韓国ドラマ ローズマリー 第10話

サブタイトル・・・「約束してくれたわ」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
ギョンス父は、暴行だけじゃなく、放火の罪まで!
そういえば、廃材を燃やしていたドラム缶を蹴飛ばしてました。
担当の警察官でさえ、「お父さんは治療が必要」と、心配(?)してくれてます。
とりあえず、現場責任者に謝りに行くけど、
「資材はメチャメチャ、ケガ人まで出てる」と怒っていて、
「ボーナスと給料を前借りして、弁償する」という事で示談に。
「年取った父親に、肉体労働させるなよ」と言われて可哀想なギョンス。

抗ガン剤の治療が始まり、落ちてくる点滴液を、不安そうに、見つめるジョンヨン。
そこに来たヨンド母は、心配そうな顔。。。
ヨンドが、夕べも今朝(会社へ行くのに逆方向だから、ジョンヨンが断った)
も来てなくて、一人だったと聞いて、「もっと夫に甘えなさい」と言うヨンド母。
「上の子が逝った時、生きてるうちに、何もしてあげられなかった。
あなたと同じで何も言ってくれなくて… 悔やんでる…」と涙するヨンド母。
息子の嫁を、いつも気遣ってるヨンド母だけど、
自分も息子を亡くして辛い思いをしています。。。

涙が溢れてくるジョンヨンは、「私は死にません…」と。
ヨンド母は頷いて、「死なないで 私より親より先に逝っちゃダメ」
ジョンヨンの手を握り、涙が止まらない母・・(:_;) ジョンヨンも、涙・・・(:_;)

ギョンス父が目覚めると、娘の部屋で料理しているジュノ。
味見してみると、「卵入れ忘れたろ」とギョンス父。
「だからかーー!」と買いにいくジュノ、
フライパンを火にかけっ放し!(いくらギョンス父がいるからって^_^;)

ギョンス父が、ずっとここの部屋にいるから、
ギョンスは、また会社の机の下で寝泊り。。。
父は<ギョンスの為に<ご飯を作って待ってたけど、
帰って来ないから、また酒を飲んで寝てました(暴れてはいなかったけど…)

副作用を心配するヨンドは、「それなら薬を変えたら」とジソプに。
でもそれだと、効果が落ちてしまいます。。。
「何か、してあげられる事は?」と聞くと、「見守るしかないんだ」と答えるジソプ。
無力さを、痛感しているようなヨンド・・・

そして渡された大量の薬…。
薬もどうせなら、ウマければいいのにと笑わせるヨンド。
家に帰って、初めての食事は、お義姉が作ってくれた、やわらかいご飯。
食べられるジョンヨンを見て、副作用がないのに、安心するヨンド。

朝の支度の時に、急に吐き気がしてしまったジョンヨン。
副作用が起きてしまったようです。
子供たちに、こんな姿を見せまいと、洗面所に鍵をかけ、苦しんでるジョンヨン。
ヨンドが、「開けろ!」とドアを叩いても叫んでも、ドアは開かず、
「子供達をお願い…」と言うジョンヨン。。。(ToT)
吐き気止めの薬を探そうにも、どれがそうなのか分からないヨンドは、
引き出しごと持ってきて、「どれなんだ!」と叫んで、
子供達は心配そうに悲しそうに、立ちすくんでました。
ヨンドーーー、どれがどの薬かくらい、分かってないと。。。

マルの幼稚園バスに、ようやく間に合って、不安そうに手を振るマル…
チャヌのママは、ジョンヨンの様子を心配するけど、多くを語らないヨンド。
「日記を書いてみたら?」と言うチャヌのママの言葉に、興味深げなヨンド。
目をそらさずに、向き会えば、ガンは怖くない。
早く死ぬのも悔しいけど、おびえて過ごすのはもっと悔しいから…

チャヌのママが、こう思えるようになるにも、何度も涙を流したんだろうなぁ…

義姉は、ジョンヨンのためにと、吐き気止めの薬(?)を煎じています。
「治るなら、逆立ちしてダンスでも。何でもしますよ。 そう決めたんです」
涙声で話す義姉。
「約束してくれたわ。 私より先に逝かないって」
と言うヨンド母に、「それで病気が治りますか? 
お義母さんだって死んじゃダメですよ もう誰も死なせないわ」と義姉。。。

