星を射る 最終話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
ソラを尋ねて来たドフン。
「(ソンテに話したのは)悪い事じゃない」とドフン、「十分悪い事よ。彼はすごく悩んでいた」とソラ。
「お前たちのせいだろ?俺達を対立させたのは、パダとお前」
まったく・・・ドフンったら何言ってるんでしょ…(-_-;)
おまけに、「ソンテと別れろ」だなんてーーー!
「お前は俺が捨てた女、ソンテがそれを拾った事になる」だなんて、ヒドイ!
俺とソンテは、天涯孤独。兄弟の縁を取り戻したい…とも言ってましたが。。。

ソンテからの電話に、出る気になれないソラ。
家に着くと、ソンテが待ってました。
話があると言いつつ、言い辛そうなソンテ。
ソラは察して、「あの人のこと、無視できないのよね」と言い、すまなそうなソンテ。
「しばらく距離を置こう。私達と顔を会わせ難いでしょ?」
「ごめん…」としか言えないソンテ。
「大きな幸せが訪れるまで、我慢する」と、明るく言ってあげるソラ、健気です。。。

ベストセラー小説・『星を射る』が映画化され、
身寄りがない事や、識字障害を乗り越えた事が、
主人公に適役だと、主役に抜擢されたソンテ。
『深淵』のチャン監督は、「いつか映画化したい」と言ってたのに、居ない…
ドフンとソリが合わなかったから、ダメだったのかな?
ソラとパダは、二人で乾杯!
(なぜ布団に丸まってるんでしょ?暖房をケチッてる?)

ソンテは、韓国のトム・クルーズともてはやされ、
おまけにドフンは、「実は自分が兄」と、記者達に公表しました。
自分の障害や兄弟の話をも、宣伝に使うドフンに、ムッとしているソンテ。
そういえば、全然笑顔がないソンテです。
アパート前に着くと、ソンテのマフラーを直してあげるドフン、
ドフンの表情が、恋人にするみたいに見えました~
何だかんだと言って、部屋まで着いて行くドフン。
そこには、イェリン!「汚いわ。兄弟の情けを利用するなんて!」
イェリンに言われても、説得力がないような。。。

部屋の中に入っても、ドフンの方を向かないソンテ。
ソンテの気持ちも考えずに、やんわりとソラとは止めた方がいいとドフン。
何で、ソンテとソラじゃダメなんでしょ? 
パダの記憶が戻って、事故の事がバレると困るから?(とっくに戻ってるけど)
「いつになったら、兄貴と呼んでくれる?」とドフン。

イェリンにとどめを刺すために、ドフンは記者会見を。
ソンテとのスキャンダルは、水商売をしてた事を隠すために、ウソを言った
何も、ここまでしなくても…と思うんだけど、、、
そんなに恐れるなら、どうしてイェリンをないがしろにしたのか、よく分からず…


パダが美容室に来たけど、素っ気無いミリョン。
(ミリョンの態度には、かなりのカットシーンがあったよう…)
腕を掴み、指輪をグッとはめるパダ、カッコイイかも!
「小さな宝石ね」と言いつつも、大喜びでパダに抱きつくミリョン♪
そしてアジョンと抱き合って、そんなミリョンを笑顔で見てるパダ。
やっばり、パダの笑顔は良い~~~ (^ー^)

婚約式に、ソンテを呼ぶと言うパダに、「呼ばないで」とソラ。
ソラの様子が変な事に気付いたパダは、理由を問いただすと、
「ソンテはドフンの弟、三人の関係は?」とソラ。
言う通りになんてしたくないけど、事実だから別れる…
そんなソラの気持ちに、やりきれない表情のパタ。

ソラは、星のネックレスを握り締めて泣いてます…
そんなソラを見たパダは、ソンテに会いに行きました。 さすが、お兄ちゃん!
「自分の事だけ考えろ。 お前にとって大切なものだけ選ぶと約束しろ。
ドフンとソラ、今はどちらか一人しか選べないんだ。
ソラを選べば、俳優をやめる事になるかもしれない」
そして、婚約式に来て欲しいけど、来なくても恨まないと、笑顔で話すパダ。

一方イェリンは、ドフンに自首を勧めるけど、もちろん相手にしません。
これで引き下がるイェリンではなく、この会話をビデオに撮ってました。
罪を認めるような会話のテープが、イェリンから送られ、
「マスコミにも送った」と、メッセージが。

