星を射る 第5話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
パダの入院費を払わないとならないと、話してるソラとミリョン。
「あのケチなパダさん、貯金してなかったの?」とミリョンに言われても、ドフンに取られたと、言えないソラ。
友達が、「イェリンがパワー社に移る」と教えに来て、驚く二人。
「パダさんを捨てて?アンタとドフンさんの破局も知って?純情そうな顔して!」と、
いいトコ見抜いているミリョン。

ソラの前では、「純情そうに」しおらしく泣いているイェリン。
「無理に誘われた」と言うので、ソラはドフンに「説得しに行く」と。
イェリンも一緒に来たので、ギョッとするドフンだけど、
事実を話してないと知るや、冷たい言葉を突きつけて、
負けずに言い返すソラ・・・その後ろで、してやったりの顔して立ってるイェリン。
ドフンが撤回しないので、怒ってパワー社を後にするソラ。
ソラ、、、前回外してた指輪…またはめてたんですねーー
今度こそ、外して、道路に投げ捨てました!

酒を飲んで、荒れているドフンは、「パダに事実を話す」と。
「もう引き返せない。私がそばにいるわ」というイェリン。
イェリンにすがりつく、ドフン・・・
ドフンより、イェリンの方が上手でした~(;-_-+

仕方なく、パダに事実を告げたソラ。
「私はドフンさんとは別れて、兄さんは一問無しになって、イェリンは移籍した。
私が頑張るから、心配しないで。 お金も必ず取り返す」
しかし、聞いたパダは、動揺が激しく、信じられない様子で、震えてました・・・

そして、病室を抜け出して、どこかへ行ってしまったパダ。
イェリンに会いに行ったのでした。
パダは、道端に立っていると、イェリンがタクシーで帰宅しました。
喜んで駆け寄ろうとしたパダが、見たのは、、、
酔ったドフンを抱いて、部屋に入ってイェリンの姿。。。
部屋の中では、イェリンはドフンに体を預け......
灯が消えてしまった部屋を見て、ショックなパダは、トボトボ帰き出し。。。
そんな兄の姿を見て、切ないソラは思わず涙・・・(:_;)

声をかけずに、パダの後ろを着いて行くソラ、
パダは街中を彷徨って、そしてグルグルとまわりを見渡し呆然・・・
帰り道がわからなくなって、座りこんでしまったパダに、
駆け寄って泣いているソラ。。。 「大丈夫よ。。。私の為に元気になって」 
前回とは逆に、兄を抱きしめるソラ・・・、子供をあやすようにトントン…と。。。

人間が怖いと、ソンテに話すソラ。
短期間に、ドフンにもイェリンにも裏切られたソラ。ホント人間不信になりそう。
「兄さんは家庭運・友達運・女運どれも悪い…
でも私がいなかったら、家族運は良かったかも…」と言うソラ。
「それは違う。問題児でも、一緒笑ったり泣いたりするのは、何より励み。
僕は、天涯孤独だから、二人が羨ましい…」と励ますソンテの言葉に、
「そうね。兄さんと私が傷ついた分、強く生きる。甘えは捨てる!」
と、強くなったソラ!
「ソンテ…、あんたがいて本当に良かった…」と
ソンテの肩にもたれかかるソラ・・・
ソンテはまた、ドキマキしてるかな?と思ったけど、笑顔でした~
そしてソラは、ミリョンの紹介で、定職にも着きました。

ソンテは本当にいい子で、ドフンの所に行って、
「パダさんにお金を返せ。入院費用がないんだ」と言ってくれたり、
(ドフンは聞き入れてくれなかったけど)
大家さんに、「保証金を返して欲しい」と頼んだり、、、
(本当はしない事だけど、誠意を汲んで返してくれた!)
そんなんで、無事退院できたパダ~
ソラは、朝5時に起きて、ごはん支度をしたり、洗濯したり、ゴミ出ししたり、、、
仕事中は、笑顔でニコニコ…とっても生き生きしているソラです。

ソンテに「お前も自由になれ」と告げたパダ。
帰り道も忘れる男だ…イェリンすら守れなかった…ソンテを育てる自信がない
寂しく話すパダに、「僕にはパダさんしかいない」と、涙が溢れてくるソンテ。。。
孤児だったソンテは、6歳の時、引き取ってくれた両親と兄がいて、
たった10ヶ月だけど、自分にとっては唯一の家族。
その家族を、有名になって探したい・・・ そういう夢があったのでした。

まさか、この兄がドフンじゃ…?と予想
しかし、パダは、それなら益々他のマネージャーを探した方がいいと。。。
ソンテの才能に目をつけてたからこそ、今の自分じゃと思ってしまうのでしょう。

別れの挨拶をソラにしようと待ってたソンテ。
「追い出すなんてどういう事?」と、スーツケースをデーン!
前は、何とかソンテを追い出そうとしてたソラなのに・・・
「ソンテの役には立てない…邪魔になるだけ…
もっと有能なマネージャーが必要だ」と、パダ。 「私がやる」と言い出したソラ。