翌朝、ヨンドが目覚めると、、、ジョンヨンがいない!
昨日の朝、シネが言ってた「交通安全指導」に行ったのでした。
お便りをヨンドが見てた時、
早起きして自分が行くのかな?とチラッと思ったんだけど、、、

登校するシネは、後ろを振り向いて、ママに手を振って行きました。
「どうか、子供達の前では、元気な姿でいさせてください」
心の中で祈るジョンヨン・・・ 
こんな些細な願い事なのに、、、(ToT)

帰ろうとすると向こうからヨンド、自分のマフラーを巻いてあげました。
ちょっと歩くのが辛いと言うジョンヨンは、
ヨンドにもたれるように、腕を組み、ゆっくりと歩いて帰りました。

会社を定時に帰ろうとするヨンドは、社長が部下に何やら言ってて、
何かと思えば、投資してくれる会社との、ミーティングと。
社長は、ジョンヨンさんの為に、帰っていいというけど、
その社員に言わせると、「室長じゃないと…」
ヨンドは、ジョンヨンに了解を取って、ミーティングに行く事に。

ジョンヨンは、夕食の支度をしていると、突然吐き気が!

ギョンスは、ヨンドが帰れないから、ジョンヨンが心配だったのでしょう。
家に電話すると、出たのはシネで、「ママがドアに鍵をかけて出て来ない」と。
子供たちに、醜態を見せたくない…、心配させたくない…、
元気なママの姿でいたいと思うジョンヨンに、涙が出てきます。。。


血相を変えて、ジョンヨンの元へ向かおうとするギョンス。
しかし、ジュノはヨンドや社長に着いて接待中。
タクシー乗るにも、財布の中味は寂しい。
思い切って、地下鉄へ向かうギョンス…
案の定、訳が分からない路線表だけど、その辺の人に聞いて、
乗り換えで降りた時に、人ごみで一瞬クラッとしながらも、
また乗る電車を人に聞いて、たどり着いたギョンス・・・
・・・このギョンスの姿にも、涙が。。。

ジョンヨンは、「私はいいから…子供達の夕飯がまだなの…」
「わかった。ママは眠たい病なんだ」と子供達を安心させるギョンス。
料理した事無いギョンスは、頑張って夕飯の支度の続きをしたのでしょうね。
「ありがとう…本当に…」 ギョンスは行ってしまったけど、
うわごとのように、お礼を言うジョンヨン。。。 そしてまた吐き気…

落ち着いて下に降りると、ソファーで寝てしまった三人。
「これを飲むとまた吐き気がくる」と分かってるのに、飲まなくてはならない抗ガン剤…
涙しながら、飲んでいるジョンヨン。。。(/_;)

ジョンヨンは、三週間後の入院? エコーとCTの検査を受けています。

ジョギングしてるジソプ。 立ち止まると、自然にこみ上げてくる涙・・・
顔をくしゃくしゃにして、ジソプが泣いている…という事は。。。(ToT)

白衣を着ると、もう医者の顔つきのジソプ。
ジョンヨンとヨンドが入ってきて、副作用の事で文句を言うヨンド。
「海外にお前の知らない抗ガン剤があるんじゃ?」とか、
「他の病院で見て貰おう」とか。。。
しかしジソプは、黙ったまま、、、、
そして、検査の写真を出し、「これはジョンヨンが決める事」
「私の体の事よ。話して」とジョンヨン。

思わしくない結果だったのでしょう。。。
せっかく、、、あんなに我慢して治療したのに・・・
ジソプのジョギングシーンから、ラストまで、涙でした。・゛・(>_<;)・゛・。


「ローズマリー」他の回は こちらです。

ローズマリー 原作本 上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月06日 14:52
みんなが一生懸命なのに、
報われない方向に進んでいるのが悲しいです。

ジュノはフライパンを火にかけたままでしたね。
卵を入れ忘れるよりよっぽどこちらの方が・・・。
2005年12月06日 21:41
sannkenekoさん、
>みんなが一生懸命なのに、
報われない方向に進んでいるのが悲しいです

病気は人を選ばず、無差別で、本当に辛い事です。
ジョンヨンはあんなに苦しい思いをして、副作用に耐えたのに、周りもみんな良くなるようにと祈っているのに、過酷で可哀想すぎます。。。

この記事へのトラックバック

  • 「ローズマリー」第10話『約束してくれたわ』

    Excerpt: 結局闘うのはチョンヨンひとり・・・。 どんなに苦しいのか俺たちにはわからない・・・。 その言葉が現実になってきました。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-12-06 14:30