パリの恋人 第5話

サブタイトル・・・「思わぬライバル」
画像
スヒョクが、数日前に帰国してたと秘書から告げられ、
「なぜすぐ知らせなかった」と、ギジュ。
帰国を知ってる自分に言ったのかと思って、ドキッとするテヨン。

キム秘書から、履歴書を書くようにように言われたテヨンは「???」
帰りにアイスをかじりながら、スヒョクの事を言うべきだったかな…とちょっと悩み、
そして「社長だったのね。どうりでいい羽振りだと思った」と、ようやく納得。
ギジュと接してれば、社長だと聞いたら、やっぱり!とすぐ思いそうだけど・・・(;^_^A

スヒョクを探しに、いきつけのバーに行ったギジュ。
ここのマスターは、「バリ出来」スジョン兄&「海神」ジャミ夫人の私兵のキム・ヒョンボム。
スジョン兄だけに、どこが怪しくおかしい感じ!

ギジュが車に携帯を忘れて取りに行ってる間(テヨンの忘れ物クセがうつった?)
このバーにやって来たテヨン。 そうそう前回ムン・ユナに電話した時に、
待ち合わせした場所がここだったんですね~
ムン・ユナは、「太陽に向かって」の看護師ジナですね。
ユナは、友達集めて合コン中。仕方なく、端っこの方に、ちょこんと座るテヨン。
 
ユナはお金を貸すのではなく、「金持ちの男を見つけなさい」と。
でも出会う機会もないか~と、テヨンを小バカにしてます。
そこに店に戻って来たギジュが、テヨンを発見&ユナの男友達も、「あれ、GD自動車の社長じゃないか?」
ピックリして振り向くテヨンに、「何ボーっと見てんのよ!高嶺の花!」とユナ。
「いや…知ってる花だから」と答えるテヨン。
その中でテヨンが、居心地悪そうにしてると気付いたのか、ギジュは、
つかつかと近づき、「僕のハニーから何も聞いてませんか?」
前回に続いて今回もギジュの口から出たハニーちゃん♪に大ウケ!
テヨンの肩を抱き髪を撫でたり、頬を撫でたり(!)と、恋人のフリするギジュ。

「ハニーちゃん、僕の車はあっちだ」と、テヨンを連れ出すギジュ。
そんな二人をムッとして見てたユナは、
「カン・テヨン!お金はいくら必要?彼氏にも言えないお金?」
と、すごく憎たらしい顔!
「君は最低だ。服装は高級だけど、言動は下品だ」と言ってくれたギジュ。
そしてテヨンに、「この女に会うな!」とピシャリ。 カッコイイ~!

送ってもらう車の中で、「うちで雇っても他を紹介してもいい」とギジュ。
そうしてくれると思ったから、履歴書を書かなかったテヨン。
「世話になったのは、僕の方」と、言ってくれるギジュ。

スヒョクとテヨンが、バーでバッタリ会ってる間、
ゴンの面倒見ながら、テヨンを待ってたスヒョク。
あんまり帰らないのでヤキモキして、とうとうバス停まで迎えに来てました。
そこで車から降りた二人を見てしまい・・・

門まで送ると言うギジュに、
「女って勘違いする…華やかな人たちの中で、しおれた自分がいる。
そこに、白馬に乗った王子様が現れる。
私の名前を呼び、肩を抱き、髪を撫でてくれる。
その上、門まで送ってくれたら完璧だわ」と、テヨン。
「そうか…」と帰って行くギジュ。

テヨンの言葉を聞いて、表情を見てショックなスヒョク。
恋する男は、テヨンがギジュに…と感じるものがあるのかな?
町内を何周も走り続けるけど、気持ちが治まないスヒョク、
テヨンに「友達はお前だけ。パリに全てを捨てて戻って来た。その人の為に…」
と言うのだけど、
その人=叔父様(ギジュ)と勘違いするテヨン(^_^;)
カメラが差し押さえれた話をテヨンから聞き、
「どうして先に、俺に相談しなかったんだ!」と怒るスヒョク。
「ごめん」と、笑顔のテヨン。

スヒョク母(ギジュ姉)に、さっきのテヨンが言った「王子様」の話をし、
「完璧すぎて、嫌だって」と相談(?)するギジュ。
「惹かれるのが怖いのよ。私も似た経験がある。
お父さんに嫌われて、門まで来られなかった」と答えるスヒョク母。
父が冷たい態度なのは、ギジュだけじゃなくスヒョク母にものようです。
惹かれるのが怖い…というのは、
惹かれかけてる事と、ギジュは気付かない…のかな~?


