1%の奇跡 第17話

サブタイトル・・・「彼の告白ごめん、そして愛してる」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
テハからの電話で、慌てて監禁場所(?)のホテルに駆けつけたチェイン。
乱暴にドアを開け、出て来たテハをいきなり殴るチェインだけど、
「誤解するな、俺は何も…」と、仕返ししないテハって偉いかも。
眠っているタヒョンを、そっと撫でるチェイン。。。
テハから、犯人はチュヒと聞いて驚くチェイン。
ヒョンジンの言葉を守って、チュヒの計画には乗らなかったテハにホッ。。。
「頼みがある。運転して欲しい。俺には出来ない…」とテハに頼むチェイン。
仁川(インチョン)にではなく、自分のマンションに連れて行きました。

ヒョンジンに、タヒョンは無事と電話したチェイン。
受話器を取り上げ、「今どこだ?!」と怒るソヒョン。
父と母が心配して出て来たので、繕って電話を切ったソヒョン、
「車が故障しちゃったんだって」と、両親には上手く誤魔化してくれました。

マンションに着いて、テハに礼を言うチェイン。
「お前の為じゃない。彼女はユ・ヒョンジンが、
唯一信用してる人だから」と、クールを装うテハ。

心の中でタヒョンに語るチェイン。 
“ごめんな。こんな目にあわせて。
俺はお前に会えて幸せだったけど、お前には辛い思いをさせてしまった。
お前の小言が俺をどんなに変えたか…俺にとって一番大切なのはお前だ
お前がいなくなって、怖いってどんなもの分かったよ…
お前がいなきゃダメなんだ…愛してるタヒョン”

マンションに駆けつけたソヒョンは、いきなりチェインを殴り、
「これがお前の愛か?自分の女一人守れないで!妹から手を引け!
守ってやる自信がないならやめろ」と。
チェインさん…という声に、駆け寄る二人。
ソヒョンが運転する帰りの車でも、チェインに寄りそうタヒョン、
そんな二人を見て、ソヒョンは複雑そう。。。

帰宅した時には、もう明け方で、タヒョンに、「電話もしないで」と父と母。
車が故障したんだと、余計な事は話さず、休ませてあげようとソヒョン。
顔色が悪いタヒョンに、「本当に車の故障?」と心配そうな母。

怒った依頼人の喧嘩を止めたトバッチリで、骨折してるヒョンジュン。
チェインが、朝の5時に、ヒョンジュンを呼び出したのは、今回の件を訴える為。
「やめとけ。訴えれば、世間に騒がれ噂になるだけで致命傷。
女性の誘拐事件なんて、タヒョンさんにも迷惑かかる」と言われても、
「イタズラでもなく本当に誘拐したのに、見過ごせって?
チュヒには責任を取らせる。正式に訴えてくれ」とチェイン。

朝、心配でタヒョンに電話したチェイン。
出勤すると聞いて、ソウルから仁川に駆けつけ、学校へ送るチェイン。
「今日は休め、な?」「大丈夫、土曜日だし」
「あーあ、意地っ張りなんだから」と言って、タヒョンを抱きしめるチェイン。
「チェインさん、人に見られるわ」
「少しだけ…夕べはどうにかなりそうだった…あんな事絶対にさせない」

改めてテハに「昨日はありがとう」と、お礼をしに来たチェイン。
今までライバル視してた二人だけど、今回は、良きイトコという感じです。
テハに、ヒョンジンとの事を聞くチェインに、
「騙されたと思ってるから…」と苦笑いのテハ。
「その方面では、俺が先輩だ。謝るんだ。俺は何度もやったよ。
クズクズしないで、心を込めて。それが一番だ。
ヒョンジンさんならわかってくれる。タヒョンもそうだった」とチェイン。

テハ父母が来たので、帰ったチェイン。
「なんでチェインが来てるの?」と、怪訝そうな母に、
「デパートに興味を示してるかと思って、僕が呼んだ」と誤魔化すテハ。
そしてハンジュ化学との件は、もう関わらない方がいいと、父母に話すテハ。

