星を射る 第1話

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
画像
明日30歳を迎える、ソラ(チョン・ドヨン)は、
兄・パダ(パク・サンミョン)と二人暮らし。
朝、ラジオを持って屋上へ行き、空に掲げ…、
でも何も聞こえてこなくて、
「答えてもいいでしょー明日30歳の誕生日なのにーーー」と、ソラ。

予備校でのソラ、
マークシートの答えは、全部「①」
あんまりやる気がないようです。
兄・パダは、ソラを大学へ行かせたくて、予備校に通わせているらしく、
ソラは、「そんな気がないのに!」と、友達のミリョンに愚痴を言ってます。
ミリョンいわく、「お茶くみしたって、二ヶ月もたないし、ソラの将来が心配なのよ」
「この際、ドフンと結婚すれば?」と言うミリョンに、「迷惑がかかる」とソラ。
「既成事実を作れば、向こうも責任を取る」と言うミリョンに、
最初は、「えー?!」って感じだったのに、段々とその気になってきたソラ。

誕生日の朝、また屋上にラジオを持って行き、聞いてみると・・・
・・・聞こえてきた歌♪「青いとと赤糸を紡いで…」 (これはラジオの神様らしい)
大喜び!で、「ハン・ソラ!30歳おめでとう!」 

兄パダと、ソラの恋人・ドフン(イ・ソジン)は、一緒に芸能事務所をやってます。
パダが誕生日プレゼントに、服を買ってくれるというので、デパートで待ち合わせ。
兄は、バーゲン品にしようとするけど、
ソラはもっと高い服にしようと、別な階に。
すると、兄がマネージャーをしてる女優のイェリンとパッタリ。
イェリンは、衣装を選びに来てたので、高級品コーナー。
「妹を差別する気」と、カードで高級下着やら何やら買い物しながら、
これは誕生日の夜、ドフンと過ごす時の為の。。。と思って、ニヤケるソラ。

「釜山に行くのに、ソラを連れて行ってやりたいんだ。
あいつの誕生日だから…」と、ドフンに言うパダ。
ドフンの答えは、何と! 「忘れてた」 ソラとジフンは、温度差がありそうです。
兄の計らいで、ドフンからの誘いの電話が来たので、大喜びのソラ!

空港からパダに、「今日は、ミリョンたちと一緒だから外泊する」と電話するソラ。
しかし、パダは後ろから歩いて来ましたーーー
「兄に嘘つくなんて」と怒ってるパダと、
ドフンと二人っきりじゃないと、ちょっとガックリのソラ。

釜山映画際は、イ・ビョンホンがカメオ出演!
その会場のホテルのベルボーイ・ソンテ。
「スカウトされたくて、ここをバイトに選んだな」と一緒のベルボーイに言われ、
「ただの映画好き」とソンテ。
実はイェリンのファンだったソンテは、突然目の前に実物が現れ、目がキラキラ…
イェリンのセリフの練習を、胸に手を当ててウットリと聞いてるソンテo(*^^*)o

イリョンの衣装がシワシワだったので、
パダから、「ヒマだろ」とアイロンがけを命じられたソラ。
「接触悪いのに…」とブツブツ言いながらかけてると、
やっぱり切れちゃって、途中で放り出したソラ。
アイロン下向いてるってーーー! あーあスイッチ正常になってONに…!

ファンや取材陣でごった返してる中、階段から足を滑らせ、
チャン監督の目に留まったイェリン。
そんな様子を見てたドフンは、「君のしたたかさは知ってる
鋭く研いだツメを隠してるその賢さをね」とアッサリ。
パダが来たら、声のトーンも態度も変わるイェリン。

ファー付きのランジェリーを着込んで、「オッパー」と鏡に向かってポーズのソラ。
(これはコメディドラマ?)
そんないい気分の時に、ピンポーンと現れたのは、ベルボーイ・ソンテ。
「イェリンさんに、フルーツを 受け取ってください」とカゴを持って来たけど、
下着姿で、顔しか出せないソラ。
受け取ってくれないから、廊下(しかも反対側)にカゴを置いて行ったソンテ。
仕方ないから、取りに行ったソラだけど、「ガチャ」っとオートロックが!
人目につかないように、非常階段をコソコソと、ホテルの人を探し回るソラ。
そしてバッタリ会ったのは、ソンテ!

マスターキーで開けてもらうと、アイロンのせいで部屋の中はボヤ!
ソンテが消し止めたけど、イェリンのドレスはコゲて、台本はメチャメチャ…
怒濤のごとく、怒るパダに、メソメソのソラ。
ドレスは買えるけど、台本が、、、イェリンがセリフを言ってみるとシドロモドロ…
すると、近くで聞いてたソンテが、スラスラと。
イェリンの練習をジッと聞いてるうちに、覚えちゃったんですね~

一人部屋に残されたソラは、あのランジェリーをゴミ箱へ!
せっかくの誕生日、こんなハズでは・・・

セミナーは大成功で、聞いてたチャン監督は、
「今日スタッフと飲むから、君も来なさい」
売り込むチャンスが訪れたと、大喜びの、イェリン・ドフン・パダ。

監督に言われた場所には、イ・スンウという俳優がイェリンにベタベタ、
あんまりしつこいので、とりげなく止めるドフンだけど、酒をかけられ、、、
怒ったパダは、殴りかかろうとするけど、謝って仲裁するドフン(冷静)
殴られるドフン、パダが殴り返そうとした時、仲裁に入った監督を殴ってしまった・・・

イェリンの事になると、ついカッとしてしまうパダ。
イェリンを売れっ子にしてあげたい気持ちは、いっぱいなんだけど、
ドフンの考え方と、パダの考え方は、微妙に違うようです。

「ソラにお前からだと、渡してくれ」と、プレゼントをドフンに。
妹には、ポンポンと怒ったりするけど、優しいお兄ちゃん♪
でもドフン、「忘れてた」とはいえ、プレゼント買うヒマなかったんだろうか…?