潔く、自首しようと思わないドフン(全く・・・)
自分が有利になる証言をして欲しいと頼むけど、「断る」とソンテ。
「最初は過失だったけど、やりすぎた。
償う機会はあったのに、パダさんを踏みにじった。その罰だよ。」
寂しく告げるソンテ。。。
兄貴だから許せない。手助けするから、罪を償ってくれ。
ソンテの精一杯の兄への愛情・・・
・・・でもドフンは、分かってくれず、すがるだけ。
とうとう、ドフンを突き放したソンテに、
「お前は俺がいないとスターになれない。
これを乗り越えたら、お前もつぶしてやる。」
こんな言葉は、言って欲しくなかった・・・
ソラと会わないようにして、兄・ドフンのそばにいたソンテが可哀想。。。
「教えて…本当に僕を探していたの?」 ソンテの言葉が悲しい・・・


パダとミリョンの婚約式、ソラはソンテを待ってます。。。
パダとミリョンを写真に撮ろうと、「1、2…」と言いながら、
こみ上げてくるソラ・・映画封切り前日の、写真撮影を思い出したのかな?
中々シャッターが押せないソラ、すると「ソンテさん来たのね」
満面の笑みのソンテ♪
帰り道、「戻ってくれてありがとう」と言うソラに、
「何か勘違いしてる?戻ったんじゃなくて、心はいつもそばにいたから」とソンテ。

ドフンは逮捕されました。
せめて、自首して欲しかったけど…彼はどこまでもワルでした。
連行されるドフンを見送るソンテに、一筋の涙。
一年間の里親との生活が、幸せだったと言ってたソンテ。
思い出が崩れてしまって、本当に可哀想で。。。


イェリンは、自殺未遂をして、間一髪パダが助けました。
「・・・頼りそうなので、お別れを。お幸せに」と、パダに手紙を残し、
病院から、そっと立ち去ったイェリン。

ソンテが、パダとソラのアパートに戻ってきました。
狭くなったけど、本当に楽しそうで嬉しそうな三人。
「シール貼りなさいよ」と、例のポスターを投げつけるソラ。
カムバックの記念に、大きい星を、引越しの記念に、もう一枚。
もうドフンの邪魔も入らないから、パダとソラとソンテの三人で、
頑張って俳優を続けていくんでしょうね~

パダとソンテが並んで寝ていて、ソンテの足を踏むソラ。
二人で屋上に行き、夜景を眺めて、
これから何が起きるのか、楽しみ。
辛かったけど、本当の幸せを手に入れた…

「姉貴、僕をよろしくね」
「ソンテ、私をよろしくね」
二人で、「星を射る」に向かって投げたボールは、星に命中!

☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆+*+☆

イ・ジャンス監督なので、最後はどうなるかとハラハラだったけど、
ハッピーエンドで良かったです♪
悲しい涙より、ホワンとするあったかい涙が流れるドラマでした。
ソンテは、どんなことがあっても、揺れることなく、ずっとソラを思い続けて、
一途でいいなぁ~と思って見てました。
インソン君は、可愛らしい時もあるし、ソラより大人っぽく見てる時もあり、
中々表情豊かなインソン君でした。
ソラは、初期の頃は、全然感情移入出来ないキャラだったのに、
不思議な事に、いつの間にかソラの気持ちになって、
切なくなったり嬉しくなったり…

ドフンは、「昔は暖かかった」と第二話でソラが言ってたし、
ソンテが、「兄さんは、最初は怖かったけど、
パダさんみたいに優しかった」と言ってたし、
いつか、改心するんじゃ?と思ってたけど、ダメでした。
(今、他のドラマで、イ・ソジンさんが、いい役なので、期待も込めて…)
私のシナリオ(!)では、ソンテと再会して、変わるんじゃないかなぁ~とか、
こんな非情な手段で、仕事を成功させたいのは、いつか弟を迎えにいく為
とか、色々想像してたけど、
18年経つと外見と共に、中身も変わってしまったのですね。
そして、一度変わってしまったら、中々元には戻れないものなんだと。。。

パダの笑顔に癒され、ミリョンのキャラに和んでました~
この二人が婚約して、良かったーーー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