懇意にしてるキム理事に頼んで、テヨン父のカメラは戻ってきました。
その事とか就職の事を言いに、テヨンの所に来たギジュ。
「君に会いに来た」と、カッコイイ事言うんだけど、
自分の座る所だけ、ハンカチで払って、それを敷いて座るギジュヾ(>▽<)o

「広報室に入り、三ヶ月間給料を差し押さえたお金で、カメラを返却する」
この申し出を受ける事にしたテヨン。。。

パリに帰る飛行機のチケットを払い戻すテヨン。
窓口に差し出してから、「すみません」と、写真をパチリ・・・悲しそう。。。

スヒョク母から、縁談話を聞いたギジュ。
行きたくなかったら、聞いてないフリをすればいいと、ギジュを気遣う姉に、
「もう聞いたから、先に行ってて」と、ギジュ。
って、今日がそのお見合いの日! 急すぎるでしょーに~
40分遅刻して現れたギジュ。
お見合い相手は、やっぱりムン・ユナ。「ご縁がありますね」と涼しい顔のユナ。
二人の為の時間だからと、ユナを連れ出すギジュ、
そして、、、自分は勝手に仕事してます! 
面白くないユナは、テヨンが履歴書を持って現れたので、益々ムッ!
テヨンの履歴書を取り上げて、「就職するの?」・・・ってアンタ何様?
ユナを置いて、テヨンの手を引き、出て行くギジュ。
「見合いした」と言うギジュに、複雑そうな顔して、
「お見合いでも結婚でも、お好きにどうぞ。私を巻き込まないで!」と怒るテヨン。
行ってしまってテヨンに、フッと笑みを浮かべるギジュ。

テヨンを待ち構えてたユナ。
「私にお金、あの人には就職を頼んだの?ミジメね。
私達婚約するの。口を挟まないで」と、テヨンの腕をむんずと掴むユナ。
「こっちこそお願いするわ。私は忙しいの!」と行ってしまうテヨンを、
睨みつけるユナ。コワッ。

テヨン宅に食材を買いこんで来たスヒョク。しかし材料がバラバラ…
「好みはないの?」
「おじと同じ。女の好みも」と近づくスヒョクに、「あなた接近しすぎ!」とテヨン。 
この二人は恋人というより、いい友という雰囲気がしてしまいます。
ギジュの会社に就職した事と、
ギジュがお見合いしたから、「おばさんができるかも」と話すテヨン。

スヒョクが卵を買いに行ってる間に、「カン・ピルボ」を探しに来た女優と、
その男がやって来て、部屋の中で大暴れ!
テヨンをバカにした捨て台詞を吐いて帰って行く二人に、
買って来た卵(すごい数)を投げつけ、シメるスヒョク。
「俺の女を侮辱したな!二度と来るな!探してるのはおじだろ?!」

スヒョクが部屋に戻ると、荒れた室内を片付けてるテヨン、
「卵は?」  「財布を忘れた。外に飲みに行こう」
お互いゴタゴタの事は話しません。
屋台で飲んで、真っ赤ホッペのテヨン、
「さっき卵が落ちてたでしょ?くれればいいのに」と笑ってます。
その卵で仕返ししてくれたんだよ~~~
「笑い顔が悲しそう…」とスヒョク。
今日パリ行きのチケットを売った…もう戻れない…と泣くテヨンに、
ハンカチを差し出すスヒョク。
前にもこんな事が…と頭に浮かんだテヨンに、
「自転車を直してやって…」とスヒョク。
「あれ、あなただったの?!」 「運命の糸だ」

酔ったテヨンをおぶって、家に帰って寝かせるスヒョク。
「泊まってくぞ。3まで数えて答えなかったら、OK…
ここで暮らそうかな? 3まで答えなかったら…」
酔って眠っていて当然答えないテヨンなんだけど、決まり!とスヒョク。
あの~そんな酔った相手に・・・

開いた戸を挟んで、あっちとこっちで、テヨンの寝顔見つめ、微笑むスヒョク。
そのうち眠ってしまって、そんな二人を見たゴン「何やってんだかね」

その頃、戻って来たテヨン父のカメラの箱を開き、
そこに貼られた幼いテヨンの写真を見て、微笑むギジュ。
キム秘書から、「なぜそこまでテヨンさんに?」と聞かれ、
「何を?僕が…?これから考える」とギジュ。

ギジュと役員たちの顔合わせを、わざわざ社員食堂に設定したチェ理事。
チェ理事は、韓ドラおなじみ…「ポップコーン」「天国の階段」では医者。「ドクターズ」「グッパイ・マイ・ラブ」「新貴公子」「チャングムの誓い」…まだありそうなパク・ヨンジさん。
他の役員たちには、ニコヤカに話しかけるギジュ、