屋上にいるソンテは、黙ったまま・・・
「私じゃダメ?」と言うソラに、「姉貴にはムリ」とソンテ。
看板を指差し、「何て書いてある?毎日見てるのに読めないんだ!」

それなら、字を教えようと言うソラに、
「ソンテは識字障害、子供に字を教えるのとは違う」とパダ。
「1回でダメなら、100回でも!」と、子供に教える文字カードを出し、
「これは…」「これは…」と、教えようとするソラ。
でも嫌がるソンテは、顔を背け、それでも何度も何度も教えるソラ。
みるみるとこみ上げてくるものを抑えて、「自信がないんだ!」とソンテ。
「当然でしょ、わからないんだから。でもあんたなら出来る。賢いんだから」
この言葉は、ソンテは嬉しかっただろうなぁ・・・
ソラは、ソンテの顔を掴んで(!)、こっちに向けさせ、「見なさい!読んで」
「…カ」ようやく言えたソンテに「声が小さい!」とソラ。
「カ!」、涙をこらえて、声を震わせてドンドンと発音していくソンテ・・・
いままで、ここまで一生懸命に、
自分の為に教えてくれた人はいなかったのかも。。。


特訓は続き、出来たら一つずつシールを貼ったり、
字の練習したり、もう怒ったりしないで笑って楽しく練習する二人。

プロフィールを作っているソラを、後ろから熱い目で見ているソンテ。
出来たーと、ソンテに乗っかってくるソラに、ビックリのソンテ!
ソラは、全然男だって意識がないみたい。。。

「僕には過去がありません。 あるのは未来だけです」とソンテの紹介文。
美容室では、ミリョンとソラに、オモチャ(?)にされてるソンテ~
写真を写して、貼って、プロフィールが出来上がりーー

「経験の浅い女優(イェリン)を使って映画が失敗したらどうする?」
チャン監督は、ドフンに主役の交代を進めるけど「頼みます」とドフン。
それでも聞き入れない監督に、「スポンサー契約は白紙」と脅し。

映画の製作発表を、街頭テレビで見てるソンテとソラ。
テレビに映るドフンを見て、「賢い人ならこんな事で、友達を裏切ったりしない。
友達を裏切る事は、どんなに痛手か…
俺はちっぽけな夢の為に、人を犠牲にしない」と話すソンテ。
この時のBGMが、しんみりした感じなのは、気のせい?

テレビのインタビューのイェリンを、切なそうに見ているパダ。
花束を持って、マンションを訪ねました。
合鍵を持っている(!…マネージャーだから?)パダは、中に入り、
メッセージを書いてると、電気スタンドの電球が切れそうでパチパチ・・・
健気に取り替えてあげるパダ、壁のクギも気になって工具を出すと、
中から出て来たのは、自分の財布!
そこに帰宅したイェリンとドフン。
二人に上手く、丸め込まれなければいいけど・・・

「星を射る」 他の回は こちらです。

星を射る DVDBOX
星を射る DVDBOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月10日 21:43
pandaさん、こちらにもこんばんは!
うふふ、私、星射廃人なのです。
5話のソラがソンテのプロフィール考えるシーン大好き♪この間、「一日だけ恋人にしたいアンケート」での我が家の記事でその写真をつかっちゃったくらいよ(笑)ソンテ、本当にいいのよね~。私はソラになりたいわぁ!!
2005年12月11日 10:02
so-so♪。さんの記事、実はこっそり読んでました~

>5話のソラがソンテのプロフィール考えるシーン大好き♪
一生懸命考えてるソラもすごーくいいし、
ソラをジッと見つめるソンテには、ドキッとしました(#^.^#)

ソンテ、本当にいいですよね~~~
私は「バリ出来」では、ジェミン派だったので、(so-so♪。さんも?)注目してみています。
それとドフンがあまりにもファンボ様と違うキャラなので、ギャップが・・・!
のり
2006年08月12日 21:49
インソン君の魅力満載ですね。彼はやっぱり茶目っ気の笑顔がとてもいいです。可愛いですね。7年も付き合った人にあんな裏切り方をされ、同じ人に兄もだまされた上、怪我もさせられ、人間不信に陥ってしまってもおかしくない状況の中、本当にソラは強いですね。これからどうなっていくか(ちょっと予想はしていますが)楽しみな展開です!!
2006年08月13日 08:36
のりさん♪
インソン君、良いでしょう~
イタズラっぽい笑顔も好きだし、ソラを意識した時のドキッとした表情も可愛いです♪
ソラは、最初は苦手キャラだったけど、どんどん好きになりました。
色々な事が重なって、辛いだろうに元気に頑張るソラ、本当に強いです。兄・パダが支えてくれてる事もあるのでしょうね。その兄が大変な時にはソンテがいてくれて…
今後の展開は読めますよね~それでもソンテやソラ、パダを見てるだけでも、幸せな気分になれるドラマかな?

この記事へのトラックバック