星を射る 第2話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
ビンを割ってしまって、動揺してしまったソンテは、
せっかく憧れのイェリンとのお茶だったけど、
席を立ち「帰ります」と。
出て行こうとすると、ドアには、「修理中」の貼紙が…。 読めないソンテは、他の客に指摘されてしまいました。
イライラして、貼紙を破って丸めるソンテ、その紙を拾う人が…、パダでした。
ニコニコして名刺を渡すパダ、
ぐちゃぐちゃにするソンテ。
それでもニコニコして、「ソウルにおいで」と、名前・住所・電話番号を言い、「その記憶力じゃ、名刺はいらないね」と。
ソンテの障害に気付いても、さりげないパダ。。。

散々な誕生日のソラ。
「寒い?」と聞くドフンに、「昔のドフンは暖かかった」と、嫌味を言ってしまいます。
そんなソラを抱き締めるドフン・・・、ソラの期限も直って笑顔o(*^^*)o
ドフンは自分のポッケに、ソラの手を入れて温めてあげると…
「あら?」 プレゼントに大喜びのソラ♪ (兄さんが用意したとも知らず…)
髪留めのピンでした。 「かわいいな」とドフン。
ドフン、開けて見なかったのねーーー(~_~;)

ソウルに帰って来たパダ。 アパートの前には、「ク・ソンテ!」
早速尋ねて来てくれたソンテに、喜ぶパダ。
「字が読めない自分を、みんな軽蔑するのに、あなたは違った」
本当に、ソンテは、嬉しかったのでしょう。。。

一緒に飲みに行き、酔いつぶれたソンテをおぶって帰宅のパダ。
これから仕事なので、ソファーに寝かせて行きました。
ソラが帰って来て、お兄ちゃんかと思ってしゃべって振り向くと、
『パンツ一丁の男!』
パダったら、ここまで脱がせなくても…と思ったら、暑くて自分で脱いだらしい…
「出てけー」とすごい剣幕で、モップでつついて追い出すソラ。
ランニングシャツは、かろうじて着れたけど、下はパンツ…!
「倍返しするのが信条なの」と言うソラは、釜山のホテルでの仕返しらしい。
でも、今は冬なのにーーー

近所のおばさんもやってくるけど、「知らない人」とシラを切るソラ。
すると兄から電話が来て、「ソンテに意地悪するなよ」
さすが兄、妹の行動を見抜いてます!
まずい…、口止めしておかないと…、とドアを開けると、ソンテがいない!
ソンテは、下に降りて行ったけど、あの格好…
当然警察へ連行→パダに連絡→ソラは兄に叱られ。。。
ソンテを就職が決まるまで、ここに置くというパダ。

イェリンは、再契約が更新されず、メソメソ…
パダは、「チャン監督のオーディションを受けよう」と。
チャン監督とは、第1話でパダが殴ってしまった監督、
(「イヴのすべてのソンダル・「星に願いを」のイバンのパク・チョルさん。)
オーディションの前に、侘びを入れに行き、平謝りのパダ。
そのおかげで、オーディションを受けたイェリンだけど、緊張のせいか大根。。。

同じ部屋にソンテがいて目障りなソラは、掃除を命じました。
嫌がらずにやってたソンテだけど、
真昼間から、パックしてマンガ読んで大笑いしてるソラを怒り、
年下の男に説教され、頭に来て、荷物を放り投げて追い出そうとするソラ。

ソラは、ムシャクシャして、ミリョンの美容室で愚痴りに行きました。
帰宅したパダは、ソンテの面倒を見てないソラに激怒。
「予備校にも行かず、就職活動もしない。 ヒマがあれば美容室。
ドフンは、俺が知ってる中で一番賢い男なのに、釣り合わないだろ。
何の取り得もない女なんて、情けなくて、俺でもお断りだ!」
図星なだけに、涙がこみ上げてくるソラ。。。
「自分でも分かってる…。でも彼は夢と希望なの…」

ソンテは屋上にいました。
「役者になりたい?」と聞くパダに、「昔は…でも字が読めない」とソンテ。
自分も役者を目指していたパダ。
自分に才能があれば、字が読めなくても、諦めなかった。
トム・クルーズ知ってる? 彼も識字障害で、君と同じ。
彼のマネージャーが台本を読んで、覚えるそうだよ。
君は記憶力が抜群。 耳で覚えればいい。

「全部そういうのは、マネージャーに任せればいい。 俺はどお?
君は、演技力もルックスも抜群だし」 パダの言葉に嬉しそうなソンテ!
二人で「星を射る」の看板めがけて、ボールを投げあいました。

オーディションの時に、小耳に挟んだ噂をドフンに話すパダ。
「イ・スンウのいるパワー社が、二億ウォンの不渡りを出して倒産するかも」

ドフンの心の中に響く声、
“プロダクションに依頼するのに10億だぞ。早くイ・インウ位のを育てるんだ”
二億ウォンでイ・スンウを手に入れ、ヤツを餌にチャンス・・・
そう考えたドフンは、パダに借金を頼むけど、
「あれは、ソラの結婚資金と、イェリンの為のお金だから、ダメ」と言われました。
金融業者に行っても、1000万ウォンしか貸せないと言われ、
思いついたのは、「ソラの結婚資金…」 指輪を眺めるドフン。