チェ理事に対しては、こんな場所を指定したチェ理事にチクリ。
そして「先に失礼する」と席を立ちました。
ギジュは前からチェ理事が苦手で、
チェ理事は、会長であるギジュ父からの信頼が厚い人物だそうです。

家の近くまで来てたピルボ。こんな父でもゴンは嬉しそう。
小遣いをやるとゴンに札を差し出すのに、手から離そうとしないピルボ(笑&呆)
二人が親子と知らず、子供相手にカツアゲ!と、止めに入るヤンミ。
親子と知ってバツが悪そう。。。
ヤンミは、彼氏が浮気したから帰国して、テヨン宅にやって来たのでした。
スヒョクがここに住んでると聞き、「え!私が先に目をつけたのに」と言いつつ、
ここでみんなで共同生活しようと、ヤンミもここに住むらしい。

ヤンミ曰く、ギジュはテヨンに気があるから、
パリにいる時から何かとしてくれたし、
就職を世話したのも、そばにおけるからじゃ?と。
「お見合い話は、複雑な気持ち。ユナがキライだからなのか、本心なのか」
と言うテヨンに、「やっぱ、好きなくせに」とヤンミ。
そんな会話を聞いて、ショックで帰って行くスヒョク。
スヒョクはいつも、立ち聞きしては、ガックリとしているよう。。。

会長の所に来て、ここで働きたいというユナ。
「毎日デートするよりいい」と、いちいち言う事が腹立だしいです。

ギジュの車に乗り込み、「女の借金のカタをつけたいから、金をくれ」とスヒョク。
家に帰れと諭すギジュだけど、こりごりだと言うスヒョク。
いつものバーに行き、ドラムを叩くスヒョクだけど、イラついてる感じ。
マスターから「彼女は?」と聞かれたギジュに、彼女?とスヒョク。
テヨンと偶然会った事を、嬉しそうに話すギジュ。
そんな話を聞いて、浮かない顔のスヒョクは、
「…彼女の事叔父さんが気に入らなかったらどうしよう。
俺が何をしようと味方してくれよ。約束。必ず守ってくれよ」と。
頷くギジュ。 頷いちゃったけど、これが後々響くのかしら?
そこに現れたユナ。 ユナに呼び出されたテヨンも!

「パリの恋人」他の回はこちらです。

パリの恋人 VOL.2
パリの恋人 VOL.2 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月13日 22:14
こんばんは。
人の前ではカッコイイのにテヨンとふたりの時にはハンカチやポカリスエットで笑わせてくれるキジュ。
もう可愛くて(笑)。
テヨンもドジも憎めないし・・・ユナは可愛い気がないけど。
2006年05月14日 10:22
sannkenekoさん、こんにちは~
ハンカチのシーンは、ウケました(^^)ギジュらしいですね。こういうギジュが憎めなくて、私も大好きです♪このドラマは、ギジュ派とスヒョク派に別れるそうたけど、断然ギジュ派です。

テヨンは、ヒロインなのにこんな感じで、妙に親近感が涌きます。
ユナは、、、もう出なくていいのになあ。。。
彼女のおかげで、ギジュとテヨンが余計に引きつけ合うから、まあいいのかしら…
のり
2006年08月16日 04:24
キジュはパリ時代はテヨンのことは犬か猫のようなペット的な可愛さで、韓国にてから恋に気づくのかな?でもなだ5話では完全には気づいていないですよね。とても紳士的なキジュなのにあのハンカチはキジュらしくて可笑しかったです。ちゃんとレディーファーストとかのマナーは完璧なのにあそこではどうして???でもわざとなのか、マナーとしてではない女性には疎いのかキジュらしくてとても良かったです。その後の乾杯のシーンもよかったです~~。スヒョクも相変わらず強引ですがいい人ですね。これからどうなっていくのかな??楽しみです!!
2006年08月16日 23:11
のりさん、
ギジュは恋愛に疎いのでしょうね~ギヘにテヨンの話した王子様の話を相談したのも、借金を自分が払って、テヨン父のカメラを取り返したのも、惹かれているからだろうに、自分で気付いてないですよね。
ハンカチのシーンは、視聴者を笑わせようと?…ではないでしょうが、本当にギジュらしい!でもパリ生活も長いのに、レディファーストは?でしたね。

スヒョクはいい人なんだけど(ゴンの相手も、よくしてくれるし♪)、どこか一方的で、この辺でもまだダメでした。後から少しハマりましたよ~

この記事へのトラックバック

  • 「パリの恋人」第5話

    Excerpt: このドラマもう思いっきり大好きd(-_^)good!! だってまた「エギャ~」ですから。 第5話『思わぬライバル』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-05-13 21:28