みこちん
2005年12月28日 01:19
pandaさん。
とうとう終わってしまいましたね。
ソンテ・ソラ・パダ・ミリョンそろって、幸せにななれて、よかったですね。最後の場面は、キスで終わらせるべきでした..。もっとほのぼのした気分で、観終わることが出来たでしょうに..。
インソン君のフアンでもヌナとソンテの幸せシーンは、何度でもOKです。
改めて、前に見たブログを訪問してみると、最終回も重要なシーンが、相当カットされているようですね。
無料で見せてもらっているとはいいながら、ノーカッだったら、もっと細やかな心情がわっかったことでしょうにね~。
連日のアップお疲れ様でした。
年末年始は、韓ドラも休みの様子、次にそなえて、ゆっくりと休養なさってくださいね~。
2005年12月28日 12:09
みこちんさん♪
終わってしまいましたね…
毎回、テンポよく展開していって、楽しめたドラマでした。ソンテとソラは、見てるこっちも微笑ましくする二人でしたね~

実は、最終回、ちょっと物足りないと思ったんです。
私も、ノーカットの記事を書いてる方のを読んで、なるほどでした。あんないいシーンをカットとは、タダで見てるとはいえ、ガッカリですよねーー
ソンテとソラの心情が良く分かり、切ないシーンですよね。
ソンテが婚約式に来た時、来るのを待ってたソラなのに、どうして振り向かないの?と思ったけど、納得でした。

このドラマは、やけにキスシーンが多かったけど、ラストシーンは違ってて、キスシーンでエンドが良かったのに…と私も思いました。

>年末年始は、韓ドラも休みの様子、次にそなえて、ゆっくりと休養なさってくださいね~。
どうもありがとう!
また来年もよろしくお願いします。
2005年12月31日 00:55
pandaさん、こんばんは!
視聴完了おめでとうございます~。
これは機会があったら、ノーカットで見て欲しいなぁ!!と思いますよ。
結構ラブラブシーンや、大事なシーンがカットされていたみたいで。星射大好きな私としては、勝手に勧めています(笑)
こういう明るいドラマはいいですよね。気分はソラになりますよね~♪
2006年01月01日 08:22
so-so♪。さん、今年もよろしくお願いします!
ノーカット、見たいですーーー!
最終回はあんまりです(ToT)

それでも毎回、so-so♪。さんの所で、補えたのでよかったけど、機会があれば見たいと思ってます。

イ・ジャンス監督なので、悲しい系なのかな?と思ってたけど(そういうシーンもあったけど)、明るくて、心が暖かくなる感動があるドラマでした。
気分はソラ♪まさしくその通り!最初の頃を思えば、ウソみたい…。
ソンテの愛も兄の愛も、心に染みてきました~
のり
2006年09月13日 09:18
うまくまとまった最終回、パダ、ミリョン、みんなが幸せでよかったです~!
ただイェリンはあのまま、落ちぶれてしまったのか?
ソンテは一流役者になったのか?
などもうひとつ感心があります。
全体的には小さいながらも、うまくまとまってた話という印象かな。
何をおいてもインソン君が可愛かった!!
毛皮を着ているとジェミンに見えるし、ジャージを着てるとお兄ちゃんに見えるし、笑顔も真顔も可愛かったです。
また、パダがあざらしのようでとても癒されました!!
2006年09月14日 00:45
のりさん、
最後はハッピーな最後で良かったですよね~最後までドフンがワルだったのが、どうも解せなかったですが。ソンテの思い出の兄だから、いい人に戻って欲しかったです。
インソン君は可愛かったてすね~そしてソンテは、有名になっても変わらないでいたのが、好感です。
パダには癒されました。確かにあざらしのよう♪今見てる「グリーンローズ」に出てます。
ノーカットだと、もっと泣き所があるそうなんで、GyaOで見たいと思います。
のり
2006年09月14日 01:54
そうですね、gyaoで配信中ですね!!
私は向こうのDVDで視聴しましたが、今回ちょっと面白いナと思ったのは日本語訳でした。
「~~だわん」「~~せんでいい」「~~やってこんか」など、ちょっと日本語を軽くした言葉尻だったりして、誰が訳したのかと考えたりしました。言葉ひとつでもイメージが違ってきたりしますよね。ただ、恒例の(?)誤訳も沢山アリで、わざとそう訳したのか偶然だったのかが実は分かりかねますが・・・。TBS深夜もチェックしてみましたが、何処の箇所かがはっきり定まらず確認できてませんがgyaoではどうでしょうか?時間があるときに私も見てみます~。
2006年09月14日 17:48
のりさんは、ノーカットで見れて良かったかもです。最終回は特に、大事な場面がバッサリだったようなので。
日本語訳は、他のドラマでも、ネット版と地上派版が違ったりして、面白いです。
今回、のりさんの見たのは、言葉尻が可笑しくて、楽しそうです。

この記事へのトラックバック