太陽に向かって 第14話

サブタイトル・・・「運命」
画像
☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
本当にウジンの事故にソンミンが関わってたのか、確認するため、副艇長・ギチョルに会う決意をしたヘリン。
ギチョルは、「ヘリさんに会う前に、もう一度艇長と事故現場で会って、話し合いたい」と、電話をしてきました。
待ち合わせ場所に向かうソンミン…しかし渋滞に巻き込まれて、遅くなり、ソンミンが着く前に、ヘリンとスンハが来てしまいました。
ギチョルは、自分が運転してたから、ウジンの様子はよく分からないのでしょう。
「急いでたソンミンが、ウジンの車に横付けさせて、助手席の窓を叩いたから、事故が起きた」と、スンハが誘導尋問っぽく言うのを、
否定する事は出来ませんでした。
ギチョルは、「それはあくまでも、僕の見方で…」と言いかけたんだけど、
スンハに遮られてしまいました。
でも何よりヘリンが、ものすごくショックを受けてしまったので、
もう、何を言ってもダメだったかも…

遅れて到着したソンミンに、「申し訳ありませんでした」、謝ったギチョル、
ソンミンの事を毛嫌いしてたのに、スンハのやり方に、嫌な感じがしてるようです。

動揺して、シートベルトを外す手も震えるヘリン、
スンハは「大急ぎで留学しよう。愛してたウジンが、あいつに殺されたなんて」
と、益々傷心にムチ打つような言葉!
ヘリンは、「やめて」と言うのが精一杯で、家へ。
残されたスンハは、ニヤリ…ではなく、どこか悲しげな顔(のような気が…)
殺したのは「あいつ」ではなく、「自分」と分かっているスンハ。


以前、ソンミンとの愛が始まって、
踏ん切りをつけて、しまい込んだウジンから貰ったヒマワリのネックレス、
取り出して、ウジンを思い…そして思い出のビデオを見るヘリン、
楽しそうに雪で遊んでるウジンとヘリン、
ウジンの笑顔のアップで一時停止して、画面にすがり号泣するヘリン・・・
ソンミンと雪で遊んだ日の事も、思い出したけど、
今のヘリンは、ウジンの事で頭がいっぱい。。。

ボナは、ヘリンの携帯が鳴ってたのに気付き、部屋に持ってきました。
慌ててビデオを止めるヘリン、ソンミンからなのに出ないので、「どうして?」と。
泣いた声で出ても、話せないから…と誤魔化すヘリン。
ソンミンは、家まで会いに来ました。
「気持ちの整理がつくまで会いたくない」と言うヘリンに、
「あいつの話だけを信じるのか?」とソンミンに言われ、ドアを開けました。

「何であの日あの道路を通ったのか…
いっそただ追い抜けば良かった」とソンミン。
居眠りしてたようで、蛇行運転してたから、
放っておけば、もっと犠牲者が出たかもしれないと聞いても、
腕の傷を見せて、殺そうとしたヤツが、こんな傷を負ってまで、
ウジンさんを助けるわけがないと言っても、ヘリンの動揺は解けません・・・
ソンミンさんを信じられるかどうかより、
ウジンさんの事故に、ソンミンさんが関わってたという事が辛い…


ソンミンが先に話していれば良かったのに…
でも、話しに向かう時に躊躇してしまったし、
ボナにも「言わないで」と頼まれたし…
でも「関わってた事が辛い…」と言うのなら、先に話してても同じだったのかな?
なぜソンミンの話を受け入れないのか、よく理解出来ない私。。。

ウジンは、眠くなったら、車を止めて寝だだろうし、
10年間無事故だった慎重なウジンが、居眠りするハズがない
とも思ってるようで。。。

ふと、ウジンを助けた時に、ウジンの電話に出た時の事を思い出すソンミン。
「あの時の電話は、ヘリンさんでしょ?あれは僕だったんです。
事故現場の場所を教えた…」と、ヘリンに話すソンミン。
ボナもソンミンを庇ってくれて、「ソンミンがウジンを助けようとした」
と分かって貰えると思ったんだけど、
「ウジンさんを助けても、殺しても、とにかくソンミンさんに会うのが辛いわ」と
固く心を閉ざしてしまっているヘリン。

自分が頼んだせいで、こうなってしまって、謝るボナ。
「ありがとう。信じてくれて」 ソンミンに言われて、切なそうなボナ、
ソンミンを好きなのに、自分の気持ちを押し殺して、
ヘリンとの仲を何とかしてあげようと、本当に心優しい友です。

「人と同じように疑うなんて…。辛いといっても、私ほどじゃないでしょ。血の繋がった家族なんだから」と話すボナに、
「ウジンさんは、私に会いにくる途中だった。私のせいよ。
万が一でも、ウジンさんの死にソンミンさんが関わってたら、
それも私の罪。すべて私が悪いの」と泣いてるヘリン。
「バカ。どうしてあんたが悪いのよ。運命だって…」とボナ。

