったけど、安心しました。
りょう
2006年05月21日 12:13
pandaさん、こんにちは。
チャンドク。ボクは初見からお気に入りのキャラでした。
人に媚びるのが嫌いで、どんな相手にも怯まない毅然とした立ち振る舞いに好感が持てます。
結構『医女編』で皆さんに人気が出そうなキャラかも知れません。

あと初見ではそんなに感じなかったけど和み系のクマンもなかなかいい味出してます。

それにしてもチャングム、チョンホともここに来て俄然表情が生き生きしてますね。
当分はチャングムが宮中に戻ることがメインの展開になりますが、スラッカン編では十分に描けなかった2人のラブロマンスも見所ですね。
2006年05月21日 21:18
pandaさん、アンニョン♪
そうなのよ~。チャンドクさんは、あんなに反抗的な態度をとっているのに、ちゃんと彼女の資質を認めているのに、チャングムは。。。ちょっと今回私は軽く説教モードでした(笑)
チャンドクさん、格好いいですね。あーいうサッパリして聡明な女性、好感が持てます!!

そうそうハルラ山、ポップコーンのあのシーンです!!結局登らなかったのよね~。。。
2006年05月21日 21:18
こんばんは。
奴婢は武官に面を上げられないと聞きながら平気で会っているチョンホの無神経さが理解できません。
(ふたりきりならともかく・・・)。

ところでチャングムは助けられた形なのにチャンドクにあんな態度を取って。
確かに目的のためとはいえ両班からお金を巻き上げたりはしているけど、じゃあチャングムは?というくらいの傍若無人ぶり。
呆れたというよりがっかりです。

挙句が宮中に戻る手段としての医女。
チャングムってこの程度の人だったんでしょうか・・・。
2006年05月21日 22:31
こんばんは。
>そうなんだけど、そうですと言えず
言えばいいのにと思った男性は多いと思うけど、実行に移せる男性は少数派かも。
2006年05月22日 09:53
りょうさん、こんにちは~
チャンドクさん、いつも堂々としてて、私も好きなキャラです。
クマンは、トックがいない間の和みキャラ?
彼は軍官で、身分が低くはないだろうに、民の為に一生懸命で、いい人だなあ~と思いましたよ~~~
2006年05月22日 09:59
so-so♪。さん、こんにちは~
アハハ、説教モードだったのね。
チャンドクさんは、反抗的なチャングムをちゃんと褒めてるのにーーって感じで、チャングムがとってもお子様に見えてしまいました。
チャンドクさん、いいでしょう~~~
チャングムへのあしらえ方も流石だし、信念を強く持ってる女性で、良いですね。
ハルラ山、思わず反応しちゃいました。
そう、登らなかったのよね…
2006年05月22日 10:09
pandaさん、こんにちは。
私もピンクの奴婢が気になります。「雪だるま」でチェリン@冬ソナのような役回りのスジンになんとなく似ていて。しかし、見せ物小屋の歌手なんて、すっかり忘れていましたよー!シェー!「チェオク」の男もね。そんなに何度も出てないでしょ。相変わらずチェックすごいです~!
チャングムは、今回やさぐれちゃいましたね。まあ、1話だけで立ち直ったから許しましょうか。格好いいチャンドクも出てきたことだし。楽しみです~。

2006年05月22日 10:33
sannkenekoさん、こんにちは。
チャングム関連の雑誌で読んだのですが、チョンホは、相手が奴婢であろうと、公平な態度を取る珍しい両班なんだそうです。
が…二人の間に「愛」があるせいか、人前で堂々と会ってる姿は、「お二人さん、いいのかい?」という気持ちになりました。

sannkenekoさんのいうように、引き取り手がいないのを、チャンドクが引き取ってくれたというのに…
あんな態度取って、子供じみて見えました。チャングムは思いこんだら、一途だから、こうなってしまうのかな~?

>挙句が宮中に戻る手段としての医女。
そうそう!すっかり自分の感想に書き忘れてしまったけど、これは私もガックリでした。初めて観た時は、コケちゃいましよ。このドラマは好きなんだけど、納得出来ない部分の一つです。
うちの家族に言わせると、宮中に戻りたい気持ちが強くて、ワラにもすがりたい気持ちなんだって・・・でもねぇ。。。
2006年05月22日 10:33
stanakaさん、こんにちは。
そうなんです。って言える男性は少ないのですね(^o^)その代わりチャングムが「辞めてここまでいらしてくださった…」って言いはじめて、何だか可笑しかったです。
2006年05月22日 10:38
kbkbYさん、こんにちは~
「雪だるま」は数回とびとびと、最終回だけ観たので、スジン(キム・レウォンを好きな?)かどうか思い出せないけど、「クッキ」の歌手なのは、じゅんさんも同意してくれて自信を持ちました。
「チェオク…」のも、ちょっと私の脇役チェック、おかしいでしょ~(^ー^)>゛
チャングムのやさぐれっぷりは、観ててちゃんとしてよ~って気分でした。長引かなくて良かったーーーやっぱりチャングムは、何かに必死な所いいから♪
のり
2006年05月23日 23:25
ドラマ後の解説で昔は他人の体に触ることは卑しいとされていて医女は奴婢の仕事の1つであったと・・・これを聞いて納得しました。奴婢からは宮中にはあがれないも同然。宮中に戻る意思だけで生きていたチャングムに一筋に光が照り、それに可能性をかけた選択で私は「あり」かなと思いました。きっとこの後、仕事に目覚めていくのでしょう。どんなに逃げ出しても海で溺れ死ぬだろうとはチャングムもわかっていたはず。それでも何度も試みていたのはこの島で生きていても仕方がないとわかっていて、たとえ命を落すことになっても魂は宮中へ、の思いからのことだったのだと思います。それが島に生きていながら宮中への道も目指せるのですから、次回以降、話の展開が楽しみです。トックおじさんの息子、いましたね~~。お酒を家の外に一緒にだしてた男の子、すっかり存在を忘れていました。そうか、そんなことがあったのですね。それにしても3ヶ月経ち、王様の病気は何だったのか解明できたのでしょうか?全く触れられませんでしたが、今後に関わってくるのでしょうか?気になります~~。
2006年05月24日 11:11
のりさん、こんにちは~
なるほど、そうなんです。うちの家族も、のりさんと同じ見方をしていて、全然変だと思わないって言ってました。
監督さんも、脚本家さんも、そういう思いで作ったのでしょうね。でも、なぜか、そう感じれなかった私でしたが、
>たとえ命を落すことになっても魂は宮中へ
ここ読んで、ジーンと来ましたよ~
トックおじさんの息子は、チビチャングムが宮中に上がった後、干し柿をくれて「辛かったら一緒に逃げよう」って言ってたのが印象的です(^^)ドラマ当初の設定だと、大人編にも出る予定だったようですよ。スラッカン編が長くなり、亡くなった事にしたそうです。
王の病気は「何?」って気になりますよね~初見の時は、医女になったチャングムが解明するんだろうと、想像してました。
いつか、この病気の話が出てきますので、お楽しみに!