ソラは、早くソンテを追い出したくて、就職探しをしようと、街へ行きました。
ゴミ箱から拾った新聞を見せて「どれがいい?」
読めないソンテは、結婚式でにぎわう方を見て、
「やっばり花嫁は若くないと」と、話をそらそうと。。。
そんな時、ケチ男(パダ)から電話が来て、「5時に歓迎会をやる」と。
バスに乗って向かう二人、するとソラにダーリン(ドフン)から電話が。
会いたいと言われて、「5つ目で降りて、710番のバス 清潭銅まで」 
そう言い残してバスから降りてしまったソラ、不安そうなソンテ。。。

ソラに指輪を渡すドフン。
涙目のソラ…、口元は笑ってるけど冷たい目のドフン。

何とか乗り換えはしたソンテだけど、バスの番号が違ってました。
途中で降りて、路線表をみるけど、分からなくイライラのソンテ・・・
街中で、迷子になり、動揺と不安がグルグル。。。怯えた表情のソンテ…
ソラに悪気はないんだけど、可哀想なソンテーーー

「星を射る」 他の回はこちらです。

クォン・サンウ/チョ・インソン MV Best Collection (台湾盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みこちん
2005年12月03日 01:35
panndaさん、こんばんは。

こちらにもおじゃまします。どうぞヨロシク。

インソン君が、可愛くて、可愛くて、なにをしても、目が離せません。ジェミンとは違った魅力があります。

パダとソラ、兄妹の対応の違いには、ソンテでなくとも、悩みますよね。

こんなに早く、放映されるとは思いもせず、「バリ・出来」の後で、ストーリーを読んでしまったのですが、コミカルな
場面も多く、充分楽しめます。

ソラに放り出された、ソンテが気がかりです。
2005年12月03日 11:25
みこちんさん、こんにちは~
「バリ出来」で、ジェミン派だった私なので、何をしても、インソン君、カワイイ~と私も思って見てます♪

パダは優しくしてくれるのに、ソラには邪魔者扱いされて、確かにソンテじゃなくても悩みますねーー
パダも、「自分はこう思ってるから、彼を置きたいんだ」と、ソラにちゃんと説明しないで、頭ごなしだし~~~兄ってそういうモンなのかも知れないですね。

>ソラに放り出された、ソンテが気がかりです。
映像もグルグル回ってたけど、彼の頭の中も…見てて可哀想でした。
どうなっちゃうんでしょうね。。。
2005年12月24日 20:32
今、書き込みしようと思ったらpandaさんから
TB到着!

皆さんがおっしゃるのがわかってきました。
これイケルかも(^-^) 。
チャン監督ってソンダルさんなんですか?
ぜ~んぜん気がつきませんでした(汗)。

「ローズマリー」を書き終えたらゆっくりと
見ていきます。
ソラとソンテの関係がこれからどういう風に
変わっていくのか楽しみです。
2005年12月24日 23:12
sannkenekoさん、
結構テンポ良く進んで、良いでしょう?
ソラとソンテは、この時点で、最悪の関係なので、どうなってくのかお楽しみに!

チャン監督は、ソンダルだと思いますが、第1話では気付きませんでした~
のり
2006年08月10日 23:33
ベルボーイは自分で辞めて上京してきたのでしょうか?
あれ?一緒に住んじゃうの?という流れが突飛で、俳優を目指すというのも始めはびっくりでしたが、しかし1話で映画好きとあったので、途中から納得でした。台詞も丸暗記してたし。屋上の看板の星から題名がつけられたようで、想像していたドラマとは違う印象でした。ソジンが嫌な役どころですが、本当に嫌な感じに見えますね~。
2006年08月11日 12:45
のりさん、
ソンテは、それとパダに声を掛けてもらったのが、すごく嬉しくて、傍にいたくて飛んで来たのと、俳優になりたかったのね!と想像してました。そうそう、すごい急でビックリですよね。カットなのか、監督の好みなのか…

ソジンファンののりさんに、ドフンがどう映るのか楽しみです。私は「チェオク…」にハマってる時だったのてで、今は嫌な男でも、本当はいい人なんでしょ?!目線で見てました~
>本当に嫌な感じに見えますね
私の好きなエクボが、すごくイヤミに見えたほどでした。それだけ上手いのですよね!

この記事へのトラックバック

  • 「星を射る」第2話

    Excerpt: 結構展開早いかも・・・結構イケルかも・・・ウン。 ソンテがイェリンとパダとお茶を飲みに行ったお店にて。 砂糖をとってもらえますか?とイェリンに言われても 2つのポットのどちらが砂糖かわからないソンテ。.. Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-12-24 20:24