星を射る 第9話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
スキー場に到着したパダ。 するとゲレンデから、歩いて降りてくるソラとソンテ。
「イェリンに誘われて、山荘に行った」と知ったパダは、まさか…という顔。
会場が変更になったと聞いて、暢気にごはんを食べてたソラとソンテは驚き。
「イェリンは、なぜ黙ってたの…?」と、ソラは激怒!

ソラを見つけたイェリンは、「オンニー」と甘えた声で抱きつくけど、
思いっきりビンタ!するソラ。 スッキリしたーー!
監督の所に連れて行って、事情を話させようとするソラだけど、
「行けないの」と、泣くイェリン、、、で結局パダが止めました。
イェリンは、ソンテの腕を掴んでウルウル…(-_-;)
「大雪で引き返したの…」と、もっともらしい理由。
「水商売をしていたのを、ドフンさんが知ってて、それをバラすって」
と言うイェリンの話を、信じてしまったソンテ。 ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

「イェリンを助けたい」と言うソンテに、呆れて怒るソラ。
パダもイェリンの味方だし、
「イェリンの事になると、冷静に判断できないんだから!」とソラ。ホントだわ~

「思い通りに行ったわ。目的は主役の阻止じゃない。
こっちの弱みを見せて、とどめを刺す…」とドフンに電話してるイェリン。
イェリンは、なぜここまで・・・???
パダが尋ねて来て、「君はあいつに利用されている」と。
パダも、イェリン信じてるんですねーー
「ソンテさんが映画に出るから、こんな事に」と言うイェリン。
そんなメチャクチャな理由。。。(-_-;)
でも、そんなイヤな女イェリンなんだけど、パダを追い返した後、辛そうな顔で、
ちょっとは、良心がありそうなイェリンだけど、同情できない。。。

ソウルに戻ってから、スタジオ前で、
「監督に真実を話す」と言うソラを止めるパダとソンテ。 
正しい事言ってるソラが、可哀想・・・

ミリョンのお見舞いに行ったソラ。
「パダさんはわかるけど、どうしてソンテまでーー」と嘆くミリョン。
「悔しい…オーディションも、あの女を庇うのも…」とソラ。。。
ミリョンの方が、オイオイ泣いているような。。。

家の前で待ってたソンテに、素っ気無い態度を取ってしまうソラ。
そんなソラに、色々と話しかけたり、なだめたりするソンテ。
「顔も見たくないのよ!」と言っちゃったソラ、
ワナワナと戸惑ってるソンテは、「理由を言ってくれ」と。
「イェリンのせいなのに、しっぽを振っている」
「しっぽを振ってる?」と、目が真っ赤になってくるソンテ。
そして売り言葉に買い言葉で、
イェリンの事を「好きで好きでたまらない」と言ってしまったソンテ(涙目)

一人になると、「私ったらもどうかしてる…」と呟くソラ。。。
ムシャクシャしてるソンテ、、、でも思い直して扉のところまで。。。
お互い扉を挟んであっちとこっちで、背中合わせ・・・で謝れず。

次の日、ちゃんと謝って、キスシーンはセクシーにとか、アドバイスするソラ。
「見なくていい」と言うソンテ。
ソラだって見たくなんてなかったでしょう。。。
ソンテとイェリンのキスシーンを見て、目がウルウルのソラ…本当に悲しそう。

ソンテもソラの様子が気になるけど、スタッフと笑い合ってる(わざとに)ソラを見て、
気にしてないのかなという感じで、目を落として。。。
二度目の撮りの時は、見てられなくて廊下に出て行ったソラ。
すると、パダが差し入れ持って来たので、
中に入れないように、気遣うソラ・・・パダがイェリンを見たらショックだもんね。。。

一方、ドフンとイェリンのワルコンビは、
「ソンテを味方にして、俺の方に寝返させる。バダも終わりだ。」と、ドフン。
お金を借りてるくせして、なぜそんなにパダをひどい目にーーー!
その計画として、イェリンにソンテを誘惑させる事に。