三人を待ってる間、ソラとソンテは、屋台で飲んで待ってる事に。
しかし、どうもけんか腰になってしまう二人。
とうとう、屋台から追い出されてしまいました。

台本のお礼に、イリョン(とパダ)とお茶するソンテ。
「砂糖取ってくれない?」と言われて、ソンテの顔が曇りました。
後ろを振り向くと、二つのビン…、思い切って右手のを取ると、「これクリームよ」 
慌ててビンを落として割っちゃって、動揺しているソンテ。
どうやら、ソンテは字が読めないらしい。。。


チョン・ドヨン(ソラ)は、「30歳」で、「おばさん」と呼ばれてーーと思ったけど、
ドラマ当時29歳だったんですね(若く見える!)
「我が心のオルガン」と「スキャンダル」と今回と、全然違うキャラです。

パク・サンミョン(パダ)は、「オールイン」のテスの兄貴テチ・「リベラ・メ」にも出演してました。 見てないけど「反則王」にも。

イ・ソジン(ドフン)は、今NHKで放送中の「チェオクの剣」(原題「茶母」)
のファンボ・ユン。 すごくいいと評判の「火の鳥」も見てみたい。。。

チョ・インソン君(ソンテ)は、「バリの出来事」が初見で、このドラマが二つめ。
今、もう一度、「きれいサラダ」のCMを改めて見たいもんです。
(放送当時、彼を知らなかった私…)

演出は、イ・ジャンス。
「美しき日々」「天国の階段」「美しい彼女」・・・、このドラマも「涙」系?
脚本は、「美しき日々」の方なんですねーー

「星を射る」 他の回はこちらです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月17日 13:07
ようやく見てみました「星を射る」。
面白いのかどうかまだわからないけど、
涙系のドラマみたいですね。

最低の誕生日のソラ。
チョン・ドヨンは17才の小学生しか知らないので
見慣れるのに時間がかかりそうだし、
イ・ソジンは「火の鳥」とは全然違うし・・・。
え~、パダってテス兄何ですか!
ここに来ると勉強になります(ぺこり)。
2005年12月17日 22:46
sannkenekoさん、
チョン・ドヨンは、「我が心の…」と、同一人物と思えないです。
>イ・ソジンは「火の鳥」とは全然違うし
私が見てる「チェオクの剣(茶母)」とも全然違って、ドフンは、笑顔を浮かべてても冷たい目をしてますよね…
今後どうなっていくやら。。。

第1話を見た時は、正直、面白いのかな?という感じだったのですが、二話から面白くなってきました!
のり
2006年08月10日 23:10
想像していたドラマとは全然違い、驚いてます。
まだどんなドラマかわかりませんが、とりあえず
イ・ソジンとチョ・インソンみたさで見始めました。
二人とも声は今と全然変わっていなくて、初々しくて何だか可愛らしいですね!!
2006年08月11日 12:34
のりさん♪
「星を射る」関東で放送開始なんですね。イ・ジャンス監督らしく、テンポよく進んで、面白かったですよ。
私もイ・ソジンとチョ・インソン目当てでした。インソン君の役どころがまた可愛いんです。
2006年08月11日 14:25
pandaさん、私もこちらに来てしまいました~

関東で始まりまして(途中まで見たのですが)・・・とてもかわいらしいドラマで好きです。

オートロックが閉まるシーン面白かったです。
チョン・ドヨンさんはほぼ実年齢だったんですね。リアルに感じてきました(汗)ソンテに「おばさん」呼ばわりされてますが・・。
元気が出てきそうなドラマですね。

2006年08月12日 01:05
cocoansさん、こんばんは♪
このドラマ、宣伝写真も明るくて可愛らしいし、いい雰囲気のドラマです。ソンテとソラはもちろん、私のオススメのパダも良いですよ~☆

オートロックが閉まるシーンは、誰でもやりそうですよね。特に年を取れば…と実感してました。さすがに下着姿では出ないけど!焦るソラが可笑しかったですよね。
今来日中のチョン・ドヨンさん、そんなに年に見えなくてビックリでした。ソンテから見ればおばさんだけど、「アジュマ」は可哀想な気も…でも可愛いオバサンですよね~
ソンテとソラを見てると、明るくなれるドラマですよ~ドンヨリとするシーンもあるけど。。。

この記事へのトラックバック

  • 「星を射る」第1話

    Excerpt: 神様の思し召しがある日に限って チューニングが利かないラジオから音楽が流れてくる。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-12-17 12:57
  • 『星を射る』第1話

    Excerpt: 韓国ドラマ『星を射る』第1話このタイトルにほれました!インソン&ドヨン最高~です。 Weblog: cocoans☆韓流よりみち日記 racked: 2006-08-11 14:30