チェインのホテルに、また懲りずに来てるチュヒ。
「よくここに来れたもんだ」というチェインのセリフに、激しく同意!
ひたすら謝るチュヒだけど、受け入れないチェイン。
「俺に謝ってどうする?タヒョンに謝れ。
このままで済ませる気はない。有能な弁護士を用意しろ」とチェイン。

病院に来たテハに、タヒョンの事を助けてくれたお礼を言うヒョンジン。
「タヒョンさんの為じゃなく。あなたの友達だから、助けた」と言うテハ。
「いつかお返しはします…でも初めに戻る事は出来ません」というヒョンジンに、
「初めには戻りません。初めは意図的でしたが、次からは本気でした。
騙したのは最初の瞬間だけ。それだって悪い事とは思いません。」
「悪いと分かってて続ける方が悪いわ」
「確かに…すみませんでした。
それなら、ヒョンジンさんが、悪いところを治して下さい。
患者を放りだして逃げないで。僕も患者ですから。」 とテハ。

学校が終わる時間を見計らって、迎えに来たチェイン!
「顔を見せろ…ごめんな」
ソウルから仁川(インチョン)まで、片道一時間弱…
本当にチェインの気持ちが、伝わってきます。。。


チュヒを訴えると言うチェインを止めるタヒョン。
「喧嘩して仲直りして、それでいいわ。
許せば、それはチェインさんの財産になる。
チュヒさんも、これが終わればいい人になるわ。許してあげて…」と。
タヒョンって、女神様とかマリア様みたいな人。。。
会長のいう特別な人間というのを実感。


タヒョンに謝りに来たチュヒ。
あんな事されたのに、タヒョンは優しい表情で、
「私も気持ちは分ります。でも誘拐するほどじゃ無かったわ」と。
自分の方がチェインを思ってるのに…というチュヒに、
「恋愛はどちらか一方が与えるんじゃなく、分かち合うもの。
だから私は彼と、楽しいことも辛いことも分かち合いたい。
チェインさんにも、必要だったのよ。与えられるだけじゃ辛いから。」 とタヒョン。
「羨ましい。チェインさんは、自分のものをあげる人じゃないのに
タヒョンさんに心をあげたのね…
やっと分りました。タヒョンさんにあって、私に無いものが…
チェインさんを変える事が出来るなんて。
それに、私だったら、こんな簡単に許せないと思います」
私もきっとそうだわ。。。

タヒョン宅に謝りに来たチェインを、こっぴどく叱る父と母。
ただ謝るチェイン、そして、「お父さんとの契約をやめたいんです。」と。
止めるのは、願ってもない話~と喜ぶ父に、
「結婚したいんです」と、爆弾発言のチェイン!
「バカな事を言うんじゃない。会って間も無いのに、絶対にダメだ。
昨日の事は警告にとどめる」と慌てる父。

会長と母にも「結婚します」と宣言するチェイン。
「何?ハンジュ化学の娘か?」という会長が可笑しい~
「タヒョンと結婚する」と言うチェイン。
許しもらってから出直せという会長に、
「タヒョンの家は、すぐに許してくれます」と、
自信を覗かせるチェインに、嬉しそうな会長&母もOKしてくれました~

病院に来たテハは、ヒョンジンじゃなくソヒョンに会いに来たようです。
タヒョンを助けてくれたお礼を言うソヒョンに、ヒョンジンとの関係を聞くテハ。
「タヒョンと同じ妹なんです。血の繋がりだけが家族じゃない。
家族というのは、心に通い合う情。
ヒョンジンは、愛されずに育ったんです。優しくしてあげてください。
もう傷だらけなんです。もし妹に何かあったら黙ってません。僕も両親も」
強い目で告げるソヒョン。

「どうしたら許してくれますか?」と言うテハ。
前回みたいに、突っぱねなくなったヒョンジンだけど、
「問題はテハさんじゃなく私。私は愛を信じてないし
すべてを懸けられたら負担です。愛は必要ありません」 と。
「人は互いに役割があります。あなたの心が空なら僕が満たします。」 とテハ。
「何が目的?」
「何もありません」
本当に本気で一途なテハ。
彼はヒョンジンを傷つけないと思うけど、やっはり心配なのはテハ母・・・