いよいよ、明日は映画の封切りの日。
自分のお金でプレゼントしたいと、ソンテの為にスーツを新調したソラ。
自宅のベットに広げて、とっても嬉しそう~~~

しかし、、、ソンテにイェリンも、スーツをプレゼント。
ソンテは断ったんだけど、「この前のお礼」と言われたら…
家に持って帰ったけど、「監督から」と嘘を言うソンテ。

映画公開の日、偶然イェリンの話を聞いて、涙を堪えるソラ。。。
でもソラは泣いてるだけじゃなくて、とっても健気でした!
映画の上映中、成功するようにと、会場の外で祈ってます・・・
そして映画は、受けたようで拍手喝采!
カメラに取り囲まれてるソンテを、少し離れた所から見守っるソラ・・・
・・・花束を後ろに隠し、悲しく微笑んでます。。。
パダはとっても嬉しそうでニコニコだけど、
ソラは、ソンテが遠くに行ってしまったような気持ちみたいな・・・

映画は大ヒットで、ソンテは「新しいスター誕生!」と新聞に出るし、
美容室ではサインをねだられるし~売れっ子になってきたソンテ。

パーティの時のミリョンいわく、
「ドフンとイェリンとソンテの三人で、ひとつのチームみたい」
その言葉通りに感じているソラは、ソンテを寂しそうに見てます。。。
ちゃんとソンテも、ソラを探してるんだけど、
その頃ソラは座りこんでお酒飲んでます!
酔っ払ってエライ事になるかと思ったけど、大丈夫でしたーー

一人で帰ってしまったソラ・・・。
パーティの途中抜け出して、追いかけるソンテだけど、
タッチの差で、バスに乗って行ってしまったソラ。
しかしーーー、ソンテは諦めないで、バスと一緒に並走!
イ・ジャンス監督は、バスを追いかけるシーンも好きみたい♪
ソラは、ソンテのカセットを聞いてます。 
「姉貴!会いたいよーー!」と叫ぶソンテの声。
スキー場で吹き込んだヤツですね~、それを聞いて微笑んでるソラ。
窓の外では、声の張本人・ソンテが走ってます。

ソラは、真っ直ぐ屋上へ。
「星を射る」の看板にボールをぶつけてると、ボール拾う人が・・・ソンテでした。
ホントに嬉しそうな表情で、涙が浮かんでくるソラ・・・笑顔のソンテ。
でも、ここですぐに抱き合ったりしない二人。
ソラを看板におっつけたり、尻相撲(?)したり、ワザとにふざけあう二人。
そして向かいあったところで、そっとおでこにchu!そして鼻に唇に…☆

でも、、、きっとこの二人、色々と邪魔されてしまうんだろうなぁ・・・

「星を射る」 他の回は こちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年09月04日 15:20
恒例の(?)バス追いかけシーン、早く気づいて~~と思い視聴していました。まさかあのまま家まで走るとは!!本当にこの二人は中学生のような恋で可愛いですね。じゃれてるシーンが最高にアクセントでした。視聴者はきっとみんなこの後の展開は読めているだろうけど、ちょっとドキドキしましたね~!おでこに、鼻に、そして軽く唇に触れて一回離れたときに、役者が二人とも物凄く白い息をはいたのがとても印象的でした。緊張がうつる感じでした。また、2回目のキスにいく準備段階(?)、その後息を沢山吸ったようで可愛かったです。
2006年09月05日 00:05
>恒例の(?)バス追いかけシーン
今視聴中の「ラブストーリー・イン・ハーバード」でも車で追いかけてましたよ~
家まで走ったソンテ、どう考えても、無理だろう突っ込みつつも、このドラマにハマってたせいか、まっいいかと思ってたような気がします。

ソラとソンテは、見てると可愛らしくって~ホント中学生みたいです。最後のキスシーンは、すぐ唇にいかないで、妙にドキドキ♪

この記事へのトラックバック