この記事へのトラックバック

  • 『チャングムの誓い』(大長今)29話みましたぁ!

    Excerpt: 『チャングムの誓い』(大長今)29話.....『一筋の光』 身分は奴婢だけど医女のチャンドク(キムヨジンさん)にひきとられたチャングム(イヨンエさん)は役所内の薬房に連れていかれました.....チャ.. Weblog: 韓ドラのたまり場 racked: 2006-05-21 10:56
  • ・「宮廷女官チャングムの誓い」29話「一筋の光」

    Excerpt: NHK総合テレビで放映されている「宮廷女官 チャングムの誓い」。昨日2006年5月20日(土)放送は、第29話「一筋の光」でした。※ドラマのチャングムをご覧になっていない方は、スミマセン!この記事、読.. Weblog: たまちゃんのてーげー日記 racked: 2006-05-21 15:12
  • 宮廷女官チャングムの誓い第29話「一筋の光」

    Excerpt: 島では水が貴重品。これは私自身、沖縄に仕事で行ったときに感じました。各家の屋根の Weblog: arekore racked: 2006-05-21 18:23
  • チャングムの誓いはおもしろい16

    Excerpt: 「チャングムの誓い」第29話「一筋の光」をみました。 やっぱり、ハンサングンと別れてしまった心の傷は短い期間では、そう簡単に癒えないんだね。 トックおじさん夫婦にもあひるで子供ができちゃったし、頑張れ.. Weblog: ほぼ毎週ニュースレタ(←よろしければトップページにもアクセスをどうぞ) racked: 2006-05-21 20:07
  • 「大長今 宮廷女官チャングムの誓い」第29話『一筋の光』

    Excerpt: ハン最高尚宮の言葉を思い出し励まされるチャングム。 「大長今 宮廷女官チャングムの誓い」第29話『一筋の光』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-05-21 20:35
  • チャングムの誓い 29話

    Excerpt: チャングムたら、ちょっと意地はりすぎでは?まあ、それでいつも新たな道が開けるのだけど、ちょっとばかり環境適応能力低いかも~、人を批判する前にもっと周りの状況を見てから批判すべきでは~?!と今回は辛口評.. Weblog: diary(徒然なるままに) racked: 2006-05-21 21:13
  • 宮廷女官 チャングムの誓い 第29話「一筋の光」

    Excerpt: 「私にお任せ下さい。」 チャングム20話の始まりです。 チャンドク。謎の人物ですね。 面白くなりそうです。 Weblog: 韓国ドラマ 韓流 SPINDLE racked: 2006-05-21 21:47
  • チャングムの誓い 第29話「一筋の光」 地上波

    Excerpt: 今回のチャングムは「道は開ける」 新入社員の時に道は開ける を読んでいないのか!と言われたことを思い出す。 チャングムには以下の目的と実行計画が頭の中にある.. Weblog: @もろいことない?チャングムにくびったけ racked: 2006-05-21 22:22
  • チャングムの誓い#29 06/05/20 Saturday

    Excerpt: 23:10 NHK「チャングムの誓い」第29話「一筋の光」 また変な漢字を拾ってしまいました・・・ 湧き水の番をしていた男。帽子に「男」の文字て、なんだろう~と思って見ていたら、実は.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2006-05-22 09:53
  • 20日放送『チャングムの誓い』ウォッチング・レポート

    Excerpt: 本日放送の『チャングムの誓い』は、第29話「一筋の光」でした。前回は何かにとりつ Weblog: 海外ドラマ専科 racked: 2006-05-23 14:42
  • チャングムの誓い 完全版  第29話「一筋の光」

    Excerpt: この医女いい人かも! Weblog: 空色☆きゃんでぃ racked: 2007-08-10 06:28
  • チャングムの誓い・完全版 vol.29 一筋の光

    Excerpt: 奴婢のチャンドクは医女で周囲から敬われている人物。 その人物に引き取られたチャングム。。。 今日はここから始まります。ちょっと”やさぐれて”ますよ~~~。   「逃亡を助ける。」と嘘.. Weblog: 美味-BIMI- racked: 2007-08-31 12:19