ボナとスジンとジェヒョンの、「どうして居眠りをしたんだろう」と話合い。
兄さんは風邪をひいていたと言うボナの言葉に、
「僕からスジンさんにうつさないに、薬を飲むけど…」
ピーンと来たスジンは、「ウジンさんの健康保険証ない?」
これで、スンハの病院にかかったと、分かるのかな~と思ったんだけど、、、

スンハは、留学の資料を持って、ヘリンの所へ。
一刻も早く、遠くに行った方がいいと、せっつくスンハ。
そこにボナが登場!
「言ったハズよ。ヘリンに近づくなって。兄さんを利用するのはやめてくれる?」
ヘリンがいなくなった後、「兄さんに風邪薬を渡さなかった?」と聞くボナ。
しかしシラを切るスンハ。
スンハは当時、ここの病院ではなく地方の病院にいたらしい。
そうすると、ウジンはわざわざスンハの病院まで行ったのかな?
信頼して行ったのだろうケド…可哀想なウジン。。。


実は、健康保険証には、記載はなくて、ボナはカマをかけたのでした。
一体、どうやってスンハの悪事がバレるんでしょう~?
シラを切ったものの、スンハはまだ、ウジンに渡した薬を、
処分しないで、持ってるんですねーー
少しは良心が残っているのかな。。。?

「僕の太陽・ヘリンさん」から電話が来て、喜びいさんで会いに行くソンミン。
嬉しそうな顔と対照的に、固い表情のヘリン、
そして指輪を返してしまいました。。。あらら・・・

一方ジェヒョン&スジン。 今回、一番感情移入したのは、ジェヒョン!
就職試験に見事合格したジェヒョン。
戸籍謄本を取りに行き、ついでに目に入った婚姻届、、、
さりげなく、スジンに「名前を書いて出せばいい」とか言って~(^^)
「保証人がいるのよ」と、何言ってるのーーという感じのスジンだけど、
本当は嬉しそう(#^.^#) 
「兄が出動した時は、一人ぼっちで本当に寂しいの…
ジェヒョンに会ってから、何でも相談出来るようになったの。
早くジェヒョンさんと結婚したい」と、友達に話してたスジンは、
とっても幸せそうで、ソンミンが認めてくれるといいね~

この婚姻届は、もちろん出さなかったけど、
戸籍謄本を見たジェヒョンは、呆然。。。
なんと行方不明だった父が、「死亡」となってたのでした。
こういうのは、家族に連絡が来ないで、ただ戸籍から抹消されるんですね。
カムジャタンを前に、元気のないジェヒョンを心配するスジン。
「一ヶ月前まで生きてたなんて…何で会いに来てくれなかったんだ。
このカムジャタン親父が好きだったんだ。
親父のことは、それしか知らない。もう二度と、これは食わねぇ…」 
ジェヒョンにウルッと来ました(:_;)

そして婚姻届はというと、母に渡して、副隊長と結婚するように勧めました。
二人は、式の為のチマチョゴリも用意してくれてました。
副隊長とジェヒョン母の式は、二人っきりで、仏前…
と思ったら次は教会! そしてまた次の教会!神が喧嘩するのでは(・・;)

「太陽に向かって」 他の回は こちらです。

太陽に向かって DVD-BOX 1
太陽に向かって DVD-BOX 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2006年01月15日 23:40
バラエティー系かな~と思いながら、観始めたドラマでしたが、回を重ねるごとに良くなっていますね~。
スンハ以外はみんな、いい人たちで.
お母さんたちの恋も息子たちに祝福されて..。
今回のボナは辛かったでしょうね~
ボナにも素敵な人があらわれますように~と神、仏、キリストさまにお願いしなければ..。
2006年01月16日 12:01
みこちんさん、
段々と面白くなってきましたね~
(実は少しダレた回もありました…)
スンハ以外は、本当にいい人たちですね。
スンハは、薬を捨ててないから、まだ良心がありそうだけど、ウジンの事故を利用して、ヘリンを手に入れるのは、ダメですよねーー(-"-)
嫌な感じだったギチョルも、ソンミンにライバル心があっただけで、根は悪くなかったようでした。

ボナは辛そうでしたね。。。
本当にいい人が現れて欲しいです。
マ隊員はどうかしら?

この記事へのトラックバック

  • 「太陽に向かって」vol.3

    Excerpt: 14話まで見ました あと6話なのですが 何故か最終話どうなるのか知っています だってあのふたりの姿 時々TVで放送している韓国ドラマの特集や 本なんかでも紹介されてますもんね ネタバレなの.. Weblog: 韓流大好き! racked: 2006-01-16 17:31