チェインとタヒョンの今日のデートの場所は、気合が入ってる感じのレストラン。
壇上のピアノに行き、弾き語りをするチェイン・・・
自分の為にしてくれるチェインに、目がウルウルのタヒョン。
歌が終わると、「今そこに、僕を変えた人がいます。
彼女を愛してます…タヒョン…」 スポットライトがパッ♪
席に行きタヒョンの手を取り、「愛してるよ。結婚しよう…」
みんなが見てる中、キスする二人…ちょっと照れてしまうーーーー゚。(*^▽^*)ゞ

と、ラブラブな二人だったけど、タヒョン家では大変なことに。。。
ヒョンジンとソヒョンが話してた「誘拐話」を、タヒョン母が聞いちゃった!

呼び出されたチェイン。
「娘とは別れてくれ。これまで娘を大事に育ててきた。
こんな怖ろしい目に遭わせる為じゃない。
男が女一人守れなくて、結婚なんて言う資格はない!」と怒る父。
もう二度とこういう事はありません…と謝るチェインに、
我々庶民にこんな事思いつかない。誘拐なんて怖ろしい事…と両親。
「別れれません…僕達結婚する事にしました」と言うチェイン、
「お前、本当にこの男と結婚するつもり?!」と父。
・・・頷くタヒョン。。。嬉しそうなチェイン。

外に出て「ありがとう、緊張したよ。別れるって言うかと思って」とチェイン。
「私、結婚するって言ったでしょ?昨日言ったじゃない」
タヒョンを抱きしめるチェイン…その時車が来て、慌てて離れる二人。
車はテハで、ヒョンジンも一緒♪
「邪魔したかな?」と笑うテハ。「その通りだ。」とチェイン。
「僕達はいつ頃、ああなれるかな?」とヒョンジンに笑いかけるテハに、
照れるヒョンジン(。v_v)ポッ♪

ホテルに来たヒョンジュンは、驚く事を。
「やっぱり許すのは難しそうだ。また大変な事が。
これからお前、ハンジュ化学と一勝負する事になりそうだ」

1%の奇跡」他の回はこちらです。


もっと知りたい!韓国TVドラマ Vol.12

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mayutap
2007年08月07日 04:24
pandaさん、こんにちは。
チュヒにはホントにビックリ!いくら好きだからって、やっていい事と悪い事があるのでは?何も起こらなかったら良かったものの、その後でいくら反省した、と言われてもね~しかも、タヒョンに謝ってる時も、まだどこが高ビーな感じが。。(と思ったのは私だけ?!)
>許せば、それはチェインさんの財産になる。
チュヒさんも、これが終わればいい人になるわ。許してあげて…」
なかなかこうはなれません。さすがタヒョンです。
それにしても、ピアノ弾き語りシーンはこっちが照れちゃいました(*^^*)
2007年08月08日 00:37
mayutapさん、こんにちは♪
チュヒのやり方には「怒・怒・怒」でしたよ!
タヒョンが可哀想だったですよね。。。
私が見たのは吹き替えだったけど、やっぱり高ピーな感じのチュヒで、ホントに反省したの?って感じでした。「私の方が愛してる」なんて言ってたし(-_-;)
それでもタヒョンと話して改心したみたいで、とりあえずホッとしましたね。
タヒョンがチェインに許すように言ったシーンは、レビューにも書いたけど「マリア様みたい」と思ったわ~。

韓ドラで男の人の弾き語りシーンってよく見るけど、いつ見ても照れちゃいます(#^.^#)

この記事へのトラックバック

  • 「1%の奇跡」第17話

    Excerpt: 誘拐事件とその後のエピソード。 雨降って・・・という感じかも思いきや・・・。 第17話『彼の告白 ごめん、そして愛してる』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-03-21 17:22